タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

イートン市場

夜明けのワット・ムアンレー・ピロック ミャンマー国境、元すず鉱集落イートンへ[9]

タイ・ミャンマー国境の集落イートン(ピロック)の宿で
スマホのアラームを午前5時にセットして就寝。

なぜなら翌日のトーンパープーム行きソンテオ最終便が
07:30発なので、その前に少しでも集落を歩いて
おきたいからなのです。

翌3月28日(火)、犬が一斉に吠え出して目が覚めました。
時計を見ると5時直前。アラームが鳴る前に起きちゃいました ^^

どうやらこの集落は朝5時から始動するようですね。

身支度をして宿を出てみます。

09_01

時刻は、05:57。
この頃には静かになった犬に代わって、
ニワトリや鳥が一斉に鳴き始めています。

6時ちょうどになると今度は山の上の寺
ワット・ムアンレー・ピロックからお経が響き渡り始めました。

そんな中、既に開いている市場を通り過ぎて、
池の反対側まで歩いてきました。

09_02

お経が聞こえてくるワット・ムアンレー・ピロックに目を向けると、
背後の仏塔の電飾が私を呼んでいるではありませんか(笑)
よし、あそこまで登るぞ。

09_03

この時間はみるみるうちに空の明るさが増していきますね。

09_04

登り道を経て、お寺の階段をよじ登ります。

09_05

東の空は、もうかなり明るいです。

09_06

本堂の背後の仏塔を目指しますか。

09_07

僧侶の像が並ぶ階段を上がって辿り着いた仏塔は、

09_08

下から見たイメージよりかなり小振りで意外。

でもまだ日が昇っていない中、空の明るみに
照らされて優しい光を放つ金色の仏塔は、
何とも言えず見ていて和みます。

09_09

いかにも東南アジアな電飾が、そろそろ空の明るさに負けそう。

09_10

日の出までここにいようかと思ったんですが、
まだしばらくかかりそうなので下りて朝食を取ることに。

イートン集落の目抜き通りに戻ったら、

09_11

トーンパープーム行きソンテオがちょうど走ってきました。
06:30の便だな。まだ乗りませーん。

私は右に折れて、

09_12

イートン市場に再び戻ってきました。

09_13

並んだ商品はミャンマー文字が躍っているものだらけ。

ミャンマー嗅ぎ薬にミャンマー軟膏、ミャンマー日焼け止めクリーム、
ミャンマー・ランプ…とタイ文字で説明が書かれた値札には
「ミャンマー」が溢れています。

もちろんミャンマー名物、顔に塗る「タナカ」もありました。
真ん中の袋がそうです。20バーツ也。

09_14

右に掛かっているのは民族衣装かな?
その先に料理の屋台を発見。

何がありますか?
私が店のおばちゃんに尋ねると、

09_15

「これだけだよ。カオソーイ・ガイ」

と鍋の蓋を開けて見せてくれました。
一択ってことですね。じゃ、カオソーイ・ガイください ^_^;)

30バーツ也。

09_16

カオソーイ・ガイ(鶏のカオソーイ)

チェンマイで見るのに比べて、かなりシンプルです。
カオソーイって元々ミャンマーの料理なんですよね?
これが原型に近いカオソーイなんでしょうか。

09_17

池を眺めながら食べる素朴なカオソーイは、
薄味なものの額に汗がにじみ出るちょい辛なお味でした。

時刻は、06:45。
そろそろ宿に戻って出発の支度をするかな。



<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:1,139バーツ

※旅は2017年3月27日(月)~28日(火)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく

イートン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 入門 ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</

イートンの夜 ミャンマー国境、元すず鉱集落イートンへ[8]

日没を見たヌーン・チャーンスック山頂から
チャーターしたソンテオで下りてきました。

08_01

時刻は、18:55。

運転手さんにお礼を言いつつチャーター代200バーツを
支払います。

山頂で知り合ったエークくんもすぐに大型バイクで到着。
「知ってますか? ここには防空壕があるんですよ」

えっ!?

「防空壕見ていいですか~?」

エークくんは運転手さんから了解を得て、
電気を点けました。

08_02

なんでも昔、ミャンマー軍からの砲弾がよく飛んできていたので
運転手さんの家族が手掘りで防空壕を作ったんだとか。


08_03

内部は結構広くできています。
ミャンマー反政府少数民族武装組織が抵抗を続けていた1990年以前は
物騒だったんですねぇ。

2人でイートン集落へ歩いて行こうとすると、

08_04

集落入口の前国王肖像画前に、かつてスズ鉱で使用していた
水を高圧で噴射するノズル状の器具が置かれていました。

08_05

池の脇の橋でイートン集落へと戻ります。
灯りがともっているのは、宿やカフェのようで。

08_06

目抜き通り沿いの「クルア・ジェーニー」(ครัวเจ๊ณี)という食堂で
一緒にディナーを食べることに。

「あら、また会ったわね」

なんと店先にはトーンパープームからのソンテオで一緒だった
集落長さんが座っているではないですか。
もしやこの店のオーナーって集落長さん?

まあいいや ^^

08_07

エークん曰く、ここはカニ料理が美味しいとのこと。
でも残念ながら今日はカニが無いのでエビの料理を1品注文。
左のがそれ。

あとプラーカン(ปลาคัง)という魚の料理。
日本ではレッドテール・キャット・フィッシュと呼ばれているみたい。

それにパッカナー・ファイデーン(カナー炒め)も。

なんとエークくんが奢ってくれちゃいました。
お礼にビールは私の奢りで、いい感じに酔いながら
旅や恋愛の話で盛り上がったのでした。

で、エークくん、泊まらずに夜道をまたバンコク近郊まで帰るんだとか。
あのカーブの多い山道を街灯も無い中で運転して大丈夫なんですか?

「大丈夫大丈夫、慣れてるから」

食堂を出ると、集落入口に停めたバイクへと向かうエークくんと別れたのでした。
無事に帰れますように!

私はと言うと

08_08

静まり返ったイートン集落の目抜き通りを奥の方まで歩いてきました。
突き当り付近で集落住民たちが集まって飲んでいるようです。

私はここを右折し、全て閉まって淋しい限りの市場を通り、

08_09

池のほとりに出ました。池沿いに歩いてみますか。

08_10

これ、左面は

Love ピロック
ホームステイ
0km


宿みたいですね。

右面は

イートン市場
0km
ピロック鉱山
200メートル


さっきの食堂の住所表示には
カンチャナブリー県トーンパープーム郡ピロック町イートン集落
とあったので、ピロックは町名かつ旧鉱山名で、
イートンはここの集落名ということのようです。

08_11

ここも宿ですが、「PILOG CAMP COFFEE」との看板が
目に留まったので寄ってみることに。

中庭兼テーブル席では、制服姿の警官と集落の人たちが
楽しげに談笑しています。

「日本人かな?」

と言っているのが聞こえたので、はいと答え、
一応愛想を振りまいておきました ^^

08_12

カウンターでホットのアメリカンと頼むと
女の子がちゃんとマシンでコーヒーを淹れてくれます。

08_13

酔い覚ましのコーヒーはちょっとぬるめでしたが、
涼しい気候にちょうどいい感じ。

まだ20時半ですが、店はあらから閉まっていて
何もすることがないので、宿に戻るとしますか。

08_14

オーナーさんの家の横の通路へと入って行こうとしたら、
私を待っていたのかオーナーさんが出てきて、
「明日7:30のソンテオを呼んでおいたから」と。

え、さっきチャーターした運転手さんが7:00の便だというので、
乗ると言っちゃいましたけど…。

「7:30の便の運転手は今日トーンパープームから乗ってきた便の
 運転手だよ。彼は私の教え子なの。優しい人だからそのほうがいいよ。」

なんと、学校の先生だったんですか。
わかりました。そうします ^^

部屋に戻ったところで、壁に飾ってある写真に気付きました。

08_15

3,4,5月以外の時期はこんな日が多いってことですね。
これはこれで幻想的で素晴らしいかも。

22:00頃にエークくんからトーンパープームに着いたと
LINEで連絡がありました。一安心したので寝ることにします ^^


<旅費交通費>
ソンテオのチャーター代:200バーツ
ここまでの合計:1,139バーツ

※旅は2017年3月27日(月)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく

イートン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 入門 ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん</
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード