タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

サムットサーコーン県

再びもとの道へ(笑) もう一つの海上寺院へ![11]

マハーチャイに来てしまったものの、とくにこの町には用事が無いんですよね ^_^;)

どうしようかな。このままもう帰っちゃおうかな。
国鉄マハーチャイ線でバンコクまで帰りますか。

マハーチャイの市場を歩きます。


11_01


この昭和30年代みたいな雰囲気!
いつ来ても活気があってワクワクする市場ですね~。

そんな市場を通って国鉄マハーチャイ駅に到着。


11_02


時刻表を見ると、次の列車出発まであと1時間余り。
待っている時間が勿体無いなぁ。

方針変更。
表通りに出て、バンコク方面へ行きそうなバスやソンテオを探してみます。

すると、目の前に「ラマ2 BIG C ロータス」などと表示のあるソンテオが。
今にも出発しようとしていたので、慌てて飛び乗ってみました。

そのまま出発。
時刻は13:32。


車内は満員なので・・・

11_03


デッキ部立ちです ^_^;)


11_04


高架橋を渡ってラマ2世通りへ。

途中脇道に逸れるのでビックリしましたが、
原野の真っただ中にポツンと建っているBIG Cに寄って
またラマ2世通りに復帰。

しかしあんなところに建ててお客さん来るんでしょうか…。


どこまで行ってくれるのか期待半分不安半分で掴まっていると、
バーンクンティアン・チャーイタレー通りの起点、
フアクラブー交差点付近でUターンするじゃないですか!

え!?

慌てて降りたところは、なんと朝、クローン・ピッタヤーロンコーン学校行きの
ソンテオに乗った、まさにそのバス停(笑)

時刻は、14:17。

これは何かの縁かも。
きっと当初の予定通り、帰りに寄ろうと思っていた場所にちゃんと行きなさい、
ってことなんでしょう ^_^;)


ということで、


11_05


すぐにやって来たクローン・ピッタヤーロンコーン学校行きソンテオに再び乗車。
しかし私、アホなことやってますな(笑)

14:19発車。


バーンクンティアン・チャーイタレー通りを進むソンテオ上で、
景色とiPhoneのマップをチェックしつつ降りるポイントのタイミングを図ります。


あ、この辺だな。
ブザーを押して下車。


11_06


時刻は、14:36。


舞い戻ってきてまで行こうとしているところですが、
もう向こうに見えてます。

通りを渡って入口へ。


11_07


じゃーん!


知らないでここに来たら目を疑いますよね(笑)


11_08


間違いなく、船のかたちをしています。
が、看板には、

プラタムナック・ポンエーク・プラジャオボーロムウォンター・
クロムルアン・チュムポーンケートウドムサック

ADMIRAL PRINCE ABHAKARA KIARTIWONGSE SHRINE


と。

簡潔に日本語で言うと、チュムポーン親王廟って感じ。
はい。廟なのです。


ところでこのお名前、どこかで聞いたことがありますよね ^^





<交通費>
マハーチャイからのソンテオ:7バーツ
フアクラブーからのソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:80バーツ

※旅は2012年12月27日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく


11_map


予定外のマハーチャイへ もう一つの海上寺院へ![10]

自転車を漕ぎ続けて無事に帰ってきました(笑)


10_01


クローン・ピッタヤーロンコーン学校に到着。
時刻は、12:11。

シーフードレストラン「クルア・リムタレー」から28分でした。


校内へ自転車に乗ったまま進むと、歓声が聞こえてきます。
昼時なのにステージで何やらやっているようですね。

それを横目に貸し自転車室へ向かうと…、
あれ、鍵が閉まってる。

でも前回もこうだったので慌てる必要無し。
向かいの職員室の窓を叩こうとすると、先に中から女性が窓を開けて
話しかけてきました。「自転車を返すんでしょ?」

はい。

すると呼びに行くまでもなくさっきの男性がすぐに飛んでくるではないですか。
免許証を返してくれて一件落着。

しかし校門まで歩いて戻ろうとしたその時です。

「朝、校門前に置いてあった自転車に勝手に乗って行ったのあなたでしょ?」

恰幅のいいおばさん先生が、いきなり私の前に立ちはだかり
強い口調で詰め寄って来ました。

いえ、あそこで借りたんですよ。

仕方が無いので貸し自転車室までおばさん先生と一緒に戻って
担当の男性にアリバイを立証してもらうことに。

男性と話したおばさん先生は納得した様子。
「それなら行って良い」

あのなー。無実の人を犯人呼ばわりしておいて謝罪も無しかい!

と、怒鳴ってやろうかと思いましたが、相手はタイでは尊敬を集める立場の「先生」。
周りでは生徒も遊んでいますし、プライドから決して謝ることはないでしょう。

これ以上関わるのも疲れるので、無言で後にしました。


校門の向かいには、数軒の商店が並んでいます。
その中の「COFFEE & TEA」との看板を掲げた店に入ることに。
とにかく喉が渇きました。

入口にあるスタンドでお姉さんにチャーイェン(アイスミルクティー)を注文。
30バーツ也。意外といい値段しますね ^_^;)

ついでに尋ねてみましょう。
ここにはソンテオ路線はいくつありますか?

すると横にいた男性が代わりに
ラマ2世通りに行くのとマハーチャイに行くのがあるよ」と。

やっぱりさっきのは、マハーチャイ行きだったのか!

「ここで待ってればそのうち来るさ。」

それは好都合。ありがとうございます。


10_02


店内に座って見回します。

正面右寄りがお姉さんのいるスタンドなんですが、なぜか迷彩塗装。
兵士の人形まで飾ってあります。

ん? 左の男性が…


10_03


エアブラシを使って兵士の人形に塗装をしているではないですか。
売り物なのかなぁ。チャーイェンを飲みながら尋ねる機会を伺っていると、
目の前をサーッとソンテオが通過。

あっ!

思わず店を飛び出して追いかけると、ソンテオは減速してくれました。
無事乗車。ふぅ。

時刻は、12:28。


ソンテオは、さっき自転車で走った道を西へと進んで行きます。

途中で乗ってきたメーチー(尼僧)が下車。


10_04


なんと、私が左折したポイントじゃないですか。
ここから「クルア・リムタレー」まで歩いたらどれぐらいかかるんだろう? ^_^;)

それからもソンテオは、ピッタヤーロンコーン運河沿いを走っていきます。


10_05


なかなかいい風景ですなー。


右折したソンテオは、サナームチャイ運河を渡ります。


10_06


沢山の漁船が見えますね。マハーチャイはもうすぐです。


左折して国鉄マハーチャイ線と並行して走ります。


10_07


列車に乗っている時には気付きませんでしたが、
線路沿いにこんな朽ち果てた車両が何両も放置してあるんですね。


10_08


線路を渡り北側に出てしばらく西へ進むと、ソンテオは停車。


10_09


終点マハーチャイです。時刻は、13:10。
今さらながらですが、乗客は見事に女性ばかりだったんですね ^_^;)

運転席に向かっていくらですか?と尋ねると、
背後からおばちゃんが「トゥウェンティー」と。

一瞬何て言われたのか分からずポカンとしている私に向かって
「トゥウェンティー」と再び。

ご親切にどうも。でもタイ語訛りの英語よりは
タイ語で言っていただいたほうが助かるんですが(汗)


実は、当初のプランでは自転車を返した後、帰りの途中に
バーンクンティアン・チャーイタレー通りで行きたいところがあったんですよ。

でも未知のソンテオを見かけたので乗ってみたい衝動に駆られて、
終点のマハーチャイまでつい来てしまいました。


これからどうしようかな(笑)






<交通費>
ソンテオ:20バー66バーツ

※旅は2012年12月27日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


10_map


男臭い中を自転車で突っ切る もう一つの海上寺院へ![9]

シーフード・レストラン「クルア・リムタレー」を11:43に出発。
ついでだからこの道の海側先端まで行ってみますか。

左に進んですぐに行き止まり。
そこには、


09_01


「クルア・ウアン・ソンタイ」というまた別のシーフード・レストランが。
こっちは船でのイルカ見学サービスは行っていないようです。

でも代わりに「リゾート」と銘打った宿泊施設があるようで。

本当に新鮮、本当に美味しく、本当に海に面しています。
と、クルア・リムタレーに対抗したかのような宣伝文句が並んでいます ^_^;)
イルカは、その本当に海に面した店内から見えることもあるようですね。


さて180度Uターンして、来た時の道を自転車漕いで帰りますか!


09_02


ほどなくすると、

んにゃ?


09_03


軍隊!?

な、なぜこんなところに???
軍隊の行列ははるか先まで途切れ途切れに続いています。


09_04


リーダー格の数人以外は20代前半の様子。
ほとんどの人が手に自動小銃を携えているではないですか。

そんな中をのんきに自転車を漕いで追い抜いていくこのバツの悪さ… -_-;)

背後に銃を構えた軍人が大勢いるって、
滅多にできる体験ではないですな。あまり体験したくないけど。


人数の多い集団の中を突っ切る際、


09_05


もわ~っと男の汗のニオイが私の鼻を襲ってくるではないですか。
ぐおっ。

こんな暑い中を重い荷物背負って歩いているんだもんなぁ。
そりゃ大汗かくでしょう ^_^;)

陸軍の行軍訓練ですかね?
それとも大学の教科の一つの軍事訓練(ってあるのかな?)でしょうか?

いずれにしても大変だなー。


09_06


ピッタヤーロンコーン運河に架かる橋を渡り、
ようやくクローン・ピッタヤーロンコーン学校へと続く道路に出ました。

軍隊の行進はここが先頭のよう。
「道を渡るぞ! 急げ急げ!」
リーダーから厳しい声が飛んでいるのが聞こえました。


銃と男のニオイから抜け出した私は、東に向けてさらに自転車を漕ぎ続けます。

お、


09_07


行きにも気になったワット・サハタンマーラームが、
遠くに見えてきました。こちらからの角度で見ると綺麗ですね~。


すると、向こうから一台の車が。
思わず目が点。


09_08


えっ、ソンテオが走ってるの!?

でもクルア・リムタレー方面には行かないだろうな。
ってことは、まっすぐ西へ行ってマハーチャイまでか!?

まさかこんなところにソンテオが走ってるとは!!
これは乗ってみたいぞ。


まずは、自転車を返さねば。
ひたすらクローン・ピッタヤーロンコーン学校まで自転車を漕ぎ続けます…。






<交通費>
自転車を漕いだだけなので:0バーツ
ここまでの合計:46バーツ

※旅は2012年12月27日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


09_map



海の彼方に見えるものは! もう一つの海上寺院へ![8]

海上寺院から南を眺めます。


08_01


この海の、どどーんっていう広がりっぷり!!
気持ちいいなこれは~。

しばし眺めてリフレッシュ。そろそろ戻りましょうか。


08_02


陸地から2kmも沖合にあるんですよ。
よくまぁこんなところに建てたもんです。


船に乗り込み、出発。
時刻は、11:35。

寺院の南側をぐるっと回ります。


08_03


本当に湖みたいに穏やかな海面。


08_04


海上寺院よ、さようなら~!


陸地へと一直線に進む船から、私は右側=東を凝視します。
探したいものがあるんですよ。見えるかなー。


あっ


遥か彼方の海面上にちっちゃく見えるあれは!!


08_05


見えたー!!

バンコク都県境第29標柱です!!

バンコク都県境標柱のうち、海上に建つのは第28と第29の2つのみ。
この第29標柱は、バンコク都サムット・サーコーン県の境界に建てられたものです。

かつては陸地に建っていたものの、海に浸食され陸地が後退。
そんな海岸浸食の被害を伝えるためもあって、元の場所に残してあるんです。

第28標柱は、バンコクシービューレストランの船で見学済み。
いつかこの第29標柱も船で近付いてみたいですねー。

このレストランで頼めば連れて行ってくれるかも。
でもまたの機会としましょう ^^


目的を達成して大満足の私を乗せた船は、陸地へと帰って来ました。


08_06


クルア・リムタレーに近づきます。


08_07


船着き場に到着。
時刻は、11:42。


ありがとうございました!

船頭の男性にお礼を言って、レストラン内へと戻ります。


08_08


そのまま正面へと抜けて、自転車の無事を確認。
盗まれてなくてよかった~ ^_^;)

よし、クローン・ピッタヤーロンコーン学校まで帰りますか。


「ありがとうございます!」

自転車に跨ろうとすると背後から声が。
厨房の男性がニコニコしながら見送ってくれました。

いい店だったな。また来よっと。
でも再度自転車漕いで来るのはなぁ…(笑)


時刻は11:43。
出発!




・・・あ、イルカのことすっかり忘れてた! -_-;)






<交通費>
サービスの船に乗船しただけなので:0バーツ
ここまでの合計:46バーツ

※旅は2012年12月27日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


06_10


海上の寺院に到着 もう一つの海上寺院へ![7]

船は沖に見える海上寺院にどんどん近付いて行きます。


07_01


しかしなんと穏やかな海なんでしょう!
まるで湖のよう。遠浅だからでしょうかね?


船頭さんが寺院の陸地側=北側にある階段にゆっくりと船を近付けます。


07_02


柱に綱を結び付けてから、「どうぞ」と。

落ちないように(笑)、慎重に寺院の階段に足を掛けて体重を移します。


07_03


無事に移れました ^_^;)

階段を上ると、


07_04


小ぶりながらも威風堂々としてますね。

こちらは裏のよう。船頭さんと一緒に正面へ回ります。


「本当は、仏像が祀られているんですよ。」

私は深く考えずに「サーンジャオ(廟)に行きたい」と告げてたんで、
そのことを正されたんでしょう。そうか、中国廟じゃなくて仏教施設なんですね。


07_05


眩しいほどの正面を見上げると、

サーラー・プラプッタ・マハーサムット
と書かれています。

大海仏堂、って感じでしょうかね。
僧侶がいないから、正確には「寺」ではないようです。

それよりも丸いオームシン銀行のマークが気になるじゃないですか。
「オームシン銀行の援助により」と書かれていることから、
どうやらオームシン銀行が資金提供をして建てられたようですね。

小さな漁村にしては随分立派なものを建てたもんだなと
不思議に感じてたんですが、そういうワケなら分かります ^_^;)


07_06


船頭の男性が鍵を開けてくれました。
では、お邪魔いたします。


07_07


思ったよりも立派な仏像が鎮座しています。
しかし外も中も綺麗ですね。落成したばかりなのかな。


「村人が毎日参拝に来ています。」

じゃ、各戸が鍵を持っているんですか?

「いえ、レストランだけが管理しています。」

ということは、村人でも参拝にはレストランから船で来るんですかね?
もちろん食事はしないでいいんでしょうけど。
まぁ、深くは尋ねないでおきましょう ^_^;)


07_08


新鮮なフルーツがお供え物に置かれています。
毎日誰かが来ているのは間違いなさそうですね。






<交通費>
サービスの船に乗船しただけなので:0バーツ
ここまでの合計:46バーツ

※旅は2012年12月27日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


06_10


 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード