タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

国鉄ウォンウィエンヤイ駅

ドーンホイロート再び![1]

3月下旬のタイ滞在時に選んだ旅先は、またまたバンコク西方、
サムット・ソンクラーム県のドーン・ホイロート。

昨年12/26に行った時は、潮が満ちていて潮干狩りができませんでした。

それを含めて、前回実現できなかった3つの目的の雪辱を
何が何でも果たそうと、もう意地になっての再訪です(笑)

果たして、そううまくいくのかどうか。
決行日は、3/30(金)。


今回も、潮位を水資源・農業情報研究所の「潮位データ」サイトで事前にチェック。
「メークローン」の3/30は、午後に干潮になっています。よっしゃー!


朝ちょっぴり寝坊して慌てて宿を飛び出した私は、BTSサイアム駅へ。
ここからBTSシーロム線に乗り、終点ウォンウィエンヤイ駅到着。

時刻は、07:44。

あちゃー。

国鉄ウォンウィエンヤイ駅07:40発のマハーチャイ行き列車に
乗りたかったんですが失敗。

でもひょっとしたら遅れて出発するかもしれないので、
一応国鉄ウォンウィエンヤイ駅へ。やっぱり列車は発車した後~。

次の08:35発まで待ってもいいけど、時間が勿体無いなぁ。
バスで行ってみますか。

というワケで、駅反対側のバス停から120番のマハーチャイ行きバスに乗車!
時刻は07:56。


が…朝の通勤時間帯のため道は渋滞。なかなか進みません。
あれよあれよという間に時が無駄に過ぎていきます。

内心焦り始めました。
なんだ。これじゃ途中で08:35発の列車に絶対に抜かれるぞ。
最悪の場合、この先で乗り継ぐメークローン線の列車に間に合わなくなるかも。

決断しました。
バスを途中下車してその列車に途中駅から乗ろう!

朝からバタバタして何やってるんでしょうね -_-;)


バスがエーカチャイ通りへと入ったところで
車窓に目を凝らします。よしっ、ここだ。

エーカチャイ・ソイ23の手前で下車。


09_01


時刻は、08:27。


エーカチャイ・ソイ23入口にはこんなゲートが立ってます。


09_02


上部には「ワット・サイ」と。

はい。
何度も来ているワット・サイワット・サイ水上マーケットへのソイなのです。
その途中にあるワット・サイ駅から乗車しようという魂胆。

iPhoneで時刻表を調べたらワット・サイ駅08:45発とのこと。
まだ15分ほどあるので、ついでだから市場を歩いて来ましょう ^^


線路を越え、市場へと進みます。


09_03


今日も活気があるな~。

そのままサナームチャイ運河突き当たりまで。


09_04


運河を見てみましょう。


09_05


まだ舟のクイッティアオ売りのおじさんは来てないのか。
残念~。


09_06


ワット・サイの門前では、以前12月や2月に来た時には
特産品のバーンモットみかんが山になって売られていました。

それが今回はみかんの姿がまったくない代わりに
そこにあるのは青いバナナの山!

3月はバナナが旬なんですかねぇ。なんか年中収穫できそうですけど ^_^;)


列車内でつまめる朝食を何か仕入れてから駅へ向かいますか!







<交通費>
BTS :35バーツ
120番バス:8バーツ
ここまでの合計:43バーツ


※旅は2012年3月30日(金)に行いました。

つづく


09_map


夜のマハーチャイに到着 もう一本西の川が見たい![最終回]

マハーチャイ発17:35のウォンウィエンヤイ行き列車をホームで待ちます。
が、なかなかやって来ません。イヤ~な予感。

17:32になって、ようやく入線してきました。


マハーチャイ駅に入線する列車


この列車、定刻発でもウォンウィエンヤイ着18:25。
連絡して遅らせてもらった待ち合わせ19:30にも間に合うか
ヤキモキし始めましたよ -_-;)


降りるお客さんを待ってから乗り込みます。
席に座りふうっと一息ついた頃に

カン カン カン

と鐘の音が。
あ、発車の合図?

えっ、定刻の17:35だ!!

やればできる子だったんですね(笑)


すぐに車掌さんが巡回してきたので、
「オン ダ テーン」で切符を購入 ^^


車内で買った切符


5バーツ券が2枚。入挟された穴が懐かしい!


列車に揺られているうちに日が沈み、夜の帳が下りてしまいました。

実はバンコク周辺日帰り旅シリーズ初の夜体験だったりします。
今まではどの回も、夕方にはバンコクへ戻ってましたので。

それだけ、遠くへ足を延ばしたってことなんでしょうね。


停車した駅でふと外を眺めると、


バーンボーン駅


バーンボーン駅。ということはバンコク都内に戻ってきたのか。
とはいえ、なんともローカル線の駅な佇まいにグッときます。
今見ても写真から虫の鳴き声でも聞こえてきそう。


タラート・プルー駅で大勢のお客さんの乗り降りがあり、
列車は次の終点ウォンウィエンヤイ駅に到着。


ウォンウィエンヤイ駅に到着した列車


時刻は、18:39。

マハーチャイを定刻に発車したのに結局14分遅れじゃないかっ!
ヤバイぞ。


慌てた私はダッシュで駅を後にし、歩道橋を渡った先で
またもやバイクタクシーのお世話に。今度は男性ですけど(笑)

BTSのウォンウィエンヤイ駅下まで乗せてもらい、
またダッシュでホームへと。

運良く電車が入ってくるところ。

一旦宿に戻りコンタクトレンズを洗いつつ(でも目はまだ痛い 泣)、
菓子折りをピックアップして、再びBTSで待ち合わせ地点へGO!

走りに走って、19:28に無事到着できました!


証拠は、宴の図。


飲茶(ディムサム)


ディムサム(飲茶)を囲んでの楽しいひと時となりました。


なかなかに濃い一日でしたよ。

バーンレーム駅には嫌われ、ドーン・ホイロートでも潮干狩りができず
色々と消化不良だったはずなんですが、ハプニング続きだったせいか
妙に充実感に満ちた思い出深い旅でした。


これにて今回の旅も無事(?)終了です。
最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました!

次回からは引き続きこの翌日の旅を綴りたいと思います ^^







<交通費>
マハーチャイ線:10バーツ
バイクタクシー:15バーツ
BTSウォンウィエンヤイ~サイアム:35バーツ
ここまでの合計:198バーツ


おわり


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。



もう一本西の川が見たい![1]

年末はタイへ行っていました。

体調を崩したり飛行機でCAさんに味噌汁をこぼされたりといったアクシデントも
ありましたが、多くの人に会えて優しさに触れることのできた素晴らしい旅でした。

もちろんバンコク周辺の日帰り旅も3回ほど。
西方ばかり重点的に飛び回ってきました。


今回はまずその最初の旅として、「もう一本西の川が見たい!」をお送りします。

バンコクにはチャオプラヤー川が流れています。
その西には、ターチーン川が流れていて河口にはマハーチャイの街が広がっています。

ここまでは行ったことがあるんですよ。

で、そのさらに西には、メークローン川が流れています。
この川を見てみたい! ということから閃いた旅(笑)

でもせっかく行くんだから周辺の見どころも巡ってみることに。


出発日は12月26日(月)


BTSサイアム駅からシーロム線にまず乗車。
07:01発。

今回バンコクに来てから朝晩は半袖では寒いくらいの涼しさが続いてますが、
今朝も寒いです。冷房のガンガンに効いたBTS車内とさほど変わりません(汗)

終点のウォンウィエンヤイ駅着07:29。

通勤客の波に逆行して国鉄ウォンウィエンヤイ駅へ。
07:40発の列車の切符を買って、いざ座席へ。


国鉄マハーチャイ線の切符とムーピン


ついでにホームに並ぶ物売りかあらムーピン(豚串焼き)を買って軽い朝食に ^^


2分遅れて出発です。

警笛をひっきりなしに鳴らし上下左右にガタガタと大きく揺れながら疾走。
左から浴びる朝日がすがすがしいです。

スピードが上がったのか風が強く寒くなったので窓を閉めます。

途中、クローントンサイ駅で対向列車待ち。
線路脇でチャボが地面を突いているのを眺めてました ^^


そろそろマハーチャイが近いかなという時、
窓の外には驚きの光景が!


国鉄マハーチャイ線沿いの洪水


道路が冠水してる!!

バンコク都内は確か12月22日に全地域から水が引いて洪水終結となったのですが、
バンコク都外ではまだ洪水が残っている地域が多少あるってことか。

この道のさらに向こうには並行してサナームチャイ運河が流れているはず。
きっと運河から氾濫した水でしょう。

ということは、この運河が流れ込むターチーン川の水位が高いってことかな?

まだこの時はこの先での事態にまで思いが及んでいなかった私でした -_-;)


しばらくすると冠水はなくなり、前方に終点マハーチャイ駅が見えてきました。


マハーチャイ駅に入線する列車


この駅は「市場の中にある駅」って感じでいつも人がごったがえしています。
とくに朝なので物売りも人も多いですね。


定刻を24分も遅れてマハーチャイ駅着。
時刻は09:04。


マハーチャイ駅に到着した列車


さーて、これからターチーン川を渡って、日に4往復しかない
国鉄メークローン線に初乗車です!

でもまだ1時間ばかりあるので、マハーチャイの市場で腹ごしらえしますか!






<交通費>
BTS:35バーツ
国鉄マハーチャイ線:10バーツ
ここまでの合計:45バーツ

つづく


※地図は範囲が広いもので…。気が向いたら作ります m(_ _)m


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。




ワット・サイ周辺運河巡り[1]

しつこいようですが再びワット・サイです(笑)

ワット・サイ~パーククローンタラートの水上バス便について
どうしても知りたくて、今回は聴き込み調査目的に訪れてみることに。


3月28日(月)に行ってきました。


BTSサイアム駅からスタート!
シーロム線でウォンウィエンヤイ駅まで行き、歩いて
国鉄ウォンウィエンヤイ駅に到着。もう慣れたもんです(笑)


国鉄でワット・サイまで行こうと思っていたんですが、
次の列車までかなり待つことになるので予定変更。
バスで向かいますか。


120番バス


駅向かいのバス停から120番バスに乗車。
08:52。

バスはソムデット・プラチャオ・タクシン通りを南下。
チョームトーン通りに入り、エーカチャイ通りソイ23が見えたところで下車。

時刻は09:21。


ソイ23に入り、国鉄線路を越えるとワット・サイ市場です。
さらに進みサナームチャイ運河沿いの市場内食堂へ。

ここで食事がてら店主さんに聴き込みしようという魂胆なのです ^_^;)


カーオパット・ガパオを食べ終え、代金を払いながら、
パーククローンタラートまでの船便について尋ねてみました。

「無いよ。」

・・・(汗)


なんともあっけない返答。
そんなワケないだろー。仕方ない。他の人にも聞いてみますか。


ワット・サイ前でフルーツを売っているおばさんに
しゃがみこんで尋ねてみます。

「以前はあったけど、無くなったよ。」

えっ!?
そんなバカな!!


ここで諦めるワケにはいきません。さらに聴き込みをすべし。

ワット・サイ境内に足を踏み入れてみます。
そこにもみかんを売るおばさんが。

これ、バーンモットみかんですか?

「そうだよ。」

前回買って美味しかったのでまた買いましょう。
1kg買って代金を払いながら、また尋ねてみると…

「無いよ。」

ええぇーーーー!? そんなぁ。絶対にあるはずなんだけどなぁ(T_T)


「舟に乗りたいのかい? ちょっと待ってて。呼んであげるよ。」

は?

おばさんは、運河べりから男性を連れて来るではないですか。
「300バーツで一周回りますよ。」

男性が提案してきます。
あぁ、チャーターしませんか、ってことですね。
うん、それも面白いかも。この辺の景色を運河から眺めてみたいですし。


意外な展開になりましたが、まぁ流れに身を任せてみましょう(笑)


ワット・サイ船着き場横に泊めてある舟に乗り込みます。


ワット・サイ船着き場から舟に!


さぁ、しゅっぱ~っつ!!

時刻は、09:55。


すぐ左に曲がり、あのバーンモット運河に入って行きます。


バーンモット運河


民家が建ち並んでますね。でも橋をくぐると景色は一変。


バーンモット運河


両岸に先の先まで果樹園が続いています!

みかん園ですよね? 船頭さんに尋ねます。

「違いますよ。大部分はマンゴーです。」

えっ!? じゃぁ、バーンモットみかんのみかん園はどこにあるんですか?

「もっとずっと先ですよ。」


な、なんだ~。そうだったのか。
もっと海に近いあたり、トゥン・クルサムット・プラーカーン県
あるってことですね。てっきりバーンモットにあるんだと思ってました(汗)

きっとかつてはあったんでしょうけど、汚染や塩害でこの辺からは消えちゃったんですね。


その事実を知っただけでも舟をチャーターした甲斐がありました!!


舟はさらに進んでいきます・・・。







<交通費>
BTS: 35バーツ
120番バス:8バーツ
ここまでの合計:43バーツ

つづく


※旅は2011年3月28日(月)に行いました。


サイアム~ワット・サイ~バーンモット運河




再チャレンジ! 「ワット・サイ水上マーケット」の姿を求めて[8]

「ワット・サイ水上マーケット」へ昨年12/30に訪れた時にやり残したこと、

1.ワット・サイ~パーククローン・タラートの水上バスに乗る。
2.バーンモットみかんを食べる。


を成し遂げるため、早速1/10(月)に再訪することに!


水上バスは朝しか出ていないということなので5時台に起床。


ガラガラに空いているBTSシーロム線に乗り、
まずは前回同様に終点ウォンウィエン・ヤイ駅へ。


早朝のBTSウォンウィエン・ヤイ駅


06:21着。

ちょうど新旧車両が並んでたので思わず撮影(笑)


ここからの行き方なのですが、国鉄と120番バスとで
早く来たほうに乗ろうと。

まずはまた国鉄ウォンウィエン・ヤイ駅まで歩きます。


途中、歩道橋上から日の出前のウォンウィエン・ヤイを眺めると、


早朝のウォンウィエン・ヤイ


白み始めた空に浮き上がるタークシン王騎馬像のシルエットが凛々しく見えます。


国鉄の駅に到着し、時刻表をチェック。
しまった。06:25に出たばかりじゃないですか。次は07:00発。

その時間までにバスが来たらそっちに乗ろうってことで、
また歩道橋を渡り、バス停で120番バスを待ちます。

が、ぜーんぜん来ない!!
早朝だからでしょうかねぇ。20番なんかはしょっちゅう来るんですが…。

待てども待てども120番バスは現れず。
なんだよ~、早起きした意味が無いじゃないか~!(T T)

列車の出発時間が迫って来たので結局、国鉄の駅に戻る決断をしたのでした。


再び歩道橋を渡ってホームへ。いったい何やってるんだか -_-;)


しかし試練が再び。07:00になっても乗るはずの列車の姿が無い!
上りの到着が遅れている模様。やってくれますねぇ、国鉄さん。


上りが07:04にようやく到着しました。
降りるお客さんと入れ替わりで、先頭車両に乗り込みます。
ワット・サイ駅で降りた場合、市場まで歩くのに一番近いからです(笑)


3分後の07:07にはもう出発。

途中2駅に停車した後、ワット・サイ駅に到着しました。
前回は途中1駅停車だったんですが、どうなってるんでしょう…。


ワット・サイ駅に到着した列車


時刻は07:17。


そう言えばウォンウィエン・ヤイ駅でも気付いたのですが、
月曜日のカラー、黄色の服を着ている人が多く感じます。


急いでワット・サイ船着き場へ向かい、活気のあるワット・サイ前の
ソイを抜けています。


ワット・サイ市場


日が昇ってますね!


さて、水上バスに間に合うか!?




<交通費>
BTS:35バーツ
国 鉄: 3バーツ
ここまでの合計:38バーツ

つづく・・・


※旅は2011年1月10日(月)に行いました。


ウォンウィエン・ヤイ~ワット・サイ




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード