タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

メークローン駅

国鉄メークローン線 ドーンホイロート再び![4]

10:23にバーンレーム駅を出発した国鉄メークローン線の列車は、
住宅街の中を抜けていきます。


04_01


なんだか軽便鉄道の車窓みたいな景色ですね。

そして前回の帰りに間違えて下車してしまったター・チャローム駅に到着。


04_02


ここで下車した高校生たちが列車内の友達に手を振っています。

そうか。この路線を日常生活の足にしている人たちもいるんだなぁ…
という当たり前のことに気付かされ、ほのぼのとしか気持ちになったり ^^


半分も過ぎると沿線は塩田の広がる風景に。


04_03


目にゴミが入らないよう気を付けながら車窓からの眺めを楽しみます ^_^;)


そしていよいよメークローン駅手前のメークローン線路市場を通過!


04_04


市場を無事に抜けると、終点メークローン駅です。
定刻より13分遅れの11:32着。


04_05


さて、ドーン・ホイロート行きソンテオに乗りましょう~。

駅手前の踏切を通る道を右(南)へ歩きます。
しばらくすると左手に色とりどりのトゥクトゥクが並んでいる一角が。


04_06


その先、この写真では右手奥に、ドーン・ホイロート行きソンテオが
停まっています。

時刻は11:35。
もうお客さんが結構乗ってますね。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:67バーツ


※旅は2012年3月30日(金)に行いました。


つづく


04_map


 

塩田を疾走する列車 もう一本西の川が見たい![19]

メークローン駅に停車中の列車に座り待っていると
12分遅れで15:42に発車~。

メークローン線にようやく乗れました (>_<)


さーて、メークローン線路市場を通過します!

どの店も綺麗に片づけて列車の通過を待っていることでしょう。
頭をぶつけないように気をつけて窓から顔を出してみます。


メークローン線路市場を通過する列車


魚の乗った皿が半分列車の車体の下に隠れてますが、
あれでも轢かれてないんですかね。きっとぎりぎりのところに置いているんでしょう ^^


メークローン線路市場を通過する列車


再び店を開く準備態勢のまま、どの店も通過を待っています。


市場から列車通過を見たほうが迫力がありますけど、
列車の上から眺めるのも面白いもんです。

興奮しながら見ているうちに市場を通り抜けてしまいました。
上から見るとあっけないですね。


車内は座席が半分以上埋まるぐらいの混みよう。
1日4本しかないのに意外と利用客って多いんですね。


しばらくしてふと右側の車窓に目をやると、


メークローン線沿線に広がる塩田


あっ! 塩田だ!!

一部が水を抜いて真っ白になった塩田が見渡す限り続いています。
そうこうしているうちに左側の車窓にも塩田が出現。


メークローン線沿線に広がる塩田


こんな雄大な光景が線路の両側に延々と続いているんですよ!

まったく予想していなかったこともあり、
ただただ感激して風に吹かれながら車窓に釘付け状態。


その時です。左目にほこりが。
イテテテテッ!

ハード・コンタクトレンズなものでめっちゃ痛いです。

一旦レンズを出そうにもこの風じゃかつての二の舞間違い無し。
手も汚いですし。

涙を流しながら目の回りを指で押したりして
辛うじてあまり痛く感じない状態にできました。

違和感はまだありますけど、帰るまでなんとか我慢しましょう (>_<)


そんな格闘をしているうちに列車が駅に停車。


ケート・ムアン駅


なんともカワイイ駅舎、というか待合室。

駅名を読むと「ケート・ムアン」。
3つめの駅でした。

こんな塩田真っただ中にあっても乗降客がいるんですね~。






<交通費>
列車に乗っているだけなので:0バーツ
ここまでの合計:120バーツ

つづく


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。



メークローン線に乗ってみる もう一本西の川が見たい![18]

前回の日記で、メークローンの川を挟んだ対岸にある
正体不明な豪邸の写真を紹介しました。


メークローン対岸の豪邸


そうしたらkunnelさんから、

"ドラマ「サーム・ヌム・ヌアトーン」に出てきたところかもしれません。"

とのコメントを頂いたんです。

YouTubeで「3 Noom NueaThong - Ep.13 (6-9) | 13Jan2012」の
3分52秒あたりを確認すると…


サーム・ヌム・ヌアトーンに出てきた豪邸


本当だ!!!!

間違いない。どう見ても同じ建物だ!(笑)
もしやとは思いましたが、本当にドラマのロケに使われていたとは。

kunnelさん、よく気が付きましたね。ありがとうございました~!



さてさて、旅の続きに戻ります。


国鉄メークローン駅に戻ったところで時計を見ると15:02。
そろそろバンコクに戻らなければ。

実は19時に約束があるんですよ ^_^;)


メークローン駅に停車中の列車


この15:30発の列車に乗るか、それともバスかロッ・トゥーで帰るか…。


切符売り場の掲示板には、相変わらず
「列車はバーン・トーラットまでの運行」と書かれたまま。


でも様子を見ていると、みなさん窓口ですんなりと切符を受け取っているんですよ。
さっきと様子が違うな。試しにチャレンジしてみるか。


バーンレームまで。

と言って何気ない顔で10バーツ渡します。


すると駅員さん、無言で切符を渡してくるじゃぁないですか。あれ?


バーンレームまで行くんですか?

「行くはずだよ。」


また「はず」かい!!(怒)


まぁいいや。運を天に任せて乗ってみますか~。


出発までまだちょっと時間があるので、
メークローン駅入口角のコーヒー・スタンドへ。

ちょっと歩き疲れたので、コーヒーを飲んで元気になろうと ^_^;)

タイ語で注文しても店員の女性は英語で返してきます。
お客さんは外国人観光客ばかりなんでしょうね、きっと。

簡単なカウンターに腰を下ろしてくつろぎつつ…


コーヒーを飲みながらメークローン線路市場を眺める


向かいのメークローン線路市場の入口をしばしぼーっと眺めます。


よしっ、元気回復!
残りの時間でもう少し町を歩いてみましょう!

栄えている線路南側へと向かいます。


メークローンの町


いかにも地方都市って感じの景色だなー。
いいもんです。


商店街でこんなものに目がとまりました。


カラフルな中華まん


中華まんがカラフル~(笑)

車内で食べようかな。
紫色のプアック(タロイモ)味と、白に黄色い点がついてるクリーム味の2つを購入。

店の中華系のおばあさん、もうちょっと愛想良くしてくださいよ -_-;)


さーて、駅へ戻って列車に乗り込みます!


メークローン-バーンレームの切符


切符の行き先を今一度確認(写真が小さくてすみません)。

DESTINATION の欄には BAN LAEM と間違いなく印刷されてます。


ほんとに行くのかなー・・・








<交通費>
メークローン線切符:10バーツ
ここまでの合計:120バーツ

つづく


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。



対岸の町 もう一本西の川が見たい![17]

メークローン川を渡し船で対岸に渡り、船着き場を出た私は、
目の前の道を歩いて行きます。

交差点に出ました。振り返ってみます。


メークローン川対岸の町


奥に見える白いビルが船着き場。
背後を道なりにずっと行くと、国鉄南線のパークトー駅に出るみたいです。
ラーチャブリー駅の1駅南の駅ですね。

でも標識には「パークトー 21km」と。
結構遠いんですね。


ところでここの地名がGoogle Mapに出てないんですよ。
何て言うんでしょう? -_-;)


実は対岸のメークローンの船着き場から気になる建物が見えてたんですよ。
それで渡ってみたってのもあるんですが。そこへ向かってみましょう。

上の写真の左の道へ進むとすぐにありました。


なんなんでしょう。この建物? -_-;)


ジャーン!


…って感じに白亜の宮殿が異様、もとい威容を誇っています。


なんなんでしょうか、ここは?

美術館かと思ってたんですが、看板も無いしどうやら違うようです。
広い庭では使用人らしき男性2人が掃き掃除中。


政治家の邸宅?


とにかく周囲の風景から浮きまくり。
なにせさっきの交差点付近に集まる商店街でさえ、


対岸の商店街


これだけなんですから -_-;)


なーんか長居は無用な気がしてきたので、そそくさと船着き場に戻ります。


メークローン川の船着き場


再びメークローンへと渡り、国鉄メークローン駅に裏から向かってみました。


国鉄メークローン駅


お、折り返しの列車が来てるじゃないですか。
14:30到着の列車ですね。

これがこの日終電の15:30発になるわけですが、洪水の影響で
途中駅バーン・トーラット止まりだろうし、さて乗ったものかどうか・・・。







<交通費>
渡し船:2バーツ
ここまでの合計:110バーツ

つづく


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。



メークローン川 もう一本西の川が見たい![9]

ずっと見たかったメークローン線路市場を体験できてちょっぴり感激。

さーて次へと向かいましょう。


線路市場を戻りメークローン駅へと。
振り返ってみます。


メークローン線路市場


メークローン駅の踏切を挟んだ先が、もう線路市場の入口なんです。
観光に便利ですね ^^


そのままメークローン駅内を裏に抜けた先にあるのは・・・


メークローン川


メークローン川です!!


とうとう「もう一本西の川」まで来ることができました。目的達成。

これにてこの旅は終了~。


には勿論しません(笑)
ここまで来たからにはついでに近場にも足を延ばしてみます。


「戦場に架ける橋」で有名なクウェー・ヤイ川とクウェー・ノーイ川が
カンチャナブリーで合流して名が変わり、このメークローン川となります。
で、メークローンの先でタイ湾に注いでいるんです。


ちなみに、ちょうど3年前に日記に書いた、チャオプラヤー川河口に保存されている
戦前の日本製軍艦メークローン号の名は、この川の名前に由来してます。


メークローン川の渡し船


対岸への渡し船が出ていますね。

ここで川を眺めながらのランチも捨てがたいけど、
次の目的地まで我慢しましょう。


再びメークローン駅を通り抜け、踏切の道を右へと南下します。
ソンテオの列の中から目的地へと向かう車を探すと…


これから乗るソンテオ


お、これだ。

このソンテオに乗ります。
目的地は、ドーン・ホイロート







<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:76バーツ

つづく


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード