タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

BTSウォンウィエンヤイ駅

チャラン・ソイ3のソンテオ パーシーチャルーン運河水上バスの旅[最終回]

バンコク・ヤイ運河に架かる橋を渡った先は、チャランサニッウォン・ソイ3。
ソイのどん詰まりにセブンイレブンがあります。


08_01


店の軒下で立って待つことに。

バイクタクシーも待機していて熱い視線を投げかけてくるんですが、
無視です。すみません(笑)

前回来た時には全く気付かなかったんですが、
グーグル・マップのストリートビューがバンコクにも対応した時にこのソイを
見てみると、なんとこの場所に停車中のソンテオが写り込んでいたんですよ。

今回はそれにぜひ乗ってみようと思いまして。

はい。パーシーチャルーン水門船着場からわざわざ歩いてきた
最大の目的はこれだったのです(笑)


7分ほど待つと、向こうからやって来ましたよ~。


08_02


セブンイレブン先の左手の路地に頭を突っ込み方向転換して
バックで店の前に停車しました。


08_03


1418番路線 ソイ・サックチャルーン

としか書かれていません。
ソイ・サックチャルーンチャランサニッウォン・ソイ3の別名です。

行き先はどこなんだろう?
まるでミステリー列車ならぬミステリー・ソンテオですね(笑)

よし、乗りこんでみましょう。


08_04


数分待ったのち、私を含めて3人の乗客を乗せたソンテオは発車。

iPhoneを取り出しいじり始めた頃、ソイの入口まで行っていないのに
いきなり右折するじゃないですか。そしてなんと停車。

他の乗客が2人とも降りていきます。

えっ!?

状況がやっと掴めました。
なんと、ここが終点!

私も下車して運転席で運賃を払います。
5バーツ也。

時刻は、11:09。


08_05


距離にして850m。徒歩でも10分ですよ。
たったこれだけの路線を走るソンテオだったとは!!


08_06


バックしてチャランサニッウォン・ソイ3に停車。
折り返し便となってお客さんを待ち始めました。

1台だけで運行しているっぽいですね。


ソンテオ終点(笑)から5~60m歩くと、チャランサニッウォン通りに出ました。
右の角にここにもまたセブンイレブンがあるので、いい目印になりますね。


左手の歩道橋に上ります。


08_07


バーンワー駅からのBTS延伸路線工事が進んでますね~。
反対側に下りバス停へ。

最初にやって来たのは・・・


08_08


こんなソンテオでした。

この手の小型ソンテオってバンコク中心部側では
「ロット・スバル」(รถซูบารุ)って呼ばれているんじゃないですか?
スクンビット界隈の日本人の間では「シーロー」(สี่ล้อ)ですかね。

こちらチャオプラヤー川西岸トンブリー地区では、
「ロット・クラポン」(รถกระป๋อง)という呼び名のほうが通っているようですよ。

直訳すると「缶の車」。
どうも子供が遊ぶおもちゃの車って意味のようです。

たしかにかわいらしいですもんね ^^

乗り込みます。
時刻は、11:12。

乗客が私一人のロット・クラポンはチャランサニッウォン通りを南下してすぐ左折。

ウォンウィエンヤイ
のロータリーをぐる~っと回ります。


08_09


トンブリー王朝創始者タークシン王騎馬像を右手に眺めつつ…。


08_10


4分の3周してタークシン通りに入ってすぐのバス停で停車。
国鉄マハーチャイ線始点のウォンウィエンヤイ駅向かいです。

ここでようやくお客さんが乗って来ました。
ちょっとほっとした私 ^_^;)


でもそれからほどなく、左折したところで私は下車。


08_11


BTSウォンウィエンヤイ駅前です。

運賃7バーツ也。
時刻は、11:24。


これにて今回の旅も完結です。

パーシーチャルーン運河水上バス
に以前の旅で訪れた場所の再訪を
組み合わせた短い旅でしたが、それなりに楽しめましたね。

やはり水のある景色はいいなーと感じた次第。


今回も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

次回は、サンクラブリー方面再訪の旅をお届けする予定です。
さらにディープさパワーアップですよ。お楽しみに。




<旅費交通費>
チャランサニッウォンのソンテオ:5バーツ
BTSウォンウィエンヤイ駅までのソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:63バーツ

※旅は2014年5月16日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


ウォンウィエンヤイ駅


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



海上の寺院へ[1]

雨季のバンコク周辺は、たいてい夕方にスコールが1~2時間ありますよね。

スコールに見舞われないように旅をするには、
その前に帰って来られる近場中心にしたほうが良さそう。

近場でかぁ…。

ふと、以前行ったバーン・サークラーの情報を再び探していて
偶然知ったとある寺院のことを思い出しました。

よし。今回はあそこに行こう!


というワケで、8月14日(火)にBTSサイアム駅から出発!

シーロム線で終点ウォンウィエンヤイ駅へと。
09:23着。


ここから十分ほど歩いて、国鉄ウォンウィエンヤイ駅反対側辺りの
バス停でバスを待ちます。

すると目の前を…


01_01


うおっ、ミゼット型のトゥクトゥクじゃないですか!
アユタヤにはうじゃうじゃいますけど、バンコクで見たのは初めてかも。

かなり待ってようやくお目当てのバスがやって来ました。


01_02


21番赤バスです!
ラッキーなことに無料バスじゃないですか~。

乗り込むとすぐに発車です。
時刻は、09:51。

このバスはアンリデュナン通りチュラ大横発。
でも時間節約のために、ここから乗ることにした次第 ^_^;)


徐々に車内が混み合ってきたんですが、どうしたことかお年寄り率非常に高し。
私は年配の女性に席を譲って立ちます。


スックワサット通りから右に逸れ、いよいよプラチャーウティット通り
入って行きます。

予想外に、通りの両側には商店街が続きかなりの活気。
そんな通りをカラフルな小型ソンテオが引っ切り無しに走り抜けます。


01_03


良く見ると、カーテンが付いているんですね。
日除け&雨除け兼用でしょうか ^_^;)

この辺りはバンコク都の端っこ、トゥン・クル区
チャオプラヤー川西岸地域で最も海抜が高く、
昨年の大洪水時、西岸で唯一冠水の心配が無いと言われた地域です。

どうもアパートが多いようですね。
フラット・トゥン・クルという大規模賃貸アパート群が建ち並んでいるとか。

恐らくフラット・トゥン・クルができた当時から入居している人達が、
このバスに乗車しているお年寄り達ということなんでしょう。


しばらくすると、あれだけ混み合っていた車内が、すっかり閑散と。
バンコク都を抜け、サムット・プラーカーン県に入ったようです。

車窓もこんな…


01_04


のどかな光景に様変わり。エビ養殖池かな?


ん?


01_05


この素っ裸の子ども達はいったい? ^^


01_06


草木が鬱蒼と茂る中を突き抜けると、お寺が見えてきました。
バスは左折して停車。


01_07


終点、ワット・クーサーンに到着です!

時刻は、10:57。
ウォンウィエンヤイからほぼ1時間でした。


さて、ここからはしばらく徒歩です。






<交通費>
BTS:35バーツ
21番バス:0バーツ
ここまでの合計:35バーツ

※旅は2012年8月14日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


01_map


ドーンホイロート再び![1]

3月下旬のタイ滞在時に選んだ旅先は、またまたバンコク西方、
サムット・ソンクラーム県のドーン・ホイロート。

昨年12/26に行った時は、潮が満ちていて潮干狩りができませんでした。

それを含めて、前回実現できなかった3つの目的の雪辱を
何が何でも果たそうと、もう意地になっての再訪です(笑)

果たして、そううまくいくのかどうか。
決行日は、3/30(金)。


今回も、潮位を水資源・農業情報研究所の「潮位データ」サイトで事前にチェック。
「メークローン」の3/30は、午後に干潮になっています。よっしゃー!


朝ちょっぴり寝坊して慌てて宿を飛び出した私は、BTSサイアム駅へ。
ここからBTSシーロム線に乗り、終点ウォンウィエンヤイ駅到着。

時刻は、07:44。

あちゃー。

国鉄ウォンウィエンヤイ駅07:40発のマハーチャイ行き列車に
乗りたかったんですが失敗。

でもひょっとしたら遅れて出発するかもしれないので、
一応国鉄ウォンウィエンヤイ駅へ。やっぱり列車は発車した後~。

次の08:35発まで待ってもいいけど、時間が勿体無いなぁ。
バスで行ってみますか。

というワケで、駅反対側のバス停から120番のマハーチャイ行きバスに乗車!
時刻は07:56。


が…朝の通勤時間帯のため道は渋滞。なかなか進みません。
あれよあれよという間に時が無駄に過ぎていきます。

内心焦り始めました。
なんだ。これじゃ途中で08:35発の列車に絶対に抜かれるぞ。
最悪の場合、この先で乗り継ぐメークローン線の列車に間に合わなくなるかも。

決断しました。
バスを途中下車してその列車に途中駅から乗ろう!

朝からバタバタして何やってるんでしょうね -_-;)


バスがエーカチャイ通りへと入ったところで
車窓に目を凝らします。よしっ、ここだ。

エーカチャイ・ソイ23の手前で下車。


09_01


時刻は、08:27。


エーカチャイ・ソイ23入口にはこんなゲートが立ってます。


09_02


上部には「ワット・サイ」と。

はい。
何度も来ているワット・サイワット・サイ水上マーケットへのソイなのです。
その途中にあるワット・サイ駅から乗車しようという魂胆。

iPhoneで時刻表を調べたらワット・サイ駅08:45発とのこと。
まだ15分ほどあるので、ついでだから市場を歩いて来ましょう ^^


線路を越え、市場へと進みます。


09_03


今日も活気があるな~。

そのままサナームチャイ運河突き当たりまで。


09_04


運河を見てみましょう。


09_05


まだ舟のクイッティアオ売りのおじさんは来てないのか。
残念~。


09_06


ワット・サイの門前では、以前12月や2月に来た時には
特産品のバーンモットみかんが山になって売られていました。

それが今回はみかんの姿がまったくない代わりに
そこにあるのは青いバナナの山!

3月はバナナが旬なんですかねぇ。なんか年中収穫できそうですけど ^_^;)


列車内でつまめる朝食を何か仕入れてから駅へ向かいますか!







<交通費>
BTS :35バーツ
120番バス:8バーツ
ここまでの合計:43バーツ


※旅は2012年3月30日(金)に行いました。

つづく


09_map


84番バスで帰る 洪水の去った水上マーケットへ[最終回]

ワット・ライキンからのソンテオでオームノーイに着きました。


08_01


さて、バスを乗り継いで帰りましょう。

ペットカセーム通りとの交差点まで出て左へ。
しばらく歩くとバス停発見。


08_02


ほどなくしてやって来ました!


08_03


84番バス。今度は青いエアコン・バスですね~。

時刻は、12:06。


席に座ってほっとすると、左目の痛みがそろそろ限界です(>_<)
もうダメだ。コンタクトレンズをはずしました。

レンズを出せば痛みが無くなるんですよね。不思議です。
レンズをまじまじと見ても傷はついていませんし、
うーん、目に傷でもついたのかな。


メガネを持参し忘れたので良く見えなくなっちゃいましたが、
まぁ、ここからなら迷うことなく帰れるので大丈夫でしょう -_-;)


ペット・カセーム通りをひたすら直進したバスは、
ウォンウィエンヤイをぐるっと回って南へと方向転換。

さらに左折してBTSシーロム線高架橋下を走ります。

よし、着いた!
BTSウォンウィエンヤイ駅近くのバス停で下車。


08_04


時刻は、13:08。
オームノーイからほぼ1時間です。


ここからBTSに乗って帰りました。


目の痛さを我慢しながらの道中でしたが、洪水被害に遭っても
元どおりに営業を再開しているドーンワーイ水上マーケットをはじめ、
地域住民の方々の逞しさを感じた旅でした。


これにて今回のシリーズは完結です。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!


引き続き年末のタイ滞在時に行った次の旅を綴りたいと思います。





<交通費>
84番バス:19バーツ
ここまでの合計:104.5バーツ


おわり


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


08_map



追記

旅の翌々日、目が痛い話を友だちにしたら
医者へ行くように勧められたもので、その翌朝にバムルンラート病院へ。

眼科の男性医師曰く、

「ワイラス カオ ター」(ウィルスが目に入った)

てっきり目に傷が付いていると思ってたので
意外な結果にビックリ。

「5日、いや、3日でいいからコンタクトレンズは禁止ね」と。

ぐわっ。それは困った。もう一回旅に行こうと思ってるのに~(T_T)
目薬を2種類出されました。


実は目だけでは済まなかったんですよ。
目薬のお陰で日本帰国日にはコンタクトレンズを入れられるまでに目は治ったのですが、
帰国後に鼻が止まらなくなり頭がボーッとし出す始末。かなり辛いです。

なので地元の医者へ。

「症状は全て首から上だけだから、何かのウィルスに罹ったんだね。
 目のと同じに間違いないでしょう」と。

洪水の中を走る列車の窓からしぶきをかぶった話をしたところ、
「原因はそれでしょう」と笑われてしまいました -_-;)


ウィルス・・・恐れていたレプストピラ症の症状に似てるんですよ。

数日の潜伏期間を経た点、悪寒、頭痛、結膜充血がある点はピッタリ。
でも発熱が無いのでレプストピラ症じゃないのかな。

いずれにしてもウィルスに罹ったのは間違いなさそうですし、
その原因もどうやら洪水の水らしいと。

今年は起こらないことを願いますが、もし洪水になったら
なるべく冠水した水に触れないほうがいいかもしれません(>_<)

 

洪水の去った水上マーケットへ[1]

メークローンへの旅の翌日、昼過ぎまで時間が空いたので
近場の水上マーケットへサクッと旅することに。

2011年12月27日(火)です。


が、出発しようとコンタクトレンズを目に入れたら、
左目が痛い~!

おかしいな。

昨日列車内で目に入ったホコリはさすがに取れているはずなのに
まだ異物感があって痛いのです。傷でもついたのかな(>_<)

でも仕方が無い。
目を騙しだまし旅をすることにしましょう…。


BTSサイアム駅からシーロム線に乗車します。
時刻は07:55。

ラッシュで激混み。
咳をしている人が多いのは、気候が涼しいせいか洪水の影響でしょうか?

サラデーン、チョンノンシー、スラサックで大勢下車してガラガラに。


終点ウォンウィエンヤイ駅に到着。

歩いてウォンウィエンヤイまで行き、ロータリーの西側に伸びる
インタラピタック通り(ペットカセーム通り)のバス停へ。


待つこと数分、やって来ました!

01_01


84番バスです。
これで終点のオームヤイまで行っちゃいましょう。

時刻は08:30。


出発したバスは、ペットカセーム通りをひたすら西へと一直線に爆走します。


お、見えてきました。


01_02


ショッピングセンター、The Mall バーンケー店


実はこの場所、昨年末のタイ大洪水の際は、
こんなことになってたんですよ。


01_03
 (postjung.comより)


洪水が引いて本当に良かったです!!(>_<)


車窓がだんだんと地方色漂う風景に。
いい感じにひたすら走っていたバスが、やおら左に逸れます。


01_04


ガソリンスタンドで給油~。

LPG車の給ガスと違って乗客全員が降ろされることはありません ^^


再び走り出すと、車窓は一層建物が減り緑の多い景色に。


バスが停車し、残っていた数名の乗客全員が降りるではないですか。
ここが終点のオームヤイかな?

私も降りることに。


01_05


乗ってきた84番バスを見送り、周囲の看板を確認すると、
間違いなくここがオームヤイのようです。

時刻は、09:25。
ほぼ1時間かかったんですね。


よし、ここで乗り継ぎのバスを待ちましょう~。







<交通費>
BTS:35バーツ
84番バス:6.5バーツ
ここまでの合計:41.5バーツ


つづく


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード