タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

ナイトバザール

Talad Neon Downtown Night Market タラート・ネオン

03_01

ネオンが眩しい移動式の観覧車にメリーゴーランドといったら
タイの寺祭りの縁日で見かける光景ですよね。

でもここ、お寺じゃないんです。
しかもバンコク中心部。


タラート・ネオン・ダウンタウン・ナイトマーケット
Talad Neon Downtown Night Market, ตลาดนีออน)
という2016年12月1日に正式オープンしたナイトマーケットなのです。

場所はセントラルワールドプラザ近くのプラトゥーナム交差点から
東へ3,4分歩いた左手。ペッブリー通り沿いだからすぐに分かりますよ。

03_02

こんな感じで「TALAD NEON」という文字どおりのネオンが
入口で輝いてますので(笑)

03_03

ナイトマーケットの敷地はかなり広いです!

でもちょっと残念なのは、冒頭の観覧車とメリーゴーランドは
2017年3月15~31日限定で設置されていただけらしいこと。
いつもあったほうが楽しいのに~。

でも「TALAD NEON」のネオンはいつもあるので迷うことはないと思います。

肝心のお店のブースはというと、

03_04

飲食系が結構豊富に揃っています。

売っているだけの店舗もあれば、

03_05

座席も広く確保している店舗まで色々。


一方の物販はというと、

03_06

ざっと見でローカルのタイ人向けが6割で
外国人観光客向けが4割といったところですかね。

03_07

このあたりは主にタイ人向けかな?

03_08

で、外国人向けの店の例としてはこんな感じ。

様々な店があって、

03_09

床屋まで店を構えています(笑)

03_10

おっ、これは日本の縁日と同じ光景じゃないか!

03_11

射的ですよー!
あと風船割りとか日本と共通の縁日の出店が並んでいます。

射的などの縁日ゾーンはいつもあるのか観覧車と一緒で期間限定だったのか
不明ですが、いつもあるんだったらいいなー。

03_12


マーケットの敷地の奥にはお酒を飲むこんなゾーンもありました。

03_13

自撮りしてSNSに写真をUPするのが大好きなタイ人向けに
もちろんオブジェも用意されています。サイでしょうかね? ^^


せっかく来たのだから何か食べたいなともう一周してみたところ、

03_14

ケーキ屋さんが鯛焼きを焼いてました(笑)

具のクリームが何種類かあるんですが、
「CLASSIC THAI TEA」に目が釘付けになり思わず注文。

03_15

30バーツ也。

食べてみると、うーん・・・
カスタードにかすかにチャーイェン(タイミルクティー)の味がするかな。
色はチャーイェンっぽいんですけど ^_^;)


そんな感じで、縁日ゾーンが常設か不明ですが、
もしなくても他の店で十二分に楽しめますよ。

なにしろこんなバンコク中心部という便利な場所にあって
気軽に行けるので、オススメです。

どうやらプラチナム・ファッションモール前からトゥクトゥクの
無料シャトル
が出ているようです。
でも運行時間があてにならなそうですし、全然近いので
歩いていったほうがいいと思います。

セントラルワールド・プラザの伊勢丹前の歩道橋(スカイウォーク)で
大通りの反対のBIG C側に渡ってからプラトゥーナム交差点へと歩き、
交差点を右折。ペッブリー通り沿いに歩道を進んで、最初の歩道橋で
反対側に渡った目の前がタラート・ネオンです。

03_16

歩道橋から見たタラート・ネオンはこんな感じ。

ちなみに「タラート」とは「市場」の意味。
「NEON」はタイ人発音では「ニーオーン」になります。

それとプラチナム・ファッションモールからトゥクトゥクが
出ている理由ですが、
タラート・ネオンを運営しているのは、
プラチナム・ファッションモールと同じザ・プラチナム社だから
のようですよ。



<情報>
Talad Neon Downtown Night Market (ตลาดนีออน)
タラート・ネオン・ダウンタウン・ナイトマーケット
場所:プラトゥーナム交差点からペッブリー通りを東へ350m歩いた左側
   ペッブリー通りソイ23とソイ29の間
地図:グーグルマップ
営業日時:水~日曜16:00~24:00
ウェブサイト:TALAD Neon facebook

※旅は2017年3月25日(土)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 入門 ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

ARTBOX at チャトゥチャク ナイトマーケット

バンコクの週末ナイトマーケット「ARTBOX」は、
空地を借りて移転しながら開催される面白いマーケットです。

このブログでもこれまで
MRTシリキット会議場駅近くでの開催
BTSプロームポン駅近くでの開催
の際に覗きに行ってみました。

で、今はチャトゥチャクウィークエンドマーケット南西側、
MRTカンペーンペット駅近くで開催しています。

そこで先週バンコクに行っていた機会を利用して
11月26日(土)の夜に様子を見に行ってきたので、
行き方と様子をお知らせします!


まずは地下鉄MRTカンペーンペット駅で下車。
駅員に聞くと1番出口だというので、


a01

1番出口から地上へ。
右へUターンした景色はこんな感じです。

お、正面奥に青い三角のイルミネーションがもう見えてますよ。
きっとあそこに違いありません!


a02


歩いて行くと電球がぶら下がったこんなスペースが。
この右側には、


a03


ARTBOX BANGKOK と書かれた塀があって
格好の撮影ポイントとなっています。


a04


その先からはもう店が並び始めていますが、
右に折れたところがARTBOXのメイン会場の入口。


a05


入口もまたSNS投稿を意識した造りになっていますね ^^
左にはロボコップまでいて気軽に写真撮影に応じていたし(笑)


a06


その先には店が多く並んでいます。
入口付近は服やアクセサリーの店、奥は飲食店って感じです。


a07


結構広いんですよ。

でもプミポン国王崩御を受けての自粛ムードのせいか、
意外とお客さんが少なかったですね。

売っているものはタイ人向けがメインで、観光土産になりそうなものは
ほとんどないんですが、欧米人や中国人の観光客をよく見かけました。


a08


着物を着たかわいいタイ人女性がポーズをとってくれたので
UPしておきます(笑)


a10


飲食物もアクセサリー類も、ちょっと変わったものが多くて
見ているだけでも楽しめました。

左端に掛かっているTシャツには
「ザ・ストローワス」と謎の白字プリントが。


a09


奥では無料ライブもやってました。
そこそこ観客がいて良かったですね~ ^_^;)


小腹が空いたので何か食べようと探していたところ、


a11


2階席のある食堂を発見!
店名は ตำกะเตี๋ยว (タムガティアオ)

あれ? ここってBTSトンロー駅前のナイトマーケット「TGIF Market」で
汁無しトムヤムの極細ビーフン&春雨を食べた店と同じだ!

美味しかったのでまた食べてみますか。
1階で注文して2階席で待っていると持ってきてくれました。


a12


マーマー・トムヤムプー
(มาม่าต้มยำปู)
訳すと、蟹トムヤムのママー即席麺

189バーツ也。
なかなかいいお値段します ^_^;)

でもやっぱり酸味が良い加減で美味しかったですよ!


…とそんな感じでした。
駅からすぐで便利なのでオススメです!


<詳細>
名称:ARTBOX at Chatuchak(アートボックス)
場所:MRTカンペーンペット駅1番出口を出てUターンするかたちで
   歩いてすぐ目の前。
地図:グーグルマップ
日程:次回開催は2016年12月2日(金)~4日(日)15~23時。
  (日程等の詳細はARTBOXのfacebookまたはInstagramで)。


※「ラーチャブリーと水瓶の旅」はいったん中断します。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)



よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めの旅行用タイ語入門書★★★

  
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

ARTBOX at the EM District

BTSプロームポン駅近くに移って再び開催している
ナイトマーケット、ARTBOXへ5月22日(日)に行ってきました。

プロームポン駅からエンポリアムの西隣にある
ベンジャシリ公園のほうへと下ります。

そのままベンジャシリ公園前を通り過ぎて
スクンビット通り沿いを歩いて行くと、


03_01


お、これは迷いようがないですね(笑)

しかし意外と狭い入口だなあと思って覗くと、


03_02


電飾が飾られた長~い通路になっているじゃないですか。

土地の形状のせいかもしれませんが、それを逆手にとって
なかなかやりますなあ。

案の定記念撮影スポットと化していて、ただでさえ狭く、
さらにあいにくの雨模様で水溜りのできた通路は、
少々歩きにくかったです ^_^;)


そんな通路を抜けた先には!


03_03


あれ…?

きらびやかな電飾に飾られた露店の列が広がっている光景を
想像していたのでいきなり拍子抜けを食らいましたよ。

せめてもの救いはスーパーマンに出迎えてもらえたことぐらい(笑)

でも左手に顔を向けてみると、


03_04


おお、やっとARTBOXらしい光景が!


03_05


シリキット会議場駅近くにあった時と比べると、
飲食物ブースが増えた気がしますね。

そうそう、ARTBOXが最初、エアポートリンクのマッカサン駅近くで
始まったのが2015年6月12日ですから、今ちょうど誕生1周年。

マッカサン駅近く→シリキット会議場駅近く→プロームポン駅近く
と移転してようやくここでしばらく営業を続けるのかと思いきや、
ARTBOXのfacebookを見たら、

PLEASE COME TO JOIN OUR 3-LAST
AT THE EM DISTRICT
10-12 JUNE
17-19 JUNE
24-26 JUNE

と書いてあるじゃないですか。

これって6月24-26日の回で最後って意味ですよね?
また移転しちゃうのかな?


歩いていて興味を持ったのはこの店。


03_06


上からぶら下がっているものをよくご覧ください。
何かというと、輸血に使う血液バッグなのです。
その名も…

血液バッグジュース!

青いジュースと赤いジュースがあって各79バーツ、
リフィルは29バーツだそうです。

私には飲む勇気がありませんでしたが(笑)、
アイデア賞モノですよね。
どうやら第1回のマッカサン駅近くでの開催当時から
出店しているようですよ。


03_07


シリキット会議場近くで開催していた時と同様に
ここでもバンドが演奏しているのですが、
小雨模様のため観客が一人だけという可哀想な状況に…。


03_08


こんなシートも雨さえ降っていなければ
腰かけてマッタリしたいですよね~。


03_09


カマボコ屋根の大テントがいくつか建っているのが
今までのARTBOXと違うポイント。雨季に備えてってことなんでしょうね。

なんだかこんな天気のせいかシリキット会議場近くでの開催時ほど
ワクワクできませんでした。お客さんが少なかったこともあるのかも。

でも、


03_10


この出入口通路は気に入りました。
ここだけのためにでも行く価値はあると思います。

ちなみに実はこの後、前々回書いたトンロー駅前のTGIF Market
ハシゴしたのでした。

私はTGIF Marketのほうが気に入りましたが、
みなさんはいかがでしょうか?
もし両方に行かれましたら感想をお聞かせください ^^


<詳細>
名称:ARTBOX at the EM District(アートボックス)
場所:BTSプロームポン駅6番出口を下りてエンポリアム側を
   アソーク駅方面に少し歩いたところ。Dinosaur Planet手前。
地図:グーグルマップ
日程:2016年6月26日まで(?)の金土日曜16時~夜中。
  (詳細はARTBOXのfacebookまたはInstagramで)。


※旅は2016年5月22日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)



よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

アヌサーン市場 チェンマイ日帰り旅[14]

チェンマイ・ナイドバザールが17時頃から始まるという
チャーンクラーン通りを南へと歩いていきます。

既に両側の歩道に店が開き始めてはいるものの、
まだ活気はイマイチ。どこかで時間を潰してまた歩くかぁ。

と考えつつ車道に目をやります。


14_01


この通りって渋滞するんですね。
ところで目の前の赤いソンテオ(ロッ・デーン)ですが、横っ腹に


14_02


2番路線 フアイケーオ アーケード・バスターミナル

と。

2015年2月15日から試験運行を開始した路線ソンテオじゃないですか!
本当に走っているんですね。しかもお客さんが結構乗っています。

どうか路線運行が定着しますように。

でも正面に何の表示も無いんじゃ普通のロッ・デーンと区別がつきませんよー。


途中のベンチで休憩しつつ、ずんずん南へ歩いていくと、
左手にゲートがありました。


14_03


アヌサーン市場(ตลาดอนุสาร)とあります。

何だろ? 入ってみますか。
時刻は、17:22。


14_04


ASEAN共同体を記念した飾り付けに出迎えられつつ散策してみると、
ここも観光客向けのマーケットでした。

しかしナイトバザール同様、まだ開いてない店が多い状態。

奥へと進んでみると、


14_05


お、ドイチャーン・コーヒーじゃないですか。
北タイで採れたコーヒー豆を使用したカフェ・チェーンですよね。

ここでまた時間を潰そうと入店し、小さなテーブル席に着席。
せっかくカフェに入ったのに、コーヒーは飲みたい気分じゃなかったので、
ナム・マナオ(ライム・ジュース)を注文しました。

狭いながらもウッディな内装で雰囲気の良い店内は、
テーブル席の部分と、スタッフがいる部分を囲むように設けられた
カウンター席の部分とからなっています。

そのカウンター席では欧米人中年男性数人が
アルコール片手にスタッフの若い女性とずっとご歓談中。

ここはそういう店なのか? -_-;)

まあいいや。私は気にせずボーっとしたり
iPhoneでネットをしたりして過ごすことに。


40分ほど時間を潰して店を出ると(くだんの欧米人達はまだ入り浸ってます 笑)


14_06


ようやく賑わってきたかな。

通り沿いのチェンマイ・ナイトバザールより広々としているから
こっちのほうが歩き易くていいですね。

土産物からレストラン、マッサージまでひととおり揃っているようですし。

タイ語でググってみたんですが、アヌサーン市場の歴史に触れた
情報はまったく見つけられませんでした。
一つだけ、去年でオープンして7年との記述を見かけましたが、
正しいのかは不明…。ここって元は何があった場所なんでしょう?


14_07


4日前だったバレンタイン・デーの飾り付けがまだ残っているところが
いかにもタイらしいですね。しかもその前で記念撮影をしているところも ^^

まぁ、明日のトルッチーン(中国正月)に合わせた赤いシャツが
ちょうど映えるからかな。


14_08


山岳民族の銀製の首飾りも売ってます。
こんなところにはチェンマイらしさを感じますね。


14_09


さっきよりはだいぶ店が開きましたが、でもまだまだだなー。
19~21時ぐらいが店が多く開きもっとも活気があるみたいですよ。


14_10


アヌサーン市場の出口へ向かいます。

表のチャーンクラーン通りに出ました。
時刻は、18:16。


14_11


イルミネーションが灯り、ようやくナイトバザールらしくなりましたね。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:2,288バーツ

※旅は2015年2月18日(水)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

チェンマイナイトバザール

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード