タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

サタヒップ

サタヒープ軍港の土産物店 サタヒープ海軍基地内のビーチへ![最終回]

サタヒープ軍港(ジュックサメット港)の
軍艦プッタヨートファー・チュラーロークを後にします。


11_01


空母チャックリーナルベートがいる時にまた来よっと。


11_02


口を開けた元倉庫らしき入口に戻ります。

中の土産物店を覗いてみますか。


11_03


空母チャックリーナルベートのグッズが並んだ店が。

空母をデザインしたキャップの他に、
同じく空母のロゴの入ったTシャツやポロシャツも売られています。

そんな中でも目が釘付けになったのは、


11_04


模型!

縮尺は正確でなさそうですが、よくできてますよね。

値段を聞いたもののうっかりメモるのを忘れてしまいました。
でも200か300バーツだったはず。
いずれにしても安くて驚いたのを覚えています。


他にはミリタリーグッズの店も。


11_05


銃は本物ではない気がしますが、
日本だったら銃刀法違反間違いなしな刃渡りの長いナイフが
何種類も陳列されています…。

店がいくつも並んでいるわりには、
目ぼしいのはこれぐらいですねぇ。


さて、バイタクを呼ぶために戻りますか。


11_06


建物を出てバイタクを降りたポイントへ歩いて行きます。
時刻は、15:03。

衛兵の立つゲートのほぼ向かいに飲み物屋台を兼ねた食堂が
あったのでそこで待つことに。


11_07


ナム・マナオ(ライム・ジュース)25バーツ也。

飲みながらバイタクの男性に電話を入れます。
ついでに5バーツの有料トイレも借りつつ。

しばらくボーッと座っていると、目の前にピックアップ車が停まり、
あの男性が降りてくるではないですか。

あれ、なんで車なんですか?

「チャーターでお客さんを送った足で迎えに来たんだよ。
 値段は同じ150でOKだからね。」

やったー。
エアコンの効いた車内にお邪魔します ^^


タイはどこの国の人もウェルカムだけど、中国は特別。
自分も中華系で妻も中華系だしね、なんて話を聞きながら、


11_08


スクンビット通りを市街地へと向けて走っていきます。

左折してサタヒープ市場へ向かう道に入ってすぐの
左手にあるガソリンスタンドに突っ込んで停車。


11_09


時刻は15:41。

バンコク戦勝記念塔行きロッ・トゥー乗り場まで
連れて行ってくれるとのことなのでお言葉に甘えて~。


11_10


ここかぁ。

バイタクの男性に150バーツを渡しつつ
お礼を言って別れました。


1111


引いて全体の写真も撮っておきました。

場所はここ。グーグル・ストリートビューではなぜか
「サタヒープ-バンナー」になってますけど、
私が行った時はここが戦勝記念塔・モーチット行き乗り場でしたよ。

運賃は140バーツ。
16:10発なので待っていてくださいとのこと。
ちなみに最終便は18:50発だそうで。

16:20に車がやってきて乗るように言われるものの、
私が写真を撮っていると運転手のおっさんがなぜか怒り出して
写真を撮るヤツを乗せたくないなどと抜かして、
数十メートル先の別業者の乗り場に停車。

あっちに移れ、と。

はて? 虫の居所が悪かったのかな。
それかたった2名しか乗客がいなかったから
運転したくない理由をこじつけたのか…。

まあいいや。あんな運転手の車にはこっちだって乗りたくないし ^_^;)

そんなワケで車を移ってすぐに出発。
16:31発。


途中とくに渋滞につかまることもなく順調に走り、


11_11


戦勝記念塔北側の高速道路下に到着しました。

時刻は、18:48。


11_12


綺麗なビーチと軍艦を見たサタヒープからたった2時間余りで
BTSの走る見慣れたバンコクに戻ってきてしまい、
気持ちの切り替えが間に合いませんよ(笑)


てな感じで、今回の旅もこれにて完結です。

サタヒープには空母チャックリー・ナルベートを見に
またぜひ行きたいですね。
その際にはサメーサーン島にもチャレンジするかも。


次回シリーズはまだ準備中です。
しばしお待ちください ^_^;)

<旅費交通費>
バイタク運転手の車:150バーツ
ロッ・トゥー:140バーツ
ここまでの合計:605バーツ

※旅は2015年7月26日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり

ジュックサメット港

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

軍艦プッタヨートファー・チュラーローク サタヒープ海軍基地内のビーチへ![10]

せっかくサタヒープ軍港(ジュックサメット港)まで来て
目の前に軍艦がいるんだから、内部も見てみたいですよね。


10_00


でも外国人は艦内立ち入り不可なので、
居合わせたタイ人にカメラを預けて写真を撮ってきてもらいました。

軍艦プッタヨートファー・チュラーローク艦内の様子を見てみましょう。
撮影者はあくまでタイ人ですよ…。


10_01


入口を上がったところ。

海軍の人らしき姿も入口近くに見かけましたが、
別にチェックしているでもなくただ立っているだけな気が。


10_02


右舷の通路を前方に進んでいくと、


10_03


このエアコン室外機、SHARP製です。

過酷な環境で使うならやはり日本メーカー製ですよね。
さすがタイ海軍さん、わかってらっしゃる ^^


10_04


ゴチャゴチャして迷路のようで楽しそう。


10_05


最前部から振り返った様子。

左隣の船は、
พุทธเลิศหล้านภาลัย
PHUTTHALOETLANAPHALAI

タイ語に即して読むと、
プッタルート・ラーンパーライ

就役は1998年、全長133.5mで
こちらの船プッタヨートファー・チュラーロークの姉妹艦です。


10_06


艦橋にはガルーダが。

そういえばチャオプラヤー川河口に保存されている
日本製軍艦メークローン号は船首にガルーダがあるので、
戦後に位置が変更されたんでしょうかね。


10_07


1階上になるのかな?
後部のヘリポートです。


10_08


プッタルート・ラーンパーライとこんなにくっつけて停泊させて
波でお互いがぶつかったりしないのか老婆心ながら心配したり。


10_09


操舵室。
結構狭い印象。


10_10


操舵室から前方を眺めた景色。

左手の長い倉庫の、黒く口の開いたところが
岸壁側への入口です。


10_11


プッタヨートファー・チュラーローク(右)と
プッタルート・ラーンパーライ(左)。


…てな感じでした。
艦上にはとくに土産物の売店などはないようですね。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:315バーツ

※旅は2015年7月26日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ジュックサメット港

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ナムサイビーチからサタヒープへ サタヒープ海軍基地内のビーチへ![8]

できることならここでもっとまったりしていたいんですが、
もう一か所行くところがあるので、そろそろ切り上げますか。


08_01


澄んだ綺麗な海を最後にしっかり目に焼き付け、
ビーチを後にします。


とりあえず足を洗いたいな、と向かったのは、


08_02


シャワー室。

シャワーとトイレで5バーツの有料。
このテントで支払います。 もちろん男女別ですよ~。

中はというとですね。


08_03


入口を入ったらいきなりシャワー室。脱衣所なんてありゃしません。

足をチャチャッと洗って、端っこで濡れないように
短パンからズボンに履き替えました。

まあ、濡れても強烈な日差しであっという間に乾いちゃいますけど。


外に出てきて喉の渇きを潤すために、


08_04


テントで無愛想な子供が売っている
オレンジジュースを購入。10バーツ也。

これを飲みながらまた歩くことに。
ナムサイ・ビーチよ、さようなら~。

13:13出発。


08_05


土嚢が積まれた検問を過ぎます。

この時間、強烈な日差しがまともにてっぺんから降り注ぐので
首の後ろがヒリヒリし出しましたよ。

帰ってから気付いたんですが、
腕もここ数年でもっとも日焼けしてました。

それよりも大失敗したのが、頭。
相当日焼けしたようで、帰国後しばらくすると
頭皮がむけ始めたんですよ。

そうしたらなんと、最近気にしていた薄毛が
急速に進行してしまったのです!
日焼けで薄毛になるなんて知らなかったよー(号泣)


散髪に行った際に美容師さんにその旨を嘆いたところ、
「お客さんで髪が増えた男性がいて、聞いたら○○○の育毛剤
 使ってると言ってましたよ」との気になる情報が。

速攻で購入した私でした(笑)

使用してまだ2か月ほどですけど、
確かに多少改善したようでとりあえず一安心。
しばらく継続してみますか。

私みたいなことにならないよう、みなさんも強烈な日差しから
頭も守ることをどうぞお忘れなく~ ^_^;)


オレンジジュースの塩分のお陰で熱中症にもならず
元気が回復して軽快な足取りで歩いて行くと、


08_06


ん? 何かいるぞ。


08_07


ウマが放牧されています。なんとのどかな。
そういえばナムサイ・ビーチ近くでもシカが飼われてましたよ。

海軍基地内というより公園にいるみたいな錯覚を覚えていると、


08_08


水兵さんが自転車で追い抜いていく光景に
ああ、やっぱり海軍基地だと。

で、ようやくゲートが見えてきました。


08_09


ゲートの先に目をやると、向こうの木陰に
ソンテオが停まっているではないですか。
あそこが起点なのか。

何事もなくサタヒープ海軍基地を出ました。

時刻は、13:28。
ビーチから15分なので行きより5分早かったですね。
道を間違えた分か。


08_10


サタヒープ中心部行きソンテオに乗るとすぐに発車。

ペルクラ・ファーム
前を通過した後、往路と違い
チョン・サメーサーンの集落商店街に入っていきます。


08_11


で、奥まで行ったところでUターン。

チョン・サメーサーン
を抜けしばらく走ると、


08_12


線路を渡りました。

国鉄東線チャチュンサオ-サタヒープ支線です。

と言ってもサタヒープまでは旅客営業をしていなくて、
フアランポーン駅と結ぶ1日1往復の列車はサタヒープ11km手前の
バーンプルータールアン駅(บ้านพลูตาหลวง)で折り返しています。


スクンビット通り
に出て西へ進んだソンテオは、


08_13


サタヒープの町に到着。

信号を越えたところで下車しました。
時刻は、14:05。

道の反対側が今朝ロッ・トゥーを下りた場所。
その辺りからバイクタクシーに乗ろうと思いまして。
これから行く先はソンテオが走ってないんですよ。

軍艦を見に行きます。




<旅費交通費>
ソンテオ:25バーツ
ここまでの合計:165バーツ

※旅は2015年7月26日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ナムサイビーチ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

海軍基地内のナムサイ・ビーチ到着! サタヒープ海軍基地内のビーチへ![7]

最後の真っ直ぐな道を歩き切った先には駐車場があり、
そのすぐ先にもう、


07_01


海が広がってますよ~!!

サタヒープ海軍基地
入口から徒歩20分で目的地の
ナムサイ・ビーチ(หาดน้ำใส)に到着!

時刻は。12:44。
場所はここです!


早速砂浜に走り下りますか~。


07_02


こちらが東側。


07_03


で、西側。

こんな感じでなかなか広いビーチじゃないですか。


駐車場の車の陰で短パンに履き替えビーチに戻ります。
肝心の海の透明度を直に入って確かめないと(笑)


07_04


ほら、こんなに綺麗なんですよ!!

島ならあり得ますけど、本土でここまで透き通った海って
少なくともバンコク日帰り圏内に他にはないんじゃないでしょうか?

ちなみにビーチ名のナムサイとは「透き通った水」の意味。
さもありなんですね~。


07_05


やや生ぬるい海水が気持ちいい~。

もう思いっきり泳ぎたい衝動に駆られましたけど、
ヘトヘトになったら旅が続けられないので踏みとどまりました ^_^;)


07_06


お客さんはタイ人ばかり。それも家族連れがほとんどですね。

実はこのナムサイ・ビーチは一般に開放されてから
まだ数年の新しいビーチなんですよ。

ここからもう少し北西に以前から開放されている
ナーンラム・ビーチナーンローン・ビーチがあるんですが、
そちらはもっとお客さんが多く外国人の姿も見かけるようです。

たぶんナムサイ・ビーチはまだあまり知られていないことに加えて、
海軍基地入口がナーンラム・ビーチナーンローン・ビーチ側の入口より
敷居が高く見えるために、お客さんが比較的少ないのかもしれません。

とは言っても、


07_07


この程度の人数は訪れています。

みなさん木陰に陣取ったり、


07_08


何棟も建っている茅葺の小屋の下で日差しを避けているところが
やはりタイ人らしいですね ^^


07_09


飲食物のブースもあったり、


07_10


サメーサーン島渡し船桟橋のところにあった
Frog Coffeeがここにも出店してたりで
必要最低限の施設はほぼ揃ってますね。

欲を言えば更衣室が欲しいところ。

もしかしたらあるのかもしれませんが、
私は気付きませんでした。

シャワー室はあるんですけどね。


海軍基地
内ということで二の足を踏んでしまうかもしれませんが、
たぶん外国人でも車を運転して入れると思いますよ。
少なくとも徒歩で入れることは私が証明しました(笑)
なのでもし最悪車がダメでもミュージアムに駐車して歩けばOK。

とにかく透明度の高いビーチなのでオススメです!




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:140バーツ

※旅は2015年7月26日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ナムサイビーチ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ニモに会える!ペルクラ・ファーム サタヒープ海軍基地内のビーチへ![4]

シーフードのクイッティアオ屋で早めのランチを終え、
漁村チョン・サメーサンからサタヒープ海軍基地へ向けて歩き始めました。

ほどなくして左手に奇妙な建物を発見。


04_01


倉庫っぽくも見えますが、入口に

プークーラー アニメ・フィッシュ・ファーム
เพอคูล่า ฟาร์มปลาการ์ตูน

と書いてあるではないですか。
場所は、ここです。

アニメの魚????
覗いてみることにしました。

すると右手に


04_02


ブースがあり、ファーム入場券販売。子供10バーツ 大人20バーツと。

水族館かなー。
やたら安いしハズれてもネタになるからいいかなと
入ってみることに(笑)

時刻は、11:25。

代金を払って待っていると
「券はないのでそのままお入りください」と。

「入場券販売」って書いてあるから待っちゃったじゃないか ^_^;)


04_03


反対側の入口から入りま~す。


順路に沿って並んだ水槽には、


04_04


ニモじゃないか!!


カクレクマノミって言うんでしたっけ?
いかにも熱帯魚なカラフルな体でゆっくり、
時にはピュンピュンとすばしっこく泳ぎ回っています。

後で調べたところ、ここの名称、タイ語読みでプークーラーは
英語のPerculaのこと。
日本ではペルクラと呼ばれるクマノミの仲間の名前でした。

よく見たら英語で「PERCULA FARM」との表記もありましたよ。
ペルクラ・ファーム…つまりクマノミ・ファームと言いたいんでしょうね。


水槽には、


04_05


カクレクマノミ以外のクマノミだかペルクラだかもいます。
微妙に模様や色が違うんですよね。


04_06


順路にもクマノミ・ファミリーのイラストが~ ^^


04_07


お、こんなのまで。


ここのオーナーさんは、子供の頃から父親の影響で海水魚が好きで、
大学もその分野を学べるところを選んだそうですよ。
さらにアメリカの大学に留学までして学んだんだとか。

そして夢を実現させるために2001年、
この地を賃借して海水魚の養殖場を始めたのでした。

最初は飼育が簡単なクマノミから養殖開始。
徐々に拡大し土地も購入して現在の姿に。

100種類の海水魚を飼育し、沖合1.5kmにはいけすも所有。
ここまで夢を実現させるとは立派なもんですね。


海水魚水槽→
との案内板に従って進むと、

04_08


外にはデカい水槽がたくさん並んでいます。

近寄って覗き込むと…


04_09


エサをくれると勘違いしたクマノミが
いっせいに集まって来るじゃないですか!

かわいいなー ^^


04_10


顔を水面から出して物欲しげな表情のクマノミちゃん。
つぶらな瞳がなんとも言えません(笑)

クマノミの販売もしているそうですよ~。


進むにしたがって水槽には大きめなクマノミやその他の魚が。

気付くと向こうはもう、


04_11


海なのでありました。


04_12


うーん、透明度イマイチかな。

目指す海軍基地内のビーチは右手に見える山の裏側。
あっちまで行けば本当に綺麗なビーチがあるんだろうか。

少々不安になってきました。
その前に入れるかどうかがまず関門ですけど ^_^;)


とまあ、そんな感じで20バーツにしては
かなり楽しめたペルクラ・ファームを後にします。

時刻は11:47。


出て左へ道なりにほんの2,3分歩くと、


04_13


いよいよだ。

見えますか?
正面の三角屋根がサタヒープ海軍基地入口の検問です。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:140バーツ

※旅は2015年7月26日(日)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ペルクラファーム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード