タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

バーンケー市場

パーンボーン行きローカルバス バーンケー再び[最終回]

パーシーチャルーン運河を橋で渡り、
ワット・ニンマーノーラディー側へ戻ります。

こちら側にも少しある木造長屋を見てみましょう。


04_01


閑散としてまーす。

こっちには商店は無さそうな雰囲気。土日ならやってるんですかね?


そんな一角にこんなもの発見。


04_02


木、ですね。
運河を流れてきたのか、はたまたここに長屋を建てる際に倒した木なのか。
神様として祀られているようです。


ここからあちら側のパーシーチャルーン運河水上マーケット
メイン部分を眺めてみます。


04_03


静かですねぇ。


04_04


その先にある小橋でワット・ニンマーノーラディー境内へ戻り、
パーシーチャルーン水上マーケットは終わり。

うーん、平日は見るべきものがちっとも無いぞ。
土日にまた来るとしましょう。ぜひ無料の水上バスで!


11:24、ワット・ニンマーノーラディーを去りバーンケー市場へ。

ますます暑さが増しましたよ。
たまらずに涼を取ろうと市場内のローカルデパートへ。


04_05


2階へ上がってみます。
そこには申し訳程度のフードコートが。

チャーイェン(アイスミルクティー)を飲んで一服し、
トイレに入ってから行動再開!

バーンケー市場
内西端付近にあるバス乗り場へ向かいます。


04_06


ここ発着のローカルバスにはいくつか行き先があるんですが、
今回はこのバス、バーンボーン行きに乗ってみましょう。

乗り込んで間もなく発車。 時刻は11:59。


04_07


バーンケー市場のアーケードを抜けて、
表のペットカセーム通りを左へと走り出します。

ほどなくしてまた左折。パーシーチャルーン運河を渡り、
道なりに南下していきます。

この辺には初めて来たんですが、
沿道には商店が結構建ち並んでいて意外と栄えているんですね。


そして前方にエーカチャイ通りが見えてきました。


04_08


右へ行くとマハーチャイですね。
バスは右へ曲がったかと思うと、歩道橋の下で停車。

ここが終点のバーンボーンってことのようです。


04_09


他のお客さんとともに下車します。
時刻は、12:18。


さーて、このバーンボーンの市場で探したいものがあったんですよ。
それはこの付近の農園で突然変異で生まれた巨大なマンゴー、カーオニヨム

1個が0.6~1.5kgと普通のマンゴーの2~5倍ほどもあるんです。
2000年、正式に国に品種登録されたんですよ。

実はさっきバーンケー市場でも探したんですが見つからず、
このバンボーンの地で再度探してみようと思っていたのですが…

とにかく暑い!!

とてもじゃないけど、歩き回る気にはなれません。
うーむ、ここまで来たのに残念。


04_10


強烈な日差しの照りつける歩道橋上からマハーチャイ方面を眺めます。
お、バスが来た。急いで反対側へ下りバス停へ。


04_11


早々に120番バスで退散でーす ^_^;)
時刻は、12:21。

エーカチャイ通り
を北上。途中右手にはワット・シンが。
バーンケー市場発のローカルバスには、ワット・シン行きもありました。
ここまで来るのか。


BTSの高架橋の下まで来ました。

ウォンウィエンヤイ駅でも良かったのですが、
もう一つ先のクルン・トンブリー駅前で下車。


04_12


時刻は、13:09。

なんだか本当にミニ・トリップになってしまいました(笑)
4月の暑さ真っ盛りに歩き回るのは、やはりシンドイですね。

でも後日、パーシーチャルーン運河の無料水上バスに乗船しがてら、
今回行った地域をまた通る予定ですので、まぁいいことにしましょう ^_^;)


というワケで、今回の旅も終了です。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

次回の旅は、どれを先に書こうか考え中です。
しばしお待ちください!




<旅費交通費>
バーンボーン行きバス:7バーツ
120番バス:8バーツ
ここまでの合計:72.5バーツ

※旅は2014年4月8日(火)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり


バーンボーン


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



     

ワット・ニンマーノーラディー バーンケー再び[2]

カーオパットを食べ終え、再びバーンケー市場内を歩きます。


02_01


トウガラシが山になって売られていますよー。
キロ40バーツ、20バーツ、30バーツ。どっさり買い込みたくなります(笑)


02_02


路地にまで入り込んで、とあるフルーツの一品種を探してみました。
が、要領が悪いのか結局見つからず。また他の市場で探しますか。


バーンケー市場
の西端奥の一角にこんな建物発見。


02_03


バーンケー・ラーマー。映画館のようです。
年季が入ってますね~。営業しているんでしょうか?

横の窓から覗き込んでみます。


02_04


上映中や近日公開の映画ポスターが貼られているので、
営業しているみたいですね。

…ということまではこの日見て感じたこと。

帰国後ネットで調べてみると、このバーンケー・ラーマーは廃れてからは
X指定(成人映画)やR指定の映画を上映するようになったんだとか。

貼られている映画のポスターは、普通の映画に見えたんですけどねぇ。

さらに驚くべきことに、どうもハッテン場のようなのです。
そのケの無い男性の方は身の安全のためにも入らない方が無難かと…。

知らずに入らなくて本当に良かったです -_-;)


そんなバーンケー・ラーマー右横の路地を奥へと抜けると、


02_05


バーンケー市場が終点のローカルバスが帰ってきたところでした。
そうか始発バスは表のペットカセーム通りへ出て、
終点のバスはここから入るんですね。

ちなみに右手角は、ソーセージみたいなのを干してました。
揃いの青いユニフォームを来た男女がせっせと働いています。


私は、ここを左折。バスが来た方向と逆へ向かいます。
ワット・ニンマーノーラディーというお寺へまずは行きたいのです。


02_06


お、白と紫のブーゲンビリアが綺麗ですね。

日差しが強烈で暑い中をとぼとぼ歩いていきます。
突き当たりで右へ曲がり、運河の橋を渡ると、


02_07


ワット・ニンマーノーラディー
      ←

との看板が。そのとおり左折しましょう~。

実は道中に同様の看板がいくつも立っているんですよ。
これなら初めてでも迷わずに辿り着けます ^^


ほどなくしてまた運河に架かる橋が。


02_08


舟がエンジン音を轟かせ通り過ぎていきました。

橋の向こうはもう…


02_09


ワット・ニンマーノーラディーの境内です。
時刻は、10:50。


02_10


この木はプミポン国王が1971年に植樹された、と看板にあります。
ということは、由緒あるお寺なんでしょうね。


02_11


巨大な托鉢僧人形。

警官人形にしてもそうですが、なんでタイの人形って
顔が可愛くないんでしょうか。いつも不思議に思います。

夜見たらきっと怖いでしょうね…。


さらに境内の一角には


02_12


観音亭なる観音様を祀る廟も。

手前左の髭を生やした白い像は、シワカコーマーラパットという名が
台座に書いてあります。タイ伝統医療の神様だそうなのですが、
昔インドのマガダ国で王医を務めた実在した人物なんだとか。

そんな方がなぜタイ伝統医療の神様になったのか、
はたまたなぜ観音様と一緒に祀られているのか興味深いですね。


02_13


その観音亭の左側はこんな感じ。

左手奥にパーシーチャルーン運河に架かる橋が見えます。
渡ってみましょう。





<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:57.5バーツ

※旅は2014年4月8日(火)に行いました。

<参考>
Wikipedia "ชีวกโกมารภัจจ์"

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく


バーンケー


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



     

バーンケー市場 バーンケー再び[1]

サンクラブリーへ行った1週間後に時間ができたので、
バンコクのトンブリー側にあるバーンケー市場へ行ってみることに。

以前スパンブリーからの帰りに夕方立ち寄って興味を持ったので、
今回は日中の活気のある時間帯に覗いてみようというわけです。

2014年4月8日(火)09:07にサイアム駅からBTSシーロム線に乗車。

通勤ラッシュの混雑もサーラーデンチョンノンシーでどっと降り、
スラサックを出た頃には余裕で座れる状態に。

そのまま乗車し続け、終点の


01_01


バーンワー駅に到着。
時刻は09:34。


連絡橋を進み、


01_02


ペットカセーム通り下り側へと下ります。
相変わらず高架鉄道ブルーラインの建設工事が続いていますね。


階段を下りて間もなくのところにあるバス停で、


01_03


最初にやってきた101番赤バスに乗車してみます。
きっと行くでしょう(笑) 時刻は、09:36。


途中一部区間で渋滞につかまるものの、比較的順調に走っていきます。
下り側はまだマシですが、上り側は車が連なっているのが車窓から見えますね。


01_04


ショッピングセンター、シーコン・バーンケーの前を通過。

BTSバーンワー駅
から微妙に遠く、さらにこの付近は渋滞するため、
シーコン・バーンケーバーンワー駅との間に無料シャトルのバンを
運行させているんだとか。集客に苦心している様子が伺えますね。

でもブルーラインが開通すれば目の前に駅ができるので、
きっとお客さんが格段に増えるでしょうね。

私は入ったことがないので、
そのうち無料シャトルを利用して訪れてみますか。

細いラーチャモントリー運河を渡ると、
左側に屋台の傘がビッシリと並び始めました。


01_05


お、到着したようで。

ブザーを押そうとしたら、他の乗客が先に押してくれました。
そっか、大きな市場ですもんね。ここで降りる人は多いんでしょう。


01_06


時刻は、10:01。
バーンケー市場に到着です。

通り沿いではなく、バーンケー市場の中に早速突進!


01_07


うわぁ、夕方よりも営業している店も多いし、ずっと活気がありますね~。


01_08


とにかくバーンケー市場は広い!
普通の市場4,5個分が集まったぐらいじゃないでしょうか?

奥へ、さらに左右へとブロックが続いています。


01_09


パーシーチャルーン運河ラーチャモントリー運河があるため、
昔からある程度の規模の市場がここにあったんだろうと推測されます。

転機は1957年に訪れました。

時のピブーン・ソンクラーム首相が、
バンコクの町にいる天秤棒を担いだ物売りを
数ヶ所の市場に集約して商売をさせることにしたのです。

そのうちの一ヶ所がここ、バーンケー市場でした。


01_10


さらに巨大なもう一つの理由は、利用客の多さ。

バーンケー区
はバンコク都内で人口ナンバー1の座を
10年守り続けてきました。

ただついに今年2014年、北部のサーイマイ区
782人差で追い越され、第2位に転落。

それでも191,936人いるんですから、相当なものですよね。


暑いし朝食がまだなので座って食事をすることに。

西端のほうで簡単な食堂を見つけました。


01_11


にこやかなおばちゃんにカーオパットを注文。


01_12


具はなんだったっけ? ^_^;)

あとオーリエン(タイ式アイスコーヒー)も飲んで元気復活!
さらに歩くぞ~!!





<旅費交通費>
BTSサイアム~バーンワー:51バーツ(rabbit card利用)
101番バス:6.5バーツ
ここまでの合計:57.5バーツ

※旅は2014年4月8日(火)に行いました。

<参考>
Wikipedia "ตลาดบางแค"
Wikipedia "รายชื่อเขตในกรุงเทพมหานครเรียงตามจำนวนประชากร"

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく


バーンケー


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



     

BTSバーンワー駅へ 国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[最終回]

バーンケー市場を後にして、ペットカセーム通りを
BTSバーンワー駅目指して歩きます。



11_01


気付けばもう真っ暗。時刻は、18:56。
予想外に大きな市場に興奮して歩き過ぎました(笑)


10分ほど歩くと、


11_02


建設中のMRT高架線路の様子がここだけ違います。
きっと駅ができるんでしょうね。フアランポーン駅から何駅目になるのかな。

ところで先のほうにクリスマスツリーが見えますよ。
さらに歩いていくと、


11_03


SEACON BANGKAE(シーコン・バーンケー)というショッピングセンターでした。
シーコンと言えばシーナカリン通りの巨大なシーコン・スクエアを
真っ先にイメージしますが、
バーンケーにもあったんですね。


11_04


イルミネーションはThe Mallバーンケーより綺麗かな? ^_^;)


さらに歩きます。BTSバーンワー駅はいったいどこなんだー。
いいかげん疲れましたよ。


11_05


気付いたらバーンケー市場から歩き始めて30分経過してました。
んー、まだまだっぽいぞ。


すると、沿道に市場が。


11_06


生鮮市場ですね。
ちょうど市場の横に歩道橋があったので、反対側に渡りがてら先を眺めてみると、


11_07


バーンワー駅の姿なんてさっぱり見えやしません。
もうダメだ。限界です。

諦めて、やってきたソンテオに乗り込みました ^_^;)


11_08


ふうっ。時刻は、19:39。
渋滞のペットカセーム通りをゆっくり進みます。

信号待ちで止まったところで外を眺めると、頭上に蛍光灯が煌々と灯る歩道橋が。
思わず隣の人にここはバーンワー駅かと尋ねると、コクリと頷くではないですか。

慌ててブザーを押して下車。運転席で運賃7バーツを支払います。


11_09


19:48。ソンテオで9分の距離じゃ、歩いたらさらに数十分かかったでしょうね。
乗って正解だったな。


11_10


歩道橋が交差点の上に入り組んでいる上に鉄道の高架が2段もあるから、
ゴチャゴチャした印象。蛍光灯の眩しさも相まって未知との遭遇的景観です。
…ってこの感覚分かっていただけますでしょうか? ^_^;)


階段を上ってBTSシーロム線の新たな始発駅となったバーンワー駅へと。

下段が建設中のMRTで、上段がBTSバーンワー駅でした。


11_11


真新しいホームに到着。


11_12


既にホームに入線していた列車に乗車します。
19:52発車。

このまままっすぐサイアム駅まで乗って宿へと帰ったのでした。


というワケで、2008年から続いてきたこのシリーズ初の泊まりがけの旅も
これにて完結です。


夜が更けた地方都市の光景が新鮮に目に映り、
また念願の国鉄スパンブリー線に乗車でき、
満足の旅でした。
惜しむらくは体調万全で臨みたかったです ^_^;)


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!






<旅費交通費>
ソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:541バーツ

※旅は2013年12月25日(水)~26日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり


バーンワー

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



バーンケー市場のバス 国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[10]

18時過ぎであらかた店終いしたバーンケー市場を
表のペットカセーム通り目がけて戻ります。


10_01


ここもも抜けの殻で淋しい限り。
でも、


10_02


通りに近いところは明るくて、ようやくほっとできましたよ(笑)
ちなみに右手にはスーパーまであります。

で、表に戻ってきました。


10_03


おぉ、市場はこんなふうに活気が無くちゃね~ ^^


10_04


バーンケー市場ペットカセーム通り沿い露店街は、全長450メートル!
長さに加えて人混みで歩くのが大変です。


10_05


みかんを売る店がここでも多く目につきますね。
気候は違えど旬の時期は日本と同じなのが興味深いです。


ん?


10_06


またしても奥へと通じる路地発見。
ここにはアーケードまでありますね。ちょっと入って行ってみますか。

あれ? 奥から強烈な光が近付いてきますよ。あっ!


10_07


なんと、市場の奥からバスが出てきたではありませんか!

アーケードを抜けるとそこには、


10_08


バスが数台停車中。
ここバーンケー市場が始発ターミナルになってるのか。

หนองใหญ่(ノーンヤイ)、บางบอน(バーンボーン)、วัดสิงห์(ワット・シン)。
確認できたのはこの3路線。


10_09


時間帯のせいか、結構短い間隔でどんどん出発して行きます。

こんな路線があったんだー。よし、今度乗ってみよっと(笑)
でも今日のところはもう帰るとしますか。


10_10


露店で見かけたカノム・ブアンを買って帰りましょう。
一日中バスに揺られて、終盤はひたすら歩いたので疲れました。
甘いものを体が欲しています(笑)


さて、帰るとは言ってもどうやって帰ろうかな。

せっかくだから、延伸したばかりのBTSバーンワー駅まで歩いてみるか。
場所を下調べしてないんですが、歩いて行けばそのうち着きますよね?





<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:534バーツ

※旅は2013年12月25日(水)~26日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンケー市場

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード