タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

スパンブリー県

オドロオドロしい古仏堂 スパンブリー新・古モニュメント探訪[最終回]

ワット・プラシーラッタナマハータートに建つアユタヤ期の仏塔を見た流れで
裏手をぐるっと歩いていくと、こんなところに出くわしました。


09_01


まるで打ち捨てられた廃寺のような仏堂。

火事に遭ったわけではなさそうですけど、壁が全く無いんですよ。

中に足を踏み入れてみると、


09_02


う、うわあ。

屋根瓦もボロボロに落ちていて物凄い退廃感…。


09_03


雨ざらしの仏像の目つきもちょっと怖いぞ。
なんだか妖気が満ち満ちているような。

ここってヤバイんじゃないのか!?

ビビリな私は怖くなり、すぐさま外へ出たのでした。


09_04


朽ちた仏堂と比べて立派なこの結界石(ใบสีมา)が
これまたえも言われぬホラー感を醸し出しているじゃないですか -_-;)

ちなみに結界石って、仏堂の周囲8つの方角に建てるものなんです。
各結界石の下にはルーク・ニミット(ลูกนิมิต)というボウリングの球のような
石球が埋めれているんですよ。その8つに加えて、もっとも大事な球が
仏堂内にも埋めれているので、石球は合計9個必ずあるんです。

という豆知識を披露して怖さを紛らわせたつもり…。


足早にそこを離れると、前方に見えたものは、


09_05


にょわっ! あんた、そんなところにいたのかい。

バンハーン・ジェムサイ・タワー
から見えた「竜の末裔ミュージアム」の
巨大なドラゴンを模した建物です。

あの内部で順路がどうなっているのか興味がありますが、
やっぱり499バーツも払いたくないのでパス~。


そうそう、このワット・プラシーラッタナマハータートには、
さっきの妖気漂う朽ちた仏堂以外に、ちゃんとした本堂もあるんですよ。


09_06


歴史ある寺のわりにこじんまりとしていますね。
結界石が1枚なので民間の寺だからでしょう。

王立寺院だと結界石が1か所に2枚並んでいるのですぐに分かるのです。
なんだか長居したくない気分なので、スパンブリー市街地に戻りますね。


09_07


寺の正面に伸びる路地を進んでみますか。
国道321号線に出るはず。時刻は15:42。

ほどなくして目の前に


09_08


ドーン・チェーディーへ向かうソンテオから見えた仏塔だ。
さっきのワット・プラシーラッタナマハータートのものだったんでしょうかね。

国道321号線
に出たところで左へ歩き、


09_12


ターチーン川(スパンブリー川)を渡ります。

先には小学校が。


09_09


校門前に屋台が並んでいます。
稼ぎになるだけ売れるのかなー。

ここで待っていると黄色いソンテオがやって来ました。
下校する学生さんたちとともに揺られて、
時計台からスパンブリー・バスターミナル前を経由後、市街地到着。


09_10


バンコク行きロッ・トゥー乗り場のある
ワット・プラサートトーン近くで下車しました。

時刻は、16:01。

一旦ロッ・トゥー乗り場へ行って何時まで便があるのかを確認。

なんと20:00まであるんだそうでそれなら安心です。
ちょっくら食事しておきますか ^_^;)

近くのクイッティアオ屋に飛び込みました。


09_11


店のご主人がクイッティアオを運んで来つつ、

「日本人? 中国人かと思ったよ。
 タイ語上手だね。旅行なの? バンコクで宿泊?」

とニコニコしながら質問攻めに(笑)

オリアン(タイ式アイスコーヒー)も頼んで40バーツ也。


食事後、ワット・プラサートトーン入口にある
スパンブリー名物スポンジケーキで有名な「エーカチャイ」という店へ。

そこで緊急事態発生。土産物を物色しようとカメラをバッグにしまった際、
バッグのファスナーが壊れてしまい、カメラもiPhoneも取り出せない羽目に!

さっきの朽ちた仏堂の祟りじゃないだろうなとビビリつつ、
ロッ・トゥーに乗車。16:52発。

道中は幸いにも何も起こらず、戦勝記念塔先のスズキ前に
19:00ちょうどに到着したのでした。


これにて今回の旅も完結です。

バンハーン・ジェムサイ・タワー
のミニチュア購入という使命を伴った
今までにない旅となりましたが、無事に果たせて喜んでいただけたので
私も心地良い達成感を得ることができました。


さて次回は…。
久し振りにバンコクのクロントイの旅でもお届けしようかと思います。
お楽しみに~。





<旅費交通費>
ソンテオ:8バーツ
ロッ・トゥー:120バーツ
ここまでの合計:353バーツ
※旅は2014年9月18日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり

ワットプラシーラッタナマハータート

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ワット・プラシーラッタナマハータート スパンブリー新・古モニュメント探訪[8]

今回の最大の任務を果たすべく、
バンハーン・ジェムサイ・タワーの1階へ下りてきました。

円を描いて並ぶ土産物店をぐるっと歩いて探します。


08_01


タワーや地元サッカーチーム「スパンブリーFC」のグッズのコーナーで発見。
左下にありました。


08_02


バンハーン・ジェムサイ・タワーのミニチュアです。

タワー収集機構」管理人さんから依頼された買い物なのです。
でも前回来た時には大小2つのサイズのがあったはずなんだけど…。

スタッフの女性に尋ねてみると、

「小さい200バーツのものは生産中止になったんです」

ありゃー残念!
ではこの大きいサイズの500バーツのものだけなんですね。
高さが30cmほどあります。

2,3個出していただけますか?

てっぺんが曲がっていないものをとのリクエストなので、
見比べて曲がりが少ないものをチョイス。
レジン製なんだそうです。

「なんでタイ語が話せるんですか?」

バンコクで学んだことがありまして、
とまたまたいつもの会話が始まりました ^_^;

にこやかで穏やかな口調のとても感じの良い女性でした。
また来よっかな(笑)

丁寧に新聞紙に包んでいただいたミニチュアをバッグにしまい、
お礼を言ってタワーを出ます。

よっしゃ、任務完了!
帰国後発送してタワー収集機構管理人さんのお手元に無事に届き、
早速ウェブサイトに掲載していただきました。


あ、そうだ。もう一度タワー全景の写真を撮っておこっかな。


08_03


青空が広がって来たので、さっきよりもいい写真になりました。


時間がまだあるので、今度こそワット・プラシーラッタナマハータート
向かってみますか。

バンハーン・ジェムサイ・タワー
を後にします。
時刻は、15:11。


08_04


目抜き通りのプラパンワサー通りに出ました。

この辺りでもまだ巻きスカート姿の女性っているんですね。
左はソムオー(ざぼん)の行商。

この先に、


08_05


ワット・パー行きソンテオが停車中でした。

念のため運転手に尋ねておきましょう。
ワット・プラシーラッタナマハータートへは行きますか?

「行きますよ」

また乗り間違えたらシャレになりませんからね ^_^;)

乗り込むと、先ほどの巻きスカートのおばあさんが
続けて乗ってきました。で、なんと私に話しかけるではないですか。

でもお年寄りな上に方言がキツくて何を言っているのか
さっぱりわかりません。
どうやらどこそこへは行くのかと尋ねているようではあるんですが…。

すみません、わかりません。

と答え終えるかいなかのところで、
そんなおばあさんを乗せたままソンテオは発車。

時刻は、15:16。

しきりに車窓を気にした素振りをしています。
うむむ、心配だな。


国道321号線を進みターチーン川を渡ってほどなくソンテオは停車。
運転手さんが運転席後ろの窓をコンコンと。

え、私?

ここだよ、と合図してくれています。
あ、そうなんだ。慌てて下車して運賃10バーツを支払い。

「向かいの道にありますよ」

ありがとうございます!


08_06


ソンテオを見送ります。

あっそうだ、おばあさん! 慌てててすっかり忘れてた!!
運転手さんに言えば良かったのに。なんて私は気が利かないんだろう。

物凄い自己嫌悪です。
さっきの私みたいに終点まで行っちゃうのかな、おばあさん。
ごめんなさい…。

時刻は、15:22。


08_07


向かいの道って、並木の間に続いているあれだな。

のどかな2車線の道を歩いていくと、
ものの2分で山門に到着。


08_08


ワット・プラシーラッタナマハータートと書いてあるので間違いないですね。

境内を右手へと進むと、


08_09


新しめの寝釈迦像がありました。

ふと見上げると、「バンハーン・ジェムサイ寝釈迦堂」との看板が。
どんだけなんですか、バンハーン元首相 -_-;)


そんなお堂の裏手へと進むと、ありましたよ。


08_10


古い仏塔が。

1767年のビルマ軍のアユタヤ侵攻でスパンブリーも破壊されたのですが、
この仏塔はそれ以来廃墟と化していたのだとか。

それが1913年、この地に移住し畑仕事を生業としていた華僑が
この仏塔へ登り内部に入ってみたところ、数々の当時の品を発見。

そのうちクメール文字で記された古文書には、この寺はアユタヤ王朝創始の
26年前に創建されたとあったのです。

ということは、1325年かな?

古文書の他に、当時のプラクルアン(お守り)も多数見つかりました。
プラポンスパン(พระผงสุพรรณ)と呼ばれ、五大プラクルアン(พระเบญจภาคี)の
一つに数えられるようになり、数百万バーツの高値で取引されているんですよ。

近年、近くの道路拡張工事中にさらに出土したようです。

どこかにまだ転がってないかな(笑)


探し歩くワケではないけど、裏へまわってみます。


08_11


仏塔自体や発見された遺物は、アユタヤ期のものなんでしょうね。


08_12


こんなところにも仏像が。

周りを見渡すと、どうやらお墓が並ぶゾーンに足を踏み入れてしまったようで。
この後、ちょっぴりぞっとする光景を目にすることになるとはつゆ知らず…。




<旅費交通費>
ソンテオ:10バーツ
ここまでの合計:225バーツ

※旅は2014年9月18日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ワットプラシーラッタナマハータート

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

バンハーン・ジェムサイ・タワーの眺望 スパンブリー新・古モニュメント探訪[7]

バンハーン・ジェムサイ・タワーに上りますか。

入口を入って、


07_01


受付の女性にチケットを出すと、角をハサミで切って返してくれました。
右手のエレベーターに乗ってくださいと。はーい。

来るのは二度目ですが、高いところへ上るのって
何度でもワクワクしますね(笑)

エレベーターに乗ると、


07_02


今回はおじさんが操作してました。しかも説明一切無し。
ただ「4階を見終えたら階段で3階へ。3階から2階、2階から1階は
エレベーターで下りてください」と言われたのみ。

前回はタワーの高さとか説明してくれたんですけどね~。


07_03


地上78.75mの4階展望台に到着。
ガラーン。

お客さんの姿が無く、係員の女性が手持ち無沙汰に座っています。

タワー収集機構」管理人さんから、各階の様子と
展望台から各方角の風景の写真撮影を依頼されているので、
iPhoneのコンパスで方角を確認しながら撮影していきます。


07_04


こっちは真西。
ターチーン川を境に町並みの賑やかさがガラっと違うのが
面白いもんです。


遠くを見やると、


07_05


カンチャナブリーの山並みが霞んで見えるではないですか。

そういえばスパンブリー・バスターミナルから
カンチャナブリー行きのバスがあったな。いつか乗ってみるぞ。


ここからの眺望で何と言っても目を引くのは、


07_06


巨大な竜。

ルークラーン・パンマンゴーン・ミュージアム
(พิพิธภัณฑ์ลูกหลานพันธุ์มังกร)、
訳すと「竜の末裔ミュージアム」の建物で、あの竜の内部には
中国古代~近代史が模型や人形を使って展示されているんです。

マンゴーン・サワン公園
(อุทยานมังกรสวรรค์ 天龍鎮、訳すと天竜公園
という中国村的なテーマパーク内にあるんですが、
外国人入場料が499バーツとバカ高いので行きません(笑)

…って、前回2013年10月30日にここに上った時にも書きましたね。


景色を眺めていて、ふと思いつきました。
係員の女性のところへ戻って尋ねてみることに。

すみません、ここからドーン・チェーディーは見えますか?

女性はニコリとして、私を北西の向きに設置された
コイン式双眼鏡まで案内。
「10バーツを投入して、この目盛に合わせれば見えます」と。

なんと、見えるのか!

言われるがままに10バーツを入れ、双眼鏡を覗き込むと、
本当だ、見える!! ありがとうございます!!

双眼鏡の向きを確認して、デジカメでも狙ってみましょう。


07_07


真北の眺望です。
黄色い丸の中にさっきの「竜の末裔ミュージアム」が見えています。
その右の黄色い四角の範囲をズームすると、


07_08


こんな景色に。見えますか?

さらに黄色い四角の部分を拡大してみましょう。


07_09


中央に立つ鉄塔のすぐ右にドーン・チェーディーの白い仏塔が
ぼんやりと見えているのがわかりますか?

ここから30kmほどもあるのに、感激です。

スパンブリーの現代のモニュメントたるバンハーン・ジェムサイ・タワーから、
古代のモニュメントたるドーン・チェーディーを見ることができて満足です。
ダメモトで尋ねてみて良かった!

双眼鏡は3分で時間切れ。


らせん階段で3階へ下ります。


07_10


この階はおもちゃや服飾小物なんかの売店があるだけで
とくに見るべきもの無し。早々にエレベーターで2階へ。


07_11


この階はテーブルがぐるっと一周並んでいます。

前回と同じく売店でホットコーヒーを注文。25バーツ也。


07_12


あれ、この前はクッキーが付いてたのになぁ。
まあいっか。市場方面の景色をぼーっと眺めながら一服したのでした。

時刻は、14:49。

さて、次は1階でバンハーン・ジェムサイ・タワー
ミニチュアを買いますよ~。





<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:215バーツ

※旅は2014年9月18日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

スパンブリー市街地

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ソンテオ乗り間違えるの巻 スパンブリー新・古モニュメント探訪[6]

次に行こうと思っているのは、ワット・プラシーラッタナマハータートという
古い仏塔のあるお寺です。

タイ語のスパンブリー・ガイドブックによると、
ポープラヤー行きソンテオで行けるとのこと。

で、そのソンテオを発見。


06_01


場所は、下部のスパンブリー市内地図上で「市場」の「市」の字の
右あたりです。

乗り込んで、12:29に発車。

ポープラヤー
行きソンテオってなんか記憶にあるなぁと思っていたんですが、
じきに判明しました。

以前訪れたドラえもん寺こと、ワット・サンパスィウの前を通ったんです。
なんだ。このソンテオに乗るのは2度目だったのか!(笑)

あれ、でも変だぞ。こっちに来たということは、
目的地とは違う方向のような気がするんだけど…。

そんな私の不安などお構いなしに、
ソンテオはどんどん北の方角へと突っ走っていきます。


06_02


とうとうこんな辺鄙な風景に…。

乗り間違えたこと、確定です -_-;)

でももういいや。
せっかくだから終点までとことん乗っていってやる(笑)


淋しい一本道をかなり奥まで進んでようやく停車。
時刻は、12:54。

下車して運転席へ。

乗り間違えちゃいました。
運転手さんに笑われつつ、運賃20バーツを支払います。

スパンブリー
に戻りたいんですけど、どこから乗ればいいですか?

「向かいのアレだよ」

本当だ。道の反対側に折り返しのソンテオが停まってました。
乗り込んで待つことにしますか。


06_03


終点は、右に見えるあずま屋の前です。
一応、グーグルマップのストリートビューでも場所を貼っておきますね。
利用する方はいないと思いますが(笑)


12:59発車。
元の道を戻ります。


するとターチーン川を渡ったところで停車。


06_04


市場があるし、どうやらここがポープラヤーの町のようです。

かなり長く停車してようやく再出発。
右折したところで右手に


06_05


こんな白い仏塔が見えました。
あ、ガイドブックに写真が載ってたぞ。

あそこは、ワット・ウォーラジャン。で、あの仏塔は
天国にあるという仏塔を模して1925年に建てられたものだそうで。

というワケで、ちょっぴり観光もできたから、まあいっか。
…と負け惜しみを言っておきます。


そしてようやく元のスパンブリー中心部に帰還。


06_06


時刻は、13:52。
1時間半も無駄にしてしまった -_-;)

運転手さんに尋ねたところ、ワット・プラシーラッタナマハータートには
ワット・パー行きのソンテオが行くとのこと。

ガイドブック間違ってるじゃん!!


近くに停まってましたよ。


06_07


ワット・パー行きソンテオが。

でも時間が心配になってきたので、
ワット・プラシーラッタナマハータートは後回しにして、
先に任務遂行といきましょう。

タワー収集機構」の管理人さんからバンハーン・ジェムサイ・タワー
ついて依頼を受けた内容は、
1.タワーの外観写真を撮る。
2.タワー内部の写真を撮る。
3.タワーのミニチュアを買う。

なので、まずは外観の写真に再チャレンジ。

ターチーン
川に架かる橋から狙ってみます。


06_08


うーん、電線が邪魔だけど、仕方ないかな。


タワーに向かい、門の前から見上げます。


06_09


ここからじゃ、さすがにパースがかかっちゃいますね。


06_10


右手のブースでチケット購入。
公園+タワーは、大人40バーツ也。

中に入って、タワー全体が写真に収まる撮影ポイントを探します。

やっぱり北端のフェンスに貼りついて撮るしかないかなー。


06_11


ここでもパースが多少かかっちゃいますが、
ベストなポイントでしょう。

さて、タワーに入りますか。




<旅費交通費>
ポープラヤー方面行きソンテオ:20バーツ
スパンブリー行きソンテオ:20バーツ
ここまでの合計:215バーツ

※旅は2014年9月18日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

スパンブリー市街地

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

食堂「カンチャナー」 スパンブリー新・古モニュメント探訪[5]

ドーン・チェーディーのナレースワン大王騎象像と
仏塔跡のある公園(?)を出て、正面に真っ直ぐ続く
チャイヤーヌパープ通り(ถ.ไชยยานุภาพ)を 歩いていきます。


05_01


すると停車中のソンテオに出くわしました。

私がスパンブリーから乗って来た路線ですが、
これはトラック・ソンテオですね。

この路線、ドーン・チェーディー止まりではなくて、
さらに西のカンチャナブリー県境にある
サ・クラジョーム郡まで行くようです。

地図で確認してみましたが、何も無さそうなところでした ^_^;)


歩き続けると右手に市場があったので覗いてみると…


05_02


見事に営業が終わってるし(笑)
まだ10:57ですよ。10時までだったのかな?
朝市にしても早過ぎますねぇ。


その先の左手に、目当ての店がありました!


05_03


このコカコーラのロゴが看板にある店で、
カンチャナー」(กาญจนา)と言います。

バンコクの書店で買ったスパンブリーのガイドブックで
紹介されていたもので来てみたんです。


05_04


着席すると、女性がメニューを持ってきてくれました。

壁を見渡すと、


05_05


魚料理がびっしりと名を連ねているではないですか。
ということは魚料理が売りなんだと理解して、これを注文しました。


05_06


プラー・ヌアオーン・ラート・プリック(ปลาเนื้ออ่อนราดพริก)。

プラー・ヌアオーン
は細長いナマズの仲間のようで。
それとライスとコーラもお願いして、さあ食べてみましょう!

うん、甘辛い味付けにハーブが効いててこりゃイケる!

こんな辺鄙な町(失礼)なので期待していなかったんですが、
いい意味で裏切られましたよ、本当に。

女性店員さんたちもみなさんニコニコ顔で気持ちいい店でした。


カンチャナー
を出て店の前で枝分かれした路地に入ってみます。


05_07


ほぉ、こんな路地にも小さな商店がびっしりとは、
意外とこの町って栄えているんですかね。

しかも前方にロッ・トゥーが見えます。

どうもさらに西北の町ダーン・チャーン(ด่านช้าง)と
バンコクを結ぶロッ・トゥーのようで。
ここドーン・チェーディーも経由していると。

私が追いつく前に発車してしまいましたが、
左手にチケット売り場がありました。

いつかダーン・チャーンクラシアオ貯水池への旅でもしたら、
またここを通ることもあるってことですね。


05_08


チャイヤーヌパープ通りに戻ると、
ちょうどスパンブリー行きソンテオが待っていました。
ラッキー。

乗車してすぐに発車。
時刻は、11:36。


05_09


後ろを振り返り、小さくなっていく白い仏塔を見送ります。

ソンテオは途中で停車して運賃集金。
25バーツ也。あれ、往路より5バーツ安いのは何故? ^_^;)


出発してから35分ほどで、


05_10


ターチーン川スパンブリー川)を渡り、
スパンブリー中心部へと。

そして


05_11


終点のナーンピム交差点ソンテオ乗り場に到着。
時刻は、12:18。


まだ時間があり余っているので、バンハーン・ジェムサイ・タワーへ行く前に、
もう一か所観光しておこうかなと。

ガイドブックを眺めていて興味を持った
古刹の寺院に行ってみようと思います。

このガイドブックは、珍しく公共交通機関による行き方が
比較的詳しく載っているんですよ。

それによるとポープラヤー行きソンテオで行けるとのこと。
その地名、なぜか記憶にあるんですよね。どうしてかな?

確か目抜き通りのプラパンワサー通り(ถ.พระพันวษา)に
発着ポイントがあったはず。


05_13


ナーンピム交差点から右折してプラパンワサー通りを南下して歩きます。
するとほどなくして、


05_12


あった! ポープラヤー行きソンテオだ。
乗っちゃいますか~。




<旅費交通費>
スパンブリー行きソンテオ:25バーツ
ここまでの合計:175バーツ

※旅は2014年9月18日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

スパンブリー市街地

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード