タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

水上バス

イアムソンバット市場バス停 オンヌット通りからの旅[最終回]

シーコン・スクエア向かいから乗ったソンテオは満席のため、
デッキ部に立ち乗り。


08_01


特等席な気分を味わえて、結構好きなんですよね。
子供っぽくてすみません(笑)


シーナカリン通り
を北へ向かっているうちに
バスが追いついてきました。


08_02


珍しいマイクロバス・タイプということは、
シーコン・スクエア~フアタケーの1013番バスですね。
いつか乗ってみたいと思っている路線です。

先日タイの新聞『タイラット』のウェブサイトを見ていたら、
この1013番路線のバスが盗まれたという記事を目にしました。

なんでも働き始めて3日しか経っていない28歳のバス運転手が
ブリーラム県にいる恋人が恋しいばかりにバスを乗り逃げして、
そのままブリーラム県まで運転していったんだとか。

しかし、恋人の家で待ち伏せしていた警察に、
あっけなく御用となったのでした。

色んな人生ドラマがあるもんなんですね ^_^;)


間もなく船着場最寄りのイアムソンバット市場バス停に到着。
運転席で運賃を支払います。7バーツ也。

時刻は、13:31。


07_04


このイアムソンバット市場バス停ですが、
また先日ネットでニュースをチェックしていてこんな記事を発見。

イアムソンバット市場前で若者が抗争、爆弾と空への発砲で脅す
(Managaer online 2015年6月11日付)

なんと、まさにこのバス停前で敵対する学校(職業訓練校の可能性大)の
学生が鉢合わせして、爆弾は投げるわ空めがけて数発発砲するわの
抗争に発展したんだそうですよ。

記事内にもありますが、その時の模様の動画へのリンクを貼っておきます。

このバス停は、各方面へのバス乗換ポイントになっていて
さまざまな学校の学生が利用するために、
日頃から抗争事件が頻発しているんだとか。

知らないで巻き込まれたらシャレになりませんって -_-;)
利用される方はお気を付けを…。


この時はそんなことは露にも知らない私は、
呑気に船着場を目指して歩いていきます。


07_05


左手奥にイアムソンバット市場が。
以前訪れたので今回は行きませーん。


07_06


運河に架かる橋の横を進むと、
Uターンレーンが完成してるじゃないですか。
前回はまだ工事中で土埃が舞ってたのに。

その先も、


07_07


前回はこんな掘っ立て小屋なかったぞ。
また他の工事でもやってるのかな。


プラウェートブリーロム運河
に出ました。
時刻は、13:38。

ここではこの名称ですが西へ行くとプラカノン運河に名が変わります。
ここからプラカノン船着場までの水上バスが出ているんです。
日中は1時間に1本、毎正時の出発。


07_08


パワーショベルが乗った台船が何やら作業をしているのを
眺めていると、そのうち、

グウォーン バシャン!

という大きな音を立ててこっちへ向かってきました。
なんと、ショベルで川底を掻いて前進していってるんです。


07_09


こんなふうに。
大したもんですねぇ、その操縦技術!


07_10


そんな光景を眺めているうちに時刻は
あっという間に14:00に。

あれ、来ないぞ?
数分待ったものの、まったく船が来る気配がありません。

そういえば毎正時発なのに14:00の便はないという話を聞いた覚えが。

前回乗った時
はやはり14:00だったのものの
ちゃんと来たんですよ。だから大丈夫だと思い込んでいたのですが…。

やっぱり14:00はないのか。

また人身御供役を買って出てしまいました(笑)
みなさん、プラカノン運河の水上バスをご利用の際はお気を付けを!


仕方がないので、イアムソンバット市場バス停まで戻ります。


07_11


最初に来た133番バスの前面に「プラカノン」と表示があったので、
飛び乗りまーす。時刻は、14:06。

この路線のバス、以前バンナー・トラート通りから
パラダイスパークまで出るのに乗ったことがあるのを思い出しました。


シーナカリン通り
をぐんぐん北上し続け、
どこまで行くのかと心配になり出したところで
左折してパッタナーカーン通りへ。

随分大回りしてプラカノンへ行くんだな。

そしてスクンビット・ソイ71へと左折。


08_03


BTSの高架が見えてきました。
あ、降りるタイミングを逸した -_-;)

バスは右折してスクンビット通りに入り、
すぐに左へ逸れラマ4世通りへ。

すかさずブザーを押して降ります。
時刻は、14:31。


07_12


振り返ってスクンビット通りまで戻り、
左のプラカノン駅からBTSに乗ったのでした。


これにて今回のミニトリップも終了です。


ナーク廟に始まり、閑古鳥の鳴くピカデリー・バンコク、
国鉄と揉めてバタバタと移転した鉄道市場、
学生同士の抗争のあったイアムソンバット市場バス停と
微笑みの裏にある一面を垣間見たような旅となりました。

たまにはこういうのもいいでしょう ^_^;)

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

次回は、再びロッブリー方面への旅をお届けします。
お楽しみに!




<旅費交通費>
ソンテオ:7バーツ
133番バス:8バーツ
ここまでの合計:36バーツ

※旅は2014年10月19日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

イアムソンバット市場

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ペットカセーム69到着 パーシーチャルーン運河水上バスの旅[2]

パーシーチャルーン運河の水上バスは、ところどころで船着場に寄りつつ
ゆっくり運河を進んでいきます。


02_01


この運河にも舟のある生活が残っているんですね。


すると、見覚えのある白い橋の下をくぐりました。


02_02


お、ここはパーシーチャルーン運河水上マーケットではないですか!

右岸に寄った船は、ワット・ニンマーノーラディー船着場に横付け。
時刻は、08:25。

前回来た時にはバーンケー市場から歩いてきましたが、
今後はこの水上バスで楽に来れますね。


ワット・ニンマーノーラディー船着場
を出てすぐに
パーシーチャルーン運河水上マーケットを振り返ってみます。


02_03


今日も相変わらず閑散としています。
やはり土日に要再訪ですなー。


まもなく前方から船が向かって来ました。


02_04


おじさんが大勢乗ってますけど、なんの船なんでしょう?
すれ違いざまに覗いてみると…


02_05


砕いた石がゴロゴロと積まれています。
運河の護岸工事用でしょうかね。


しばらくすると、逆方向行きの水上バスが。


02_06


実はすれ違うのはこれで3隻目。結構頻繁に走っている印象です。

ちなみに水上バスの左には物売りのおばさんの小舟が。
トウガラシやキュウリが見えたので八百屋さんのようで ^^


運河沿いにはところどころコンクリート製の歩道が続いているんですが、


02_07


そこをバイクが走っていくんですよ。
そんな細いところをよく落ちないもんです ^_^;)

ところで向こうに立派なお寺が見えてきました。


02_08


ワット・ムアンです。
写真右端に切れかかってますがワット・ムアン船着場も見えています。

しかし巨大な本堂ですねー!!
完成してまだ2,3年らしいです。

ワット・ムアン
は、ラマ2世治世末期の1823年創建。
元々は違う名称だったのですが、ちょうど寺の前で運河の水深が浅くなっていて、
船で運ばれてきた農産物を一旦境内に陸揚げしなければならなかったのだそうで。

で、その主要な農産物はマンゴー。タイ語でマムアンと言います。
きっと毎日のように境内にはマンゴーがどっさりと広げられていたんでしょうね。

そのためにいつしかワット・マムアンと呼ばれるようになり、
さらに縮んでワット・ムアンになったんだとか。

私はてっきり紫色(ムアン)に由来しているのかと思いましたよ。
本堂の屋根瓦にも一部紫色が使われていますし。


船がさらに進んでいくと…


02_09


ガチョウの親子がぁ~(笑)
のどかでいいですね。この辺に住みたくなってしまいます。


そうこうしているうちに前方に橋が見えてきたかと思いきや、
ただでさえゆっくりだったのがさらにスピードダウン。

右岸に寄っていきます。


02_10


時間的に言っても終点っぽいですね。
ってことは橋の上の道はペットカセーム・ソイ69ってことか。

ところでこの船なのですが、船着場には横付けせず、なんと…

岸に突進して先っぽをめりこませて停船!
は!?

「船首から降りてください」

とスタッフがにこやかに声をかけてくれます。


02_11


そのとおりに船首から陸へと ^_^;)

終点ペットカセーム69船着場に到着です。
時刻は、08:51。


02_12


船はこの後、バックして船首を陸から抜き、
舟着場に横付けしたのでした。

さて、これからどうしよう。

朝の最終便は9:00発のはず。
ってことは次の便が最終便っぽいですね。

反対側の終点にも行ってみたいので、
ここは周囲を歩き回らず、最終便に乗ることにしますか。






<旅費交通費>
水上バスに乗っていただけなので:0バーツ
ここまでの合計:51バーツ

※旅は2014年5月16日(金)に行いました。

<参考>
新聞『カオ・ソット』2011年1月8日付記事

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンワー


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



     

バーンワー駅から船着場へ パーシーチャルーン運河水上バスの旅[1]

前回バーンケー方面の旅を書いたついでに、
今回はパーシーチャルーン運河の水上バスを利用した旅をお届けします。


パーシーチャルーン運河
を覚えてますでしょうか?
バーンケー市場裏のワット・ニンマーノーラディー南側、
渡るとパーシーチャルーン運河水上マーケットのあるあの運河です。

今年2014年4月23日からバンコク都がこのパーシーチャルーン運河
無料水上バスの運行を始めました。

パーシーチャルーン水門
ペットカセーム69の区間、約11.5km。
全部で15の船着場を約60分で結ぶ路線です。

運行は、平日は朝6時~9時、夕方16時~19時半に15分間隔。
土日・休日は、朝6時~9時、夕方16時~19時半に30分間隔。


私は5月16日(金)の朝に乗りに行ってみることに。

ちょっと寝坊気味で07:53にBTSシーロム線終点バーンワー駅に到着。

現時点では、パーシーチャルーン運河水上バスの船着場に近い
鉄道駅はこの駅のみなのです。
将来的にブルーラインが開通すれば増えますが。


行き方がわからないので窓口のお姉さんに尋ねると親切に
道を教えてくれました。そのとおりに歩いていきましょう。

まずは、出口4へと。

なんのことはない、


01_01


前回下りたのと同じ階段でした。
高架鉄道ブルーライン工事中のペットカセーム通りへと…。


01_02


地上に下りたところでUターン。
高架のバーンワー駅下へと歩いていきます。

駅直下の細い運河を橋で渡り、


01_03


運河と高速道路出口の間に右へと続く歩道に入っていきます。


01_04

 ↑
船着場へ

っていう掲示がありますね。
いたるところに道案内の掲示があるので迷う心配無しですな~。

突き当たりがパーシーチャルーン運河
で、


01_05


船着場がありました。
時刻は08:01。

サパーン・タークシン-ペットカセーム船着場

との看板が。そういう名称なんですね、この船着場。
その下の小さなホワイトボードには、

ペットカセーム69行き次の便は8:00

と。
船着場の係員がいちいち記入しているっぽいですね。

道案内掲示といい、意外なほどにきめ細やかなサービスに正直驚きました。
全ての船着場に係員を配置しているんだそうですが、
ここの係員も笑顔で気持ちのいい方です。

バンコク都、やればできるじゃないですか。なかなか凄いぞ。


そうこうしているうちにペットカセーム69方面からの船が到着。


01_06


さすがにどっと降りますね。
みなさんBTSに乗り継いで仕事に向かうんでしょう。

この船が去って間もなくまた船が。


01_07


小型のロングテールボートも走っているんですね。
さっきの便との間隔がすぐだったので、混雑時の臨時便なのかも。


反対方面、ペットカセーム69行きの船も来ましたよ~。


01_08


乗り込みましょう!


01_09


08:06出発。

さっきのホワイトボードの時刻より6分遅れということですか。
まぁ別に急ぐ旅でもないからいいんですけど。

サパーン・タークシン-ペットカセーム船着場
を出て間もなくすると、


01_10


緑豊かな景色に。

安全のため時速10km以下で航行することになっているそうで
ゆっくりのんびり運河を走っていきます。

この速度制限は、センセープ運河ワット・シーブンルアン~ミンブリー間の
水上バスで問題となったのと同様に、船が起こす波で岸が削られることを
防ぐ目的もあるんじゃないでしょうかね。


01_11


通勤ラッシュ時の逆方向の電車みたいなもんで、船内はガラガラ。
スタッフのほうが多いくらいです(笑)




<旅費交通費>
BTSサイアム~バーンワー:51バーツ(rabbit card利用)
水上バス:0バーツ(無料)
ここまでの合計:51バーツ

※旅は2014年5月16日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンワー


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



     

センセープ運河の水上マーケットへ[1]

水上マーケットって多々あれど、多くは土日しかやってないんですよね。
それでバンコクの近場にあってもなかなか訪れる機会が作れなかったんですが、
昨年末の日曜日に時間ができたので、そんな中の一つに行ってみました。

2013年12月29日(日)の昼頃に出発。

実は体調がすぐれず、こんな時間になってからヨッコラショっと動き出しました(笑)


まずは、またもやBTSラーチャテーウィー駅から
サパーン・フアチャーン船着場へ。


01_01


センセープ運河の東方面の水上バスに乗船。
時刻は14:10。

ワット・シーブンルアン船着場までと告げ、20バーツを支払います。

で、またこの前と同様にプラトゥーナム船着場で、大型船に乗り換え。


01_02


出発でーす。14:20。

おっ、椅子の背もたれに…


01_03


まるで宝島の地図みたいにボロボロになってますが、
これから向かう先の広告ではないですか。


「クワン・リアム水上マーケット」へどうぞ!
2012年6月30日スタート。
どうぞ・・・こちらの道へ。
セーリータイ・ソイ60
ラムカムヘン・ソイ187でもいいです。


はい。クワン・リアム水上マーケットというセンセープ運河
比較的最近できた水上マーケットが目的地です。


水上バスの道すがらの様子は既にお伝えしているので、今回は省略 ^_^;)
ということで、終点ワット・シーブンルアン船着場に到着です。


01_04


時刻は、15:02。

前回同様、今日もミンブリー行き無料水上バスは運行していない様子。
どうしちゃったんだろう。廃止になったのかな?
それに乗れば目的地の水上マーケットに楽に行けるのに。


橋を渡ります。


01_05


ワンちゃんが気持ち良さそうに寝そべってますなぁ(笑)
その先のセーリータイ通りに出て、歩道橋で反対側のバス停へ。


01_06


やって来た27番バスに乗車。
15:13。

バスはセーリータイ通りミンブリー方面へひたすら走ります。
途中の景色はというと、


01_07


ところどころに池が。
地図で見てもこの辺りは池だか沼だかが目立つんですよね。

セーリータイ・ソイ60の反対側は、ソイ89
iPhoneで現在地を確認して、ブザーを押します。

ん? ブザーが指を離しても鳴り止まないんですが!
女性車掌さんが大丈夫大丈夫とでも言いたげな笑顔で見送ってくれます。


01_08


時刻は、15:32。

接触不良なのかな。初めてです、あんなこと。

目の前の歩道橋でソイ60側へと渡りがてら気になってバスの行方を目で追うと…、
数百メートル先で停車しています。

きっとなんとか止めようと苦心しているんでしょうね。
す、すみませーん m(_ _)m


反対側を見下ろすと、


01_09


寺の山門があるところがソイ60ですね!


渡り終えた歩道橋を見やると、


01_10


     WELCOME TO
ASEAN ECONOMIC COMMUNITY


と。ASEAN経済共同体って発足は来年でしたっけ?
タイはどう変わるんでしょうね~。


門をくぐって参道を歩きます。
ここは、ワット・バンペン・ヌア (วัดบำเพ็ญเหนือ) という寺。
ここの境内にクワン・リアム水上マーケットはあるようで。

さらに奥へと歩いていくと、


01_11


クワン・リアム水上マーケット
       ←


との看板が。もうすぐのようです!




<交通費>
水上バス:20バーツ
27番バス:8バーツ
ここまでの合計:28バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


クアンリアム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




センセープ運河水上バスの西側部分とデモ隊会場

バンコクに来てます(笑)

センセープ運河の水上バス路線のうち、サパーン・フアチャーン(象頭橋)船着場~
ワット・シーブンルアン船着場については「バンコク市内運河の水上バス旅」の旅で
乗ったものの、西側はまだだったなぁとふと思いつき、12月28日(土)に行ってきました。

なので「スパンブリー北部の山を訪ねて」は一旦中断して、
その時の模様を先にお伝えします。


旅の始点は、またサパーン・フアチャーン船着場
なぜかと言うと、BTSの駅からもっとも近い船着場だから。

ラーチャテーウィー駅からMBK方面にパヤタイどおりの右側を数分歩き、
象の頭のレリーフが特徴のサパーン・フアチャーン(象頭橋)を渡る途中で、
右にある階段を下ります。で、来た方に戻るかたちで歩きます。


01_01


この奥、左手に船着場があるんです。
怪しい雰囲気ですが、大丈夫ですよ ^_^;)


01_02


サパーン・フアチャーン船着場パーンファー・リーラート船着場行きの船が来ました。
時刻は、15:47。

乗り込んで出発するとすぐに船賃徴収係がやってきました。
この先は10バーツで均一料金みたいですね。


01_03


ビックリしたのが、ボーベー市場船着場手前の橋をくぐる時。
なんと船の屋根が下がってきたのです。

よく観察すると、屋根を支える柱が全て前のめりに傾くようになっていて、
橋に差し掛かると操作をしていました。

プラトゥーナム船着場以西は小型船しか運行できない理由はこれだったんですね。
うろ覚えなのですが、合計2,3回屋根を低くしていたようです。

で、いよいよ終点、パーンファー・リーラート船着場に到着です。


01_04


時刻は、15:55。
たった8分でした。


船着場から外へ出てみると、予想はしていたのですが、
目に飛び込んできたのは、デモのグッズを売る屋台の列!


01_05


そう、このすぐ先で反政府デモ隊がラーチャダムヌーン・クラーン通り
占拠して拠点としているんです。


大学院でタイ政治史を学び、黄色シャツの占拠した首相府にも赤シャツの王宮前広場集会にも
足を運んだことのある私は、躊躇無くデモ隊拠点へと向かったのでした。

とは言え、前日深夜には何者かによる銃撃でデモ隊ガード役が
1人亡くなっていますので、最新の詳細な状況を把握していない方は
近づかないことをお勧めします。


01_06


マハーカーン要塞前のこの交差点の向こうがデモ隊拠点。

道路を渡ってゲートへと。


01_07


とくに荷物チェックも無く通過。

中の様子はと言うと、まず歩道部分はご覧のとおり。


01_08


グッズ屋台が連なってます(笑)


01_09


タイ国旗柄のストラップ付きのホイッスルや、デモ隊Tシャツ、手のかたちの鳴り物などが
メインですね。

あ、Tシャツはしっかり


01_10


デモ隊代表のステープ氏をデザインしたものも。


では、次に道路上を見てみましょう。


01_11


巨大テントがいくつか設営されていて、参加者はここで寝泊りしています。

そしてところどころで行列ができているんですよ。

01_12


何なのかというと、食事の無料配布ブースなのです。

ここは「ステープ様キッチン」と書いてありましたが、
多くは地方組織の運営のようで、クラビ、パッタルンなど南タイを中心に、
中部や北部の地名のブースもありました。

で、私はステープ様キッチンに並んで食事を頂きました。


01_13


南タイ・スラタニー出身のステープ氏の名が冠してあるだけあって
南タイ風なのか辛かったですが、美味しかったですよ。


ちなみにバックに見えるのは、民主記念塔

ここにステージが設置されていて、ちょうど行った時には歌手が歌っていましたが、
その後幹部や支持者のスピーチが続いていました。

民主記念塔の周囲でこんなブースを発見。


01_14


寄付金受付ブース。

タダ飯を食らうのは心苦しいので、食費相当分の寄付をさせていただきました。
すると、


01_15


こんなお守りをくれました ^^


実はパッタルンのブースでコーヒーも頂いたもので、
トイレに行きたくなってしまったんですよね。探すと、あ、ありましたよ。


01_16


バンコク都が提供したトイレ車です。
入口が2つあって、前方が女性、後方が男性になっています。

男性トイレは、こんな感じ。


01_17


小用が多く並んでいて、大用は1つだったか2つだったか…。
ちゃんと手を洗う蛇口も1つあります。


なんだかんだ見て歩いているうちに、夜の帳が下り始めて…


01_18


綺麗なイルミネーションに照らされた民主記念塔ステージでは、
幹部や支持者のスピーチが一層熱を帯び始めたような。
かと言って、汚い言葉はほとんどなく、丁寧かつ力のこもったスピーチですね。

何人ものスピーチを聴いていましたが、「緊張しています」という地方からかけつけた人でさえ、
にこやかにユーモアを交えながら盛り上げるんですから大したもんです。
タイ人ってあまり緊張しない国民性なんでしょうかね。羨ましい限りです。


再びトイレ車に寄った頃には、ラーチャダムヌーン・クラーン通り
イルミネーションもこのとおり。


01_19


この時点で18:20頃。


せっかくここまで来たなら、代表のステープ氏の姿も見たいじゃないですか。
幹部がスピーチで、ステープ氏は既にステージ裏に到着していると言っていたので
少なくとも今日もスピーチはするでしょう。

問題は、それが何時なのか、なんですよね…。

結局それから3時間半近く待った21:45頃、
ようやくステープ氏のスピーチが始まりました!


01_20


最初は、昨晩この場所で銃撃され亡くなったガード役を悼み沈痛な面持ちでしたが、
段々と身振りを交えてスピーチがヒートアップしていきました。

最後まで聞いていると、みんな一斉に帰宅し始めてここから脱出する足の確保が
困難になることが予想されたため、私はステープ氏のスピーチの途中で会場を後に。

去りながら民主記念塔を振り向いてみます。


01_21


やはりステープ氏のスピーチの時が一番人が多いですね。

センセープ運河の水上バスはもう終わっているため、
ゲート前に待機しているバイクタクシーでBTSの駅まで出て帰ったのでした。


センセープ運河水上バスの西側部分に乗ってみようとの思いつきから、
思わぬ方向に進んでしまった旅となりました。

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード