タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

クロントイ・スラム

クロントイ市場行きソンテオ クロントイ・スラムへ[最終回]

クロントイ・スラムの路地からまた高速道路下に出てしまったので、
このまま高速道路下を突っ切って、西からケーハ・パッタナー通りに
入ることにします。


06_01


ここは雨も強烈な直射日光もしのげていいでしょうね。
でもその分、暗いし不衛生な気がしなくもないですが。


06_02


この車は何のために小屋に組み込んであるんだろう?
しばし立ち止まって考え込んでしまいました(笑)

そのまま歩いていくと、高速下を横切る通りに出ました。
直進すると、5年半前に迷い込んだ高速下のロムクラオ・コミュニティ
なんですが、今回はここを左折。ほんの数十メートル歩くと、


06_03


ケーハ・パッタナー通りの西端に辿り着きました。
正面の道を奥まで行けば、さっきの70ライ十字路です。

ここで心変わり。右へ歩いていきますか。
というのも、グーグル・マップのストリートビューでこの辺りを眺めていたら、
右の路地にソンテオが走っているのを見つけたんですよ。

実はそれに乗りたくてクロントイ・スラムまで来たのです(笑)

右へ道なりに歩いていくと、


06_04


あれは、クロントイ港の港湾労働者住宅なんでしょうね。
…なんて思っていると、


06_05


ソンテオが来た!

行き先を確認する暇がなかったけど、ええい、乗り込んじゃえ。
時刻は、12:27。

ケーハ・パッタナー通り
に入り東進していると、
公務員らしき制服の女性が下車。


06_06


クロントイ・スラムの細い路地に消えていきました。

そうですよね。普通の人だって普通に生活しているんですよね。
数十年前ならともかく、今ではそんなに劣悪な状態ではないんじゃないでしょうか。
勿論70ライ十字路に軒を並べるNGOや支援組織の援助の賜物でも
あるんでしょうけど。


06_07


ソンテオは70ライ十字路を過ぎたどん詰まりで停車。終点でした。
運転手に運賃を支払います。8バーツ也。
時刻は、12:32。

車体を確認すると、「70ライ-クロントイ」と。

じゃ、今度は折り返しに乗って逆の終点まで行ってみますか。
でもしばらくどの車も出発する気配が無いので周囲を散策。

すると「70ライ エカマイBTS クルアイナムタイ」と
書かれたソンテオが佇んでいるではないですか。

さっきクロントイ・スラムに来た時に見かけたのが、それかな。

ちょっと探りを入れてみましょう。
近くのジュース屋台でコーラを買いつつ、
ここ発着のソンテオ路線の行き先を尋ねてみると、

クロントイ市場エカマイ駅行きがあるけど、
 エカマイ駅行きは朝夕しか出てないよ」

とのおばちゃんの返答でした。

さっき見かけたのはもう昼の時間帯なんだけど。うーん。


突っ立って待っているのも何なので、ケーハ・パッタナー通り
コーラを飲みつつ散策しながら待ってますか。

西へ向かって歩いていると、


06_08


こんな車が。というかクロントイ・スラムではよく見かけます。
最初これもソンテオだと勘違いしていたんですが、
いわゆるシーローっていうトゥクトゥクみたいなタクシーですよね。


結局さっき70ライ行きソンテオに乗った場所まで歩いて来たところでようやく


06_09


クロントイ市場
行きソンテオが登場。

乗り込みまーす。時刻は、13:00ちょうど。


くねくねと路地を進みクロントイ港の西ゲート前に出たソンテオは、
47番バスなどの起点バス停前を通過して北上していきます。


06_10


高速道路をくぐったところで左折。

そしてまた北上し、クロントイ市場メイン・ゾーンの道を挟んだ西側に
入り込んで停車。


06_11


ここが終点なのか。時刻は、13:11。


せっかくクロントイ市場に来たので買い物して帰りましょう。


06_12


キロ60バーツの立派なマンゴー(ナム・ドークマイ種)をゲット。
宿で食べましたが美味しかったですよ~。


ラマ4世通り
クロントイ交差点に出て、
歩道橋でアソーク通りラチャダーピセーク通り)へと。

数十メートル先にありました。


06_13


左手に見える丸みのある屋根が地下鉄MRTシリキット会議場駅入口です。
時刻は、13:29。

クロントイ市場
に近いのはクロントイ駅ではなくシリキット会議場駅なんですね。
ぼーっとしてたら間違えそう ^_^;)


これにて今回の旅も完結です。

ショートトリップでしたがこの日は暑かったので結構バテましたよ。
でもようやくありのままのクロントイ・スラムをこの目で見れたように思い、
満足した旅となりました。

次回は、飛行機での1日旅第2弾をお届けします。
行き先は、チェンマイ




<旅費交通費>
70ライ行きソンテオ:8バーツ
クロントイイh芝行きソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:30.5バーツ

※旅は2014年9月19日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり

クロントイのソンテオ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

クロントイ・スラムの路地へ再び クロントイ・スラムへ[5]

ドゥアン・プラティープ財団南側の十字路の辺りは、70ライという地名のようです。
「70ライ 開発集落コミュニティー バンコク都」という看板が立っていました。

1ライ=1,600平方mなので、70ライ=112,000平方m、
つまり11.2ヘクタールですか。

計算すると、東京ドーム約2個半分の広さ。

ところで何の広さなのでしょうか? ^_^;)
クロントイ・スラム全体?
クロントイ港も含めたこの一帯?

よくわかりません…。


そんな70ライの十字路から、東西に貫くクロントイ・スラムの目抜き通り、
ケーハ・パッタナー通りを西へ歩いてみますか。

すると十字路の角にある食堂から日本語が男性の声で聞こえてきました。
NGOの方なのかな。ランチ中のようで。


05_01


ケーハ・パッタナー通り沿いには、コンビニまであるんですよ。
知らなければ普通の町並みに見えますよね。

その向かい辺りの細い路地にまた入り込んでみることにしました。
そのまま北進して線路へ抜けようと。


05_02


入口付近はやはり普通と比べて遜色ない家屋が並んでいます。

綺麗なランがお供えされた祠や消火栓の横を過ぎさらに進むと、


05_03


奥へ行くに従い屋並みが粗末に。


05_04


さらに細い路地が左右に何度も曲がります。


05_05


屋並みが再びやや良くなってきたなと思っていると、前方に線路が。
やった。線路に出た~!

ほっと一安心というのが正直なところ。

この辺りは奥に入るとまだ粗末な小屋があって見通しも効かないので
ちょっと怖いですね。

…なんて考えながらどっちへ進もうか思案していたところ、背後に人の気配が。
ハッと振り向くと、

20歳ぐらいの綺麗な女性が溢れんばかりの笑顔で
私を見つめているではないですか。

ドキドキしていると、女性は振り向きつつ線路を東へと歩いていったのでした。


05_06


なんだったんだろう、あの女性。
しかし笑顔がこの上なく可愛かったです。嬉しいぞ ^^

うむむ、でもあっちへ行ったらただのストーカーだな。
じゃ、私は西へ(笑)


05_07


この左手にはモスクがありました。
右手はイスラム料理の食堂。

イサーン出身者がムスリムって珍しいと思うので、
深南部出身者かモン族でクロントイ・スラムに住んでいる人が
いるってことでしょうかね。


05_08


高速道路の下に出ました。
割と立派な造りの商店まである高速下スラムから、
再び左手の細い路地に入ってみます。


05_09


この辺の家屋はまったく普通ですよね。


05_10


奥にはこんな広場?が出現。
洗濯物を干す場所かな。くくりつけられた破れた傘の意味は?

くねくねと歩かされているうちに、とうとう方向感覚を失ってしまいました。
さすがに焦り始めます。でもとにかく歩いていれば、どこかには出るでしょう。


05_11


前方にマットレスを運ぶおばちゃん出現。
後に着いて歩きます。ちょっぴり安心 ^^

すると…


05_12


またスラム北側の高速下に出てしまったのでした。
ケーハ・パッタナー通りに戻りたかったのに。

まあいいや、高速下スラムを突っ切って、
ケーハ・パッタナー通りに西から回り込みますか。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:14.5バーツ

※旅は2014年9月19日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クロントイ2

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

クロントイ・スラム北東入口 クロントイ・スラムへ[4]

木材屋街伝いに西へ歩いていくと、


04_01


向こうに高速道路入口の料金所が見えてきました。
5年半前に来た時の記憶では、このすぐ左手に…


04_02


やっぱりあった!

パッタナー4-5-6コミュニティー
ようこそ WELCOME

との看板が。

ここがクロントイ・スラムの北東側入口なのです。
前回はここから出てきたので逆の道を辿ることになりますね。

時刻は11:57。
線路を渡りゲートをくぐって真南へ歩いていくと…


04_03


あんれ? ソンテオが追い抜いていったぞ。
あんな路線もあるのか。エカマイ方面からでしょうか。


この右手が、もっとも家屋が密集しているゾーン。
下の地図でいうと、西(左)の濃いグレーの高速道路脇まで広く続いています。

突き当たりの学校から右のソイへと。

ソイ沿いの屋並みを眺めているうちに、
間の細い路地に分け入ってみたくなりました。

右手にある路地を覗き込んでみます。
下の地図では「クロントイ・スラム」の「ム」の上あたり。


04_04


水が溜まっています。

元は沼地の上に不法占拠のスラムができ、ここまで発展したところなので、
今でも水はけが悪いのかもしれませんね。

以前は板張りの路地の下には沼地の水面が見えていたそうですが、
路地のコンクリート舗装化後は、そんな光景は多分もうどこにもないのでしょう。

ちょっと入ってみますか。
(※危険もあると思いますので、立ち入りを勧めるものではありません。)


04_05


路地は左右に折れながら奥まで続いています。
観葉植物が飾ってあったりで、意外と普通ですよ。

元のソイへ戻ろっと。


04_06


クロントイ・スラムってスラムの代名詞みたいに言われているので、
内部はさぞかし粗末な小屋が密集しているんだろうと思っていましたが、
屋並みだけに関して言えば、予想外に普通のスラムという感想を抱きました。

まだ路地1本しか見ていないので断言はできませんけどね。


さて、元のソイを道なりに歩いていくと、


04_07


右手には学校があり、さらにその南側には、


04_08


有名なドゥアン・プラティープ財団の白いビルが佇んでいます。

そのすぐ先は十字路。


04_09


ちょっと歩いてきてしまいましたが、
「国王陛下万歳」の看板の向こうにその十字路が。

下の地図だと、「クロントイ・スラム」の「ム」の字の左下角です。

右へ行くとドゥアン・プラティープ財団
左へ行くと碁盤目状に綺麗に区画整理されたスラムが続き、
突き当たりの壁の向こうはクロントイ港になります。

個人的には、この十字路がクロントイ・スラムの中心だと
勝手に思っています。

それには理由があって、この十字路一帯には
ドゥアン・プラティープ財団をはじめ、
多くのNGOや各種支援団体の施設が建ち並んでいるんですよ。


04_10


シーカー・アジア財団もその一つ。

あれ?
以前来た時はこんな立派な建物じゃなかったような記憶があるんだけど…。


04_11


中を覗いたら、「ようこそ 未来ブラリーへ」と
日本語で書かれていて驚きました。

ウェブによると、このクロントイ・コミュニティ図書館「未来ブラリー」 は、
2014年11月29日に「改修後のオープニング・セレモニー」が行われたとのこと。

やはり綺麗になったということなのか。
そしてこの時はまだ正式オープン前だったんですね ^_^;)


さあ、かなり暑くなってきましたがせっかく来たので、
クロントイ・スラムをもっと歩いてみましょう。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:14.5バーツ

※旅は2014年9月19日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クロントイ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

バンコク大学クルアイナムタイ・キャンパス クロントイ・スラムへ[3]

廃線通りとクルアイナムタイ通りの交差点左角のバンコク大学で
ちょっと一服するとしましょう ^^


03_01


バンコク大学は、1984年設立。
私立の中でのレベルは、アサンプション大学に次ぐ2番手でしょうかね。

キャンパス内に足を踏み入れ、学食を探します。
賑やかな一角を探せば大抵、そう。
歩いているうちに先に見えるビル1階から喧騒が聞こえてきました。


03_02


間違いない。ここだ。


03_03


今まで訪れたことのあるどの大学の学食とも雰囲気が全然違うぞ!

自由 オシャレ 大人っぽい

そんなイメージが瞬時に頭に浮かびました。

男性は顎ヒゲ生やしたチョイ悪系率高し。
女性はロングの明るい茶髪率高し。そして細い!

そうか。今まで国立大学の学食しか行ったことがなかったもんな。
私立になると、こうも校風が違うのか。

自由でいいけど、保護者はお金がかかりそう ^_^;)


03_04


学生だけでなく、ブースも洗練されていて、
まるでどこかのショッピングセンター内のフードコートみたい。


03_05


英語まで併記されてるじゃないですか。

そう言えば、欧米人学生の姿もよく見かけます。
インターナショナルのコースがあるからなんでしょうね。

バンコク大学
は、ここクルアイナムタイ・キャンパスの他に、
バンコク北方パトゥムタニー県内にランシット・キャンパスもあります。
学部によってキャンパスが異なったり、1,2年次はランシット
3,4年次はクルアイナムタイという学部もあったりで、ちょっと複雑そう。

インターナショナル課程は、各専攻とも4年間ここみたいですね。


さて私はというと、


03_06


チャーイェン(アイスミルクティー)を購入。
20バーツ也。学食にしては高め。さすが私立。


一服できたので、バンコク大学を後にして歩き始めます。
時刻は、11:43。


03_07


相変わらずトラックが列をなして行き来していますね~。
あちらへ向かい、高速下の橋から右手を眺めると、


03_08


ここも広い意味ではクロントイ・スラムでしょうね。
位置的には先ほど歩いた廃線通りの裏手になります。

この先、クロントイ港ゲート前の交差点を右折。
運河に沿って西へ歩き、渋滞中の道路を渡ることに。


03_09


大きな車ばかりでちょっと怖いけど、
渋滞でまったく動かないので大丈夫でしょう ^_^;)


さらに西へ歩きます。


03_10


さっきからちっとも動かないんですけど、
ここを抜けるのに何時間かかることやら。お疲れ様です…。

ちなみに左手の道路沿いには、


03_11


木材屋が数百メートルに渡って連なっているのです。

中には木材だけでなく、家具を組み立てて販売している店も。
でも、クオリティーはかなり低め。

この木材屋街の裏手に回るとですね。そこには、


03_12


線路があるのです。
…ってこの辺りのことは、2009年12月に訪れた際にも書きましたね ^_^;)

その時頂いた近隣にお住まいだった方のコメントによると、
夜間のみ貨物列車が走っているのだとか。

なので安心して線路上にも木材を広げて
トンカンやっている店もあったりします。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:14.5バーツ

※旅は2014年9月19日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クロントイ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

こんなとこに木材屋街 ジツは知らないクロントイ [10]

パッタナー4-5コミュニティーを出たところで、
私はアートナロン通りを東に歩いてみることに。

アートナロン通りの北側には並行してフアランポーン運河が、
そしてその上には高速道路が走っています。

一方の南側には、例の線路がやはり並行しています。

その線路両側ですが歩き始めてすぐに、木材をうず高く積んだ小屋が
所狭しと並んでいる光景に出くわしました。


木材屋街


木材を販売しているようですね。
両側にびっしり延々と続いています!


木材屋街


勝手な想像ですが、クロントイ・スラム内で見かけた
「パレット」が出発点では?

つまり、最初はパレットをバラして「木材」として販売したのが、
段々と木材全般を扱うようになったと。
当たってますでしょうか?(汗)


中には、テーブルや椅子など、ホントに簡単な家具を
組み立てて販売(?)している小屋もあります。


木材屋街


作業場は・・・線路の上だったりします!(笑)


でも、正直言って、出来はイマイチ。
塗装も雑ですし、私でも作れるような…(汗)

きっと他と比べると破格の安さで、
それなりにそういう需要があるのかもしれませんね。


いやぁ、しかし一体何店舗集まってるんでしょうか。

アートナロン通りの反対側に渡って見渡してみます。


木材屋街


端から端まで続いています!




<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計: 7バーツ

つづく


※旅は2009年12月28日(月)に行いました。


木材屋街

※クロントイ・スラムを再訪した「クロントイ・スラムへ」(全6回)も
 あわせてお読みいただけたら嬉しいです。

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログへ



★★★お薦めのタイ語学習書★★★

   
あなただけのタイ語家庭教師 (CDブック)
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード