タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

ウィブンシー船着場

チェーディー新船着き場から渡し船 海上の寺院へ[最終回]

ソンテオの終点プラサムットチェーディーから
渡し船で対岸のパークナムへと渡ることにしましょう。


再びアーケードを奥まで歩きます。


12_01


ちょっぴり閑散とした雰囲気ですけど、夕方の帰宅ラッシュの頃には
それなりに活気があるのかもしれませんね。

奥の船着き場に到着。


12_02


ゲートが2つ。

青:一般 4バーツ
赤:制服着用の学生・公務員 3バーツ


私でも学生服着てれば3バーツになるかな?(笑)


青のゲートで4バーツ支払い、中へ。


12_03


ずいぶん立派な設備を作ったんですね。
長い通路を歩いて…


12_04


渡し船に乗り込みます!
15:07出発!


この辺りのチャオプラヤー川は川幅がかなり広いですよね~。
外航船が何隻も停泊しているのが見えます。

すると渡し船は川の中ほどで停船するじゃないですか。ん?
次の瞬間、目の前に巨大な影が出現。


12_05


うおおお、間近で見るとデカイですね~!
まるでスターウォーズのスター・デストロイヤーのよう(笑)

左右に2隻並列した格好で目の前というより頭上を通過していきます。
この船ってよく見かけますけど、何を積んでいるんでしょう?


通過し終えるのを待って再び進み始めた渡し船は
対岸のパークナムウィブーンシー船着き場に到着。


12_06


市場を抜けて表通りを左へしばらく歩き、バス停へ。
すぐにやって来ました。


12_07


25番バス!

スクンビット通りを走っているので、日本人に馴染みのある路線ではないでしょうか?


乗りこみましょう。
時刻は、15:22。


席についてふと車窓を眺めると、


12_08


前方にかな~りヤバめな雨雲が。

案の定ほどなくして、物凄いスコールに突入。
乗客はみんな慌ててバタバタと窓を閉め出しました。


12_09


スクンビット通りを走った25番バスがBTS高架橋下に入ったところで
ブザーを押します。BTS始発駅ベーリン駅下で下車。

雨に濡れないようダッシュして階段に辿り着きます(笑)


12_10


ホームに立ちBTSの車両を目にすると、さすがにほっとしますね。
時刻は15:48。


これにて、今回の旅は完結です。


海上に取り残されたワット・クンサムトチーンだけでなく
日本軍の銃弾の薬きょうをはじめ、
予想もしなかった物や人々に出会えて面白い旅でした。

なにしろバンコクから程近く気軽に行ける場所に
こんなアドベンチャーを味わえる別世界があることにオドロキです。

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました!


次回の旅は、サーラーヤーからの続きの旅です。
なにせその時もスコールに見舞われ(る直前でしたが)、
旅程を途中で切り上げて帰らざるをえませんでしたので ^_^;)

また日本にゆかりのあるモノと出会った旅でした。
どうぞお楽しみに!





<交通費>
渡し船:4バーツ
25番バス:7バーツ
ここまでの合計:230バーツ

※旅は2012年8月14日(火)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり


12_map



パークナム探訪 [1]

7月22日に行った「バーンサークラーへの旅」。
プラサムット・ジェーディーまで戻ってきて一区切りつきました。

で、新たな目的地、パークナムへ向けて、
その続きをそろそろ書き始めたいと思います。


まずは、チャオプラヤー川を渡らないと!

昼食を終えた私は、プラサムット・ジェーディー船着場へと。
ポム・プラジュンからの帰り以来、二度目ですね~。

料金を払うと、待っていた船に乗り込みます。


奥に横付けされた細い船に乗ることに(汗)


が、てっきり前回と同じ船に乗るんだと思ったら、
手前の船の向こうに横付けされている細い船に
乗るように促されるじゃないですか!

そうか。平日のお客さんが少ない時間帯は、
小さい船なんですね。

座ったものの、ちょっと不安です。

13:45に出発。
しばらくしたら、案の定・・・


水しぶきが!!


ぐえっ、水しぶきが~!!!!


チャオプラヤー川のあの水がしぶきになって、体に降りかかります。
しまった。端っこに座るんじゃなかった!!


水しぶきを上げて走る渡し舟


びしょ濡れになるってほどではありませんが、
でも結構濡れましたよ(T T)


大きな船より速いのか、5分で対岸パークナムウィブーンシー船着場に到着。
13:50です。

船から上がった先は、ウィブーンシー市場
ここは活気があるので、何度来てもワクワクしますね!


ウィブーンシー市場


かと言って、何を買うでもなくただ歩いて眺めるだけですが(笑)


ウィブーンシー市場




<交通費>
渡し舟:3.5バーツ
ここまでの合計:71.5バーツ


※旅は2009年7月22日(水)に行いました。


つづく


ジェーディー~ウィブーンシー船着場

ウィブーンシー船着場~チャオプラヤー川河口への旅[16]

チャオプラヤー川を渡る船は10分少々で対岸に到着!


対岸に到着!


後で分かったんですが、ここは「ウィブーンシー船着場」というみたいです。
見た限りではどこにも表示がありませんでしたが・・・(汗)

下船して、とりあえず他のお客さんの後に続いて歩いてみます。


下船する乗客の後に続きます・・・


その先には予想どおり、


ウィブーンシー市場


市場がありました!
どうやら「ウィーブーンシー市場」というようで、
それで船着場もその名称なんでしょうね。

ここの市場は活気があっていいですね!
なんだかワクワクしてしまいます。
思わず歩き回って楽しんでしまいました。


正面へ向かって歩き外に出ます。


船着場&市場の入り口


上部には、プラサムットジェーディー側と同じく
「タールア・カーム・ファーク」(渡し舟乗り場)
と書かれているだけです。



<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:120バーツ


※旅は2008年12月30日(火)に行いました。


つづく・・・




ウィブーンシー船着場

 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード