タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

サムットソンクラーム県

バス運転手の話で暇つぶし 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[15]

あとほぼ1時間半、ここで待たなければならないのか…。

バーンノッククウェークのはずれのバスターミナル…と呼ぶにはあまりにもショボい
終点折り返し所でしばし呆然。


あ! バスの運賃また払い忘れた…。
運転手さん、話しかけたんだから気付いてくださいよ~ -_-;)


辺りを見回すと裏手にお寺があるじゃないですか。


15_01


時間はたっぷりあるのでちょっと覗いてみましょう。


境内の右端には運河が流れている様子。引き寄せられるように向かってみると、


15_02


人がそこそこ集まっているではないですか。
何があるんだろうと思いきや、


15_03


舟のクイッティアオ売りが。

こんなところにも来るんですね~。
何組もの人がテーブルで食べています。


さらには、


15_04


魚に餌やりをしている人も~。

何気に地元のデートスポット?


iPhoneのマップで確認してみたら、この運河はダムヌーンサドゥアック運河じゃないですか!
この先で左へカーブしてバーンノッククウェーク水上マーケットまで続いているんですね。


観光地化していない穴場…というほどではないですけど、
意外なスポットを発見できてちょっと嬉しくなりました ^^


運河沿いのお寺の隣の敷地には、


15_05


学校っぽい施設が。

石碑を読んでみると1936~54年の間、サムットソンクラーム県の教師研修校として
使用された校舎だとか。

現在はアセアン研究センターなどとして使われているようです。
校舎に掲げられた看板にはそう書いてあるんですが、かたちだけだったりして ^_^;)


ひととおり見てお寺に戻ります。
ワット・チャルーンスカーラームウォーラウィハーン (วัดเจริญสุขารามวรวิหาร)
というんだそうで、


15_06


ちょうど鐘楼ではお坊さん2人が鐘を叩いていました。
カン高い鐘の音が小刻みに響き渡ります。


15_07


タイのお寺ってどんなど田舎でも立派ですよね。
国民の篤い信仰心の表れなんでしょう。


さーて、目ぼしいところは見つくしてしまったぞ。
バスターミナルに戻って老夫婦の経営する唯一の売店でジュースを買うと、
「どこに行くの?」と。

ラーチャブリーです。

「ちょっと待ってね…」
と貼り紙でもしてあるのか、奥へ行って調べてくれている様子。

「次の便は4時だと思うよ」

ありがとうございます ^^


あずま屋に腰かけジュースを飲んでいると売店のおばあさんがわざわざ来てくれて、
「4:40だ」と訂正。

わざわざすみません。
やはりさっきのバスの運転手さんの言うとおりなんですね。


時間までボーッとしてるしかないかぁ…。



「今動かせる車は、6台しかないんだよ」


はっ? 声のするほうを振り向くと、
あずま屋の反対側でさっきまで寝そべっていたおじさんがニコニコして私を見ています。

「ロッ・トゥーは真新しい車を使うだろ。おまけに路線がどんどん増えている。
 バスはお陰で客を奪われっぱなしなんだよ。ラーチャブリーまで走らせても
 客が少なくて赤字になってしまうんだ」

バスの運転手さんでしたか!

なるほど、それで全便はラーチャブリーまで行かないんですね。
でも確かに最近私もロッ・トゥーを利用することが多くなりましたもんね。


この運転手さん、話し始めたら留まることを知らず延々と話し続けます(笑)
話はどんどん飛躍して、ラオスでの中国による鉄道建設の話題や、
水の問題は国王がダムを作れば一発で解決可能だとか、さらにアフリカの水問題だとか…。

必死に耳を澄ませて聴いているのですが、聴き取れるのは半分くらい。
使っている単語が難しいわけではないのになぜこんなに理解できないんだろう?
私にできることは頷いたり相槌を入れることだけ。

情けないぞー。にこにこしながら内心大いに凹んだ私でした。


そんな運転手さん、一方的に話し続けた後、
16:30きっかりに突然立ち上がりバスの運転席乗り込んで消えて行きました。


カッコイイ… ^^


お陰で時間があっという間に過ぎ、あとちょっと。
結局多少遅れて16:48に現れたのは、


15_08


あれ、ソンテオ!?

到着するなり運転手さんが「ラーチャブリー!」と叫びます。
間違いない。これですね。


乗り込んで待つとソンテオは16:51に出発。


15_09


表通りに出て一路北へと進んでいきます。

奥左手の白い車が出てきた寺の山門がバスターミナルへと続く路地の入口です。


ラーチャブリーまでどれぐらい時間がかかるんだろう?





<交通費>
ソンテオ運賃は未払いなので:0バーツ
ここまでの合計:145バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンノッククウェークターミナル


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



バスターミナルで1時間半待ち 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[14]

バーンノッククウェーク水上マーケットを後にして、バスを降りた場所方面へ
歩いて戻っていると、賑やかな市場に差し掛かりました。


14_01


こんな辺鄙な場所(失礼)にしては規模が大きく盛況に見えますね。
ついでなのでちょっと中を歩いて抜けてみますか。

食料品メインの普通の市場なのですが、


14_02


寿司まで売ってました!(笑)

こんな地方にまで寿司文化が浸透していて嬉しいじゃないですか~。
でも暑く埃っぽい中に放置してて大丈夫なんですかね。
日本の保健所だったら絶対に許可しないような ^_^;)


そんな市場を抜けて、バスを降りたポイントに到着。
ここで車掌さんは、バーンノッククウェーク水上マーケットは後ろだと
指を差したんですよねー。

その方向へ歩くと、メークローン川方向へ伸びる路地が。
角には「バンオーン・ホームステイ」との看板が。

奥に何かがあるのは間違いなさそうです。
急ぎ足で行ってみましょう!


14_03


ずんずん進んで行くと先に民家が見えてきました。
すると後ろからバイクが。すれ違いざまおばさんが「ホームステイに来たの~?」と。

ニコニコと笑顔を返すしかありませんでした ^_^;)


メークローン川べりに出ました。


14_04


どう見ても水上マーケットではないな -_-;)


川沿いの単なる集落ですね。
車掌さんはなんでこっちを指差したんだろう? ま、いっか。

4,5匹の犬に囲まれて滅茶苦茶吠えられて困っていると、
綺麗な女性が犬たちをなだめてくれました。

ありがとうございます。
ちょっと中を歩いてもいいですか?

「どうぞ」


14_05


何があるわけでもないんですが、川沿いのこんな集落を歩かせていただきました。
その先には、


14_06


あの唯一立派な家がきっとホームステイをやってるところでしょうね。
日本流に言えばペンションなんでしょうけど。

ニワトリが闊歩する路地を抜けて表の通りまで帰ろうとすると、
集落の入口角にこんなものが。


14_07


この赤い円錐状の物体は、神様?
珍しいですね。


すると、ここでハプニング発生。
デジカメのバッテリーが切れてしまいました!

普段はスペアのバッテリーを携行してるんですが、うっかり宿に忘れて来たことが判明。
マヌケだ… -_-;)


仕方ないので今後はiPhoneでの写真となります。


表の国道に出て、来た時にバスを降りたポイントでバスを待ちます。

近くで男の子が一人で遊んでいるなと思ったら、私に興味を持ったのか
遊びながら徐々に私に接近して来るではないですか(笑)


バスはもう来た?

話しかけると男の子ははにかんだだけで遊び続けています。

iPhoneをいじっていたら、「バス来たよ」と男の子。
あ、ほんとだ!! ありがとう~ ^^

時刻は、15:15。


14_08


結構混んでます。
これでラーチャブリーまで出ようと。

席についてiPhoneをいじっているうちに多くのお客さんは下車した模様。

バスが大きく右折する揺れで顔を上げると、
国道から逸れて奥へと突進して行くではないですか。

さらに右折してちょっとした広場に入り停車。


え?


慌てて運転手のところへ行って尋ねます。

ラーチャブリーまでは行かないんですか?

「このバスはここが終点だよ。ラーチャブリー行きは4時40分だ」


今まで誤魔化して書いてましたが、私はてっきりこのバス全便が
ラーチャブリー行きだと勘違いしていたんですよ。
多くはここ、バーンノッククウェークのバスターミナル止まりだったのか!

仕方なくヘナヘナとバスを下車。


14_09


時刻は、15:21。


14_10


国道からはずれていることもあり、静寂に包まれています。
こんなところであと1時間半近くも待たなければならないのか。


予定が狂ったぞ -_-;)






<交通費>
バス代払い忘れたので:0バーツ
ここまでの合計:145バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンノッククウェークターミナル


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



バーンノッククウェーク水上マーケットが薄暗いワケ? 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[13]

スコールが止むと、みなさん三々五々船へと戻って行きます。
全員戻ったところで出発。

時刻は14:16。
30分もマナーオホー販売所にいたのか。


13_01


そして7分であっけなくバーンノッククウェーク水上マーケット
帰ってきたのでした。


13_02


ムスリムの方たちも一緒でした ^^

陸に上がり、もう一度マーケットを歩くことに。


13_03


この店なんてかなりの廃れ具合ですけど、これでも営業しているみたいですね。
こんな感じの店が多いんですよ。

おっ、


13_04


ご当地Tシャツ発見~。
99バーツならお手頃価格ですよね。


13_05


ここでは自家製タイ・スイーツを売っています。
実はさっきも惹かれたんですよ。やっぱり何か買ってみることに。

おばさんが親切に一つ一つ説明してくれます。
その中で興味をもった右下のを2つ購入。

カーオトゥー (ข้าวตู) と言うんだそうで。

挽いて粉にした米と砂糖、ココナッツなどを混ぜて作り、
和菓子の五家宝(ごかぼう)に食感も味も近いスイーツです。
美味しかったですよ ^^


そして先ほどマナーオホー・ジュースを飲んだ屋台へ再訪。


13_06


今度はラークブア(レンコン)ジュースを飲んでみました。
甘く味付けされてますね。底にはレンコンが沈んでます。


さーて、バスに乗る前にちょっと立ち寄りたいところもあるので、
そろそろバーンノッククウェーク水上マーケットを後にしましょう。


帰りは本来の入口から出てみることに。
ここです。


13_07


人がすれ違うのも大変なほど細い路地なんですよ。


帰国後調べて分かったんですが、昔このバーンノッククウェーク水上マーケットには
阿片窟があったんだそうです。それで敢えて入口を狭く作ったんだとか。

なるほどね。だから今でもどことなく薄気味悪い雰囲気を醸し出しているのかも。

そう言えばかつて同様に阿片窟のあったチャチューンサオバーンマイ市場でも
やはり薄気味悪さを感じたんですよ。

阿片窟は、市場全体の作りや雰囲気に影響を与える存在だったってことですかね。


極細の路地を抜けた先の右手には、打って変わってポップな作りの店が。


13_08


店名は「ナーワー」(NAWA)。
食堂兼カフェのようです。

ちょうどコーヒーが飲みたかったので入ってみますか。


13_10


ホットコーヒー、25バーツ也。
良心的なお値段で嬉しくなります。


するとマスターさんが私を手招きするではないですか。
誘われた先は、店内にある水槽。小さな魚が泳いでいます。


「この棒を高く持って水槽の上にかざしてごらん」


餌を貼りつけた塩ビパイプを渡され、言われるがままにやってみます。


13_09


すると水槽内から水鉄砲よろしくピューッと水が勢い良く飛んできて
見事餌にピンポイントで命中。

これってテッポウウオの仲間ですよね?
実際には初めて見ました。こんなところで出会えるとは ^^


そんなこんなでちょこっと遊んでから席に戻り、店内のカラオケで熱唱している男性の
歌声をBGMにコーヒーをちびちび飲んでいると、その男性が「日本人?」と。

おぉ、一発で分かりましたか。

すると、カラオケからは聴き覚えのあるメロディーが流れ始めたではないですか。


13_11


なんと「上を向いて歩こう」!!


男性が日本語で歌い始めます。

驚いて画面を見ると日本語発音をそのままタイ文字に起こした字幕が流れてました(笑)
なんだそういうことか。ビックリした。

ついつられて私も口ずさんでいたら男性に手招きされて
結局一緒に歌う羽目に~。旅の恥はかき捨てですよ。わはは。


思いがけず楽しいひとときを過ごした「ナーワー」を後にして、国道に出ます。


13_12


この左手がバーンノッククウェーク水上マーケットの入口。
アンパワー方面から来たら、ダムヌーンサドゥアック運河の橋を渡ったすぐ先です。


バスに乗る前に確かめておきたい場所があるんですよ。

ここでバスを降りた際に車掌さんが指差した方向。
そっちにもきっと何かあるに違いないと思うんですよねー。

バスの時間まであまり余裕がないですが、急ぎ足で行ってみましょう!






<交通費>
無料観光船に乗っただけなので:0バーツ
ここまでの合計:145バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンノッククウェーク


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



無料観光船の正体@バーンノッククウェーク 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[12]

観光船乗り場へ向けて、バーンノッククウェーク水上マーケットの通路を戻ることに。


12_01


曇天で薄暗いこともあるのかもしれませんが、
なんて言うかホラー映画のロケで使えそうな光景です -_-;)

例えが悪くてすんません。


でももう一度繰り返しますが、人はみんないい人たちばかりなんですよね。
そのお陰で居心地は悪くないんですよ ^_^;)


観光船乗り場に戻って来ました。
すかさず今度はお婆さんがニコニコしながら乗船を勧めてくるではないですか。

時間はどれぐらいかかるんですか?

「30分で帰ってくるよ」

ということは乗って来たバスの1本あとだともう間に合わないので、
2時間後の2本あとのバスに乗り継ぐとするか。

腹を決めていざ乗船。


12_02


知らないうちにお客さんが結構集まっています。


12_03


しかも私が乗船したのが合図かのように、すぐ出発するではないですか。
先に散策して来て正解でしたね。

時刻は、13:40。


12_04


メークローン川を遡上して行きます。

船頭さんが「右手に見えるのは、魚の養殖用いけすです」と。
どれどれ?


12_05


ほぉ、なるほど。

「川の右岸がサムット・ソンクラーム県で左岸がラーチャブリー県です」

ガイドもしてくれるんですね、船頭さん ^^

時折なされる船頭さんのそんな解説を聞いていると、やおら船がUターン。

「これからマナーオホー果樹園にご案内します」

マナーオホーってさっき飲んだジュースじゃないですか。


船が右岸に横付けされました。


12_06


川面が細かくさざ波立ってるなと思ったら、スコールが襲来。
やっぱり来たか~。


12_07


みんな、雨を避けるように陸に上がります。
時刻は、13:47。

その先はと言うと、


12_08


なるほど。マナーオホー製品の販売所なワケね。
観光船が無料のカラクリはこういうことでしたか(笑)


スタッフの人がマナーオホー・ジュースを試飲に無料で配ってくれているので、
本日2度目のマナーホー・ジュースにありつくことに ^^


12_09



購入は勿論別に強制ではなく希望者のみ。
それでも結構買っている人がいましたよ。私はパスですが。

でもジュース以外にもさまざまな製品が売られていて、


12_10


マナーオホー・ジャム、マナーオホーのナムプリック、
ココナッツとマナーオホー茶のゼリーなんて商品が並んでいます。


今までマナーオホーと呼んできましたが、正式名称は
マムアンハーオ・マナーオホー (มะม่วงหาวมะนาวโห่) というようで。
直訳すると「マンゴーはあくびをしてマナーオは歓声を上げる」なんですが、
なんでこんなネーミングなんでしょうね?

さらにマムアンマイルーハーオ・マナーオマイルーホーと呼ぶ場合もあって、
これだと「マンゴーはあくび知らずでマナーオは歓声知らず」と正反対の意味になり
もうワケわかりません!(笑)


そんな不思議なマナーオホーですが、店内掲示物の解説によれば、
ビタミンCが豊富で、植物エストロゲン、抗酸化物質も含まれているとか。

驚くことに、アンチエイジング、しわ防止、ダイエット、ガン予防、
血管を広げ心臓病予防…等々なーんと53もの効能があるそうです(笑)

いくら不思議なマナーオホーでもさすがにそれは欲張り過ぎだと思いますが、
まぁなにかしら体には良いような気はしますね。


そう言えば、マナーオホー果樹園と言われて連れて来られたんだよなーと思いながら
店の裏手に出てみると、家庭のガーデニング程度の規模の果樹園がつつましやかに
あったのでした。

手持無沙汰なのもあり雨の中入っていってみると、あ、あれがそうかな?


12_11


そう高くない木に赤い実が。マナーオホーの実です。
やはりアセロラとは違うんですね。





<交通費>
無料観光船に乗っただけなので:0バーツ
ここまでの合計:145バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンノッククウェーク


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



バーンノッククウェーク水上マーケット 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[11]

バーンノッククウェーク水上マーケットは、やはりここなのかな?

メークローン川沿いに続く通路を歩いて行くと、


11_01


どうやらそうらしい雰囲気になってきましたね。


11_02


バーンノッククウェーク水上マーケットとの看板が目に入って一安心 ^_^;)

仁王立ちのおじさんが睨みをきかしている方向にはものすごく細い路地が。
ここが本来の入口のようです。どうりで私が歩いてきた通路は何も無かったワケだ。


「無料の船です。どうぞお乗りください」

通り過ぎようとした私におじさんが声をかけます。
ん? 無料の船?


11_03


あ、これがそうなんだ。

でも乗船している人はほんの数人じゃないですか。これじゃ暫く出発しないでしょう。
乗ってもいいけど、一とおり見てからにします ^_^;)


おじさんは、船への呼び込み役ってことですか。


そんなおじさんを取り敢えずいなして(笑)、さらに進むとようやくそれらしい雰囲気に。


11_04


でも店がずっと続いているわけではないんですよ。
店がちょこっと固まって営業している場所と…


11_05


こんなガラーンとした場所とが交互に現れる感じ。


11_06


バーンノーイ水上マーケットは観光客向けに店を小洒落た雰囲気に改装したりして
まだ活気がありましたが、ここバーンノッククウェーク水上マーケット
手を加えて綺麗にした店舗は、ほとんど無し!


11_07


まぁ、良く言えば昔の雰囲気をそのまま残した市場、ですか。
ここも100年以上の歴史があるんだそうで。


通路自体は結構長いんですよ。サムットソンクラーム県内の川沿いの市場で最長なんだとか。
ずんずん歩いて一番奥まで来たのでUターン。

ちなみにそこには、


11_08


暗くて分かりにくいですが、お守りの屋台が。
こんなんでも人だかりができている不思議 ^_^;)


半ば近くまで戻ったところにジュース屋台が。


11_09


「虹色ハーブジュース 9味9色」

カラフルな色に惹かれて何か一本飲んでみたくなってしまいました(笑)

ん、ナニナニ…。

アンチャン(バタフライピー)
マトゥーム(ベルの木の実)
ラークブア(蓮根)
ダーラー(トーチジンジャー)
チャウクアイ(仙草)
ソム(みかん)
マナーオホー(カリッサ・カランダス)
ゲックフアイ(菊花)


1色足りないじゃん!(笑)

しかし聞いたことも無い名がいくつか混じっていてどれを飲むか迷うところ…。


マナーオホーってマナーオと違うんだろうか。
どれですか?

「これです」といって差し出してくれたのは、真っ赤なジュース。
なんと。マナーオとは全くの別物のようですね。

よし、それにします!
20バーツ也。


メークローン川べりに出て飲んでみます。


11_10


やや薄めのアセロラ・ドリンクって感じ。
酸っぱさが少しあります。


知らないフルーツがタイにはまだまだあるんですねー。
水上マーケット巡りをしているとそんな珍しいフルーツに出会えるのもまた楽しみ ^^


11_11


メークローン川沿いにバーンノッククウェーク水上マーケットはこんな感じに佇んでいます。

正直な感想を言うと、どこかオドロオドロしさを感じるんですよね。
まぁ人はみんな素朴でいい人たちなので楽しめますけど。


さて、喉も潤したことですし、あの船に乗船してみますか。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:145バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンノッククウェーク


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  


 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード