タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

パークナム

チョンブリー行きバス チャチューンサオの海上寺院へ![3]

サムローンから乗ったクローン・ダーン行きロッ・トゥーは
1時間で終点のクローン・ダーンに到着しました。


03_01


降りたロッ・トゥーを見送ります。
時刻は、10:47。

日差しが強烈で眩しい!

おもむろにカバンから日本で買ってきた帽子を
取り出して被ります。

サタヒープ
ナムサイ・ビーチへの旅

頭頂部を日焼けしたせいで薄毛が進行した失敗を
繰り返すわけにはいきませんからね。
今回は用意周到です(笑)


ロッ・トゥーが走ってきた西側を眺めてみました。


03_02


この先に運河を渡る橋があり、橋のこちら側の
スクンビット通り沿道から海まで
クローン・ダーンの町が広がっているようです。

漁村が発展した町のようで、


03_03


沿道の市場には獲れたてと思しき
海の幸が並んでいます。

商店を眺めながらやや東へ歩くと、


03_04


タラートソット・クローン・ダーン(ตลาดสดคลองด่าน)という看板が。
クローン・ダーン生鮮市場」ですね。

お、奥に見えるバスはもしや…


03_05


やっぱりそうだ!

これから乗るクローン・ダーンチョンブリーを結ぶ
ローカルバスです。乗り場がすぐ見つかって良かった!

海沿いのスクンビット通り方面からチョンブリーまで抜ける
公共交通機関もあることを、つい最近知ったばかりなのです ^_^;)


そうそう、ついでにこんなのも発見しました。


03_06


パークナム - クローン・ダーンのソンテオ。
同じクローン・ダーン生鮮市場看板のある路地内発です。
サムローン
からのロッ・トゥーがイヤなら、
パークナムからこれで来ることができますね。

クローン・ダーン
とは「関所運河」の意味。
昔から西のバンコク方面と東のチョンブリー方面の
中継地点的な場所だったのかもしれません。

だからサムローンパークナムからの車も、
チョンブリーからの車もここが終点なんでしょう。


03_07


チョンブリー行きバスに乗り込んだら、
すぐに出発しました。時刻は、10:51。

車掌さんに「ワット・ホントーン」と告げると、
運賃は10バーツと。

途中、タムルという小さな町を通過しつつ、
のんびり東へと向かったバスを、iPhoneのマップを確認しながら
ワット・ホントーン最寄りのバス停で下車。


03_08


時刻は、11:05。


03_09


意外すぎるほど順調にここまで辿り着いちゃったな。


03_10


下車した目の前には、魚を日干しする台が並んでいます。
そうか、この辺りはずっと漁村なんですね。



<旅費交通費>
バス:10バーツ
ここまでの合計:140バーツ

※旅は2015年11月19日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クローンダーン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

パークナム・タワー建設中 チャチューンサオの海上寺院へ![2]

インペリアル・サムローン横のロッ・トゥー乗り場で
クローン・ダーン行きロッ・トゥー乗り場はバンコク銀行横だと
教えてらったのですが、そのバンコク銀行の場所がわかりませんよー。

そうだ。歩道橋から眺めてみるか。
さっき渡ってきた歩道橋に戻ってみると、


02_01


あった(笑)

屋根の上の青地に白い線でハスのつぼみのような
マークが描かれた看板がバンコク銀行です。

タイの銀行って、屋上に建てた火の見櫓みたいに
背の高い塔の上に看板を設置するので、
遠くからでも一目瞭然ですね。

しかしあんな遠くに乗り場があるなんて、
聞かなきゃ絶対に見つけられませんでしたよ。


02_02


バンコク銀行を目指してスクンビット通り沿いの商店街を歩きます。

以前はここでバスやソンテオの乗降ができたんですよ。
どうもバンコク銀行寄りのほうへ移動したようです。


02_03


お、見えてきた。あそこだ。


02_04


バンコク銀行サムローン支店は、
商店街のはずれに建っていました。

ちなみに銀行ビルの手前の路地には、


02_05


ここにもロッ・トゥー乗り場があるんですが、
これはスパンブリー行きでした。
こんなところからスパンブリーまで出てるのか。


バンコク銀行の向こう隣はスーツ仕立て屋で、
その先の路地を覗くと、


02_06


いた!
クローン・ダーン(คลองด่าน)行きのロッ・トゥーです。

やっと辿り着けましたよ~。
時刻は、09:41。

帰ってからグーグル・ストリートビューでこの場所を確認したら、
クローン・ダーン行きロッ・トゥーがしっかり写ってました(笑)

乗車して間もなく、09:43に出発。

当初乗客は私ともう一人の男性だけでしたが、
スクンビット通りで数人が乗車してきました。

頭上を建設中のBTS高架橋がずっと続いています。
途中で物凄く高く伸びているところがありましたが、
ちょっとあれは乗るの怖いぞ。

そして、


02_07


パークナム名物、サムットプラーカーン県庁の時計塔が右手に。
ここで左に折れてスクンビット通りをそのまま走行。


ほどなくしてやはり右手に見たことのない建造物が。


02_08


えっ、タワーを建設中なの?

これも帰ってから調べたところ、
サムットプラーカーン展望タワー(หอชมเมืองสมุทรปราการ)
と言うんだそうです。高さは179.55メートル。

建設計画は15年ほど前からあったのですが、
2012年9月22日に起工式が執り行われようやく建設開始。
で、2015年11月には完工予定でしたが、
まあいつものことで終わってないと ^_^;)

最新情報では、今年2016年4月には建設工事が完了し、
その後内装を終えて今年中にオープンできる見込みだとか。

ちなみに建設している場所を調べてビックリ。
なんと以前訪れた、中央刑務所跡地公園内なんですよ。

グーグルマップ
で場所をお知らせしておきます。

オープンしたら絶対来てみよっと。


この辺りから渋滞に巻き込まれたものの、
BTS高架橋が右へと逸れていった(車庫かな?)頃には
道も空き、再び飛ばして走っていると、


02_09


バンプー保養地の入口前を通過しました。

1941年12月8日未明に、日本軍が奇襲上陸した地だということは
以前このブログで書きましたね。
バンプー保養地の場所もグーグルマップで示しておきます。


半分くらいまでは来たかな。
この先は未踏の地。ワクワクします!




<旅費交通費>
ロッ・トゥー:70バーツ?(メモるの忘れました)
ここまでの合計:130バーツ?

※旅は2015年11月19日(木)に行いました。

<参考>
องค์การบริหารส่วนจังหวัดสมุทรปราการ ข่าวสาร อบจ.

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

バンプー保養地

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

カートで帰ります! 71年前の足跡を訪ねて[最終回]

バンプー保養地の橋の先端にあるシーフードレストランでの食事を終え、
そろそろ帰ることに。

建物を出ます。


09_01


この橋をまた歩いてみたい気もするけど、
どうせだから今度は送迎カートに乗車してみましょう。

建物前に停まっているカートに乗り込みます。


09_02


うげっ、「TIP-BOX」だって!
こりゃ、いくばくかのチップを入れないワケにはいきませんなぁ…。

私に続けて女性ばかり3人の家族連れが乗ってきて発車。
時刻は、15:25。


09_03


橋を渡り終え、記念碑前を通り過ぎます。
前に座っている女性が運転手のおじさんに駐車場に入って停めてと
依頼しているのが聞こえました。

すると女性が振り返って私に英語で「どこで降りるんですか?」と。
気を遣ってくださってありがとうございます。
でも外国人だとバレてましたか ^_^;)

パークソイ(路地の入口)です。

「どこの路地?」

女性はキョトンとして聞き返してくるではないですか。

スクンビット通りのところです。

相変わらずキョトンとした面持ちの女性。
まさかソンテオで帰るなんて思ってもいないんでしょう(笑)
一方の運転手のおじさんはニコニコしながら黙って頷いています。

というワケで駐車場に入って3人を降ろしたカートは、
続いてスクンビット通りまで出て停車。

ボックスに5バーツ硬貨を入れて降ります。
ありがとうございました。

時刻は15:29。


09_04


戻っていくカートを見送ってから、
すぐ横にあるバス停でソンテオを待つと、


09_05


すぐに36番ソンテオがやってきました!

が、赤い字じゃないじゃないか!
なんだ、赤い字以外の36番もここまで来るってこと?
どうなってるのかよく分かりません -_-;)

15:30出発。

スクンビット通りパークナムへ向けて疾走します。

しばらく走った右手にムアンボーラーン(The Ancient City)というタイの歴史的建築物の
レプリカが数多く建っているテーマパーク(?)があります。

その前辺りでスクンビット通りは右へ曲がるカーブになっているんですが、
どうやら1941年12月8日にバンプーに上陸した吉田支隊とタイ側警察隊が
対峙したのはこの場所らしいんです。

ということは帰国後に調べて知ったので、この時には知る由も無く通過…。


パークナム市街地に入ると渋滞につかまってしまいました。
気が付くと左手にはさっき訪れた中央刑務所跡地公園が。
この辺ならもう歩いていいでしょう。

降りると、つられて他の乗客も降り出しました。
時刻は16:15。


09_06


運転席で運賃8バーツを払い、みんなについて歩いて行きます。
バス停に着きました。


まもなく、バタバタとエンジン音を轟かせて1141番ローカルバスが登場。


09_07


バンナーと書いてあるので大丈夫でしょう!
飛び乗ります。16:19。


スクンビット通りを相変わらずバタバタと大きなエンジン音で走ります。
お、BTSの高架橋が見えてきました。降りますよ~。


09_08


BTSベーリン駅下で下車。
時刻は、16:47。
BTSに乗って帰りました。


ということで、これにて今回の旅も終了です!

実はもう10年近く前からバンプーの日本軍上陸地点が気になっていたんですが、
今回調べた上で訪れる機会を得ることができて、ずっと抱えていた疑問の一つが
ようやく解決した心持ちです。

今回もお付き合いくださいましてありがとうございました!

次は趣向を変えて、バンコク市内某通りの食べ歩きをお伝えしたいと思います!





<交通費>
送迎カートのチップ:5バーツ(任意)
ソンテオ:8バーツ
バス:8バーツ
ここまでの合計:95バーツ

※旅は2012年12月28日(金)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり


09_map



パークナムで見たかった場所 71年前の足跡を訪ねて[4]

プラプラデーンの対岸まで来てみると、たしかにパークナム行きのバスがありました。
しかし、乗客ゼロの状況に一抹の不安が。いつ発車することやら。

外に突っ立っていても日差しが強い分暑いので、
エアコンがかかっていないもののいく分涼しい車内で待つことに。

するとです。
まるで私がバス車内に入ったことが合図かのように、
どこからともなくワラワラと人が出てきて乗る込んでくるじゃないですか。

いったいどこに隠れてたんだ -_-;)

その様子を見て、乗降口前に座っていた運転手と車掌も上がってきました。

グオーン!
エンジンを始動して発車です。
時刻は、11:44。


キツネに鼻をつままれたような心持ちですよ…。

運賃は、どうやら全線均一12バーツの様子。
エアコンが効き始めると、快適で思わずウトウト。


途中までは順調に走ったバスですが、パークナム手前のスクンビット通り
大渋滞に巻き込まれてしまいました。こんなところが混むなんて意外ですね。

スクンビット通りが左へ分岐するサムット・プラーカーン県庁前から
ようやくスムーズに進むように。ほどなくして右折して終点到着。


04_01


時刻は、12:55。
1時間余りでしたが、やたら時間がかかったように感じましたよ。

パークナムは、船着き場の辺りで道路が上りと下りがそれぞれ一方通行で
離れた場所を通っているんですが、降ろされた場所はその上下線を繋ぐ路地でした。
アモーンデート通りというようです。

旅を進める前に、ここで寄っておきたいところがあるんですよ。
Google Mapの航空写真でパークナムを眺めていたら、
遺跡のようなこんな場所(矢印の場所)を見つけて気になったんです。


このアモーンデート通りチャオプラヤー川とは反対方向に進みます。
下りの通りを渡ってさらに真っ直ぐ。


色とりどりなソンテオやバスが何台も停まっていますね。


04_02


思わず一つ一つ行き先を確認してしまいます(笑)


左手に見えてきましたよ。


04_03


あの塔の雰囲気は・・・


04_04


看板には、(旧)中央刑務所 と。

刑務所跡だったのか~!!
町の中心地近く昔はあったってのが意外ですね。


しかし今やあくまでも「跡」で、中はこんな感じに、


04_05


綺麗な公園に整備されていて、角に数本建っている監視塔以外、
刑務所であったことを偲ばせるものは何にも残っていません。

でも公衆トイレが清潔だったので使わせてもらいました ^_^;)


さて、戻ってこの旅の目的地へ向かいますか。

下りの通りに出て待ちます。
分かっているのは「36番」に乗るということだけ。

てっきりバスだと思っていたんですが、


04_06


ソンテオのようですね。

その36番のソンテオ、ビュンビュン飛ばしてどれも全く停まってくれやしません。
ようやく渋滞で停まった36番の運転手に行き先を告げて確認すると、
「これは行かないよ。乗り場はあっちだ」と。

指差されたのは、さっきプラプラデーンからのバスを降りた路地。
なんだ、そうだったのか -_-;)


アモーンデート通りに戻り、まさにバスを降りたポイントに行くと
たしかに36番ソンテオが停車しています。

再び運転手さんに行き先を確認。
「これはそこまで行かないよ。赤い字のに乗って。」

36番ソンテオにはいくつか行き先の違うバージョンがあるってことですね。
言葉どおり待つものの、赤い字の36番はなかなかやって来てくれません。

赤い字以外の36番や他のソンテオはひっきりなしに到着するんですが。


04_07


左に半分写っているソンテオも、赤い字ではない36番…。


30分近く待った時です。


04_08


あっ! 赤い字の36番だ!
待ちくたびれましたよ~。

すぐに発車しました。
時刻は13:47。






<交通費>
バス:12バーツ
ここまでの合計:66バーツ

※旅は2012年12月28日(金)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


04_map


チェーディー新船着き場から渡し船 海上の寺院へ[最終回]

ソンテオの終点プラサムットチェーディーから
渡し船で対岸のパークナムへと渡ることにしましょう。


再びアーケードを奥まで歩きます。


12_01


ちょっぴり閑散とした雰囲気ですけど、夕方の帰宅ラッシュの頃には
それなりに活気があるのかもしれませんね。

奥の船着き場に到着。


12_02


ゲートが2つ。

青:一般 4バーツ
赤:制服着用の学生・公務員 3バーツ


私でも学生服着てれば3バーツになるかな?(笑)


青のゲートで4バーツ支払い、中へ。


12_03


ずいぶん立派な設備を作ったんですね。
長い通路を歩いて…


12_04


渡し船に乗り込みます!
15:07出発!


この辺りのチャオプラヤー川は川幅がかなり広いですよね~。
外航船が何隻も停泊しているのが見えます。

すると渡し船は川の中ほどで停船するじゃないですか。ん?
次の瞬間、目の前に巨大な影が出現。


12_05


うおおお、間近で見るとデカイですね~!
まるでスターウォーズのスター・デストロイヤーのよう(笑)

左右に2隻並列した格好で目の前というより頭上を通過していきます。
この船ってよく見かけますけど、何を積んでいるんでしょう?


通過し終えるのを待って再び進み始めた渡し船は
対岸のパークナムウィブーンシー船着き場に到着。


12_06


市場を抜けて表通りを左へしばらく歩き、バス停へ。
すぐにやって来ました。


12_07


25番バス!

スクンビット通りを走っているので、日本人に馴染みのある路線ではないでしょうか?


乗りこみましょう。
時刻は、15:22。


席についてふと車窓を眺めると、


12_08


前方にかな~りヤバめな雨雲が。

案の定ほどなくして、物凄いスコールに突入。
乗客はみんな慌ててバタバタと窓を閉め出しました。


12_09


スクンビット通りを走った25番バスがBTS高架橋下に入ったところで
ブザーを押します。BTS始発駅ベーリン駅下で下車。

雨に濡れないようダッシュして階段に辿り着きます(笑)


12_10


ホームに立ちBTSの車両を目にすると、さすがにほっとしますね。
時刻は15:48。


これにて、今回の旅は完結です。


海上に取り残されたワット・クンサムトチーンだけでなく
日本軍の銃弾の薬きょうをはじめ、
予想もしなかった物や人々に出会えて面白い旅でした。

なにしろバンコクから程近く気軽に行ける場所に
こんなアドベンチャーを味わえる別世界があることにオドロキです。

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました!


次回の旅は、サーラーヤーからの続きの旅です。
なにせその時もスコールに見舞われ(る直前でしたが)、
旅程を途中で切り上げて帰らざるをえませんでしたので ^_^;)

また日本にゆかりのあるモノと出会った旅でした。
どうぞお楽しみに!





<交通費>
渡し船:4バーツ
25番バス:7バーツ
ここまでの合計:230バーツ

※旅は2012年8月14日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり


12_map



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード