タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

サムローン運河

サムローンで乗り場探し チャチューンサオの海上寺院へ![1]

ここ数か月、ネット上で急に写真をよく見かけるようになった
タイの寺院があるんです。建っているのは海の上。

今までこの1日旅で訪れた海上の寺院には、
ワット・クンサムットチーン(サムット・プラーカーン県)と
サーラー・プラプッタ・マハーサムット(サムット・サーコーン県)
がありますが、そこはまた別の寺院なのです。

チャチューンサオ県にあるワット・ホントーン
いう寺院だそうで。

海上寺院マニア(?)の私としては、行かないワケにはいきません。
ということで2015年11月19日(木)に旅立ったのでした。


まずは08:30頃にサイアム駅からBTSに乗車。
終点ベーリン駅を目指します。

通勤ラッシュで混雑していた車内も


01_01


気が付けばガラガラに。

そしてベーリン駅に到着。
時刻は、09:02。

下のスクンビット通りを眺めます。
すぐそこがバンコク都とサムットプラーカーン県の都県境ですね。

ここからサムローンまでまずは行かなくては。


01_02


地上に下りて待っていると、
最初に来たのは、


01_03


バーンプリー方面行きのソンテオ。

あ、これってバーンプリー古市場へ行った時に
乗ったソンテオじゃないですか。

そういえばバーンプリー古市場は、2014年5月21日に
火事に遭って半分近くが焼失してしまったんですよね。
その後行ってないけどどうなったんだろう…。

火事の様子を写真付きで伝える新聞『ネーオナー』の記事
へのリンクを貼っておきます。


で、サムローンを通るのでこのソンテオに乗車。
時刻は09:06。

ほんの10分ほどでサムローンインペリアル前に到着。
ブザーを押して止めようとしたら、
なんと停車してくれないじゃないですか!

えっ、なんで!?
と慌てていたら、乗り合わせたおじさんが、
「ここでは止まらないよ。交差点を曲がってからだ」と。

以前はインペリアル前で止まったのに!
そうか。BTS延伸工事のせいで乗り場が変更になったんだな -_-;)

無慈悲にもソンテオはそのまま走り続け呆然としていると、
信号渋滞のためようやくサムローン運河に架かる橋の上で停車。

すかさず降りて運賃を払いました。
時刻は、09:16。


01_04


橋の側道から、乗ってきたソンテオを見上げた図(笑)
その上には建設中のBTS高架橋が見えますね。


01_05


確か側道を歩いて行けば…


01_06


やっぱりあった!
この橋で向こう岸へ渡ります。

すると、目の前にあるのは、


01_07


大きな市場。
まだまだこの辺りは都会化しきってなくていいですね。


01_08


ようやくインペリアル前まで戻ってきました。

海上寺院へ行くには、サムローンからクローン・ダーンというところまで
出ているロッ・トゥーに乗る必要があるんです。
その乗り場を探さなくては。

まずは右手の路地に入ってみましょうかね。


01_09


ソンテオは停まってるけど、これは違うなー。
もう少し歩くと右手には、


01_10


あれ? ここにも市場が。
奥でさっきの市場とつながってるのかも。
先を急ぐので入って行きませんけど。

結局この路地には見当たらなかったので、
歩道橋でインペリアル側に渡ってみることに。


01_11


以前はインペリアル前にもっとロッ・トゥーが停まっていた
記憶があるんですが、これもBTSの工事のためにどこかに
移っちゃったんですかね。

行ったり来たりして探せどもやはり見つかりません。
途方に暮れた私は、適当にとあるロッ・トゥー乗り場で
クローン・ダーンへ行きますか? と尋ねてみました。

「これは行かないよ。クローン・ダーンなら、バンコク銀行の横だ。」

ありがとうございます!
尋ねてみて良かった!!

ところでそのバンコク銀行はどこにあるんでしょうか…。
乗り場を探すのって本当に大変ですよ -_-;)




<旅費交通費>
BTSサイアム-ベーリン:52バーツ
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:60バーツ

※旅は2015年11月19日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

サムローン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

降り損ねた! BTS新終点ベーリンからの旅[10]

バーンプリー古市場を抜けたところには、大きなお寺が。
ワット・バーンプリー・ヤイナイです。

で、その境内でもマーケットが開かれていました。
サムローン運河に架かる橋に上って眺めてみましょう。


ワット・バーンプリー・ヤイナイとマーケット


金色の大きな仏塔を囲むように逆L字型にテント状のカマボコ屋根が続いていて
その下に物売りやら屋台が並んでいるんです。


物売りはおばさん向けの服が多くてこれと言った特徴は無いですね。
強いて言えばカーオ・ラーム(竹筒に詰めたココナッツ味のご飯)ぐらいかな。


屋台街のほうに行ってみます。


ワット・バーンプリー・ヤイナイの屋台街


さっきのクイッティアオだけでは物足りないので何か食べようと思ったんですが、
またもやこれと言ったものもなく、取り敢えずチャーイェン(アイスミルクティー)で
元気をチャージして先へと進むことに。


東側の門から外へ出ます。


ワット・バーンプリー・ヤイナイ東側の通り


門を背に左側を眺めた風景。

この通りにソンテオが走っているんだそうで。
ちょいと散策しがてら待つとしますか。

するとほどなく背後から水色と白のツートンのソンテオがやって来るではないですか。
ラッキーだなー。

早速乗り込みます。

ソンテオは、ワット・バーンプリー・ヤイナイの北側路地を進んで
キンケーオ通りに出ます。左折後にサムローン運河の橋の下でUターンして
その後は北へと一直線。

取り敢えずキンケーオの交差点で降りてみたいんですけど…。

ほどなくして信号で停車。大きな交差点だったのでiPhoneのマップで確認すると
ここがキンケーオ交差点のようです。でもこの後右折してから降りればいいや…。

と思っていたら、なーんと、左折してバーンナー・トラート通り
西へとかっ飛ばすじゃないですか!!


またやっちまったー!!


どこかでUターンするんじゃないかという淡い期待も虚しく、
無情にもまっすぐ西へと進んで行きます。

このソンテオはキンケーオ交差点で右折するものだと
てっきり思い込んでいたんですよー。

こりゃまずい。

先に歩道橋が見えたのでベルを押してシンテオを停車させます。
するとなぜか私だけでなく、わらわらと大勢下車。


ワット・バーンプリー・ヤイナイからのソンテオを降りる


あれ? とくに周囲には何も無いように思うんだけどなんでだろ?
疑問に思いつつも運転手に8バーツ(だったと思います 汗)を支払い。


他の人たちと一緒に歩道橋で反対側へと渡ることにします。
キンケーオ交差点に戻らなきゃ。 -_-;)





<交通費>
ソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:85バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


ワット・バーンプリー・ヤイナイ~バーンナー・トラート通り




バーンプリー古市場に多い店 BTS新終点ベーリンからの旅[8]

バーンプリー古市場をさらに歩きます。

木造商店と木の廊下がとにかく延々と続いています。
1km近くあるんじゃないでしょうか?

この市場は、150年ほど前からあるんだそうで。

チャオプラヤー川バーンパコン川を結ぶサムローン運河は、
かつてタイ東部からバンコク方面への交通の大動脈だったとか。

その中継地点として当時は大いに賑わったんでしょうね。
この規模にも頷けます。


暫く店を眺めていて気付いたこのバーンプリー古市場の特徴。

マッサージ店の他に占いの店も多いです。
面白いのが、やはり店によって人気に差があるようで、
ガラガラのところもあれば、


バーンプリー古市場の占い


ここのように行列ができている占いの店もあるんです。
しかし、見事に女性客ばかり!

手相、誕生日、タロットカード、葉っぱ・・・
占い師・店によって占い方も様々のようですね。

占い代29バーツとは安いなー。


それと駄菓子屋も何店も見かけました。


バーンプリー古市場の駄菓子屋


懐かしい雰囲気を倍増させてくれる存在です ^^


途中、サムローン運河を渡る橋に遭遇。
ちょっくら上ってみますか。


バーンプリー古市場の風景


今まで歩いてきた方向を眺めるとこんな感じ。

運河がY字に見えますが、右側がキンケーオ運河
左側のもっと先に舟の橋があります。

そしてY字の分岐点の真ん中に、私が食べたクイッティアオ屋台が。


戻って先へと進みますか。


あと目を引いたのは、漁具を売る店ですね。
この辺りでもやはり漁がかなり行われているってことなんでしょう。


昔ながらの日用品の店も多いです。


バーンプリー古市場の日用品店


この店には、もち米蒸し器やもち米容器が所狭しと並んでいます。
イサーン出身の人がこの辺りには多いのかもしれませんね。






<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:77バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


バーンプリー古市場




キンケーオ運河 BTS新終点ベーリンからの旅[7]

橋を渡らずにバーンプリー古市場からちょっと脇へと逸れてみます。

サムローン運河に合流しているキンケーオ運河沿いを進むと、
木造家屋がすぐに途切れ、その先には運河沿いに細い歩道が続いていました。


魚を獲る仕掛けが見えます。


キンケーオ運河の魚を獲る仕掛け


まだ「生きている」運河なんですね。嬉しいもんです。


このキンケーオ運河って、スワンナプーム空港の西側を沿って流れているんです。
というか、恐らくこの運河を西端と決めて空港を建設したんでしょうね。


この運河を走るスワンナプーム空港行きの水上バス路線を
設けてくれたら嬉しいんだけどなー(笑)


なんてことを考えながらもさらに先へと歩いていると、
歩道脇の草むらからガサガサという音が。

ピンときましたよ。
きっとアレでしょう。


音がしたところを覗き込むと、やっぱり!


バーンプリー市場近くの大トカゲくん


久しぶりだね、大トカゲくん! ^^


にゅぅ~と首をもたげて私の様子を伺った次の瞬間、
脱兎のごとく駆け出して姿を消してしまいました。

図体の割にシャイなんですよね。大トカゲくん。


ここで出会えるとは思ってもみませんでしたよ。
自然がまだまだ残っているという証拠で、これまた嬉しいです。


この先には何も無さそうなので、戻ることに。

先ほどの橋のところまで戻って来ました。
実はまだ朝食を食べてなかったので、
橋の手前のクイッティアオ屋で腹ごしらえをするとしますか。

おばちゃんに、センレック・トムヤムと注文。


バーンプリー古市場のセンレック・トムヤム


このすぐ左側の運河を眺めながらのんびりと遅い朝食 ^^


隣のテーブルでは、おばちゃんが友達と話をしています。

「近頃は美味しいパット・ガパオに出会えなくなったねぇ。」

そんな会話が耳に入ってきました。
どうしてなんでしょうね。バジルの質が落ちたのかな?


代金25バーツを払い、先へと進むことにします。

しかしクイッティアオを食べ終えたら滝のように汗をかいてしまいましたよ。
あちー。

橋を渡ると、まず観光客向けのカワイイ土産物を売るショップが。
ここで道標を模したペン立てを購入。


さらに進みます。


バーンプリー古市場


木の廊下沿いの商店街が延々と続いています。
思ったより規模が大きいことにビックリです!






<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:77バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


バーンプリー古市場




乗り間違えた!その1 BTS新終点ベーリンからの旅[4]

サムローン運河を眺めた後、バス停へと戻ることに。

途中またもや大きな市場横を通り過ぎます。


サムローンのイアムチャルーン市場


イアムチャルーン市場との看板が掲げてありました。
変な形容ですが「迫力のある」市場だなと。

活気と規模、そして奥の薄暗さからかな?


インペリアルの向かいまで戻って来て、そこでソンテオを待ちます。
次に向かうのは、バーンプリー方面。
バスもあるようですが、ソンテオの方が圧倒的に本数が多いみたいですね。

おっ、来ました! オレンジ色のソンテオです。
慌てて駆けてって乗り込みます。


すぐに左折し、真っ直ぐなテーパーラック通りを快走~。
風が気持ちいいです!

ソンテオの旅もいいもんだな~。


高速道路の下をくぐりました。もう半分の地点は越えたんだ。
i-Phoneのマップに目を落として確認。

とその時、ソンテオが右折するのを体で感じました。へ?
なーんと、Uターンして来た道を戻り始めるじゃないですか!!

さらに左折し細いソイを奥へ向かってグングンかっ飛ばします。


え? え?(汗)


正面に「バーンプリー」って書いてあったはずだけどなんで?
まさか読み間違えたってことは…。


そう考えている間にもソンテオは高速道路の下をくねくね走って行きます。
そこを抜けると沿道両側に池が広がる大自然真っただ中な光景がっ!


あーー! 乗り間違えたっ!!


もう動かしようのない事実(汗)
さて、どうするんだ。ここで降りるか、終点まで行くか。
よし、最後のお客さんが降りるところまで行ってみよう…。


池の間を抜けると、こじんまりとした住宅街が出現。
ここで最後の若い兄ちゃんが下車。

私も慌てて降ります。

サムローンからここまで12バーツとのこと。
払いながら、帰りもここで待っていればいいのか確認 ^_^;)

時刻は10:38。
すぐに来ればいいなぁ。


ボーッと突っ立っていること12分。
向こうからオレンジのソンテオがやって来ました!


プッタスィーから乗ったソンテオ


バーンナー、サムローン、バーンプーナコーン2
プッタスィー、プレークサー


と書いてあります。

どうやら…プッタスィーバーンプリーと読み間違えた模様。
ぜーんぜん違うじゃん。焦りは禁物ですなぁ -_-;)

後で調べて分かったんですが、私が降りたこの場所こそが
プッタスィーらしいんですね。何かに呼ばれたのでしょうか…。


乗り込んでほっと一安心。
来た道を戻ります。


池が広がる風景


沿道にはこんな感じの池が無数にあるんです。
魚の養殖でもやってるんですかね。


そして無事にテーパーラック通りに戻って来ました。
合流ポイントで下車し、運賃8バーツを払います。


テーパーラック通りに戻って来ました!


時刻は、11:06。

さぁ、今度こそ間違えずにバーンプリーへ行くソンテオに乗るぞ~!






<交通費>
ソンテオ プッタスィーまで:12バーツ
ソンテオ テーパーラック通りまで:8バーツ
ここまでの合計:68バーツ

つづく


※旅は2011年8月15日(月)に行いました。


サムローン~プッタスィー~テーパーラック通り




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード