タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

ウドンタニー県

ノックエアーでドンムアン空港着 ウドンタニー日帰り旅[最終回]

搭乗したウドンタニー空港15:35発のノックエアーDD9213便は、
順調にドンムアンへ向けて飛行を開始。

CAさんの機内アナウンスを耳を澄ませて聴いていると、
タイ語のアクセントがちょっと変なのに気付きました。

さらに否定語(~ではない)のไม่(マイ)をบ่(ボ)と
言っているではないですか。

なんと、イサーン語訛りでの機内アナウンスでした。
やりますね、ノックエアー(笑)


09_01


機内食は往路と同じくAuntie Anne's。

今回は濃厚なチョコでコーティングされたプレッツェルでした。
これがなかなかに美味しいのです ^^


山並みの景色だったのが、バンコクへ近付くにつれて、


09_02


地平線の先まで広がる田園風景に!

インラック政権の間はコメ輸出量が世界2~3位に落ちていたものの、
今年は悲願の1位に返り咲いたコメ輸出国タイの原風景と
いえるのではないでしょうか。


そして同じ形の家々が建ち並ぶムーバーン(新興住宅街)の
上をかすめて、 ドンムアン空港にほぼ定刻16:35のとおりに着陸。

空港内に移ると、


09_03


うおー、懐かしい!!
そう、こうでしたよドンムアン空港って。

やばい。涙が出そうですよ。


さらに追い打ちをかけるように、


09_04


sawasdee」が昔のまんまじゃないですか! (>_<)

タイに通い始めた頃の思い出が走馬灯のように勝手に頭をよぎります。

この部分って今は国内線で使ってるんですね。


ゲートを出た先の光景も同じ。
もちろん、


09_05


アマリ・エアポートホテルやバス停、国鉄駅へ向かう
歩道橋へのエレベーター乗り場も昔のまんま。

それじゃぁ昔のまま上がってみますか。


09_06


記憶に従って右手の扉を開けます。
正面の階段は下りずに、


09_07


外側の連絡通路を渡って、


09_08


国鉄ドンムアン駅にやって来ました。

実はこの駅に来るの初めてなんですよ。
以前はタクシーかエアポート・バスばかりだったので。

時刻表をチェックすると数十分後の列車があるものの、
駅構内アナウンスが流れ、その列車は到着が遅れるとのこと。

うげ、待ちきれないので計画変更。
路線バスにしますか。


連絡橋を戻って、ウィパワディー・ランシット通りへの階段を下ります。


09_09


階段の先でタクシーが客待ちしているのも変わりませんね~。
でも以前はこんな柵は無かったはず。

まだ先へとずんずん歩いていきます。

すると、


09_10


バス停に到着。
間もなくして、やって来ました。


09_11


29番エアコン・バス。
これでBTSモーチット駅まで揺られていきますか。

時刻は、16:59。

モーチット駅下には、17:33に到着しました。


というわけで、今回の旅もこれにて完結です。

日帰りでのウドンタニー旅行は慌ただしくなるかと予想したのですが、
幸か不幸かあまり見どころが無かったので、
ちょうど時間的には良い塩梅でした。

巨大アヒルがいなかったのが残念でしたが、
有名店2店でウドンタニー名物の料理を食べられたから満足です ^^


次回は、鉄道を使ってやや遠出した旅をお届けしようと思います。
後半うっかり散々な目に遭ってしまいましたが、どうぞお楽しみに!





<旅費交通費>
29番エアコンバス:16バーツ
ここまでの合計:3,358バーツ

※旅は2014年5月15日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



   
あなただけのタイ語家庭教師 (CDブック)

ランドマーク・プラザで妥協のランチ ウドンタニー日帰り旅[7]

セントラル・ウドンタニー内で涼みすぎちゃいました。
気付くと1時間以上経過 ^_^;)

そろそろ行きましょう。

セントラル
前の通りを渡り反対側で待っていると、


07_01


ソンテオがすぐにやって来ました。

9番って書いてありますね。
さっき15番ソンテオの後ろにいたやつじゃないですか。
乗っちゃいましょう!

時刻は、12:13。


このまま道なりにノーン・プラチャックプラチャック沼)方面へ
真っ直ぐ走ると思いきや…いきなり右折して北へ一直線!

ありゃー、中心部から遠ざかる…。

町並みどんどん静かになっていくのを見て、堪らずブザーを押して下車。
時刻は、12:19。


07_02


下の地図でいうと「噴水五差路」の「差」の字のあたりです -_-;)

仕方ない。ランチをする店を探しがてら歩いて戻るか。

でもウドンタニーならではの料理どころか、
食堂すらほとんど見かけないんですよ。
人口的にそんなもんなんですかね?

それとも夕方になれば屋台が並ぶんでしょうか。


一向に目ぼしい食堂が見つからないまま歩き続けていると、
黄色い目立つアメ車が。あれ?


07_03


ラオス・ナンバーだ。
そうか。国境を跨いで行き来できるんですね。


15分で噴水五差路ハー・イェーク・ナンプ)まで戻って来ました。
うーん、カーオ・ピアックの辺りなら食堂があるかも。

さらに8分歩いて、クロムムーン・プラチャック・シンラパーコム親王像の立つ、
プラチャック親王ロータリー到達。

右折してシースック通りに入り、カーオ・ピアックまで来たものの
他に食堂が見当たらず。みんなどこで食事してるんだー!


そのまま通り沿いを歩き続けると、代わりに出現したのは…


07_07


ウドンタニー刑務所
-_-;)


町のはずれまで来た感があるので一本北のポーシー通りへ。
賑やかな商店街に出ると、


07_04


お、アヒルだ(笑)

これに「UDONTHANI」って書くだけで
立派なウドンタニー土産に変身するじゃないですか。
観光客に売れると思うんですけどねー。なぜ誰もやらないんだろ?


こっちにある、


07_05


この円盤状のもの、コムローイでした。

私、コムローイが空に上がっているのをまだ見たことが無いんですよ。
コムローイの実物を見るのも勿論初めて。

まさかこんなところでお目にかかるとは(笑)

「コムローイ各サイズあります」と書かれています。
へえ~、色んな大きさがあるんですね。知りませんでした。


07_06


これだけ賑やかなポーシー通りなのに食堂ほぼ皆無!
見かけたのはカオマンガイやソーセージの屋台だけ。

さすがに暑さと歩き過ぎで疲れてきましたよ。
もう朝カイガタを食べたキンオーチャーでいいかな。

と思い、行ってみると…既に閉店。
忘れてた。11:00で閉まっちゃうんでした -_-;)


さらに一本北の道に出るも、相変わらず食堂が見当たらず。
いったいどうなってんだー。

すると、


07_08


Landmark Plaza なるショッピングセンターが出現。
もうここでいいや! 涼めるし。 時刻は、13:23。

ソンテオを降りてから1時間あまり歩きづめでした -_-;)


エスカレーターで営業店が少なく淋しい各階を通過して上階に上がると、


07_09


綺麗なフードコート発見。

ヘトヘトになった私はもうなんでも良くなって
パット・ガパオ(挽肉のバジル炒めご飯)を食べたのでした。

ウドンタニー
まで来て何やってんのやら(笑)

でもこのフードコート、見晴らしが結構いいんですよ。


07_10


こんな感じでウドンタニー市街を見渡せます。

中心部に3つ並んだロータリーのうちまだ見ていない
一番北の「時計台ロータリー」が中央やや上に少し見えていますね。


ガパオを喰らいつつウドンタニー空港までの足をどうするか考えます。

トゥクトゥクで行ったらつまらないしなと、ためにしiPhoneで
「ウドンタニー空港 ソンテオ」とタイ語でググってみると、
pantip.comのこのスレッド

「空港出入口(ウドンピチャイラック学校反対側)から15番ソンテオに乗る」

とあるじゃないですか!

15番ソンテオって言えば、私がUD TOWNのところまで乗った路線です。
よし、あの15番ソンテオでウドンタニー空港へ向かってみましょう。

飛行機の出発時刻は15:35。
もう13:40です。やばっ。そろそろ出ねば!




<旅費交通費>
9番ソンテオ:7バーツ(たぶん)
ここまでの合計:3,335バーツ

※旅は2014年5月15日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


ランドマークプラザ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



   
あなただけのタイ語家庭教師 (CDブック)

ウドンタニー・バスターミナル ウドンタニー日帰り旅[6]

カフェを後にしてセントラルへ行く前に近くにある
ウドンタニー・バスターミナルへ寄ってみることに。

カフェから左へ行き、最初の交差点を左折して
数十メートル進んだ左手の…


06_01


この路地が入口で、奥に見える水色の建物が
ウドンタニー・バスターミナルでした。 入っていってみると、


06_02


ちょうどブンカーンからのバスが到着。
そのバスを追いかけて走る人、数人。

バイクタクシーの運ちゃんがお客さん確保に必死なんですね ^_^;)


06_03


遅れて走って走っていった運ちゃんも(笑)


06_04


バスターミナル建物内はお客さんもバスも多くて、なかなか活気があります。
さすがイサーン北部の中心地。


並んでいるバスを眺めていたら、ラオス文字が目に留まりました。


06_05

06_05

ラオスビエンチャンタイウドンタニーを結ぶ国際バスだ!

特別な国際線ターミナルがあるわけでもなく、
普通の国内線バスと並んで停車しているのがなんとも不思議な感じです。

貼り出された時刻表には、08:00~18:00の間に6本運行だったところが
×が書かれていて横に8本の出発時刻が手書きされています。
増便されたのかな?

運賃は80バーツ。国際線とは思えない安さ!


06_06


そのラオス行きバスのチケット窓口発見。

「NO VISA NO TICKET」との注意書きが。
そりゃそうですね ^_^;)


さて、もう開店した頃なので向かいますか。


06_07


セブンイレブンの右手に入るとバスターミナルです。
正面奥に見えるのが、セントラル・ウドンタニー店
こんな位置関係です。


06_08


日差しがキツイので早く入りたいですよー。

あれ?


06_09


もう開店しているのにこの人達はなんで待ってるんだろう?
と思ったところで、左手に何やらブースがあるのに気付きました。

ほう、セントラルの入口横がロッ・トゥー乗り場になっているのか。

コンケン~マハーサラカム~ロイエット線、ノーンカーイ線、ブンカーン線が
30~60分毎に出発しているようです。


ここで驚いたのが、


06_10


メータータクシーがいるではないですか!
ウドンタニーは歩いて感じてはいましたが、都会なんですねー。


さてさて、そろそろ涼を取りにセントラル・ウドンタニー店内へ。
時刻は、10:48。

…とは言ってもセントラルはセントラルでして、
バンコクのとまったく変わり映えせず。


06_11


フードコートも歩いてみたのですが、カーオ・ピアックもカイガタも無く、
ウドンタニーならではの料理が皆無!

イサーン料理でさえバンコクのショッピングセンター内の
フードコートと同じ程度の品揃えなのです。

これじゃつまらないと思いますよー。

でもそういう郷土料理は町中の有名店で食べるものであって、
デパートで出しても不味いし高いしで売れないんでしょうかね。


十分に涼んだところで、もう一回ソンテオにあてずっぽうに乗ってみますか。





<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:3,328バーツ

※旅は2014年5月15日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


セントラル

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



   
あなただけのタイ語家庭教師 (CDブック)

ウドンタニー駅周辺 ウドンタニー日帰り旅[5]

「カーオ・ピアック」を出て目の前のシースック通り(ถนนศรีสุข)を
東へと歩きながらソンテオが走ってくるのを待ちます。

さっきまでひっきりなしに走っていたのに、
いざ乗ろうとするとなかなかやって来ないな。
そういうもんですよね ^_^;)

そうこうしているうちにロータリーに行き当たりました。


05_01


中心に男性の像が立っています。

1893年、フランスにメコン川東岸のラオス等の領土を奪われた際、
2国間の取り決めでタイはメコン川から25km以内に
軍隊を駐留できなくなりました。

そこで止むを得ず50km離れたこの地に駐屯地を移したのが
ウドンタニーの始まりです。

その時の指揮官はクロムムーン・プラチャック・シンラパーコム親王
もしかしたら像の人物がそうかもしれません。

巨大アヒルの浮かぶノーン・プラチャックプラチャック沼)の名も
この方の名に由来したんでしょうね。


というわけでタイの中では比較的新しい町なんです。
ちなみにウドンタニーとは「北の町」という意味。
イサーン地方北部の中心地という意味合いなんだと思います。


このロータリーでようやくソンテオがやって来たので乗車。
時刻は、09:30。

乗る時に撮影する暇が無かったので、後続のソンテオで勘弁を ^_^;)


05_02


後ろは9番ですが、乗車したソンテオには15番との表示がありました。
同じくあずき色です。


ソンテオはまた次のロータリーに。


05_03


ここはハーイェーク・ナンプ(ห้าแยกน้ำพุ)、
日本語に訳すと「噴水五差路」と呼ばれているようです。
その名のとおり真ん中には噴水が。水は止まってますけど…。

ウドンタニー
市内にはロータリーが3つ並んであり、
そのうちここは真ん中にあるもっとも大きなロータリーです。

噴水五差路
ポーシー通り(ถนนโพศรี)に入ったソンテオは
東へと向かいます。

で、南北に走る国鉄線路を渡ったところで下車。
あてずっぽうで乗車したわりにはうまくいったかな(笑)

時刻は、09:37。

運賃をメモるのすっかり忘れました!
たしか7バーツだったような。すみません m(_ _)m


05_04


逆戻りして線路を渡り直します。

すると前方右手に、


05_05


UD TOWN というショッピング・モールが。

あ、UDONTHANIのUDか!
でもさすがに10時前ではオープンしている店は、


05_06


スタバのみ。
ウドンタニーまで来てスタバに入るのもなあとパスします(笑)


西側の道に出ると向かいには、


05_07


IT PLAZA というビルが。
パンティップ・プラザみたいなところですかね?

さらに北へと歩いていくと右手にありました。


05_08


国鉄ウドンタニー駅

時刻は、09:50。


05_09


入口で犬も人も仲良くしゃがみこんでいます(笑)


05_10


静かなもんですね。
列車到着時には多少活気が出るんでしょうか。
ここから列車でバンコクに帰ったら11時間前後かかります…。

とくに見るものも無いので駅を後にすることに。
駅入口から正面を眺めます。


05_11


うひゃー。炎天下しばらく歩かなきゃならなそうだな。
意を決して真っ直ぐ歩いていくと、


05_12


右手にセントラル・デパート・ウドンタニー店の巨大な姿が見えてきました。
入口には開店を待つお客さんの姿が。
中で涼もうと思ったんだけど、10:30オープンかな。どうしよう…。

おっ、


05_13


セントラルのちょうど向かいにカフェ発見。
ここで一休みしましょう~。

時刻は、10:06。

土禁の店内に入りアイスラテを注文。
いやー、涼しくて生き返る!


若い女性2人で切り盛りしているようです。


05_14


左手奥はパソコンが並ぶネット・カフェになっていて、
年配の欧米人が店員と英語で何やら話しながらネットに興じています。

そう、ウドンタニーに来てからというもの、
他の町との違いを感じていたんですよ。
それが2つともこの店に凝縮されています。

1つは、一人身の欧米人お年寄り男性の姿が多いこと。
さっきのソンテオ車内にもいたんです。
この後、街中でも何人も見かけました。決まって一人なんですよね。

もう1つは、英語が流暢な住民が多いこと。
この店の女性もタイ人訛りが感じられない綺麗な英語を話すんです。

1960~70年代のベトナム戦争でアメリカ軍がウドンタニー空港
北爆を行う爆撃機の出撃拠点の一つにしていたという経緯が
関係ありそうです。戦争特需でウドンタニーは発展しましたし。


話し易そうなので店員さんに空港へのアクセス方法を聞いてみると、

「ソンテオはありません。普通はトゥクトゥクで行きます」
とのこと。120バーツか値切れば100バーツで行ってくれるかも、と。


本当にソンテオ路線は無いのかなー。





<旅費交通費>
15番ソンテオ:7バーツ(?)
ここまでの合計:3,328バーツ

※旅は2014年5月15日(木)に行いました。

<参考>
Wikipedia "จังหวัดอุดรธานี"

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


セントラル

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



   
あなただけのタイ語家庭教師 (CDブック)

有名店「カーオ・ピアック」 ウドンタニー日帰り旅[4]

次なる店に向かいます。

ポーシー通り(ถนนโพศรี)まで戻り左折。
東に向かい最初の右の路地ラーチャパッサドゥ通り(ถนนราชพัสดุ)に入って直進。

すると、ポーシー通りの南側を並行して走る


04_01


シースック通り(ถนนศรีสุข)に突き当たります。

目指す店は見えているのに私は何を勘違いしたのか、
向かいやや左手の路地に入っていってしまいました。

店はその路地から2軒目、
ヒサシが大きく歩道にせり出したところなんですが… -_-;)


04_02


このシースック・ソイ1(ถนนศรีสุข ซอย 1)にあると思い込んでいた私は
洗剤の匂い漂う中をずんずん歩いていきます。
突き当たりまで来てさすがに変だと気付き入口まで戻ったところで…


04_03


ようやく発見。

時刻は、08:58。
キンオーチャー
から25分もかかってしまいました -_-;)


04_04


看板が申し訳程度の小ささで目立たな過ぎですよー!

ここはカーオ・ピアックで有名なその名も
カーオ・ピアック(ร้าน"ข้าวเปียก")」という店なのです。
場所はこちら

35年ほどここで営業しているそうで。


04_05


結構混んでます。席空いてますか?と声をかけると

「そっちへどうぞ」。

メインの右は満席のため、左隣の区画に座るようにと。


04_06


壁のメニューに目をやると、
右の2つ目と3つ目がカイガタカノムパン・ヤッサイですね。
ここにもあるんだ。

でもここのカイガタには挽肉がトッピングされてないようで。
だからかキンオーチャーより10バーツ安い20バーツになってます。

ここで頼むのはそのいずれでもありません。

カーオ・ピアック
ゲーン・センを下さい。

「混ぜますか?」

いえ、別々でお願いします。

なんと、混ぜることができるのか!!
でも美味しいのかな… -_-;)


ものの1,2分で持って来ましたよ。


04_07


じゃーん!
どちらも麺料理。


04_08


こちらがカーオ・ピアック(ข้าวเปียก)。

「ウドンのうどん」というのが定番ダジャレのようなので
私も言っておきます(笑)

米粉から作った自家製緬と豚骨でダシを取ったスープが特徴とか。
食べてみましょー。

ほぉ、ややトロ味のスープは若干塩味で、
言われてみれば豚骨ダシな気がしますね。

それよりも麺が特筆もの。もちもちしてて美味しいですよコレ!
日本人の口に合いますね。

ところでカーオ・ピアックに似た料理に
クアイジャップ・ユアン(またはクアイジャップ・ベトナム)というのが
あるんですが、違いはどうも麺の太さにあるようです。

参考までに…


04_11


こちらはバンコクのプラアーティット通りにある有名店の
クアイジャップ・ユアンなのですが、麺がずっと細いですよね。

カーオ・ピアックはまさにうどんのように太麺なのです。
ただスープの味は変わらないような。


さて、一方の


04_09


こちらは、ゲーン・セン(แกงเส้น)

「麺の汁物」という名なので、麺料理というより
麺の入ったスープという感覚なのでしょうか。

その麺は春雨なんですけどね。

スープはあまり特徴の無い味かなー。
胡椒の味が多少しますね。即席麺マーマーにこんな味の春雨麺があったな。

ほぐした鶏肉がトッピングされているので
辛うじて味に変化がつきますね。

率直に言ってカーオ・ピアックのほうがずっと美味しいです ^_^;)

それぞれ35バーツ也。


食べ終えて席を立つと店先に、


04_10


土産物コーナーが。

上段右はカーオ・ピアック料理セット。
下段右はカノムパン・ヤッサイで、
やはりクンチアンとムーヨーが挟んでありました。


時刻は、09:22。
さてこれからどうしようかなー。

さっきから気になっていたんですが、目の前をあずき色のソンテオが
頻繁に行き来してるんですよね。あれに乗ってみますか。





<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:3,321バーツ

※旅は2014年5月15日(木)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


カーオピアック

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



   
あなただけのタイ語家庭教師 (CDブック)
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード