タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

ラーチャブリー県

コーイキー市場夜市 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[最終回]

コーイキー市場の夜市は、土日祝の16:00~22:00開催で、
人出が多いのは18時~19時半ぐらいとのこと。

まだ18時前ですが、あまり遅くまでのんびりしていると今度こそ
バンコクへ帰れなくなるので(笑)、さっさと見ておくことに。


17_01


食べ物が多いのかな?


17_02


うん、並んでいる店は、飲食物と衣料品がほとんどですね。

でも思ったほど店が多くないんですよ。おまけに人もあまり…。
まだ準備中の店がちょこちょこあるので、盛り上がるのはやはり18時以降かな。


もう少し時間に余裕があるので、周辺をぶらぶら散策してから戻ってみます。


17_03


時計塔の左には綺麗な月が ^^


再び赤い門をくぐって夜市へと。


17_04


たいして変わってない -_-;)

やはり地方の夜市なんてこの程度の規模なのか。
それとももう少し経てば店もお客さんも増えて賑やかになるんでしょうか?


17_05


ちょっぴりガッカリでしたが、ラーチャブリーに通うこと3回目にして
まだ夜ではないもののようやく夜市を歩けたのでヨシとしましょう。


さて、バンコク行きの便に乗りそびれないようにもう帰ります!


前回と同じ歩道橋下のロッ・トゥー乗り場まで歩き、


17_06


受付の女性に100バーツを払って待っていると10分ほどでロッ・トゥー登場。

乗り込んで出発します。
時刻は、18:19。


しばらく走ったところで一時停車して、チケットのチェックあり。

ところどころでお客さんを拾っていくのですが、
満席なのにまだ乗せてどうするのかと思いきや、なんと立ち乗り!

噂には聞いてましたが、本当にあるのか。
ロッ・トゥーの立ち乗り・・・。


夜の帳が下りて真っ暗になった車内が眠気を誘います。


そしてようやくバンコク戦勝記念塔南東側に到着!


17_07


時刻は20:19。
ちょうど2時間でした。



ということで、

ダムヌーンサドゥアック水上マーケット
ラウタックラック水上マーケット
アンパワー水上マーケット
バーンノーイ水上マーケット
バーンノッククウェーク水上マーケット


という5つの水上マーケットを1日で巡り、
ついでにラーチャブリーコーイキー市場夜市も見学と
忙しく飛び回った旅も完結となりました。

雨にほとんど悩まされなかったのがラッキーでしたね。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

次回は、久しぶりにバンコク都内の旅をお送りします。
みなさんも気軽にできる行程なのでどうぞお楽しみに~。






<交通費>
ロッ・トゥー:100バーツ
ここまでの合計:265バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

おわり


帰り


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



ラーチャブリーのラーメン屋 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[16]

1時間半待たされたもののなんとか乗れたラーチャブリー行きのバス…
じゃなくてソンテオはメークローン川に沿った国道を北上していきます。

景色はこんな感じ。


16_01


まるでジャングルの中 ^_^;)

これじゃ途中からの乗客も大勢は見込めるはずもなく、
結局2人しか乗ってきませんでした。しかもいずれも途中下車。


景色が都会っぽくなってきたところで雨がポツポツと。
やっぱりまた降ってきたか。


しばらくするとソンテオは路肩に停車。
なんだろうと思っていると運転手さんがわざわざやって来て、
「どこまで行くんだ?」と。

あの、コーイキー市場に行きたいんですが、どこで降りればいいですか?

わかったという顔をした運転手さん、運賃20バーツをついでに徴収してから
再び運転席に戻り、ソンテオを転がし始めます。


そして、


16_02


メークローン川! 渡ればラーチャブリー中心市街です。


渡り切って間もなくソンテオは停車。


16_03


ラッキーなことに雨が止んでました。

時刻は、17:23。
バーンノッククウェークのバスターミナルから32分。
思ったほどは時間がかかりませんでしたね。

でもこの乗客数では早晩廃止になりそうな気が… -_-;)


メークローンに戻らずにラーチャブリーまで来た理由ですが、
宿題が2つあったからなんです。

1つは、s_wadaさんとmakozoさんに教えていただいたラーチャブリー駅近くの
クイッティアオ屋「クイッティアオ・カイ・クン・メム」へ行くこと。

しかーし! バーンノッククウェークで予想外の1時間半待ちを食らったお陰で、
閉店時間の17:00に間に合わなかったのでした (T_T)
また次回に持ち越しですなぁ…。


もう1つは、メークローン川沿いコーイキー市場先のラーメン屋「ラーメン町」。

果たして日本人の舌にも合うラーメンなのか!?
それを確かめたかったのでした。こちらは間に合います。早速行ってみると、


16_04


うん、営業してる!
なにせiPhoneなので露出調整がうまくいかずすみません。左の赤いのれん(?)の店がそう。
意気揚々と店に足を踏み入れます。


16_05


感じの良い男性と息子さんらしいどう見ても小学生な男の子が切り盛りしている様子。
お父さんの方が注文を取りに来ます。

メニューを見てラーメーン・ナーム・チャーシュー(チャーシュー麺)を注文。


しばらくしたら男の子が運んで来てくれました ^^


16_06


さーてどうかな?・・・

しっかり醤油味ですね。麺がやや柔らかくてチャーシューの味もやや薄めなものの、
意外とイケるじゃないですか。違和感ないですよ。OI●HIのラーメンより美味しいです!


お客さんも結構いて私が食べている最中も出入りが結構ありました。


16_07


ラーメン39バーツ、チャーダム(アイスティー)10バーツ。
クイッティアオに毛が生えたような値段でラーメンが食べられるんですから驚きですよねー。


会計時に美味しかったですとお父さんに言ったら、
さわやかな笑顔で「ありがとうございます」と。

気持ちいい店でした!


宿題1つ完了(笑)


さて、実はもう一つ行ってみたいところが。
この先のコーイキー市場では土日の夕方以降に夜市が立つんですよ。
今日はちょうど土曜日!


まずは時計塔側の入口まで回ってみると、


16_08


いつの間にか市場の門が立派になっていてビックリ。

既に店が並び始めています。歩いてみましょう~。





<交通費>
ソンテオ:20バーツ
ここまでの合計:165バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。


つづく


コーイキー市場


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



無料観光船の正体@バーンノッククウェーク 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[12]

観光船乗り場へ向けて、バーンノッククウェーク水上マーケットの通路を戻ることに。


12_01


曇天で薄暗いこともあるのかもしれませんが、
なんて言うかホラー映画のロケで使えそうな光景です -_-;)

例えが悪くてすんません。


でももう一度繰り返しますが、人はみんないい人たちばかりなんですよね。
そのお陰で居心地は悪くないんですよ ^_^;)


観光船乗り場に戻って来ました。
すかさず今度はお婆さんがニコニコしながら乗船を勧めてくるではないですか。

時間はどれぐらいかかるんですか?

「30分で帰ってくるよ」

ということは乗って来たバスの1本あとだともう間に合わないので、
2時間後の2本あとのバスに乗り継ぐとするか。

腹を決めていざ乗船。


12_02


知らないうちにお客さんが結構集まっています。


12_03


しかも私が乗船したのが合図かのように、すぐ出発するではないですか。
先に散策して来て正解でしたね。

時刻は、13:40。


12_04


メークローン川を遡上して行きます。

船頭さんが「右手に見えるのは、魚の養殖用いけすです」と。
どれどれ?


12_05


ほぉ、なるほど。

「川の右岸がサムット・ソンクラーム県で左岸がラーチャブリー県です」

ガイドもしてくれるんですね、船頭さん ^^

時折なされる船頭さんのそんな解説を聞いていると、やおら船がUターン。

「これからマナーオホー果樹園にご案内します」

マナーオホーってさっき飲んだジュースじゃないですか。


船が右岸に横付けされました。


12_06


川面が細かくさざ波立ってるなと思ったら、スコールが襲来。
やっぱり来たか~。


12_07


みんな、雨を避けるように陸に上がります。
時刻は、13:47。

その先はと言うと、


12_08


なるほど。マナーオホー製品の販売所なワケね。
観光船が無料のカラクリはこういうことでしたか(笑)


スタッフの人がマナーオホー・ジュースを試飲に無料で配ってくれているので、
本日2度目のマナーホー・ジュースにありつくことに ^^


12_09



購入は勿論別に強制ではなく希望者のみ。
それでも結構買っている人がいましたよ。私はパスですが。

でもジュース以外にもさまざまな製品が売られていて、


12_10


マナーオホー・ジャム、マナーオホーのナムプリック、
ココナッツとマナーオホー茶のゼリーなんて商品が並んでいます。


今までマナーオホーと呼んできましたが、正式名称は
マムアンハーオ・マナーオホー (มะม่วงหาวมะนาวโห่) というようで。
直訳すると「マンゴーはあくびをしてマナーオは歓声を上げる」なんですが、
なんでこんなネーミングなんでしょうね?

さらにマムアンマイルーハーオ・マナーオマイルーホーと呼ぶ場合もあって、
これだと「マンゴーはあくび知らずでマナーオは歓声知らず」と正反対の意味になり
もうワケわかりません!(笑)


そんな不思議なマナーオホーですが、店内掲示物の解説によれば、
ビタミンCが豊富で、植物エストロゲン、抗酸化物質も含まれているとか。

驚くことに、アンチエイジング、しわ防止、ダイエット、ガン予防、
血管を広げ心臓病予防…等々なーんと53もの効能があるそうです(笑)

いくら不思議なマナーオホーでもさすがにそれは欲張り過ぎだと思いますが、
まぁなにかしら体には良いような気はしますね。


そう言えば、マナーオホー果樹園と言われて連れて来られたんだよなーと思いながら
店の裏手に出てみると、家庭のガーデニング程度の規模の果樹園がつつましやかに
あったのでした。

手持無沙汰なのもあり雨の中入っていってみると、あ、あれがそうかな?


12_11


そう高くない木に赤い実が。マナーオホーの実です。
やはりアセロラとは違うんですね。





<交通費>
無料観光船に乗っただけなので:0バーツ
ここまでの合計:145バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンノッククウェーク


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



ダムヌーンからアンパワーへ 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[5]

国道325号線沿いにあるダムヌーンサドゥアックの市街地から
乗り継ぎのバスに乗ります。

実はダムヌーンサドゥアック水上マーケットからのソンテオを降りた時にもう、
国道の反対側にバスが停車しているのが見えたんですよ。


バスに近付くと、「メークローン、メークローン!」と女性が叫んでいます。


07_01


窓には確かに「メークローン」と。

何時発ですか?

「10時」

まさに今じゃないですか! 早速乗り込みます。
ここ始発なんですね。かなり空いている座席に座ろうとすると、


イッテェ!!


サンダル履きの右足の甲を何かに思いっきりぶつけてしまいました。
座席下を覗き込むと、


07_02


なんだこの凶器は!
あ~ぁ、皮が剥けて血が滲み出てきてしまいましたよ -_-;)

被害者はきっと私だけじゃないと思いますよー。なんとかしてくださいバス会社さん!


悶絶しているうちにバスはメークローンに向けて発車。
時刻は10:04。


07_03


みんな涼しい顔で座っています。
足をぶつけたのは私だけか…。


さっき呼び込み(?)をしていた女性が集金に回ってきます。
車掌さんだったんですね。均一料金らしく17バーツ。

ダムヌーンサドゥアック運河を渡ってすぐ、
右側にさっき入って行った水上マーケットに通じる道が見えました。


07_04


あの「CJ Express」という小さめのスーパーがいい目印になりますね。


バスのスピードはとにかくゆっくり。
ロッ・トゥーでかっ飛ばしてここまで来た身にはじれったく感じてしまいます。


ようやくアンパワー水上マーケット方面への道との二又に到着。
ここで下車することにしましょう。


07_05


時刻は10:31。
場所を一応グーグル・マップでお知らせしておきます。
「A」のピンの立っているポイントです。


車に気を付けて通りを渡ると、


07_06


あれ? こんなところに象さんが~。

ヤバイ。カメラを向けたらこれは客になると思ったのか、
象使いさんがエサの入った袋を持った手をこちらに伸ばすじゃないですか。

す、すみません。
目を合わさないようにスタスタと歩いてその場を去る私でした ^_^;)


07_07


こっちがアンパワー水上マーケット方面の国道6006号線。
入口には数日前だった王妃誕生日を祝う飾り付けが。

その飾り付けの影で乗り継ぎ便を待ちます。


10分ほどでやって来たのは、


07_08


アンパワー行きのソンテオ。
時刻は10:41。


これぐらいの待ち時間なら順当なうちかな。
などと思いながら揺られていたら、ものの1分で見覚えのある光景が。

あれ? もうアンパワー水上マーケットに着いたのか!
入口の路地前で下車。


07_09


時刻は、10:42。
はい、たったの1分でした(笑)

全然歩ける距離だったじゃん。
地図をもっとしっかり確認しておけば良かった…。

運転席で運賃8バーツを支払い、辺りを見回すと、


07_10


目の前にロッ・トゥー乗り場が。

戦勝記念塔 BTS センチュリー
BIG C - セントラル ラマ2


と。

朝乗ったロッ・トゥーの復路はここから乗れるんですね!
電話番号も同じだから朝乗ったのと同じ業者に間違い無しです。

もう少し先の橋の手前にもロッ・トゥー乗り場があるんですが、
そっちは客の待ち順管理がずさんで頭にくる思いをしたことがあるので
おすすめしません。利用するならこちらがおすすめですよ~。


さて、二度目となるアンパワー水上マーケットへ行ってみますか!





<交通費>
ダムヌーンサドゥアックからのバス:17バーツ
アンパワーまでのソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:135バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


04_map

  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



ダムヌーンサドゥアック市街地へ 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[4]

ラウタックラック水上マーケットの東岸側には2階がありますね。


04_01


階段もあるので行ってみますか。

再びラット・プリー運河に架かる橋を東岸側に渡って、
階段を昇ると、


04_02


ガラーン…(汗)


申し訳程度にラウタックラック水上マーケットの歴史を紹介したパネルが
掲示されているのと、


04_03


昔使われていたであろう舟がいくつか展示されているのみ。

なんだかやる気の無さが伝わってくるような…。

まぁ、対岸の圧倒的人気をこうも見せつけられては、
こっちも盛り上げようという気概が無くなるのも分からないではないですが ^_^;)


ここからは、そのダムヌーンサドゥアック水上マーケットに観光船が次々と
吸いこまれていく光景が実によく見えるのでありました…。


04_04


そろそろ次の目的地アンパワー水上マーケットへと向かいますか。
階段を下り、ダムヌーンサドゥアック運河に架かる橋を渡ります。


04_05


この運河沿いもいつかじっくりと巡ってみたいものですねぇ。
35kmあるけど ^_^;)


外国人観光客で賑わうダムヌーンサドゥアック水上マーケットを横切り、
戦勝記念塔から乗ってきたロッ・トゥーを降りた場所へ戻ります。

どうもソンテオが走っているようなんですよ。
しばらく待つ覚悟で突っ立っていると、あれ?


04_06


黄色いソンテオがやって来ましたね。


04_07


正面屋根には「ポーターラーム」と書いてあるじゃないですか!
横っ腹には1733番と。

なんと、4/30の「ラーチャブリーへの旅」ポーターラームから
ラーチャブリーまで乗ったソンテオと同じ路線番号!

その時乗ったソンテオはこれですが、


09_05


横っ腹に「ラーチャブリー ワット・プラサートスィット ダムヌーン」
書かれていて不思議に思ったんですよね。

そうか、この1733番は、ダムヌーンサドゥアック~ポーターラーム
ポーターラーム~ラーチャブリーで分割して運行されているってことなんですかね?

友に偶然再会したような気持ちになりましたよ(笑)
乗り込みましょう。時刻は09:51。


左折して国道325号線に出るとすぐにダムヌーンサドゥアック運河を渡ります。


04_08


そろそろ市街地だな。降りよう。ブザーを押すと、
「ちょっと待ってなさい。もうすぐ停まるから」と乗り合わせたおばあさん。

あ、そうなんですか ^_^;)


言葉どおり、しばらくしたらソンテオは停車。
乗客全員がここで降りるではないですか。
私も勿論降りて運賃支払い。10バーツ也。


04_09


時刻は、09:59。

入れ替わりにお客さんがどっと乗り込んで行きます。
ここからのお客さんはポーターラーム方面まで行くんでしょうね。


国道325号線を反対側へと渡ります。


04_10


こんな感じの町でした。ダムヌーンサドゥアックの市街地は。
ダムヌーンサドゥアック水上マーケットからは2kmばかり離れています。

バンコクの南バスターミナルからバスで来たら、たぶんここで降ろされるんでしょうね。
で、今私が乗ってきたソンテオの逆方向行きに乗り継いで水上マーケットへ向かう
ことになります。


これからの私はというと、メークローン方面行きのバスに乗ろうかと。
実はもう目の前に停車しているんですけどね(笑)





<交通費>
ソンテオ:10バーツ
ここまでの合計:110バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


04_map


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード