タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

マハーチャイ線

予定外のマハーチャイへ もう一つの海上寺院へ![10]

自転車を漕ぎ続けて無事に帰ってきました(笑)


10_01


クローン・ピッタヤーロンコーン学校に到着。
時刻は、12:11。

シーフードレストラン「クルア・リムタレー」から28分でした。


校内へ自転車に乗ったまま進むと、歓声が聞こえてきます。
昼時なのにステージで何やらやっているようですね。

それを横目に貸し自転車室へ向かうと…、
あれ、鍵が閉まってる。

でも前回もこうだったので慌てる必要無し。
向かいの職員室の窓を叩こうとすると、先に中から女性が窓を開けて
話しかけてきました。「自転車を返すんでしょ?」

はい。

すると呼びに行くまでもなくさっきの男性がすぐに飛んでくるではないですか。
免許証を返してくれて一件落着。

しかし校門まで歩いて戻ろうとしたその時です。

「朝、校門前に置いてあった自転車に勝手に乗って行ったのあなたでしょ?」

恰幅のいいおばさん先生が、いきなり私の前に立ちはだかり
強い口調で詰め寄って来ました。

いえ、あそこで借りたんですよ。

仕方が無いので貸し自転車室までおばさん先生と一緒に戻って
担当の男性にアリバイを立証してもらうことに。

男性と話したおばさん先生は納得した様子。
「それなら行って良い」

あのなー。無実の人を犯人呼ばわりしておいて謝罪も無しかい!

と、怒鳴ってやろうかと思いましたが、相手はタイでは尊敬を集める立場の「先生」。
周りでは生徒も遊んでいますし、プライドから決して謝ることはないでしょう。

これ以上関わるのも疲れるので、無言で後にしました。


校門の向かいには、数軒の商店が並んでいます。
その中の「COFFEE & TEA」との看板を掲げた店に入ることに。
とにかく喉が渇きました。

入口にあるスタンドでお姉さんにチャーイェン(アイスミルクティー)を注文。
30バーツ也。意外といい値段しますね ^_^;)

ついでに尋ねてみましょう。
ここにはソンテオ路線はいくつありますか?

すると横にいた男性が代わりに
ラマ2世通りに行くのとマハーチャイに行くのがあるよ」と。

やっぱりさっきのは、マハーチャイ行きだったのか!

「ここで待ってればそのうち来るさ。」

それは好都合。ありがとうございます。


10_02


店内に座って見回します。

正面右寄りがお姉さんのいるスタンドなんですが、なぜか迷彩塗装。
兵士の人形まで飾ってあります。

ん? 左の男性が…


10_03


エアブラシを使って兵士の人形に塗装をしているではないですか。
売り物なのかなぁ。チャーイェンを飲みながら尋ねる機会を伺っていると、
目の前をサーッとソンテオが通過。

あっ!

思わず店を飛び出して追いかけると、ソンテオは減速してくれました。
無事乗車。ふぅ。

時刻は、12:28。


ソンテオは、さっき自転車で走った道を西へと進んで行きます。

途中で乗ってきたメーチー(尼僧)が下車。


10_04


なんと、私が左折したポイントじゃないですか。
ここから「クルア・リムタレー」まで歩いたらどれぐらいかかるんだろう? ^_^;)

それからもソンテオは、ピッタヤーロンコーン運河沿いを走っていきます。


10_05


なかなかいい風景ですなー。


右折したソンテオは、サナームチャイ運河を渡ります。


10_06


沢山の漁船が見えますね。マハーチャイはもうすぐです。


左折して国鉄マハーチャイ線と並行して走ります。


10_07


列車に乗っている時には気付きませんでしたが、
線路沿いにこんな朽ち果てた車両が何両も放置してあるんですね。


10_08


線路を渡り北側に出てしばらく西へ進むと、ソンテオは停車。


10_09


終点マハーチャイです。時刻は、13:10。
今さらながらですが、乗客は見事に女性ばかりだったんですね ^_^;)

運転席に向かっていくらですか?と尋ねると、
背後からおばちゃんが「トゥウェンティー」と。

一瞬何て言われたのか分からずポカンとしている私に向かって
「トゥウェンティー」と再び。

ご親切にどうも。でもタイ語訛りの英語よりは
タイ語で言っていただいたほうが助かるんですが(汗)


実は、当初のプランでは自転車を返した後、帰りの途中に
バーンクンティアン・チャーイタレー通りで行きたいところがあったんですよ。

でも未知のソンテオを見かけたので乗ってみたい衝動に駆られて、
終点のマハーチャイまでつい来てしまいました。


これからどうしようかな(笑)






<交通費>
ソンテオ:20バー66バーツ

※旅は2012年12月27日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


10_map


ワット・サイの揚げ豆腐 ドーンホイロート再び![2]

ワット・サイ前の市場で朝食を仕入れようと物色して歩きます。

お、これは!


02_01


ちょっと前によっしー3625さんkunnelさんのブログで取り上げられていた
紫とうもろこしじゃないですか! 初めて見ましたよ。

でも朝食にはちょっと… ^_^;)

すると近くに興味深い屋台発見。


02_02


「ワット・サイ豆腐」って書かれています。なんだろ?
覗きこんでいると店のおばちゃんがどこからともなく戻って来て、
「豆腐、タロイモ、とうもろこしの3種類の味があります。5個で20バーツです」と。

油で揚げてあるんですね。

じゃ、豆腐2個、とうもろこし2個、タロイモ1個でお願いします~。


出来たてをビニール袋に入れて渡してくれました。
まぁ、ワット・サイ名物ってほどではないんでしょうけど楽しみです。

朝食確保完了。ワット・サイ駅へ向かいましょう!


ワット・サイの境内をショートカットして駅へと出ます。
08:40。列車到着まであと5分かな。

すると、線路上には


02_03


黒い子猫ちゃんが~。


「ほらっ、列車がもうすぐ来るよっ!!」

周囲の人たちが子猫ちゃんを線路から追い払います ^^


そうこうしているうちに遠くに列車のライトが見え始めました。

02_04


そしてワット・サイ駅到着。
時刻は、なーんと定刻の08:45。
やればできるんじゃないですか!(笑)

さっさと乗り込んで座席確保。
早速ワット・サイの揚げ豆腐(と揚げとうもろこし、揚げタロイモ)を
試してみます。

・・・

ごくフツー -_-;)


そもそも素材がどれもそんなに味の濃いものじゃないですからねぇ。
まぁ、気軽に口に運べるおつまみって感じでしょうか。うん、そんな感じです。


しっかし、このマハーチャイ線は上下左右に揺れが激しいですね。
他の路線よりも線路の状態が良くないように感じます。


乗車後45分ほどで、終点マハーチャイ駅に入線します。


02_05


市場に囲まれたホームの雰囲気が、好きなんですよね~。

09:30下車。
定刻の2分遅れなら上出来ですね ^^


ホームを歩いていると、前を運転士さんが歩いているのに気が付きました。
その手におもむろに目をやると・・・


02_06


両手に握りしめているものは、列車のハンドルじゃないですか!!
そうか、貴重品なんですね、というかアレが鍵代わりなのか!?


さーて、船着き場へ行ってメークローン線始発駅バーンレームまでの
渡し船に乗りましょう!


今度こそ乗車できますように~。






<交通費>
マハーチャイ線 :9バーツ
ここまでの合計:52バーツ


※旅は2012年3月30日(金)に行いました。
 

つづく


02_map

なんとかマハーチャイへ もう一本西の川が見たい![23]

私が降りた駅は、終点バーンレームではなく、
一つ手前のター・チャローム駅だったようです。

…ってのも後で分かったこと。

この時はただただパニクってて、
「ここはどこ!? これからどうしよう!?」ってことで頭が一杯な状態。

時刻は16:48。

線路の彼方に消えていった列車を恨めしく見送った私は、
とにかく道路へ出てみることに。


すると目の前にバイクタクシーがタイミング良く出現!
しかも運転手は女性ではないですか。

もうバイタクに頼るしかないっ!


バーンレーム駅まで行きたいんですが。

「どこに行くの?」

マハーチャイです。

「だったら船着き場まで行ったほうがいいよ。15バーツね」


あ、そっか。
何もバーンレーム駅にわざわざ立ち寄る必要は無いんだった -_-;)

しかし行きも帰りもことごとくバーンレーム駅に嫌われた気がしてなりません。
私にとって鬼門なのかも(T T)

ま、いっか。


さぁ、後ろに跨って出発!


この辺りは結構栄えた商店街です。
船着き場じゃなくてこの辺が町の中心みたいですね。

すると前方に見えてきたのは、


時計塔が!


運転手の頭!…じゃなくて(ピントがそっちに合ってしまいました 汗)、
朝来た時に歩いた時計塔!

なんだー。船着き場までこんなに近かったんだ。
これなら歩いても15分ぐらいで着いたかも。

バイタクは船着き場入口で止まります。
ありがとうございました!!
私にとってまさに助けの手を差し伸べてくれた女神さまです m(_ _)m


16:52。


渡し賃3バーツを払い渡し船へと。


ターチオン川の渡し船


対岸からは学校帰りの学生が多く降りてきます。


ターチーン川マハーチャイ側へと渡ると、船着き場前には、


マハーチャイの船着き場前の子象


子ゾウくんが~。


マハーチャイの市場前通りは買い物客で賑わってます。
夕方ですもんね~。


マハーチャイ市場


国鉄マハーチャイ線マハーチャイ駅に戻って来ました。

窓口のおじいさんに、ウォンウィエンヤイまで、
と告げ10バーツを渡します。

「オン ダ テーン」

おじいさんはそう言い、10バーツを返してくるではないですか?

"On the 10" って何だ????

10バーツのこと? だから10バーツ払ってるでしょ。
もう一度10バーツを差し出します。

「オン ダ テーン」

同じセリフを繰り返すだけで、おじいさんは受け取りません。
切符も渡してくれません。

ワケわからん。
まーいいや。車内で車掌に払えばいいし…。


あっ!

"On the train" か!!

タイ語訛りの英語はほんっとに聴き取れませんよ。
タイ語で返してくれたほうがよっぽど分かりますって-_-;)


17:35の出発時刻までまだ時間があります。
辺りをぶらぶらして17:20頃に再び駅へと。


夕刻のマハーチャイ駅


傾いた夕陽が薄暗い駅ホームの奥まで差し込んでいます。







<交通費>
バイクタクシー:15バーツ
渡し船:3バーツ
ここまでの合計:138バーツ


つづく


※旅は2011年12月26日(月)に行いました。



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード