タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

シーナカリン通り

イアムソンバット市場バス停 オンヌット通りからの旅[最終回]

シーコン・スクエア向かいから乗ったソンテオは満席のため、
デッキ部に立ち乗り。


08_01


特等席な気分を味わえて、結構好きなんですよね。
子供っぽくてすみません(笑)


シーナカリン通り
を北へ向かっているうちに
バスが追いついてきました。


08_02


珍しいマイクロバス・タイプということは、
シーコン・スクエア~フアタケーの1013番バスですね。
いつか乗ってみたいと思っている路線です。

先日タイの新聞『タイラット』のウェブサイトを見ていたら、
この1013番路線のバスが盗まれたという記事を目にしました。

なんでも働き始めて3日しか経っていない28歳のバス運転手が
ブリーラム県にいる恋人が恋しいばかりにバスを乗り逃げして、
そのままブリーラム県まで運転していったんだとか。

しかし、恋人の家で待ち伏せしていた警察に、
あっけなく御用となったのでした。

色んな人生ドラマがあるもんなんですね ^_^;)


間もなく船着場最寄りのイアムソンバット市場バス停に到着。
運転席で運賃を支払います。7バーツ也。

時刻は、13:31。


07_04


このイアムソンバット市場バス停ですが、
また先日ネットでニュースをチェックしていてこんな記事を発見。

イアムソンバット市場前で若者が抗争、爆弾と空への発砲で脅す
(Managaer online 2015年6月11日付)

なんと、まさにこのバス停前で敵対する学校(職業訓練校の可能性大)の
学生が鉢合わせして、爆弾は投げるわ空めがけて数発発砲するわの
抗争に発展したんだそうですよ。

記事内にもありますが、その時の模様の動画へのリンクを貼っておきます。

このバス停は、各方面へのバス乗換ポイントになっていて
さまざまな学校の学生が利用するために、
日頃から抗争事件が頻発しているんだとか。

知らないで巻き込まれたらシャレになりませんって -_-;)
利用される方はお気を付けを…。


この時はそんなことは露にも知らない私は、
呑気に船着場を目指して歩いていきます。


07_05


左手奥にイアムソンバット市場が。
以前訪れたので今回は行きませーん。


07_06


運河に架かる橋の横を進むと、
Uターンレーンが完成してるじゃないですか。
前回はまだ工事中で土埃が舞ってたのに。

その先も、


07_07


前回はこんな掘っ立て小屋なかったぞ。
また他の工事でもやってるのかな。


プラウェートブリーロム運河
に出ました。
時刻は、13:38。

ここではこの名称ですが西へ行くとプラカノン運河に名が変わります。
ここからプラカノン船着場までの水上バスが出ているんです。
日中は1時間に1本、毎正時の出発。


07_08


パワーショベルが乗った台船が何やら作業をしているのを
眺めていると、そのうち、

グウォーン バシャン!

という大きな音を立ててこっちへ向かってきました。
なんと、ショベルで川底を掻いて前進していってるんです。


07_09


こんなふうに。
大したもんですねぇ、その操縦技術!


07_10


そんな光景を眺めているうちに時刻は
あっという間に14:00に。

あれ、来ないぞ?
数分待ったものの、まったく船が来る気配がありません。

そういえば毎正時発なのに14:00の便はないという話を聞いた覚えが。

前回乗った時
はやはり14:00だったのものの
ちゃんと来たんですよ。だから大丈夫だと思い込んでいたのですが…。

やっぱり14:00はないのか。

また人身御供役を買って出てしまいました(笑)
みなさん、プラカノン運河の水上バスをご利用の際はお気を付けを!


仕方がないので、イアムソンバット市場バス停まで戻ります。


07_11


最初に来た133番バスの前面に「プラカノン」と表示があったので、
飛び乗りまーす。時刻は、14:06。

この路線のバス、以前バンナー・トラート通りから
パラダイスパークまで出るのに乗ったことがあるのを思い出しました。


シーナカリン通り
をぐんぐん北上し続け、
どこまで行くのかと心配になり出したところで
左折してパッタナーカーン通りへ。

随分大回りしてプラカノンへ行くんだな。

そしてスクンビット・ソイ71へと左折。


08_03


BTSの高架が見えてきました。
あ、降りるタイミングを逸した -_-;)

バスは右折してスクンビット通りに入り、
すぐに左へ逸れラマ4世通りへ。

すかさずブザーを押して降ります。
時刻は、14:31。


07_12


振り返ってスクンビット通りまで戻り、
左のプラカノン駅からBTSに乗ったのでした。


これにて今回のミニトリップも終了です。


ナーク廟に始まり、閑古鳥の鳴くピカデリー・バンコク、
国鉄と揉めてバタバタと移転した鉄道市場、
学生同士の抗争のあったイアムソンバット市場バス停と
微笑みの裏にある一面を垣間見たような旅となりました。

たまにはこういうのもいいでしょう ^_^;)

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

次回は、再びロッブリー方面への旅をお届けします。
お楽しみに!




<旅費交通費>
ソンテオ:7バーツ
133番バス:8バーツ
ここまでの合計:36バーツ

※旅は2014年10月19日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

イアムソンバット市場

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

「ガイヤーン・クラーンブン」レストラン オンヌット通りからの旅[6]

淋しすぎるピカデリー・バンコクを後にして、
目の前から最初にやってきたソンテオに乗ることにします。


06_01


4番ソンテオが登場。
シーコン」と書いてありますね。

ほぉ。ということは、オンヌットBIG C前からこれに乗れば
シーコン・スクエアまで行けるのか。

混んでたのでデッキ部に立ち乗りです。
時刻は、12:03。


ものの10分でシーナカリン通り沿いの シーコン・スクエア前に到着。


06_02


順に運転席で運賃を支払います。
時刻は、12:13。


06_03


巨大な長い壁のように聳えるシーコン・スクエアの中に
とりあえず入ることにしますか。

さて、どうしよう。
そうだ。この裏にタラート・ロッファイ(鉄道市場)があるはず。
営業は夕方からだけど、この時間から開いている店もあるかも。

行ってみますか。


シーコン
の裏側へ通じる出口を出てみるものの、
直接は向かえないみたいで、えらく骨折り損をしてしまいました。

結局ぐるっと表まで歩いて戻る羽目に。
暑いぞ -_-;)


シーナカリン通り
沿いに南へ歩くと、


06_04


タラート・ロッファイ
    ←

との看板をようやく発見。
初めからこっちを目指せばよかった。

矢印に従って路地に入ると、


06_05


車道の左にタラート・ロッファイまで続いているであろう
アーケードが。でもどの店もまだ営業開始前で閑散としています。

車道の右側には沼が広がっているのですが、
そちらを眺めていたら看板が目に入りました。


06_06


ガイヤーン・クラーンブン
     ←

クラーンブンとは「沼の真ん中」の意味。
ということは…


06_07


あれか! なんとも分かりやすいネーミング(笑)

ちょうどお昼時だし、先にあそこで腹を満たそうかな。


06_08


ガイヤーン・クラーンブン入口に到着。
時刻は、12:28。

一人ですが食事できますか?

「できます」と出迎えてくれた男性スタッフ。


06_09


進んでいくと、
「外とエアコンの部屋とどちらにしますか?」
と女性スタッフ。

さっき歩き回ったせいで暑いので、エアコンの部屋にしましょう ^_^;)

通された左奥の部屋は、こんな感じ。


06_10


私の貸切状態。

景色はちょっと残念な感じだけど、
涼しい中で落ち着いて食事できるんだからいいでしょう。

メニューを見て、というか、
店名からもう注文するものは決まってたんですが、


06_11


お願いしたガイヤーンがやってきました! ヤッホー!
ところでこの黒いお米はなんていうんですか?

カーオニャオ・ダムです」

持ってきたおばちゃんが親切にニコニコ教えてくれました。

黒米
ですね。

ナコーンパトム名物の竹筒に入ったココナッツ風味のもち米
「カーオ・ラーム」も黒米を使いますけど、
黒米をそのままで食べるのは初めてですよ。

では早速いただきま~す。

うん、ガイヤーンはジューシーで美味しい!
さすが看板メニューなだけありますね。

そして黒米も一般的なレストランで出される米より質がいいからか
味わいも食感も良くこれまた美味しいです。


ちなみにガイヤーン80バーツ、
カオニャオ・ダム15バーツ也。

お会計をしてから沼のほとりの席の様子を
ちょっと見せてもらいました。


06_12


夕方以降なら断然こっちの席ですね。

偶然ながら、いい店に出会えてラッキーでした!




<旅費交通費>
ソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:21バーツ

※旅は2014年10月19日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

鉄道市場

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

帰路はエアポートリンクで センセープ運河の水上マーケットへ[最終回]

なんだかんだで長居してもう17時半。


06_01


夕飯もここ、クワン・リアム水上マーケットで済ませてから帰りますか。
でも体調イマイチでタイ料理を食べる気になれず洋食に惹かれ…


06_02


99バーツのポークステーキを頂くことに ^^


食べ終えた頃には日も落ち、徐々に暗くなり始めていました。
クワン・リアム水上マーケットを後にして、
ワット・バンペン・ヌアを抜けます。


06_03


参道沿いにカラフルな蛍光灯が淋しげに灯っています。

セーリータイ通りに出て、バス停で待っていると、


06_04


27番ミニバスが登場。
時刻は17:57。

やばっ。
センセープ運河の水上バスってかなり早く終わっちゃうんですよね。
間に合うかな…。


06_05


バーンカピの交差点手前の右手商店街っていつ来ても賑わってますね。
いつも車窓から眺めるだけですが、そのうち歩いてみたくなります。

そしてバスは、The Mallバーンカピ店前に到着。


06_06


クリスマス&ニューイヤーのイルミネーションが綺麗ですね~。

そんなThe Mallの1階を真裏目がけて付き抜けて行きます。
駐車場に出ました。


06_07


矢印に従って右へと進むと、


06_08


The Mallバーンカピ船着場に到着。
時刻は18:30。

同時にやってきたおばさんが、
ちょうど到着した逆方面の船の搭乗員に声をかけています。

「プラトゥーナム行きはまだある?」

「もう終わりましたよ」

うげぇっ!!

下りワット・シーブンルアン方面行きはまだあるのに、
上りプラトゥーナム方面行きは17時台で終わるんですね。

思わずおばさんと顔を見合わせて二人して嘆いてしまいました -_-;)


さて、どうやって帰るかな…。
そうだ、エアポートリンクへ出てみますか。

再び多くのお客さんで賑わうショッピングセンター内を抜けて、
歩道橋を渡ります。


06_09


なんとなくThe Mallバーンカピをしばらく眺めていました。

反対側へ渡ったところのバス停で待ちます。


06_10


145番無料バスがやって来ました。
これに乗りましょう!

時刻は、18:49。

右折してシーナカリン通りに入ったバスは南へとかっ飛ばしていきます。
iPhoneのマップで現在地を確認。そろそろだな。

エアポートリンクの高架橋をくぐり、国鉄東線の線路を渡ったすぐで停車。
18:59。

バス進行方向と逆に歩き始め、右手を眺めると、


06_11


あそこがエアポートリンクのフアマーク駅だな。
高架下の道を歩いて駅に到着。


06_12


パヤタイ行きのCity Lineに19:15乗車、
終点パヤタイ駅には19:29に到着したのでした。



というワケで今回の小トリップも完結です。

バンコク都内にこんな素晴らしい水上マーケットがあったとは嬉しい限りです。
今度は体調万全でまたふらっと訪れてみたいですね。
その時にはぜひミンブリー行きの水上バスで(笑)


次回は、このシリーズ初の1泊旅行をお届けします。
お楽しみに!



<交通費>
27番バス:8バーツ
145番バス:0バーツ
エアポートリンク:30バーツ
ここまでの合計:66バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

おわり


フアマーク

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




イアムソンバット市場船着場へ バンコク市内運河の水上バス旅[8]

シーコンスクエアを出て再びシーナカリン通りを北へと歩いて行きます。
今度はちょっと距離がありますよ。

しかも途中で雨がポツポツと。
我慢していたんですが段々強くなってきたので、折り畳み傘を差して歩きます。

意外と遠かったな。
30分歩いて到着したのは、イアムソンバット市場


08_01


時刻は、13:26。

別にここ目当てでこんなに歩いてきたワケじゃないんです ^_^;)

この近くにセンセープ運河のとは別の水上バス路線の始発となる船着場が
あるらしいんですよ。取り敢えず目印となるこの市場を目指したということでして。

でも来たからにはちょっと覗いてみましょう。


08_02


昼過ぎなのに賑わってますね。
地方で最近見た市場は大方午後にはもぬけの殻状態だったので、新鮮に映ります。


08_03


お米屋さんも~。

同じジャスミンライスでも値段が違うのが何種類も並んでいます。
とくに説明書きが無いけど産地の違いなんですかね~。


イアムスンバット市場を抜けると細い運河が。
その運河沿いに…


08_04


食堂発見! 良く言えばリバーサイド・レストランではないですか。
これは入ってみないと!

短い橋を渡って店内へ。食事できますか?
「できますよ」
スカーフを被ったムスリムの女性がにこやかに答えてくれました。

何にしようかな。
豚のカオパット・ガパオ(バジル炒めご飯)を下さい。

「豚はありません」

あっ! すみません。ムスリムの店に豚があるワケないじゃないですか。
ウッカリしてました m(_ _)m

鶏でお願いします。


08_05


ほぉ、挽肉じゃないタイプのガパオなんですね~。


08_06


細い運河の水面を眺めながら優雅に…といきたいところがドブ状態ではなんとも(笑)
それでも意外なところで水辺の食堂を見つけて嬉しい気分です。

ちなみに橋の向こうに見えるのがイアムソンバット市場

食べ終わる頃にはラッキーなことに雨が止みました!
代金を払いつつ、船着場の場所を尋ねてみると、

「橋の下ですよ。船着場は反対側だけど、こっち側でも呼べば来てくれるから大丈夫。
 でも本数は少ないですよ。」

ありがとうございます!

本数が少ないのは承知の上。事前調査で判明したのは、日中は1時間に1本ということ。


シーナカリン通りを再び北へ向けて歩きます。


08_07


あのテントはバス停なのか。
イアムソンバット市場前からの利用客は多そうですね。


08_08


見えてきた右の橋は渡らずに左側を直進してみると、運河に出ました。


08_09


なるほど。対岸のアレが船着場なのか。
こっち側で待っていてもいいんだろうけど、どうせならちゃんと船着場で待ちたいな。

というワケで戻って橋を渡ります ^_^;)


08_10


プラウェート・ブリーロム運河です。
この先でプラカノン運河と名を変えるんです。


ようやく対岸のイアムソンバット市場船着場に着きました。


08_11


時刻は、13:55。


看板にはプラウェート・ブリーロム運河の歴史が記されています。
なんでもラマ5世がプラカノン運河を延伸してチャチューンサオと繋げる運河の
掘削を指示し、1877年から3年の歳月を経て全長46kmのこの運河が開通したんだとか。

歴史のある運河なんですね。


さて、船はいつ来るんだろう…。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:58.5バーツ

※旅は2013年10月29日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


イアムソンバット市場

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



パラダイスパーク&シーコンスクエア バンコク市内運河の水上バス旅[7]

133番バスを降りちゃいました。

07_01


時刻は、12:10。

歩道橋に上がります。


07_02


パラダイス・パークは初めてなんですよね。
歩道橋からそのまま2階に入れるので便利。涼みがてら中を歩いてみますか。


まぁ、予想どおりにフツーのショッピングセンターです ^_^;)

敢えて他との違いを探すなら、外観がウッディなことを含めて森だか緑の多い公園だかの
イメージをコンセプトにしているっぽいところが、落ち着いた雰囲気を醸し出していて
好感が持てますね。

トイレに向かう廊下の窓にも森の木々の写真があしらってあって
そんなところに癒されてしまいました。


ぶらぶら歩いていると、人気のカフェ発見。


07_03


COFFEE BEANS by Dao

現在6つの支店がある大人気のカフェ・レストランです。
サイアム・パラゴンG階の店はいつ行ってもウンザリするほどの行列。
お値段高めですが、料理もケーキも美味しいからでしょうね。


ところがです。郊外だからか平日だからか、まさにお昼時というのに
ここパラダイスパークの店はガラガラじゃないですか。

これは入っておかないと(笑)

席に着き、ホットコーヒーだけ注文。だってランチはもう済ませたもので ^_^;)
店員さんはイヤな顔一つせず快く受けてくれました。


07_04


クッキーが付いてて嬉しいですね。

優雅なひと時を満喫した後、外へ出ようと1階へ。
そこには、


07_05


ハロウィンの飾り付けが。
こういうところって必ず写真撮っている女性がいますよね、タイって ^^


外に出てみると、


07_06


ほぉ、オープン3周年なのか。

そう、ここはかつてセーリーセンターという名のショッピングセンターだったんですよ。
15年前後営業していたようですが、段々と客足が遠のき、末期はIT関連ショップが
多かったようで。

それが一新されてパラダイス・パークとして2010年8月24日に正式オープン。
セーリーセンターの頃は知りませんが、きっと見違えるほど良くなったんでしょうね。


さてさて、そんなパラダイス・パークを後にして、シーナカリン通りを北へと歩きます。
目指すはシーコン・スクエア


07_07


気になったのが、歩道にあるマンホールの蓋。
何これ?(笑)

この一ヶ所だけじゃなくて、ほとんどがこんな感じにサイズが合って無くって、
というかコンクリートの塊をただ置いただけだったりするんですよ。危なくないのかな…。


5分ほどで、


07_08


シーコン・スクエアに到着。
時刻は、12:42。


こここそ規模は大きいものの、ごくごくフツーのショッピングセンターな印象。
もちろん便利なんでしょうけど、あまり特徴が無いかな。

そんな中で唯一気になったのが、この店。


07_09


どうぞご (笑)

しかも下には KIKI SARU と。
みざる きかざる いわざる をもじったつもりなんでしょうか?

どうやらスイーツ店らしく、好奇心から買ってみようかと思ったら、
開店時間はとっくに過ぎているのに店員さんこぞってチンタラ準備中。
きっと準備完了はさらに1時間後でしょう。全てどこかはずしまくりな店でした(笑)


他にこれといって興味をひくところがないので、
早々に2階から歩道橋に出ました。


07_10


シーナカリン通りをさらに北へと歩いていくことにします。
時刻は、12:54。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:58.5バーツ

※旅は2013年10月29日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


パラダイスパーク


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m


       タイ・ブログランキング  



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード