タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

水瓶ケーキ

ベトナムコーヒー店「アーティー・コーピー」 ラーチャブリーと水瓶の旅[6]

ベトナム・コーヒー店「アーティー・コーピー」に
今度こそ向かいますよ~!

ラーチャブリー国立博物館を出た目の前はメークローン川
川に沿った道を左へ歩いて行きます。

ほどなくすると、

07_01

正面突き当りにお寺が見えます。あそこがワット・チョンロムだな。
水瓶ケーキケーク・オーン)を買った店「バーン・カノム」の
ご主人が道を教えてくれたとおりです。

右手の並びにあるはず…。
というかもうこの手前の建物がそうでした(笑)

07_02

上部に水瓶ケーキにもあった顔のイラストが掲げられてますね。

07_03

アーティー・コーピー(อาตี๋ โกปี๊)
漢字で「大廣頼」とも。

ん? 「バーン・カノム」には「勝長頼」と書いてありましたね。
左右逆に読んで「頼」が姓で両方とも名前なのかな?
よくわかりませ~ん ^_^;)

そんなことよりも私が狂喜したのは、左ののぼり。
なんと「カイガタ」と書いてあるじゃないですか!

こりゃあ食べないわけにはいきません。
入ってみますか。

07_04

エアコンがなくシーリングファンがいくつも天井で回っている店内。
カウンターはこんな感じ。

店主らしきおじさんに一人ですと告げると、
「一人だろうが何だろうがどこでも座っていいよ」と
軽く突き放されつつ、まあそんなもんだろうと気にせず着席。

07_05

席から逆側を眺めてみると、ほお、
棚には昔のおもちゃや道具が陳列されています。
レトロな雰囲気を醸し出そうとしているのが伝わってきますね。

渡されたメニューを見て、カイガタ 49バーツと
当初の目的のベトナムコーヒー 40バーツを注文。

どうもアーティー・コーピーは朝食がメインの食堂って感じみたいですね。
サンドイッチから、お粥、カイガタ、ゆで卵、点心、パトンコーに
バクテーまでメニューには載ってます。

タイ、イサーン、マレー、欧米、中華となんでもありですね(笑)
さすがエスニックグループのるつぼラーチャブリー


しばらく待ったらやってきましたよ!

07_06

この写真の中にもイサーン、ベトナム、南タイ、中華系が
同居しています ^^

おまけにティッシュ入れが水瓶ケーキと同じ竜柄水瓶の容器が
流用されてるし~。

07_07

まずはカイガタ(鍋焼き玉子)。

うーん、ニンジンが入っているせいで味の調和が崩れている気がする。

この数日前にバンコクで「カイガタ食べ歩き」をした際にブログで
目玉焼きの上にクンチアン(ソーセージのようなもの)と
ムーヨー(ハムのようなもの)がのっているだけの素朴な味が
本来のカイガタだという旨を書きました。

でもその後調べてみると、地方や店ごとに様々なトッピングの
バリエーションがあることがわかったんです。
中には目玉焼きではなく玉子焼きなところもあるんだそうで。

でもなあ。それでもニンジンはないだろうというのが
私の個人的な感想です ^_^;)

07_08

気を取り直して本来の目的だったベトナム・コーヒーをば。

ちゃんとアルミフィルターが乗っかって出てきたのが嬉しいですね~。
底の練乳と混ぜて飲んでみます。

うん、こっちは美味しいぞ。
濃すぎずにちょうど良い塩梅ですよ。

そしてお茶がセットで出てくる南タイ式もポイント高し。
薄すぎて味がよく分からないのですがたぶん烏龍茶です。

でもそんなお茶でも飲むと気分がほっとして
このまましばらくお茶を飲みながらぼーっとしていたい気になりました。


この店、以前はコイキー市場チュラロンコン橋近くにあったんですよ。
2013年4月に訪れた時は閉店してて「近日中に新装開店」との垂れ幕が
架かってたんですが、その後ここに移転して再オープンしたってことなんですね。

バーン・カノム」の系列店ということで、
ここでも水瓶ケーキ(ケーク・オーン)を販売しています。

ラーチャブリー国立博物館の見学後や
近くのロッ・トゥー乗り場からバンコクへ帰る前に
ベトナム・コーヒーだけ飲みに立ち寄るには良さそうなお店ですね。


さて、ラーチャブリー城壁へ向かうぞ!


<情報>
アーティー・コーピー(อาตี๋ โกปี๊)
営業時間:毎日6:30-16:30
地図:グーグルマップ
詳しくは、公式facebookページ(タイ語)参照。


<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:105バーツ

※旅は2016年5月28日(土)に行いました。


元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

アーティーコーピー

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 入門 ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

水瓶ケーキ(ケーク・オーン) ラーチャブリーと水瓶の旅[5]

ローカルなショッピングモール「サンニー」から北へ
カタートーン通りを歩いて行くと大きめの交差点に出ました。

交わるグライペット通りを右へと進みます。
とある店を探しているんですよ。
通りの右側にあるはずなんですが…。

あった!

05_01

味もそっけもない外観ですが、

バーン・カノム(บ้านขนม)と
店名が掲げられているので間違いありません。

その横には漢字で「勝長頼」とも。

バーン・カノムは訳すと「お菓子の家」。
ケーキやクッキーなどを製造販売するベーカリーなのです。

お店に足を踏み入れてみると、
いきなり目の前にありましたよ、目的の品が。

05_03

水瓶ケーキ

ラーチャブリー産の竜柄水瓶はタイ全土で有名だということは前回解説しました。
その水瓶をラーチャブリー土産として活用し、この店が開発した商品なのです。

水瓶ケーキ、タイ語で「ケーク・オーン」(เค้กโอ่ง)の
ラインナップは2種類。

上の写真は、水瓶を模した素焼きの容器にスポンジケーキが詰まっているタイプ。
80バーツ。

05_02

こちらのもう1種類は、「食べられる水瓶」タイプ。

なんと容器の水瓶も硬いクッキー生地でできていて、
丸ごと食べられるのです(笑)

中身はドライフルーツの入った「フルーツケーキ」で
150バーツ。

冷蔵庫保存では1か月もつと書かれていますが、
店のおじさんに尋ねると常温では数日しかもたないそうです。

実は詳しくそれぞれの商品について
常温何日で冷蔵何日と教えてくれたんですが、

私の頭が記憶できませんでした ^_^;)

いずれにしても2つのタイプともに日本に持ち帰って
お土産にできるほどは日持ちしないのが残念です。

ふと違う棚を見やると、もう1つ違うのがあるじゃないですか。

05_04

こっちはケーキではなく、中に個包装されたクッキーが入っているタイプ。
100バーツ。

尋ねると常温で(たしか)3週間もつとのこと。

水瓶を使った商品の第1号がこのクッキーだったようです。
2001年のこと。その後、水瓶容器も中身も試行錯誤を重ねて、
今のラインナップにまで増えたんだとか。

じゃあ最初の2つはバンコクへ帰ってから自分で食べる用、
クッキーのはお土産用に買い求めることにしましょう。

レジへ持っていくと、おじさんがどれも丁寧に箱詰めしてくれました。

水瓶ケーキを考案したのは新聞記事によると青年なので、
このおじさんはお父さんで先代ってことかな。

「2月に東京に行って来たよ。30年前と様変わりしてたね」

なんと! 意外と気さくに話しかけてくれて嬉しくなりました。


話は一旦飛んで、バンコクへ帰ってから
水瓶ケーキを食べてみたのでレポートを。

05_05

まずは並べての写真。左から
(1)水瓶ケーキ(容器は素焼き、中身はスポンジケーキ)
(2)水瓶ケーキ(「食べられる水瓶」タイプ)
(3)クッキー(容器は素焼き)
です。

(1)と(3)の容器は形状が微妙に違います。

05_06

これが(2)の「食べられる水瓶」(โอ่งกินได้)。

顔の絵の下には「アーティー・コーピー」(อาตี๋โกปี๊)とあります。
これはバーン・カノムが経営するベトナム・コーヒー店の名。
ブランドがしっかり使い分けられてなく、ごっちゃになってますね(笑)

05_07

袋から取り出したところ。
周りにビニールが巻かれています。

05_08

そうそう、こんなのも渡されたんですよ。
ルークターン(オウギヤシの実)のジャムらしいんですが、
(1)用だか(2)用だか忘れました ^_^;)

さあ、豪快にかじってみましょう!

05_09

中身のフルーツケーキは、こんな感じに
レーズンやパイナップルなどのドライフルーツの粒が
混ぜ込まれています。

周りの水瓶部分は、ケーキのビスケット土台を
もう少し硬くしたような食感ですね。

全体的な味は、正直に言うとフツー ^_^;)
まあ物珍しさで買うものかなー。

これ、1つのボリュームがかなりあって、
とても一人で一回では食べきれません。

切って少しずつ食べたほうが良さそうですよ。


もう1つの(1)は、スポンジケーキがあまりしっとりしてないです。
これもフツーな味ですかね。

(1)を食べた後の水瓶の写真をUPしておきます。


05_10

ちゃんと竜柄が入っているんですよ。
こんなところにはコダワリを感じますよね!

05_11

素焼きと思わせつつ、内部には釉薬が塗られています。
考案した青年は容器の衛生面にもかなり気を遣ったそうなんで、
その結果こうなったんでしょうね。さすが。

ちなみに(3)のクッキーは私は食べなかったのですが、
お土産にあげた人の感想は「中身が少ない」でした(笑)
ビニールで個包装されたクッキーが4~5個入っている
だけだったそうです。値段を抑えるには致し方ないのかも^_^;)

実はもっと大きな水瓶に入ったタイプのクッキーも店には
あったんですよ。でもそっちは確か250バーツだったような…。

全体としてまだまだ改良の余地がありそうですが、
今までこれといった土産物がなかったラーチャブリー待望の
商品ですので、もしラーチャブリーへ行く機会がありましたら、
試しに買ってみるのもいいと思いますよ。

なによりも食べ終えた後に水瓶の容器が
思い出の品として残りますので ^^


そうだ! お店情報をお知らせします。

バーン・カノム(BAN KA-NOM, บ้านขนม)
地図:グーグルマップ
電話:0-3232-8311


会計時にベトナムコーヒー店「アーティー・コーピー」の
チラシを頂いたんで行き方を教えてもらったんですよ。
これからそこへ向かってみようと思います!


<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:105バーツ

<参考>
ไทยรัฐ "SME มีแวว : เค้กโอ่ง...โอ่งกินได้ ไอเดียบรรเจิดจากราชบุรี!!", 2012年9月18日付
มติชน "จับเค้กใส่โอ่งของฝาก จังหวัดราชบุรี", 2012年1月12日付

※旅は2016年5月28日(土)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

バーンカノム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 入門 ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード