タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

ラートクラバン駅

エアポートリンクの車窓から(笑) 空港近くの新水上マーケットへ[11]

ラートクラバン駅からエアポート・リンクの各駅停車、シティー・ラインに乗車。
小学生のように南側の窓に貼りついて景色を眺めることに ^^


早速スワンナプーム空港が遠くに見えてきました。


スワンナプーム空港


ちょうど手前にはお寺が。

そう言えばドンムアン空港の時って、
外に出ると目の前にきらびやかなお寺があったじゃないですか。

あのお陰で降り立った途端に「タイに来たんだ~!」と実感できたものでしたよね。
スワンナプーム空港にもそんな演出(?)があるといいのに。

…などと考えながら車窓を眺め続けます。


目の前に同じ色の屋根がビッシリと続く光景が飛び込んできました。


ムーバーン


ムーバーンと呼ばれる住宅街ですねー。
酔って帰ってきたら自分の家を間違えちゃいそうな ^_^;)


景色は緑が段々と減ってビルが並び立つようになります。


すると見覚えのある交差点が。


アソーク・ペッブリー交差点


アソーク通りペッブリー通りの交差点です。

いやー、いつものことながら渋滞してますね!


高層ビルが一層増えてきました。


エアポート・リンクから見たバンコク


終点のパヤタイ駅まで、もうすぐかな。






<交通費>
エアポート・リンクに乗ってるだけなので:0バーツ
ここまでの合計:96バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


ラートクラバン駅~パヤータイ駅




ラートクラバン駅に戻る 空港近くの新水上マーケットへ[10]

ソンテオは冠水したラートクラバン通りを西へと走ります。

停車する度にお客さんはバシャバシャと水の中を歩いて乗り降り。


冠水した道を渡る女性学生


ありゃ、女子中学生? 高校生? までも、まーったく臆せず
というか普通に涼しい顔で冠水した道を進んで行きます。

慣れっこなのかもしれませんね… -_-;)


右折してロムクラオ通りに入ったところでおじいさんがブザーを押したんですが、
停車できるような道路のつくりではないためか、ソンテオは止まる気配が全く無し。

で、そのまま終点ラートクラバン駅に到着…。


ラートクラバン駅に到着したソンテオ


時刻は、10:44。


運賃8バーツを運転手に払って去ろうとした時、
背後で「なんでブザー鳴らしたのに止まらないんだよ!」と
くだんのおじいさんの怒りの声が聞こえてきました。

運転手が何やら返答しています。
「あそこには止まれないんだよ」といったところでしょうかね。

おじいさん、まだ揉めるのかと思いきや、そのまま立ち去って行きました。
うーん、ちょっぴり可哀相。


さてさて、今回は急ぎなので国鉄には目もくれず
エアポートリンクのほうのラートクラバン駅へ。


前回は階段を上ろうとしたのですが、奥にエスカレーターがあることを発見。


エアポートリンクのラートクラバン駅へ


ちょっぴり学習しました(笑)


ホームに着いたものの、どうやら行ったばかりのようで
しばらくボーッと待つ羽目に。うぅ、約束に間に合うのか??


15分ほどしてようやくパヤタイ行きのシティー・ラインが入線。


ラートクラバン駅からエアポート・リンクに乗車


えっ、こんなに乗客がいるんだ!?
ってぐらいドワッと大勢が乗り込みます。

時刻は11:06。






<交通費>
ソンテオ:8バーツ
エアポート・リンク:40バーツ
ここまでの合計:96バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


フアタケー~ラートクラバン駅




冠水した道路を走る 空港近くの新水上マーケットへ[2]

エアポート・リンクのラートクラバン駅を出て
そのまま人の流れについて行ってみます。

すると、人だまりが。


ソンテオを待つ人たち


どうやらここがソンテオ乗り場のようですね。
でも線路の上ってのがなんとも… ^_^;)


ほどなくして赤いソンテオがやって来ました。
車体横には、ロムクラオ通り、カセームバンディット大学、ラートクラバン、フアタケーと。
正面は見なかったんですが、ミーンブリー~フアタケーを結んでいるのでは?


(ちなみに当日10月10日時点では、アユタヤは洪水に見舞われていましたが
バンコクへは水はまだまだ到達していませんでした。
今はミーンブリー周辺も浸水してますもんね。このソンテオも休止かも。)


さぁソンテオに乗るぞ、と思ったところ…


フアタケー行きソンテオ


うげっ、こんなに大勢乗り切れるのか!?

ここ始発のソンテオもあるんですが、
先を急ぎたいので無理やりしんがりで乗車。

はい。またもやデッキでポール掴んで仁王立ちです ^_^;)

08:52出発!


ロムクラオ通り南下後、左折してラートクラバン通りへ入ります。
するとですよ。路面がところどころ冠水しているじゃないですか。

あれ? アユタヤの洪水はまだ来てないのに。
この辺は水はけが悪いのかな?

などと考えているとますます水位が高めのところに突入して行くソンテオ。


冠水したラートクラバン通り


うひゃー、昨晩からの大雨の水が溜まっちゃったんですね、きっと。


すると足に水がビシャッっと。
後輪が水をはねたようで… -_-;)

慌ててデッキ部から車内へ足を上げます。


今回の洪水でも注意が促されている感染症にレプトスピラ症というものがあるんです。

タイ語で「ローク・チーヌー」(ネズミのおしっこ病)と言われるとおり、
主に菌を持つネズミのおしっこが洪水の水に混じったことにより、
傷口や口から人に感染する病気です。

滅多なことで感染するものでもないのかもしれませんが、
一応気をつけようかと ^_^;)


ソンテオから冠水した路面を見下ろすと


ソンテオから路面を見下ろしてみます。

降りる場所も冠水してたら厄介だなー。うーん。
まぁ、なんとかなるでしょう…。






<交通費>
ソンテオ代未払いなので:0バーツ
ここまでの合計:40バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


ラートクラバン駅~ラートクラバン通り




空港近くの新水上マーケットへ[1]

前回8月の旅翌日、バンコクの書店で立ち読みしていて
衝撃的な事実を発見してしまいました。

訪れたばかりのフアタケーに、なんと新しい水上マーケットがオープンしたんだとか!
その名も「マハーナコーン水上マーケット」


1日早く知っていれば絶対に訪れたのに~(T_T)


悔しかったので、10月の訪タイ時にムリヤリ時間を作って
サクッと行ってみることにしました。


10月10日(月)。
朝起きると昨晩からの雨がまだ止んでません。

これは困ったぞ。今日の午前中しか時間が無いのに(>_<)


しかしです。
しばらく様子を見ているうちに止んでくれたじゃないですか!
やった!! ありがとうございます!!(←誰に?)


慌てて宿を出てパヤタイ駅へと向かいます。
今回は時間が無いのでエアポートリンクでかっ飛ばして行きますよ~(笑)


てなワケでエアポートリンクのパヤタイ駅ホームに到着。


ボーッと突っ立っていると

「危ないですから黄色い線の内側にお下がりください」

との日本語のアナウンスが!

一瞬どこにいるのか分からなくなってしまいました(汗)


スワンナプーム空港からのシティーラインが到着して乗客がどっと降ります。
そのまま折り返すので、またどっとお客さんが乗り込みます。


パヤータイ駅


結構利用客が多いんですね、シティーラインは。

08:30頃出発~。


窓のそばに立って景色を眺めます。
北側にはタクシーでスワンナプーム空港へ向かう時に通る高速道路が
並行して走っているのが見えます。

雨が止んだものの曇天なのがちょっぴり残念。


しかしこの車両のドアってなんで閉まる時にあんなデカイ音がするんでしょうね。
すぐに壊れちゃうそうですよ。
乗客の居眠り乗り過ごし防止のため…なワケないですよね -_-;)


そしてスワンナプーム空港の一つ手前、ラートクラバン駅に到着!
ここで降ります。


ラートクラバン駅


ちょうどパヤータイ行きと並んだのでパチリ。
08:47。


1階下の改札階から南側のスワンナプーム空港をズーム最大で狙ってみました。


ラートクラバン駅から見たスワンナプーム空港


世界一の高さを誇る管制塔はやっぱり目立ちますね~。


改札を出て地上へと。


エアポートリンクのラートクラバン駅から出る


8月の旅では、この階段を途中まで上って引き返し、左の国鉄に飛び乗ったのでした。

しかしラートクラバン駅で降りる人ってやっぱり多いですね。





<交通費>
エアポートリンク:40バーツ
ここまでの合計:40バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


パヤータイ駅~ラートクラバン駅




国鉄に飛び乗る! BTS新終点ベーリンからの旅[19]

列車の警笛が聞こえたので階段から見下ろすと…

あっ!!

いつの間にかバンコク方面行き上り列車が到着してるじゃないですか!

フアタケー駅で時刻表を見たら16:09発の列車があったので、
きっとそれでしょう。

これは予定変更してあっちに乗ろう!


昇りかけた階段を駆け下り、列車までダッシュ!!


ラートクラバン駅に停車した上り列車


乗り込もうとしたら、どの乗り口も人で溢れているじゃないですか。
なんでこんなに混んでるんだ!?

えーい、こうなったら乗降階段にでも乗ってやる!


バンコク行き列車から


なんとか乗車できました ^_^;)
16:31発。

後で時刻表を見たら、この列車はラートクラバン駅16:18発になってました。
遅れて到着してくれたお陰で乗れたってことですね。

カビンブリー駅(プラーチンブリー県)13:25発
バンコク・フアランポーン駅行きのようです。


走り出した列車から落ちないように、右手でがっちり手すりを握りしめます。


バンコク行き列車に乗車の図


で、足もしっかり踏ん張って…


バンコク行き列車に乗車の図


列車の中までは見えませんが、デッキ部は職業訓練校生っぽい学生たちで
溢れています。隣の兄ちゃん、頼むから押すのやめてください… -_-;)






<交通費>
列車に飛び乗っただけなので:0バーツ
ここまでの合計:132バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


国鉄ラートクラバン駅から列車に乗車




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード