タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

空軍基地

プラジュアップ湾 アーウマナーウ~空軍基地内のビーチへ![12]

空軍経営のホテル「ファーチョムクルーン」をチェックアウト。
プラジュアップ市街までの足を呼んでもらって待っていると、

「ロット・プアンが来ました」
とさっきと違うフロントの女性が声をかけてくれました。

ありがとうございます!


12_01


これのことか~。

でもさっきはロット・サリンと呼んだのに、
今度はロット・プアンとな。 รถพ่วง で「連結した車」ですね。
バイクに客席が連結されているからか。なるほど ^^

プラジュアップ
市街地で貸自転車屋をご存知ですか?

と運転手さんに尋ねると、コクリと頷きます。
ではよろしくお願いしま~す。

眺望の素晴らしかった格安穴場ホテル「ファーチョムクルーン」を出発。
また来よっと。

時刻は、08:42。


ほどなくして、また例のあそこに差しかかりました。


12_02


空軍基地の滑走路(笑)


12_03


突っ切りながらカオロームムアックロームムアック山)方面を
振り向きます。

1941年12月8日未明に日本軍が奇襲上陸した際には、
離陸させようとした飛行機があらかた被弾し大破しました。

1機だけ無事に離陸したものの、暗がりで日本の船をはっきり確認できず、
沖の小島を船影と間違えて爆弾投下したのち、
フアヒンの飛行場に着陸したそうです。


そんな日タイの歴史に関わった第5航空隊基地を後にします。


12_04


ゲートを出て振り返ってみました。
物価が安い上に安全だし、アーウマナーウは穴場ですね。


12_05


ゲート前から北へ伸びる道沿いは住宅街兼商店街。
そんな中を疾走します。

1本東の海側の道に入りました。
しばらく走ると、運転手さんがロット・プアンを停めます。

「ここだよ」

運賃50バーツを支払い。
ありがとうございました!


12_06


これもトゥクトゥクの一種と言えばいいんでしょうかね。
タイって町々でトゥクトゥクに特色があって面白いもんです。


12_07


降ろされた道の右手に、その貸自転車屋があるんですが、
ゲストハウスのようですね。カフェが併設されていて
MILANO COFFEE と書かれています。

奥に欧米人男性の姿が見えたのでイタリア人がオーナーなのかも。

対応してくれたのはその奥さんらしきタイ人女性。
この店の貸自転車は1日で60バーツとのこと。

その場で60バーツを支払います。
で、目の前にある自転車が、それ。

チェーンのキーを渡されて、いざ出発!
この自転車でプラジュアップ市内観光をしようと思います ^^

おっと、一応このゲストハウス兼貸自転車屋の場所を
グーグルマップでお知らせしておきますね。


12_08


さっきから思っていたんですが、
この道沿いには古い木造家屋が多いんですよ。
町並みに趣があっていいです。歴史を感じさせますね。


路地を右に曲がってみました。すると…


12_09


うおおっ、もう目の前が海じゃないですか!


12_10


うわー、漁船の数が半端ない!!
豊かな海であることが伝わってきますね~。

向こうに見える山はカオロームムアックです。


12_11


正面の光景。

プラジュアップ湾
の南半分に漁船がひしめき合っている光景は
カメラの画角が狭くて全てを収めきれないのが悔しく感じるほど
素晴らしいです!


そんなプラジュアップ湾に見とれながら、
湾沿いの道を自転車で北上していってみましょう。




<旅費交通費>
ロット・プアン:50バーツ
貸自転車:60バーツ
ここまでの合計:1,923バーツ

※旅は2016年5月24日(火)~25日(水)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ファーチョムクルーン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 入門 ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

日タイ停戦調印地点記念碑 アーウマナーウ~空軍基地内のビーチへ![7]

第5航空隊基地内の日本軍上陸モニュメントなどがある一角から
反対側の海岸に出たついでに、海岸づたいにちょっと歩いてみますか。

自転車を適当な場所に止めつつ…


07_01


カオ・ロームムアックロームムアック山)と逆方向、
プラジュアップキリカンの市街地方向に砂浜を進みます。


07_02


ズームで狙ったプラジュアップ市街地。
ロッ・トゥーで通ってきた限りでは、小ぶりで素朴な町な印象です。

右端に見える山は、チョンクラジョック山。
明日、時間があったら寄ってみるとしましょう。


ところでちょうど干潮時なのか、海が干潟っぽくなっていますね。

最も潮が引いている時には、沖の島まで歩いて渡れるんだそうです。
いっちょ試してみますか(笑)


07_03


足を踏み出してみると、ずぶずぶと沈むこともなかったので
行けるところまで行ってみることに。

ずんずん歩いて行くと、


07_04


残念! ここまでか。
完全には潮が引いてませんでした。

向こうの島には何やら祠があるんだそうですよ。


左手を眺めると、


07_05


漁をしている船が沢山見えます。
あれだけの船が出ても収穫があるんだから豊かな漁場なんでしょうね。


さて戻るかと振り返ったら、


07_06


うわぁ、随分歩いて来たんだな ^_^;)


歩いて戻る最中、飛行機の音が聞こえてきました。
この基地所属の練習機のようですね。

上空をぐる~っと周回しています。


07_07


プロペラ機ですね。

カオ・ロームムアック
の前を横切り、高度を落として滑走路上を通過した後、
また上空の周回へと戻っていっています。


砂浜に戻ったので自転車のところまで行こうとすると、
右手から鳥のけたたましい鳴き声が。

変わった鳴き声です。日本にはいない種類かな?

すると、その鳥が飛び立ったかと思うと、
私の目の前スレスレを威嚇してかすめるではないですか!

戻った先をよくよく見ると、


07_08


左の鳥が飛んできたのなんですが、
右手にももう一匹いるではないですか。

きっと巣があって卵を温めているんでしょうね。

邪魔してすみません ^_^;)
足早に去ります。


そうこうしていたら先ほどの練習機が
いよいよ高度を下げてきました。


07_09


滑走路に着陸で~す。


自転車に再び跨り今度はカオ・ロームムアックに向かおうと
ペダルを漕ぎ始めたところ、


07_11


なにやらまだあるのを発見。

線香が何本も立っているようなオブジェの前に
英語、タイ語、日本語で説明が書かれてますよ。
日本語の部分を文字起こしすると、

 停戦条約署名場。仏歴 84年
12月9日において、激戦終了33時
間後、両方の軍が整列し、お互いに
銃剣と侍刀を交換した後、この場で、
停戦条約の締結を行った。
(原文ママ)

ほう、カオ・ロームムアックに籠って抵抗を続けていたタイ軍に
政府からの停戦命令電報が郵便局員の手で届けられた後、
この場所で停戦の調印が行われたんですね。

位置は、


07_10


奥に聳えるカオ・ロームムアックから真っ直ぐ伸びた道の角。
グーグルマップでもお知らせしておきます。

山から出てきたタイ軍と空軍施設を占拠した日本軍が
ここで向かい合った光景が想像できそうです。

この道の左側には、先ほど見た日本軍上陸の巨大石版モニュメントが
あるんですよ。


さあ、この道を進んでカオ・ロームムアックの麓まで行ってみましょう!




<旅費交通費>
貸自転車代まだなので:0バーツ
ここまでの合計:1,753バーツ

※旅は2016年5月24日(火)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ファーチョムクルーン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

日本軍上陸モニュメント アーウマナーウ~空軍基地内のビーチへ![6]

宿泊ホテル「ファーチョムクルーン」の横から海沿いの道で
空軍施設ゾーンとロームムアック山麓へ行ってみることにしましょう。


06_01


右手はこのとおりビーチなんですが、
このあたりで海水浴をしている人影は皆無ですね。
禁止なのかな?

ふとその近くに看板が建っているのが目に留まりました。


06_02


奇跡の双頭ヤシの木

へ?


06_03


あー、確かに上の方で2本に分かれてるけど、
これって珍しいことなんですか? まあいいか ^_^;)


さらに自転車を漕いで行くと前方に


06_04


検問が出現。
ほう、空軍管理地域内なのにさらに検問があるのか。

「国民身分証」と検問の若い憲兵さん。

外国人です。

「パスポート」

はい、これです。

受け取って預かりながら
「何をしに行きますか?」と。

景色を見に行きます。

で通してくれました。

かなり走ったところで大声で呼ばれた気がしたんですが、
戻るのが面倒なので聞こえないふり~(笑)
たぶん通行許可証兼引換証を渡し忘れたんでしょう。


滑走路の端をかすめつつ海岸沿いをひたすら漕いで行くと


06_05


↑歴史公園

との看板が見えたのでそちらへ進んでみますか。

すると、


06_06


写真で見たことがあるぞ。
見事な巨大石版の彫刻ですね!
場所はここ(グーグルマップ)

1941年12月8日未明の日本軍奇襲上陸時の様子が刻まれています。

左端から
・タイ国旗を掲げたタイ軍
・旭日旗を掲げて上陸する日本軍
・タイ国旗を振り機関銃で迎撃するタイ軍
・飛行機へと走るタイ空軍パイロット
・左をタイ軍、右をタイ人住民に挟まれた日本軍

が描写されています。


06_07


石板モニュメントの手前には、タイ語・英語・日本語併記の
説明板もありました。日本語は、

石浮き掘り絵。この第5航空団歴史庭園における石彫り浮き絵は、仏歴
84年12月8日の英雄の勇敢な行為を思い出すために、60トンの緑砂岩を用いて
作られたものである。表の絵には、日本軍による上陸との対戦を表す。裏の絵
には。停戦条約の締結を表す。
(原文ママ)

誤字があったりでこなれていない日本語ですが、
意味は通じますね。

しかしこの時しっかり読まなかった私は、裏面に
停戦調印式の模様が描写されていることに気付かなかったんです。
またしても詰めの甘さが出てしまいました -_-;)


近くには、


06_08


1941年12月8日の英雄碑」も。

足元にあるのはサーフボードに見えて首をかしげたんですが、
たぶん飛行機のプロペラを模したんだと思います。

ちなみに左手奥の木造建物は、第5航空隊の歴史を
展示したミュージアムとなっています。
でも開館は週末のみ。今日は見学できません…。

さらにその背後に聳える山が、タイ軍が住民とともに
最後までねばって籠城したカオ・ロームムアック(ロームムアック山)。


英雄碑の男性の向かわんとする先には、


06_09


トーテムポール状の「犠牲者氏名碑」が建っていました。
恐らくタイ側で死亡した42名の名が刻んであるんでしょう。


この碑のすぐ先はもう、


06_10


海岸です。

カオ・ロームムアック
は陸繋島になっていて、
繋がった砂州の部分に滑走路や空軍施設があります。

で、アーウマナーウ(マナオ湾・マナオビーチ)はその砂州の南側の海岸。
目の前の海岸は砂州の反対側、つまりプラジュアップ側の海岸になります。

1941年12月8日に、二手に分かれた日本軍が
ここからも上陸したに違いありません。




<旅費交通費>
貸自転車代まだなので:0バーツ
ここまでの合計:1,753バーツ

※旅は2016年5月24日(火)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ファーチョムクルーン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

ホテル「ファーチョムクルーン」 アーウマナーウ~空軍基地内のビーチへ![3]

空軍基地内のビーチ、アーウマナーウにあるホテル
ファーチョムクルーン」にチェックインします。

ホテル名「ファーチョムクルーン」(ฟ้าชมคลื่น)とは
「波を眺める空」という意味。さすが空軍経営なネーミングですよね。

受付で予約してある旨を告げてパスポートを預けると、
2人の女性スタッフが手慣れた様子で手続きをしてくれました。

「ツインのお部屋ですがよろしいですか?」

一人ですけど、別にいいですよ。

カウンター上を見ると、既に用意された部屋のカギと
朝食のクーポンが2セット置かれているではないですか。

そりゃそうだよなー。
ふつう、一人で宿泊にくるお客さんはいないんでしょう ^_^;)

「ダブルベッドのお部屋に変更しますね」

お気遣いすみません ^^


そんな感じであっさりとチェックインが済み、
部屋のある2階にエレベーターで上がると、


03_01


あっちみたいだな。

ちなみに私は Sperior room で予約しました。
今の時期は一泊1,500バーツ。
一番下の Standard room が1,200バーツなので
そんなに変わらずお得感があるように思えたので。

Deluxe room や1階のプールサイドの部屋 Pool villa でも1,800ですよ。

破格の安さですよね~。

予約は電話のみ(場合によってはさらにデポジット振込み)という
ハードル(詳しくは[1]参照)をクリアできさえすれば、コスパ抜群!

さらに空軍職員は15%引き、国防省職員は10%引きで泊まれます。
…って外国人には関係ないですね ^_^;)


03_02


廊下はオープンエアになっています。
私の部屋は一番奥の角部屋でした。


03_03


カギは、カードをセンサーにかざすタイプ。
さてさて、どんな部屋なんでしょう?


03_04


うわ~っ、広くて開放的じゃないですか!


03_05


清潔感があっていいですね。
1995年4月オープンだそうですが、全然新しく感じます。


03_06


浴室は、浴槽がなくシャワーだけなのは
致し方ないですかね。

そうそう、一番肝心なのは部屋からの眺望ですよ。
どんな感じかというと…


03_07


じゃーん。

ベッドから海が見えるのです!
そう、ファーチョムクルーンはなんと全室が Sea View。

ベランダに出てみると、


03_08


目の前にアーウマナーウのビーチが!!

1,500バーツでこの贅沢な眺望の部屋に
泊まれるなんて幸せすぎる!


さあ、荷物を部屋に置いて、早速ビーチへ出てみましょう~。


03_09


らせん階段を下りている途中で受付が見えた際、はたと気付きました。
あれ? まだ宿泊代払ってないぞ。

すみません、宿泊代はいつ払えばいいですか?

「今でもチェックアウト時でも結構ですよ」

では、今払っちゃいます。

領収書をプリントアウトしてくれました。
1,500バーツ也。

なお Superior Room は今の時期のハイシーズンはこの料金ですが、
ローシーズン(1~2, 6~9、11~12月)だと1,300バーツで、
さらに宿泊日が祝日以外の月~木か日曜だと1,170バーツになります
(2016年7月現在)。


ホテルからビーチ側に出ると目の前はプール。


03_10


プール横には、

"อ่าวมะนาว กองบิน 5"(アーウマナーウ 第5航空隊)

との記念撮影用看板が。
私も撮っておきますか ^^




<旅費交通費>
ホテル宿泊代金:1,500バーツ
ここまでの合計:1,753バーツ

※旅は2016年5月24日(火)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ファーチョムクルーン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ロッ・トゥーで空軍基地内ホテルへ アーウマナーウ~空軍基地内のビーチへ![2]

プラジュアップキリカン行きロッ・トゥーは
09:24に出発しました。

乗客は、私を含めて2人だけ。
大丈夫なんでしょうか…。

カンチャナピーセーク通りに入り南下を始めた
ロッ・トゥーの車窓に、つい数日前に見た光景が。


02_01


日本風ショッピングモール、パセオパークじゃないか!(笑)

慌てて撮ったのでボケボケですが、
鐘楼がハッキリと見えますね。


ラマ2世通りに入ったところや、マハーチャイ、メークローンなどで
乗客を拾っていきます。なるほど、そういうことだったのか。

メークローン川を渡り国道4号線に入ったあたりはマレー半島の付け根。
私の中で南タイへ向かう雰囲気が高ぶってきました。


ペッチャブリー
着は12:27。
10分ほど停車してから再び走り出します。

チャアム
の手前からは内陸側のバイパス国道37号線を走ったため、
チャアムフアヒンの海岸風景が見れないのがちょっと残念。


ふと13時過ぎに携帯を確認すると、なんと着信アリ表示が。
ファーチョムクルーンからの確認の電話でした。
しまった!

慌てて折り返し電話をしたものの繋がりません。

そういえば昨日ファーチョムクルーンに予約の電話をした際には
「明日9時にお電話します」と言ってたのに、随分遅いじゃないか -_-;)

まあなんとかなるでしょう。


車窓が再び賑やかになってきたところで
幹線道路から外れました。お客さんを降ろしつつ、


02_02


プラジュアップキリカンのロッ・トゥー発着所に到着!
時刻は、13:37。

ちなみに場所は、ここ(グーグルマップ)。

なんと乗客全員がここで下車して、
残りは私一人に。

なんだか私だけのためにさらにファーチョムクルーンまで
行ってもらうのも申し訳ないですねぇ ^_^;)

すぐに発車したロッ・トゥーは、サラチープ通り(ถ.สละชีพ)を
ずんずん南へと走って行きます。すると前方に
第5航空隊」(กองบิน ๕)と書かれたゲートが出現。

いよいよ空軍基地に突入だな。


02_03


うまくゲートを撮れなかったので、グーグルストリートビュー
貼っておきます。

警備兵の前で停車すると、
「乗客を送りに行きます」と運転手さん。

それだけであっさり中に通してもらえました。

調べたところ、車、バイク、自転車といった乗り物に乗っていれば、
中に入れるんだそうです。ただし徒歩では入れてくれませーん。

緑の多い基地内を走って行くと…


02_04


あれ、これってもしや?


02_05


滑走路だ!(笑)

横切っちゃって大丈夫なんですかね ^_^;)


それからほどなくして、


02_06


ここか、ファーチョムクルーン!!

玄関前で停車。
運転手さんに運賃240バーツを支払って下車します。


02_07


ありがとうございました~。
帰りもまたお願いすると思います。
電話をすればここまで迎えに来てくれるんですよ。

時刻は、13:49。
4時間25分かかったのか。


02_08


さて、無事に到着することのできたアーウマナーウにある空軍経営のホテル、
ファーチョムクルーンに入ってみますか。
ちなみに場所は、ここ


02_09


右手に受付が。制服を着た女性が2人座っています。
チェックイン時刻14:00より微妙に早いけど大丈夫かな。

「こんにちは。チェックインしたいんですが。予約してあります」




<旅費交通費>
ロッ・トゥー:240バーツ
ここまでの合計:253バーツ

※旅は2016年5月24日(火)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

01_08


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード