タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

プラサムット・チェーディー

チェーディー新船着き場から渡し船 海上の寺院へ[最終回]

ソンテオの終点プラサムットチェーディーから
渡し船で対岸のパークナムへと渡ることにしましょう。


再びアーケードを奥まで歩きます。


12_01


ちょっぴり閑散とした雰囲気ですけど、夕方の帰宅ラッシュの頃には
それなりに活気があるのかもしれませんね。

奥の船着き場に到着。


12_02


ゲートが2つ。

青:一般 4バーツ
赤:制服着用の学生・公務員 3バーツ


私でも学生服着てれば3バーツになるかな?(笑)


青のゲートで4バーツ支払い、中へ。


12_03


ずいぶん立派な設備を作ったんですね。
長い通路を歩いて…


12_04


渡し船に乗り込みます!
15:07出発!


この辺りのチャオプラヤー川は川幅がかなり広いですよね~。
外航船が何隻も停泊しているのが見えます。

すると渡し船は川の中ほどで停船するじゃないですか。ん?
次の瞬間、目の前に巨大な影が出現。


12_05


うおおお、間近で見るとデカイですね~!
まるでスターウォーズのスター・デストロイヤーのよう(笑)

左右に2隻並列した格好で目の前というより頭上を通過していきます。
この船ってよく見かけますけど、何を積んでいるんでしょう?


通過し終えるのを待って再び進み始めた渡し船は
対岸のパークナムウィブーンシー船着き場に到着。


12_06


市場を抜けて表通りを左へしばらく歩き、バス停へ。
すぐにやって来ました。


12_07


25番バス!

スクンビット通りを走っているので、日本人に馴染みのある路線ではないでしょうか?


乗りこみましょう。
時刻は、15:22。


席についてふと車窓を眺めると、


12_08


前方にかな~りヤバめな雨雲が。

案の定ほどなくして、物凄いスコールに突入。
乗客はみんな慌ててバタバタと窓を閉め出しました。


12_09


スクンビット通りを走った25番バスがBTS高架橋下に入ったところで
ブザーを押します。BTS始発駅ベーリン駅下で下車。

雨に濡れないようダッシュして階段に辿り着きます(笑)


12_10


ホームに立ちBTSの車両を目にすると、さすがにほっとしますね。
時刻は15:48。


これにて、今回の旅は完結です。


海上に取り残されたワット・クンサムトチーンだけでなく
日本軍の銃弾の薬きょうをはじめ、
予想もしなかった物や人々に出会えて面白い旅でした。

なにしろバンコクから程近く気軽に行ける場所に
こんなアドベンチャーを味わえる別世界があることにオドロキです。

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました!


次回の旅は、サーラーヤーからの続きの旅です。
なにせその時もスコールに見舞われ(る直前でしたが)、
旅程を途中で切り上げて帰らざるをえませんでしたので ^_^;)

また日本にゆかりのあるモノと出会った旅でした。
どうぞお楽しみに!





<交通費>
渡し船:4バーツ
25番バス:7バーツ
ここまでの合計:230バーツ

※旅は2012年8月14日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり


12_map



舟で帰ります! 海上の寺院へ[11]

バーン・クンサムットチーン・ミュージアムから最寄りと言う
ローンリエン(学校)船着き場へと歩いて行きます。


11_01


そう言えば自転車を放置して来ちゃいましたが、
観光客向けだけではなく集落の人達も使っているようなので、
きっとどなたかが乗ってくれるでしょう ^_^;)

実際、建設中の中国廟のところにも自転車が数台停めてありましたし。


歩き出してほんの4分で船着き場に到着。


11_02


船着き場には料金表が。

パーリー船着き場までの大人料金
1人目80バーツ、1人追加毎に10バーツ加算。1艘につき4人まで。
06:00~17:00


つまり2人だったら合計90バーツだから、一人頭45バーツってことですね。


しばらく待っていると遠くからエンジン音が。
近づいてきたかと思いきや、ちょっと先で止まりました。

きっと来る時に使ったワット・クンサムットチーン船着き場
お客さんを降ろしてからこっちに来るんでしょう。

案の定ほどなくして到着。
来た時と同じ船頭さんが笑顔でこちらを見てから舟をUターン。


11_03


ではまたよろしくお願いします ^^

14:17出発!

エンジン音を再び轟かせた舟はワット・クンサムットチーン船着き場を過ぎ
大きく右折。


11_04


ヒャッホー!


11_05


舟ってやっぱり気持ちいいですねー。サイコーだ~!!


…という時間もそう長くは続かず、6,7分で


11_06


橋が見えてきました。
くぐればパーリー船着き場です。


船着き場に到着。80バーツを船頭さんに手渡して陸へと。
時刻は、14:24。


11_07


右手のあずま屋で帰りのソンテオを待つことに。


iPhoneをいじりながらのんびりしていると、
「何を待っているんですか?」
と船着き場受付のおばさん。

ソンテオです。

「来ましたよ。」

という声に道路を振り向くと、ちょうどソンテオが視界に入るところでした。
エンジン音で分かるんですね。おばさん、さすがです。ありがとうございます ^^

プラサムット・チェーディー行きソンテオ乗車。
14:40。


トラック・ソンテオは車内が広々としてていいですね~。
順調に走り、終点プラサムット・チェーディー
15:03到着。


11_08


さて、移転した渡し船新船着き場からの初乗船といきますか!





<交通費>
舟:80バーツ
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:219バーツ

※旅は2012年8月14日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく


11_map



リーおばさん?お姉さん?の船着き場 海上の寺院へ[3]

プラサムット・チェーディー行きのソンテオは
スックサワット通りから右折していよいよ終点に近付いていきました

…と思いきや、いきなりUターンするじゃないですか!

慌てて降りようとすると、車掌のおばさんが「ちょっと待ちなさい」と。
ソンテオはそのまま道沿いの広場に入り停車。

乗客がみんな降り始めます。
状況が呑み込めない私も取り敢えず降りることにしますか。


あれ? ここが終点なの?
時刻は、11:54。


以前は道の突き当たり、船着き場の目の前が終点。
随分手前に終点が移されたもんです。こりゃ不便じゃないですか。

などと思いながらソンテオを降り顔を上げるとそこには、


03_01


なんだこれ!? アーケード?

ソンテオを降りた人達はみんなこのアーケードに吸い込まれて行きます。
もしや・・・

私もみんなについて商店が並ぶアーケードを奥まで歩いてみると、


03_02


やっぱり!!

アーケードの終点には、対岸のパークナムへの渡し船の船着き場が!
丸ごとここに移転したんですね。知りませんでした!


左側に食堂コーナーを発見。ちょうど昼時なので食べるとしますか。
この先ではきっと食べるところが無いでしょうし。


03_03


いつものように、パット・ガパオ・ムーサップ(豚挽肉のバジル炒め) ^^


ついでに食堂のおばちゃんに尋ねてみたところ、
船着き場がここに移転して1年近くとのこと。

ちょうど去年の大洪水の頃からということになります。
もしかしたら洪水で今までの船着き場が使えなくなったので
ここに移転したのかもしれませんね。

食事を終え、アーケードのトイレを借りた後、
次なるソンテオを探します。


これから向かうのは、タイトルどおり海上に建つ寺院、ワット・クンサムット・チーン
そこへ行くには、まず「パー・リー船着き場」から舟に乗る必要があるとか。
リーおばさん船着き場って意味ですね ^_^;)

実はそのパー・リー船着き場の正確な場所がよく分からないんですよ。
ネットで探して見つけたパー・リー船着き場の場所も、どうも正しくないような。

でも恐らくバーン・サークラー行きのソンテオで近くまでは行けそうな予感。


見つけました!


03_04


バーン・サークラー行きのソンテオです。
広場に停車していました。

この路線は以前バーン・サークラーへ行く際に乗ったことがあるので
安心して乗車できます ^^

12:25発。

女性車掌にパー・リー船着き場を通るか尋ねると、ん?って顔。
知らないんでしょうか。

行きたいのは、ワット・・・

「クンサムット・チーン!」

そうそう、そこです。

「ジェー・リー船着き場!」


ジェーは中国語の「姉」由来の言葉で、年上の中華系女性の呼び名。
リーさんは「おばさん」ではなく「お姉さん」と呼ばなきゃいけないんですね。
失礼しました… -_-;)


着いたら教えてください。
そう車掌さんに告げて、運賃8バーツを支払います。


見覚えのある景色が車窓に流れていきます。
終点のバーン・サークラーにもまた行きたいなぁ。

「着いたよ。あそこのあずま屋のところだよ。」

えっ、意外と速かったですね。
ありがとうございます。


03_05


時刻は、12:42。


走り去るソンテオを眺めつつ、道路反対側のあずま屋を見やります。
なるほど、橋のたもとに船着き場があるんですね。
ソンテオを降りて目の前で良かった。かなり歩くんじゃないかとも思っていたので。

パー・リー船着き場の正確な場所をGoogle Mapでお知らせしておきます。
ストリートビューでも確認できますよ~。


あずま屋の裏へと回ると

03_06


右手に受付のような売店のようなところが。

ワット・クンサムット・チーンへ行きたいんですが。

すると女性が大声で誰かを呼びます。
呼んだ方向を向くと、


03_07


なるほど!
橋の下に客待ちの舟が待機しているんですね。

運賃は片道80バーツとのこと。
チャーター代で3~500バーツ払う羽目にならなくてホッとしました ^^


すみません。ここの船着き場の名前は何ですか?

パー・リー船着き場だよ。ほら、そこの大きな家だよ。」

なんだ。やっぱり「おばさん」でいいんじゃん -_-;)


道からやや奥まったところに確かに大きめの家がありますね。


そうこうしているうちに一艘の舟がエンジンを吹かせてやって来ました。






<交通費>
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:51バーツ

※旅は2012年8月14日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


03_map


バーン・サークラーを後に ~ バーン・サークラーへの旅[10]

バーン・サークラーの見どころらしきところは、ほぼ見尽くしました。
もう12時をまわってるし、そろそろ昼でも食べるか。

と思って食堂を探したのですが・・・

お店の体をなした食堂は見当たらず、食事を出すところがあっても
住民の溜まり場のような感じで、よそ者がそこに交じって食べるのは
勇気がいる雰囲気なのです。

ハラ減ったなぁ。

仕方ない。プラサムット・ジェーディーまで帰ってから食べるか。


バーン・サークラー入り口まで戻ると、ソンテオが既に停車中。


ジェーディー行きソンテオに乗車


随分待って、乗客がわらわらと集まってきた12:57にようやく出発。
どうやら30分に一本のようですね。

するとなーんと、乗客&車掌さんみんなが談笑を始めるではないですか。
ココの住民はみんな顔見知りなんでしょうか!?

一人バツの悪い思いでソンテオに揺られる私でした…(汗)


道中の景色はこんな感じ。


道の両側はエビ養殖池が続きます


道の両側にはエビ養殖池が延々と続いています。


30分ほどでプラサムット・ジェーディーに到着!
時刻は13:32。


プラサムット・ジェーディーに到着


去っていくソンテオの左後方に見える建物は、対岸パークナムへの渡し船乗り場です。


ふぅ、昼ご飯を食べるぞ~!!
ロータリーのとある食堂に目が留まりました。


焼きアヒルの食堂


「焼きアヒルのせご飯 ジェーディー 老舗」


空腹のせいもあり、とても美味しそうに見えたので
このお店に決定!


焼きアヒルのせご飯


この手の料理は、個人的に甘めの味付けが苦手なのですが、
ここのは甘すぎません。生姜の味が効いていることもあり
もたれずサッパリした味でなかなか美味しいです!

しかし、日本ではなぜアヒル料理がポピュラーではないんでしょうね。



さて、空腹も解消したことですし、旅を続けましょう。

はい、「バーン・サークラーへの旅」は終わったのですが、
引き続き次の目的地へ向かうのです。

それがどこかは、お楽しみに(笑)


その前に8月の滞在記をUPしたいと思います。
その後、この旅の続編を書く予定です!





<交通費>
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:68バーツ


※旅は2009年7月22日(水)に行いました。


つづく


バーンサークラー~プラサムットジェーディー 

バーン・サークラーに到着! ~ バーン・サークラーへの旅[3]

さて、ここプラサムット・ジェーディーに来たのは、
バーン・サークラー行きのソンテオ路線がここから出てるらしいからなのです。

ソンテオが並んでいる一角へ向おうとしたその時、
遠くから一台のソンテオが向かって来ます。


あ、ソンテオが来る!


取り敢えずあのソンテオの行き先を確認してみるか。

目の前に差し掛かります。
車体横の行き先表示を急いで見ると、


このソンテオです!


サークラー アンプー(郡役所) ジェーディー

と。これだ!!
慌てて飛び乗りました。


「写真撮るだけで乗らないのかと思ったよ。ハハハ」

と車掌のおばちゃんに冷やかされながら、奥に座ります。
運賃は、8バーツ。

スックサワット通りを走ったソンテオは、サッパサーミット運河を渡りました。
この運河は途中からピッタヤーロンコーン運河と名前を変えます。
そうです。バンコク・シービュー・レストランへの船着場のある、あの運河です。

渡ってすぐ右折。
間もなく沿道には人家がほとんど見えなくなり、
両側とも養殖池が広がる景色に!


道の両側に池が続きます…


ソンテオは、養殖池の間を、時にはくねくねと進んで行きます。

プラサムット・ジェーディーを出発して20分で、
終点、今回の旅の目的地のバーン・サークラーに到着しました!


ソンテオが去った終点で、立ち尽くす私。
さて、どうするかな。


バーン・サークラーに到着!




<交通費>
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:60バーツ


※旅は2009年7月22日(水)に行いました。


つづく


プラサムットジェーディー~バーンサークラー

 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード