タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

フアタケー

フアタケーからソンテオに 空港近くの新水上マーケットへ[9]

サラパオ屋「バーン・パオ」でお店の女性と話しているうちに、
雨が止んでくれました。やった!

時計を見ると10:15。

サイアム・パラゴンで11:30に約束があるので
そろそろ帰らないとヤバイです。っていうか間に合うのか? -_-;)

のんびりし過ぎたのをちょっぴり後悔しながら代金を払い、
お店を後にします。お客さん沢山来るといいですね!


マハーナコーン水上マーケットを出て、
来る時同様、チョーラケー運河(?)に架かる橋を渡ります。


右がマハーナコーン水上マーケット、左がフアタケー市場


もう一度、右がマハーナコーン水上マーケット
左の2艘の舟が裏手に見えるのがフアタケー市場


フアタケー市場


フアタケー市場にも興味はなくはないんですが、いかんせん時間が。
またの機会にとっておきましょう ^^


橋を渡ったところで下をくぐりラートクラバン通りの反対側へ出ます。
フアタケーの市街地を少し歩いたところでソンテオを待つこと数分。


ラートクラバン駅行きソンテオ


僅かに冠水した道をエアポートリンクのラートクラバン駅行きソンテオが
ゆっくり進んで来ました。


乗り込むと・・・あれ? 車掌さんがいないぞ?
前回はロボットみたいな女性車掌さんに集金されたんですが、
今回は後払いのようですね。日頃利用している人たちは混乱しないんでしょうか? -_-;)


走り出すと・・・


冠水したラートクラバン通り


うわぁ、来る時の下り車線より冠水が酷いですなー。


念のためまた書きますが、この旅はバンコクに洪水が到達する前の10月10日に
行ったんです。この一帯は大雨が降ると冠水し易い土地のようですね…。






<交通費>
ソンテオはまだ払って無いので:0バーツ
ここまでの合計:48バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


フアタケー




マハーナコーン水上マーケット到着! 空港近くの新水上マーケットへ[4]

運河に架かる橋の上に出ました。


運河の向こうにマハーナコーン水上マーケットが


運河の対岸が目指す場所に違いありません!

ちなみにこの運河は多分チョーラケー運河、かな?
チョーラケーは「ワニ」の意味。

ここフアタケーの地名も「ワニの頭」なんですよね。
なんでも昔、運河でワニの頭だけが目撃されたことに由来するとか。

尻尾は遠く離れたバーンプリー辺りで目撃されたなんていう
おとぎ話的伝承も残っているようです ^^


橋を渡って下へ降ります。


マハーナコーン水上マーケット


マハーナコーン水上マーケットの入口です!

しかし何と言うか、遊園地みたいなゲートが聳えてますな -_-;)


時刻は09:15。

営業時間は、毎日09:00~24:00とのことですが、さてさて…。


足を踏み入れてみると、敷地の東の端っこに大きな看板が。


マハーナコーン水上マーケットの看板


「マハーナコーン水上マーケット」

タイ文字だけで書いてあります。

えっ? てっきり外国人観光客向けかと思っていたんですが、
タイ人のお客さんをメインターゲットにしているってことでしょうかね?
そう言えばウェブサイトもタイ文字での説明オンリーですし…。


まずはチョーラケー運河(?)沿いの西端から歩いてみますか。


まぁ、予想はしてましたけどね。
ここまで的中してしまうと、もう何て言うか。


マハーナコーン水上マーケット


開いてる店がほとんどありませーん!(T_T)






<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:48バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


マハーナコーン水上マーケット




フアタケー百年市場 空港近くの新水上マーケットへ[3]

大雨で冠水したラートクラバン通りを疾走したソンテオは、フアタケーに到着。


先が渋滞しているようなので、乗客が降りた時に私も下車。
この辺は冠水してなくて助かりました~。


運転手に運賃8バーツを支払います。


フアタケーまで乗ったソンテオ


時刻は、09:09。


フアタケーの街の東端目指して歩き出します。
渋滞しているのは、この先に架かる橋の下でUターンする車線でした。


フアタケーの街並み


左端の、ホースが伸びている店がわかりますでしょうか?
この店、なんと店内が20cmぐらい浸水していて、
お店の人がチリトリで水を掻き出してるんです。

何度も言いますけど、これは今回のバンコク洪水がやって来る前のこと。
やはりフアタケーの周辺は水はけがかなり悪い土地のようですね。


そんな憶測を裏付けるかのように、その先のソイは…


大雨で冠水したフアタケーのソイ


運河と見間違うほどに冠水!


それでも両側の商店は営業してるんですから、
洪水に慣れている雰囲気を感じました…。


さらにラートクラバン通り沿いを歩くと運河を渡る橋に到着。
階段を上りつつ左側の景色を眺めてみると…


フアタケー百年市場


今までイマイチ場所が特定できなかったんですが、今回はっきり分かりました。
ここがフアタケーの元々の市場です。

フアタケー百年市場、なんて呼ばれることもありますが、
うーん、それはちょっと違うような -_-;)
でも百年前後の歴史のある市場という意味では正しいんでしょうね。

あまり見どころが無さそうですし、先を急ぎたいので、
上から眺めるだけにしておきました。

奥は冠水している雰囲気ですし ^_^;)


ところで、目的地がもう見えてますよ~!






<交通費>
ソンテオ代:8バーツ
ここまでの合計:48バーツ

つづく


※旅は2011年10月10日(月)に行いました。


フアタケー市場




ラートクラバン駅行きソンテオ BTS新終点ベーリンからの旅[17]

珍しく歩き疲れたのは、ラムカムヘン大学バーンナー・キャンパスと
ここKMITLの南側キャンパスを延々と歩いたせいかも。

気が付いたら、今回の旅は大学巡りと化してましたね(笑)


しかしどうせなら閑散とした南側じゃなくて、
賑やかなこっち北側のキャンパスをもっと歩きたかったです。

でもバテ気味で、もういいやって気分に。
それに実は18時にトンローで約束があるので
そろそろ戻らないと危険なのです ^_^;)


KMITLの門を出たところの歩道橋で反対側へ渡ります。


プラジョームクラオ・ラートクラバン


やっぱり郊外の大学って感じですよね。


で、反対側のバス停には下校の学生が大勢。
学生じゃないのって私だけで居心地悪いです(笑)

これは早々にここを離れようと思い、
やって来たフアタケー市場行きのソンテオに飛び乗りました。

時刻は、15:47。

そう、またフアタケーに一旦戻ることに。


ソンテオ内は、女子学生は座席に、男子学生は後ろのデッキ部に立ち乗り、
と見事に住み分けができています。暗黙のルールなんでしょうね。
私も勿論、デッキでポールにしがみついて立ってます。

ラートクラバン通りに出て、フアタケーの街を快走。
街の東端にある運河に架かる橋の下でUターンして少し戻ったところが終点。
全員が降ります。


プラジョームクラオ・ラートクラバン~フアタケー市場のソンテオ


乗って来たソンテオです。
プラジョームクラオ・ラートクラバン - フアタケー市場と書いてありますね。

運賃は8バーツ也。
時刻は、16:02。


この場所で次に乗るソンテオを待ちましょう。

実はさっきフアタケーの街を歩いている際に、
エアポートリンクのラートクラバン駅行きのソンテオを見かけたんです。
それに乗って、エアポートリンクでサクッとバンコクに帰ろうという魂胆です。


するとすぐにやって来たではないですか!


ラートクラバン駅行きソンテオ


16:04、乗り込みます!


席に着くと、「チャーイ・カードーイサーン・ドゥアイ・カ」と
横に座った女の子が。


ん?


「チャーイ・カードーイサーン・ドゥアイ・カ」
(運賃を払ってください。)

ロボットのように無表情で繰り返します。

あぁ、車掌さんだったのか。てっきり乗客だとばかり。
それに今日乗ったソンテオは全て後払いだったので迂闊でした ^_^;)

運賃7バーツを払おうとすると、
「どこへ行くんですか?」と怪訝そうな顔で。

ラートクラバン駅です。(だってそこ行きのソンテオでしょ?と内心思いつつ)

「エアポートリンクのですか?」

はい。


外国人ってこのソンテオを滅多に利用しないからですかね?
何だったんでしょう。まぁ、いいですけど。

そうしたら、他の乗客にも同様に「チャーイ・カードーイサーン・ドゥアイ・カ」
を座ったままロボットのように無表情に繰り返し言っていました(笑)


ラートクラバン通りを西進したソンテオは、右折してロムクラオ通りを北上。
すると、道をはずれるではないですか。


給油中のソンテオ


ガソリンスタンドで給油でした(笑)

今日2度目ですよー。ツイてるんだかなんなんだか。


ここでロボット車掌さんは、助手席へと移動。
もう乗客は乗って来ないんでしょうね。

ってことは、もうすぐ終点かな。






<交通費>
フアタケー市場行きソンテオ:8バーツ
ラートクラバン駅行きソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:132バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


KMITL~フアタケー市場~ラートクラバン駅




国鉄フアタケー駅 BTS新終点ベーリンからの旅[15]

雨が降り出す前に一とおり見ておかなければ。

プラウェート・ブリーロム運河に架かる橋から元の
ラートクラバン通り沿いに戻って来ました。


しばらく通り沿いを西に向けて歩きます。
しかしソンテオが多い街ですね。
色んな色・行き先のソンテオが引っ切り無しに通過していきます。


バスが出てきた道へと右折。
この道沿いにも商店街がありますね。学生向けなんでしょう。

再びプラウェート・ブリーロム運河を橋で渡ると、


キング・モンクット工科大学ラートクラバン校


先にあるのは、キング・モンクット工科大学ラートクラバン校のキャンパスです。

でも大学名が無くて、「農工業学部 農業技術学部」と書いてあるだけなのが不思議…。


閑散としてうら淋しいキャンパスを突っ切って北側へと抜けてみます。


そこにあるのは・・・


国鉄の線路


国鉄の線路。


左に見えるのが、キャンパスの北門。
出てすぐに線路が走っています。
線路沿いには屋根付きの歩道が。学生向けに整備したんでしょうね。

で、門を背に右(東)へと少し歩くと・・・


国鉄フアタケー駅


国鉄フアタケー駅があります。


ただホームがあるだけなのかと思いきや、駅舎がちゃんとあって駅員も常駐している様子。
さらに駅前には小規模ですが、屋台街まであるではないですか。


エアポート・リンクが開通する前には、一時期スワンナプーム空港
ここフアタケー駅を結ぶシャトルバスが運行されていたそうです。

でも国鉄の本数はそんなに多くないですからねぇ。
利用者はほとんどいなかったのではないでしょうか。


で、今ここを通るバスなどはどうも皆無な雰囲気です。
フアタケーの街から遠いので不便ですよね。


ホーム上の駅名看板を見ると、


フアタケー駅名看板


左(東)のクローン・ルアンペーン駅は、バンコクの端っこの駅ですね。
この先はチャチューンサオ県に入ります。


で、興味深いのは、右(西)の駅、プラジョームクラオ駅なんです。
フアタケー駅との駅間距離がたった「0.830km」。


タイの国鉄でこんなに駅間距離が近い箇所って、他には無いんじゃないでしょうか?

というワケで、てくてく歩いてお隣のプラジョームクラオ駅へと
向かうことにします。

歩いてばかりでさすがに疲れてきました… -_-;)







<交通費>
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:117バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


フアタケー~キングモンクット工科大学ラートクラバン校~国鉄フアタケー駅




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード