タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

恋愛の神様

サオチンチャー(大ブランコ) バンコク5大恋愛の神様巡り[7]

3階のワット・テープモンティエンから階段で2階へ戻ってきました。


07_01


ドア上部にぶら下がったベルに、
タイとは違った文化を感じますね。

トイレを借りてから、靴棚に乗せておいたサンダルを取ろうとすると、


07_02


こんな注意書きが目に入りました。

テープモンティエンはローマ่字表記すると
DEV MANDIR なのか。
MANDIR=マンディールとは、ヒンズー寺院の意味のヒンドゥー語。

テープは神の意味。

モンティエンのタイ文字綴り มณเฑียร の末尾の字 ร は、
"r" の音を表す子音字ですが、タイ語には語末のr音がないため、
"n"の音に変化するのです。

つまりモンティエンの語源は、マンディールで、
ワット・テープモンティエンとは、
ヒンズー教の神の寺、ってな感じの意味なんですね。


1階へ戻ってきました。


06_12


相変わらず園児達が遊んでいます(笑)

邪魔にならないように端っこを歩いて行くと、
校門手前の左手に


07_03


またもやヒンズーの神様が。

タイ語でプラメー・スラッサワディー、
英語で Mata Saraswati と書いてあります。

サラスヴァティーという知識と知恵の女神です。
日本の仏教にも取り込まれて、弁財天になってるんですよ。


07_04


ワット・テープモンティエンの入っている学校を出ました。
時刻は、15:23。

今一度、ワット・テープモンティエンの場所
お知らせしておきましょう(グーグルマップ)。


出ると目の前には、


07_05


女子中高生がうじゃうじゃいるではないですか。
どうもこの辺りには学校がいくつかあるようです。
ちょうど下校時間のようで、屋台で何やら買い食いしてます ^^

んじゃ、私も。


07_06


ナム・マナオ(ライム・ジュース)で一服~。


さあ、帰りますか。
とりあえず北へと少し歩くと広場に出ました。


07_07


向こうに見える建物は、バンコク都庁じゃないですか。
この辺は、バスなんかで通ったことがあるだけで、
歩くの初めてなんですよ。

都庁手前の広場は、ラーン・コンムアンと呼ばれています。
「都民広場」ってな意味ですかね。
ラマ5世期(1868-1910年)には市場があったんですが、
のちに壊して広場にしたのです。

ちなみにこの広場で "Bangkok Light of Happiness" と名付けられた
イルミネーションが2015年12月30日から2016年1月30日の期間開催中です。
神戸ルミナリエだか東京ミレナリオだか、あんな感じみたいですよ。
イベントの様子をYouTubeを貼っておきますね。


そしてその西側に聳えるものは、


07_08


サオ・チンチャー

直訳すると、ブランコ柱。

かつてバラモン・ヒンズー教の儀式で使われたものです。
なんでもシヴァ神が年に1回、10日間だけ人間界に下りて来る際の
出迎えの儀式だとか。

女神ウマーテーウィーが天変地異を心配して、
夫のシヴァ神と賭けをしたのだそうです。

川べりのナツメの木に大蛇をぶら下がらせて、
シヴァ神がその上に足を組んだ上で片足立ちし、
大蛇が体を揺らしても落ちなければ、世界は揺るぎないものだと。

それにちなんで、ブランコの柱をナツメの木に、
ブランコを大蛇に見立てたんですね。


でもそんなブランコの儀式もラマ7世期(1925-1935年)に廃止に。

サオ・チンチャー自体は、ラマ1世期(1782-1809年)に建てられた後、
ラマ5世期に今の場所に移り新たに建て直されました。

が、木の柱のため腐食が激しく何度か修復をしたものの
いよいよ保存が無理になり、2005年に建て替えられたのが今のもの。
チークの丸太材で、防腐処理されているようですよ。

サオ・チンチャー
の場所はここです(グーグルマップ)。


すぐに帰るつもりだったんですが、
面白いのでもう少し歩いてみましょう。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:124.5バーツ

※旅は2015年7月23日(木)に行いました。

<参考>
Wikipedia "พระสุรัสวดี"
ウィキペディア "サラスヴァティー"
Dailynews "สุขุมพันธุ์"เปิดไฟประดับปีใหม่ที่ลานคนเมืองคนมาดูประปราย"2015/12/30
Wikipedia "เสาชิงช้า"

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ワットテープモンティエン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ワット・テープモンティエン バンコク5大恋愛の神様巡り[6]

5大恋愛の神様の最後、ワット・テープモンティエンを
クリアするためには、ここを突っ切らないといけないのか。


06_01


でも無言でずんずん入って行ったら、
不審者扱いされかねませんよ -_-;)

右手に守衛室兼受付のような窓口があったので、
お寺に行きたいので入っていいですか? と許可を取ってみました。
守衛の男性は真顔のまま「いいですよ」と。

ちょっぴりビビリましたが、ひとまず安心。

飛び回る子供達の間を抜けて奥の建物へ向かいます。

今見かけるのは幼稚園児ばかりですが、
ここは幼稚園から小学校までの一貫校なんだそうで。


数段の階段を上がると、右手に


06_02


上階への階段が。
たしか上にあるはずなんですが、

     ↑
会議室への入口

って案内にはあるんですよね。
まあ上がればわかるか。


2階に辿り着くと、そこは広間でした。
そしてさらに


06_03


3階への階段があるんですが、
ドアに鍵がかかってます。
時刻は15:02。

ワット・テープモンティエン
の参拝時間は、
6:00~12:00と15:00~19:30。
12:00~15:00の閉鎖時間は過ぎたはずなんだけど。

あとから上ってきた参拝者達と、変だねえなんて話していたら、


06_04


白装束の男性がやってきて鍵を開けてくれました。

2階の両端に3階への階段があるんですね。
参拝者さんの話によると右は女性用で左が男性用だけど、
あまり気にしなくていいとか。本当かなあ?

サンダルをここで脱ぎ、
先に開けてくれた右の階段から上った3階はというと…

06_05


別世界が広がっていたのでした!

ここがワット・テープモンティエンか。
ヒンズー寺院ですね。

1969年6月11日の落成式には、プミポン国王夫妻も
式幹事としてここへいらっしゃったのだそうです。

インドのルンピニー、ブッタガヤ、サルナート、クシナガラの土や、
ガンジス川など代表河川の水が、霊験を高めるため、
寺院内に収められているんだとか。


赤絨毯敷きの広間の中央に安置されたご本尊は、


06_06


維持神ヴィシュヌとその妻ラクシュミー。

ヴィシュヌは、伊勢丹前のトリームーラティ像(三神一体像)の
三神のうち一神。

ラクシュミーは、ゲイソンプラザ4階のラクシュミー像と同じ。

そうか。夫婦揃っているから強力な恋愛の神様なんですね。

ちなみに神前に賽銭箱らしきものがありますが、
私はただ座ってお参りするだけにしておきました ^_^;)


広間の壁伝いにヒンズー神像や偉人らしき肖像画が
色々並んでいるので見て回ってみますか。


06_07


左はこれもトリームラティの一神、創造神ブラフマーです。
右のさらに顔だらけの神様は・・・どなたでしょう? ^_^;)


06_08


こちら、虎顔の台座に胡坐をかく白髭の男性は、
紀元3世紀にインド叙事詩ラーマーヤナを著した
詩人ヴァールミーキだとのこと。


06_09


人の姿でないので異彩を放つこの神像は、女神サティー。

このサティー、父がトリームラティの残る一神、破壊神シヴァを
嘲ったことから責任を感じ自ら火に飛び込み死んだのだそうで。

しかしその後ウマーテーウィーに生まれ変わり、
シヴァ神の妻となったのでした。

あれ? ウマーテーウィーといえば、
ワット・ケークのご本尊ではないですか。

なんのことはない。最初のメーナーク廟以外の4か所、

伊勢丹前のトリームーラティ像
ゲイソンプラザのラクシュミー像
シーロムのワット・ケークのウマーテーウィー像
・ワット・テープモンティアンのヴィシュヌ・ラクシュミー像その他

は、全てヒンズー神話でつながっているんですね。


他にも興味深い神像や肖像画が並んでいるんですが、
とても紹介しきれません。

中央に戻ると、


06_10


檀上に座る司祭…バラモンって言うんですよね?
がいかにも裕福そうな男性から何やら乞われ、
穏やかに教えを授けていました。

静かでいいところですよ。
また来てヒンズー神像をのんびり眺めてみたいな。

ではワット・テープモンティエンを後にしますか。
上ってきた階段を下ります。途中に


06_11


こんな壁画があるの、さっき気がつかなかった ^_^;)

「クリシュナとアルジュナ」と説明があります。
いずれもインドの神話や叙事詩に登場する英雄の名。

最後までインドの神話世界にどっぷり浸かったお陰で、
インドの神様や神話に初めて親近感を感じることができた気がします。

おっと、ワット・テープモンティエンの場所
お知らせしておきますね(グーグルマップ)。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:124.5バーツ

※旅は2015年7月23日(木)に行いました。

<参考>
siamganesh.com "วัดเทพมณเฑียร"

つづく

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ワットテープモンティエン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

最後の神様は幼稚園内? バンコク5大恋愛の神様巡り[5]

5大恋愛の神様も残るは1か所のみ。
ただそこがちょっとクセモノでして、
12:00~15:00の間は閉まってしまうんですよ。

実はその時間調整も兼ねて DEAN & DELUCA
一息ついたのでした。でもそろそろのんびり向かいますか。

チョンノンシー駅
からBTSでサパーン・タークシン駅へ。
14:07到着。

駅から地上に下ります。


05_01


チャルーンクルン通りを左へ進み、
ロビンソンデパートの先のバス停へ。


05_02


やってきた1番赤バスに乗りますよー。
時刻は、14:11。

ここチャルーンクルン通りは1864年に
タイ初の近代式道路として開通した道。

だから路線バスも栄えある1番を振られたんでしょうね。

この1番バスはアジアティークのあるトック通りから
サパーン・タークシン駅→ヤワラート→ワット・ポーを経て
ターティアン船着場を結ぶ利用価値大な路線です。


05_03


で、そのとおりヤワラートに差しかかりました。
なぜか今日は交通量が少なめですね。

5番目の神様へ行くにはバスを乗り換えなければなりません。
降りるタイミングを計っていると、1番バスはやおら左折して
すぐに右折。パフラット通りへと入ったのでした。

パフラット
も通るのか。知らなかった!


05_04


ということでパフラット通りで下車。
場所はここです(グーグルマップ)。
時刻は、14:31。

パフラット
はインド人街とも言われるとおり、


05_05


目の前をインド系の女性が歩いてます ^^

そして生地屋や仕立て屋が多いんですよね?
道沿いにはタイ舞踊衣装やインドのサリーが並んでいてきらびやか。

ちなみにパフラットという語の意味は、
二の腕に付けるブレスレット(アームバングル)のこと。

でもラマ5世(在位1868-1910年)が、10歳で早世した娘を悼んで、
娘の名の一部をこの通りの名に冠したことが直接の由来なのだそうです。

バスが来たほうへ戻りマハーチャイ通りに出ます。
右へ歩いた先のバス停で待ち、


05_06


やって来た56番バスにあてずっぽうで乗ってみますか。
たぶん真っ直ぐ北上するはず。

予想どおり一直線にマハーチャイ通りを走って行ったので、
iPhoneのマップを見ながら下車。
時刻は、14:52。

ソイ・シリチャイ1
というソイの辺りです。
ちょっと行き過ぎてしまったので戻ることに。


05_08


こんな籐製品の店があったり。
この辺りは来たの初めてですよ。


05_09


で、右手のソイ・シリチャイに入ります。
場所はここ

道なりにくねくね歩いて行くと、


05_10


目的地のワット・テープモンティエンは、
どうやら右の壁のような建物っぽいですね。

シリポン通り
に出たところで右に顔を向けると、


05_11


HINDU SAMAJ(ヒンドゥー・サマート協会)と。
場所をグーグルマップで示しておきます。

ここのはずだよなーと覗いてみると、


05_12


あれ?


05_13


幼稚園!?

えっ。ってことは神様は幼稚園内に!?
部外者が入っちゃっていいんでしょうか?



<旅費交通費>
1番バス:6.5バーツ
56番バス:9バーツ
ここまでの合計:124.5バーツ

※旅は2015年7月23日(木)に行いました。

<参考>
Wikipedia "ถนนพาหุรัด"

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ワットテープモンティエン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ディープなワット・ケーク本堂 バンコク5大恋愛の神様巡り[4]

シーロム通りにある通称ワット・ケーク、
正式名称ワット・プラシーマハーウマーテーウィーで
参拝を済ませたと思いきや、


03_12


まだ奥の本堂らしきところに人々が入って行くのに気付きました。
何があるんだろう?

本堂内部は撮影禁止らしいので、
外からズームで狙ってみると、


04_01


上半身裸のマッチョなインド系男性が立っているではないですか。
神官なんですかね? 目が合ってしまったし ^_^;)

さらに男性の背後に女神らしき像の姿も見えています。
なるほど、あれが寺院名の元になった本尊の
プラメー・ウマーテーウィーか。

プラメー・ウマーテーウィーとはタイでの呼び名で、
インドではマリアンマンと呼ばれているんだとか。
寺院名の英語表記も Sri Maha Mariamman Temple になっています。

このマリアンマンは虎に乗った女神で、
シヴァ神の妻、ガネーシャの母親らしいです。
そんなことから恋愛の神様として崇拝されているのかもしれませんね。

しかしまぁ、『インディジョーンズ 魔宮の伝説』さながらの
世界が広がっているじゃないかと不謹慎ながらも感じてしまいました。

ちなみに本堂から出てきた女性の額真ん中に赤茶色の印が。
あの神官が塗るのかな。まあいいや、入ってみましょう。


足を踏み入れると、中央には確か赤い絨毯が奥まで続いていたような。
左手の壁伝いにヒンズーの神様の像が並んでいます。

列に並び私の番になったところで、奥に立つ例の神官が
独特な旋律の呪文? お経? を唱えながら
指で私の額にあの赤茶色の印を付けたのでした。

ありがたいものなんでしょうけど、
付けたまま外を歩くのはちょっと… ^_^;)

そしてお供え物の乗ったお盆を私の手から受け取り、
マリアンマン像のあるさらに奥の部屋の片隅に消え、
お供え物の一部を回収して、残りを私に返したのでした。

お盆の上には水のペットボトルとバナナが。

他の人を観察すると水だけ返されているんですよね。
なぜ私だけバナナも? 何か意味があるんでしょうか。
気になって仕方がありませんよ(笑)

神官の前を離れ戻ろうとしたら、出口左手にも行列が。
つられて並ぶとそこはマリアンマンのブロマイド売り場でした。

100バーツを渡すと腕に赤い紐を結んでくれて、
マリアンマンのブロマイドを渡されました。

これで一とおり終わりのようです。
あ、トレー返さなきゃ。

出口すぐ右手にある、先ほどお供え物セットを購入した
コーナーに返却すると、「バナナは要らないの?」とおばさん。

一房も食べきれないし結構です ^_^;)


出てきたところで椅子に座り額の印をティッシュで拭きつつ、
貰った物を改めて確認してみました。


04_02


これが結んでくれた赤い紐。


04_03


これがマリアンマン(プラメー・ウマーテーウィー)の
ブロマイド。結構デカいです。


04_04


こっちはお供え物のお盆に乗っていたカード。
ヒンズーの神様なんでしょうけど、
人の頭を数珠繋ぎにしたレイがオドロオドロしくてもう (>_<)


04_05


それとこの寺院の名前入りミネラルウォーター。
この後、貴重な水分補給源として使わせていただきました。


男性神官の独特な呪文が頭の中をグルグル回ったまま、
ワット・ケークを後にします。

時刻は、12:58。

次はちょっと行きにくいところにあるんですよね。
とりあえずBTSに乗るためにチョンノンシー駅まで
歩いて出ました。が、乗る前に、


04_06


チョンノンシー駅階段の目の前にあるビル1階の店、
DEAN & DELUCA へ!

DEAN & DELUCA
というと、数年前には渋谷を歩けば
ここのトートバッグを持った女性だらけだった光景が
強烈に脳裏に焼き付いています。

あの店がタイにもあるんですよー。
というか、2014年11月にタイの不動産ディベロッパー
PACE Development Corporation に買収されたので、
DEAN & DELUCA は今や世界中でタイ企業のブランドなんですけどね。


04_07


オシャレな店内は、欧米人男性率非常に高し。
なるほど、あちらの人ってこういう雰囲気が好みなんでしょうね。
あとはタイ人OLさんも多い印象。


04_08


英語やら中国語やらが飛び交う喧噪の中で
一人コーヒーをすすってノンビリしたのでした。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:109バーツ

※旅は2015年7月23日(木)に行いました。

<参考>
siamganesh.com "พระแม่อุมาเทวี"
Wikipedia "พระแม่มารีอัมมัน"
日本経済新聞 「タイのペース、米カフェチェーン買収」,2014/11/20

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ディーンアンドデルーカ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

シーロムのワット・ケーク バンコク5大恋愛の神様巡り[3]

ゲイソンプラザのラクシュミー神像を後にして、
次に向かうのはシーロムです。

BTSだと乗り換えがあるし面倒なのでバスで行きますか。
セントラルワールドの反対側のバス停から、


03_01


77番のエアコンバスに乗車。
時刻は、11:05。

ラチャダムリ通りを南下していったバスを
シーロム通りのバンコク銀行本店手前で下車。
11:28。

ちょうどいい時間なので、シーロムでランチにすることに。

反対側に渡り向かったのは、


03_02


竹亭さん ^^

楽天ブログ
を通していつもお世話になっております。
突然の訪問にも関わらず笑顔で迎え入れてくださいました。

カウンター席で頂いたのは、


03_03


寿司のセット。

忙しい時間帯にも関わらず竹亭さんは話し相手になってくださり、
お陰で楽しく食事をすることができました。
どうもありがとうございます。


恋愛の5大神様の4か所めですが、
実は竹亭さんから目と鼻の先にあるのです。

お店を12:13に出てシーロム通りを歩いて行くと、


03_04


ガネーシャTシャツを売ってたりして
段々とそれらしき雰囲気になって来ましたよ。

それよりもすれ違う人の中には、おでこの真ん中に
茶色い何かが塗られた人がチラホラ。

水色シャツの女性はそれをティッシュで拭きながら歩いています。

参拝すると塗られちゃうのか?
ちょっとイヤだな…。

などと思いつつも歩いて行くと、


03_05


竹亭さんから徒歩8分で到着しました!

通称ワット・ケーク

ケークとは「客」でインド人のこと。
なのでインド寺といったところでしょうか。

正式名称は、ワット・プラシーマハーウマーテーウィー
(プラメー)ウマーテーウィーという女神が祀られた寺という意味です。

場所をグーグルマップでお知らせしておきますね。


03_06


シーロム通りの向かいからのほうが全体がよく見えますね。
残念なことにシンボル的な塔が改修中で黒いビニールで
覆われています。


03_07


が、見た目からわかるとおりここはヒンズー教寺院。

ラマ5世期の1910-11年頃にシーロム界隈在住の
南インド出身タミール人たちが建てたのだそうです。

当初は現在のワット・フアランポーンの辺りでしたが、
のちに現在地に移転したんだそうで。


入ってみますか。


03_08


入り口すぐの左手には創造神ブラフマーの像が佇んでいました。
寺内の像は全てインドから取り寄せたんだとか。


03_09


みなさんお供え物をして拝んでますね。
お供え物は、えーと・・・


03_10


あ、境内で売ってるのか。
これは手間がかからなくていいですね。

60バーツを払い、お盆に乗ったお供え物セットを頂きました。


03_11


内訳は、

ココナッツ
水のペットボトル
紙パック豆乳
バナナ1房
線香9本 ロウソク1本
葉っぱ
花飾り ヒンズー教の神様らしきカード

盛り沢山です。


03_12


前のテーブルにお供え物を乗せて祈願し、ふと顔を上げると、
奥に人がどんどん入っていっているではないですか。
写真の中央です。

みなさん手にはお供えセット。

あれ? ここのテーブルにお供えして終わりじゃないのか。
慌てて自分のお供えセットを回収(笑)

手に持ち私も奥に向かったのでした。
何があるんだろう?




<旅費交通費>
77番バス:10バーツ
ここまでの合計:109バーツ

※旅は2015年7月23日(木)に行いました。

<参考>
Wikipedia "พระแม่มารีอัมมัน"
Wikipedia "วัดพระศรีมหาอุมาเทวี"

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ワットケーク

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード