タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

プラジュン要塞

さようならポム・プラジュン~チャオプラヤー川河口への旅[14]

目的はもうすべて果たしたので、そろそろ…。

あ、最後にもう一度、
日本製軍艦メークローン号を見ておきたくなりました。


メークローン号を最後にもう一度


夜はライトアップされているようなので、
またいつか「ターイルア」でディナーを食べがてら
見に来たいですね。

ずっと心配していた帰りの交通手段ですが、
チャオプラヤー川河口先端へ案内してくださった方に聞いてみたんです。
すると20番バスのほかに、ソンテオもあるとか。

「20番バスのほうがエアコンが効いていて快適だ」

でも、ずっと機会があるごとにバス停らしきあたりを眺めているものの、
一度もバスの姿を見てないんですが…(汗)

実はたしかにソンテオらしき車は見かけてたんです。
でも男子高校生の集団が乗っていたので、てっきり通学バスなのかと。

ソンテオはどれぐらいの頻度で来るのかなー。
とりあえずとても喉が渇いたので、「ターイルア」で何か飲もう。

そう思い、レストランの前まで来て道路を振り返ってみると、
ソンテオらしき車がのろのろとこちらへ向かってくるではないですか。

目の前にさしかかります。


ソンテオだ!


急いで車体横面を凝視すると、タイ語で
「サムット・ジェーディー - ポム・プラジュン」と。

これだ!!

慌てて駆け出しソンテオに乗り込みました。
よかった。これで帰れる!(笑)

時刻はちょうど15:00。
ポム・プラジュンに2時間半いたんですね。

女性の車掌さんに8バーツを払い、
席について車窓を眺めます。

海軍施設の前を通りお客さんを乗せた後、
ソンテオはゆっくり走って検問に到着。

一時停止すると、警備兵が鋭い目で客席を見渡しました。
が、何事もなくそのまま出発。
海軍管理区域=ポム・プラジュンとお別れです。

ほどなくしてチャオプラヤー川すれすれのところを走りました。


チャオプラヤー川には大型船が沢山停泊してます


大型船が多数停泊している光景が見えます。


しばらく走ると急に車窓の風景が賑やかに。


プラサムット・ジェーディーに戻ってきました!


プラサムット・ジェーディーに戻ってきました!
正直、ちょっとほっとした自分がいます(笑)


終点に到着。


ありがとうソンテオ!


ありがとう、ソンテオ!!

20分のソンテオの旅でした。




<交通費>
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:116.5バーツ


※旅は2008年12月30日(火)に行いました。


つづく・・・


ポム・プラジュン~プラサムット・ジェーディー


野生の王国ポム・プラジュン~チャオプラヤー川河口への旅[13]

まさか本当に見れるとは思っていなかったチャオプラヤー川河口の先端を後にし、
元来た道、というか池の土手を戻ります。


土手を歩いて戻る途中…


この池、エビの養殖池なんだそうです。
エビのほかにカニや魚も獲れるとか。
こんな天然の環境で育ったら、さぞかし美味しいんでしょうね。
ここで獲れたものを産直で食べる方法はないのかなー。

…などと考えながら角を曲がると、
すぐ目の前を横切ろうとする大きな影が。


な、なんと大トカゲだ~!!

体長はゆうに2メートル近くあります!


私と出会って慌てるでもなく、逆に向かってくるでもなく、
あくまでも悠然としたその姿は、まるでポム・プラジュンの主であるかのよう。
のっしのっしと歩いて、土手横の林に消えて行きました・・・。

タイで「ヒア」と呼ばれる大トカゲか!?

ただただ唖然。
恐怖を感じる暇もなく、当然写真を撮ることも忘れた
ほんの数秒の出来事でした。


で、ようやくロー5こと独立と自由のラマ5世像前の舗装された道路まで出ました。
ほっと一安心。

と思ったのもつかの間、ふと横の林に目をやると
またまた大トカゲが!


大トカゲ!


今度のは小さいです。
1メートルぐらいでしょうか。

もう頭の中では「ジュラシックパーク」のテーマ音楽が流れっぱなし(笑)


ところでこのヒア。タイでは相手を罵倒する言葉でもあります。

よくヒアが、農家のニワトリを食べちゃうんだそうです。
そうすると当然農家の方は頭に来るんですよ、
「アイ・ヒア!」(ヒアの野郎)って。

それが気に食わない人を罵倒する表現にも
使われるようになったんだとか。
(絶対に使わないでくださいね!)

そこまで忌み嫌われる存在のヒアが、
ちょっと不憫にも感じてしまいます…。


さてさて、さらに足を進めると、またもや目の前を横切る影が。
こんどは複数です。


なんと、猿。

小走りに林の中へと。


猿も!


子猿が2,3匹(写真には1匹だけです)。
親はというと・・・

道の反対側で私を睨みつけています。


親猿が睨んでます(汗)


汗...

この場を去ったほうが良さそうですね。
邪魔してすんません…。



<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:108.5バーツ


※旅は2008年12月30日(火)に行いました。


つづく・・・



ラマ5世像とプラジュン要塞 


ついに河口の先端へ!~チャオプラヤー川河口への旅[12]

「プラジュン要塞マングローブ林自然学習の橋」を後にして今度向かう先は、
チャオプラヤー川河口の先端です。

といっても先端は水上に広がるマングローブ林なので、
道など無く、辿り着けない可能性もあります。
さらにここは海軍管理区域。怪しい行動と受け取られて捕まってしまう恐れも…。

なので無理は禁物を心がけつつ、行けるところまで行ってみることに。


先のマングローブ林へと行けそうな道を探しているうちに
こんなところに出ました。


こんな池がたくさん…


見渡す限り、池がいくつも広がっています。
塩田のようでもないですし、何なんでしょう??

池の間には土手があり、そこを歩いて進むことにしました。


ひび割れた土手を歩きます…


土手の土はこんな感じでひび割れています。
またもや鳥のさえずりしか聞こえない静寂。

ここにいるのは私だけか、と考えると
今まで以上に恐怖心が募ってきます。

まあ、行けるところまで歩いてみよう!
と自分を鼓舞して前進。


実はこの後・・・

何度も書きますが海軍管理区域のため、
詳細な記述は自粛させていただきたいと思いますが、
一旦は先には行けないことになったんです。

でも、その後に出会った方のご厚意で
なんとか許可を頂けた上、案内までしていただきました。
通常は事前に担当部署の許可を得る必要があるようです。


・・・ということで、
先のほうは土手さえなく、なんとマングローブ林の間の水面に突き立ててある杭の上に
渡された板きれ1枚の上を歩いていくことに!

板は固定されていなくて、ユラユラ揺れるんですよ。


バランスを崩したらさようなら。


とまではいかないまでも、
水面に落ちることは100%間違いなし。

意を決してすり足で進んで行きます…。


しばらく進むとマングローブ林が途切れて、視界が広がりました。
そこだけ板が敷き詰めてあります。

元々そこには小屋があったのですが、
波で流されてしまい、今は床の部分だけが残っているんだとか。


チャオプラヤー川河口の対岸を望む


チャオプラヤー川対岸の景色が目の前に広がります。
サムット・プラーカーン県のバーンプーなのだと教えていただきました。

そして右のほうを指差されました。

「あそこがチャオプラヤー川の先端だ」


チャオプラヤー川河口の先端があそこに!


手前の木の向こう側奥の茂み。
あそこが本当の先端なのだそうです!

水面に突き出た杭の列を見ると分かるとおり、以前はあそこまで板きれの道が
伸びていたそうです。でも小屋同様、波にさらわれてしまったのだとか。

なので、今行けるのはここが最も先。
本当に辿り着けてしまいました。


しばしチャオプラヤー川河口先端の光景を感慨深く見つめました。


これ以上迷惑をおかけするわけにもいかないので、
このへんで戻ることに。

帰りもなんとか無事に板きれの道を渡りきり、
深々とお礼を言ってその場を後にしたのでした…。



<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:108.5バーツ


※旅は2008年12月30日(火)に行いました。


つづく・・・



チャオプラヤー川河口の先端

レアグッズ(?)とマングローブ林の公園~チャオプラヤー川河口への旅[11]

このへんで今回の旅でゲットしたレアなグッズ(?)を
紹介したいと思います!


軍艦メークローン号の後ろにある、まさにそのものの名前のレストラン
「ターイルア」(船尾)には、主に海軍関係のグッズを販売するコーナーも
併設されていました。

そこで私が買ったものは、コレです。


レア(?)な軍人人形と軽空母キャップ


なんだかカワイイ人形がたくさんショーケースに並んでいたんですよ。
その中からこの3つを選んできました。
左から、陸軍、警察、海軍、でしょうか?

触れると首が揺れるんです(笑)


それと右は、タイ海軍が誇る軽空母チャックリー・ナルベートのキャップ。

両方とも手にしたときは嬉しかったんですが、
今になって使い道がなく困ってます(笑)


実はもう一つ、もっとレア(?)なグッズが。

レストラン「ターイルア」で会計したら、なんと2009年のカレンダーをくれたんです。
行った日が12/30だったのがラッキーでした!


超レア(笑)なレストラン「ターイルア」カレンダー


でも・・・、これこそ使い道が(汗)

壁に掛けるだけでモーラム(タイ演歌)が聞こえてきそうな
なんともいえない雰囲気を醸し出しています。

1年間眺めていたらスタッフ全員の顔を覚えちゃいそうで、
いまだ丸めてしまったままだったり・・・。


と、レア・グッズ紹介はこれぐらいにして、
旅の続きを書き進めます!

独立と自由のラマ5世像の前まで戻ってきました。
その正面には、


「プラジュン要塞マングローブ林自然学習の橋」の入口


「プラジュン要塞マングローブ林自然学習の橋」と書かれた看板が。
自然公園みたいなものですかね。一応入ってみますか。

マングローブ林の中に木製の橋が伸びていて、植物やそこに暮らす動物の生態を
観察できるようになっているみたいです。


橋を歩いてマングローブ林の中を散策できます。


この橋、ところどころ木の板が抜けているので要注意・・・。
ここにいるのは、見事に私一人。ちょっと怖いです。


植物や動物の解説も


こんな感じで植物や動物を解説した案内板も
ところどころに立ってます。
猿もいるようですが、姿は無いですね~。


植林もしているそうです!


一番奥には、植林している区域がありました。
2年前の国王80歳誕生日を記念した事業で植林した、と看板に書かれています。

くまなく歩いたのですが、動物の姿はついぞ見ることができず。
鳥のさえずりと、チャポンという水の音が聞こえてくるのみでした・・・。



<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:108.5バーツ


※旅は2008年12月30日(火)に行いました。


つづく・・・



プラジュン要塞マングローブ林自然学習の橋

チャオプラヤー川河口が目の前に~チャオプラヤー川河口への旅[10]

軍艦メークローン号の後ろにある建物は、
やはりレストランでした。

店名は「ターイルア」(船尾)。

入ってみるとかなり大きなお店で、お客さんもいっぱいです。

なんだ、みんなここにいたのか!

そりゃ、こんな炎天下で外を歩き回る奇特な人なんて
私ぐらいですよね(笑)

席に案内されメニューを渡された私は、
シーフード料理のオススメを尋ねてみました。

「プーパッポン・カリー」

あ、あの、量もお値段も一人で食べるのはさすがに・・・(汗)

私の困った顔で察したのか、ウェイトレスさんはちょっと考えた末、
「カオパット・プー」(カニ・チャーハン)と。

それにしましょう!


カオパット・プー


とにかく空腹だったのも相まって、もの凄く美味しかったです!


落ち着いたところで周囲を見回すと、
みなさん大勢で来てますね。
団体旅行のご一行さんのようなグループもいます。

さて、会計を済ませて外へ。


このお店ターイルアと軍艦メークローン号の間に
チャオプラヤー川の中へと伸びる遊歩道がありました。
ちょうど雲が日差しを遮ったので今のうちに!


チャオプラヤー川へと伸びる遊歩道


先端の東屋風のところから、
下流側を眺めると・・・


チャオプラヤー川河口 


チャオプラヤー川河口がすぐそこに!!


右岸は前方に見えるマングローブ林の途切れたところが、
まさにチャオプラヤー川河口の先端です。

とうとうここまで辿り着けた!
ちょっと感動しながら、河口の光景を目に焼き付けます。

でも、でもですよ。
あそこまで行けないものですかねえ。
マングローブ林だから水の中。歩ける道なんて無いんでしょうか。

などと考えながら右手を振り返ると、
先ほどの軍艦メークローン号も全体を見渡せます。


遊歩道の先端から見たメークローン号 



<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:108.5バーツ


※旅は2008年12月30日(火)に行いました。


つづく・・・


軍艦メークローン号とレストラン「ターイルア」 

 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード