タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅<2013年>

国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[1]

バンコク周辺のバス日帰り旅を続けてきたこのシリーズですが、
今回大きく足を踏み出し、初めて1泊旅行をしてみることにしました。

というのも今回の目的を達成するには、
どうしても1泊する必要があるからなのです。


その目的とは、国鉄スパンブリー線に乗ること!


バンコク発 16:40 → スパンブリー着 20:15
スパンブリー発 04:20 →バンコク着 08:05

この1日1往復しか無い路線として有名ですよね。

スパンブリーからなら早朝に出てその日のうちに往復して帰れるんですが、
バンコクからだとどちらの便に乗るにしてもスパンブリーで1泊せざるを
得ないんです。



旅の決行日は2013年12月25日(水)。
なにもクリスマスの日に行かなくてもと我ながら思いますが(笑)


のんきに構えてフアランポーン駅までバスでのんびり向かっていたら、
パヤタイ通りのチュラロンコン大学前辺りで渋滞につかまりヤバイ状態。

意を決してチュラ大法学部向かいのバス停で降り、
待機していたバイクタクシーに跨ります。

裏道をくねくねと飛ばしてくれてフアランポーン駅着。
間に合うか!?

切符売り場へダッシュし「スパンブリーに行きます」と。
32バーツ也。

「すぐに乗ってください」
売り場係員に腕時計を指差しながら言われました。

時、すでに16:34。


うひゃー、あと6分!


速攻で売店でパンを買い、11番線へ。


01_01


間に合ったー!!


01_02


3両編成の先頭車両に乗り込みます。

フアランポーン駅16:40発。
スパンブリー駅20:04着。

あれ? スパンブリー着時刻が少し早くなってる。


列車は少し遅れて16:45に発車。
本当に乗り遅れていたらシャレになりませんでしたよ ^_^;)

ホームを出てすぐの左手には…


01_03


以前、「フアランポーン駅の蒸気機関車」で書いた
日本製C56蒸気機関車タイ国鉄発祥記念碑

…と一人淋しく弁当をつつくおじさんの姿が(笑)


車内は乗車率6割といったところでしょうか。
思ったより混んでますね。


01_04


そんな車内に夕日が差し込んでいます。

すぐに検札がやって来ました。


ちょうど帰宅ラッシュの時間帯。
途中駅でどんどん乗車して来て、立つ人が出るほどに。

それでも大勢の乗客がサーラーヤー駅で下車し、
さらにこの駅でガラガラになりました…。



01_05


ナコーンパトム駅18:20着。
時刻表ではここを18:07発のはずなんですが、すでにもう遅れてますね(笑)

しばらく停車してから「カーン、カーン」という鐘の音で発車。
18:30。


そして列車はいよいよノーンプラードゥック駅に到着。
「ラーチャブリーへの旅」で訪れた、日本軍が泰緬鉄道の起点として
1942年に設けた駅です。

ノーンプラードゥック駅は泰緬鉄道…現国鉄西線(ナムトック線)のみならず、
これから走るスパンブリー線の起点でもあるんです。


01_06


ノーンプラドゥック駅を発車しました。
時刻は18:46。

席を移動して進行方向左側の窓から顔を出します。


01_07


分岐しましたー!

左が国鉄南線バーンポーン方面。
列車が入線したのがスパンブリー線です! やっと乗れてちょっと感動(笑)


01_08


先頭車両には私を含めて3人だけ。
おばさんが窓のアルミ製日除けを下ろして回っています。
常連客な雰囲気 ^^

若い兄ちゃんの車掌がどこで降りるのか一人一人聞いて回っています。

この時のタイはとても涼しかったんですが、
外が真っ暗になり一層寒さが増して半袖ではもう無理!

たまらず万一のために持参した長袖に着替えました。


01_09


車窓は茂みの中を突っ走っているような感じ。

窓ガラスにピシッピシッっと小枝が当たります。

そのうちバキバキッという音が混じったりも(笑)


国道346号線を渡ってすぐに初めて停車。


01_10


暗闇の中、蛍光灯が灯る駅舎は、トゥンブア駅

正確には駅より格下の「停留所」です。

ここの北東側にカセサート大学カンペンセーン・キャンパスがあるんですが、
通学にスパンブリー線を使う学生は皆無でしょうね ^_^;)

トゥンブア駅では2人ほど降りたようです。

ちなみにノーンプラードゥック駅からここまでの間に3駅あるはずなんですが、
降りる人がいないから停車しなかったのかな? まるでバスみたいですね(笑)


暗闇の中を疾走しながら何駅かに停まっているうちに、
ドアが開いたまま走り出しました。オイオイ、寒いぞ。
っていうか・・・


01_11


もちろん踏切の無い道路もそのまま通過。
危ないじゃないかー!(笑)


車窓に人家の灯火が多少増えてきました。
そろそろスパンブリーかな、と思っていると運転席のドアが開いて
さっきの車掌さんがツカツカと一直線に私のところへ。

スパンブリーですか? マーライメーンですか?」と。

そうなんです。時刻表上の終着駅はスパンブリー駅ですが、
実はさらに北へ2.5kmのマーライメーン駅 (มาลัยแมน) が真の終着駅なんです。

マーライメーンです、と答えます。


で、ついに


01_12


スパンブリー駅着。5,6人が降りたでしょうか。
時刻は20:39。


さぁ、次がいよいよ真の終着駅、マーライメーンです!





<交通費>
国鉄:32バーツ
ここまでの合計:32バーツ

※旅は2013年12月25日(水)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


スパンブリー線

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログへ



終点マーライメーン駅 国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[2]

スパンブリー駅を出発すると…


02_01


おもむろにおじさんが現れて掃き掃除開始。

スパンブリー駅から乗ってきたのか、
あるいは乗務員室にでもいたのか確認できず -_-;)



そしてものの4分で列車は停車しました。
スパンブリー線終点マーライメーン駅到着!
時刻は20:43。


02_02


おばさんに続いて降車します。
下は草むら。真っ暗でよく見えませんよー。

おばさんが「草が多くて歩きにくいね」と。
おっしゃるとおりです ^_^;)


そんなおばさん、迎えに来ていたバイクの後ろに乗り
あっという間に消えて行きました。

そういえばさっき車内で電話していたのは、迎えを呼んでいたのか。
いいなぁ…。


マーライメーン駅はとにかく…


02_03


真っ暗。

目が慣れるまでよく見えませんでしたよ。
暗闇の写真ばかり撮っても仕方がないので、フラッシュを焚いてみますか。


02_04


マーライメーン駅の駅名看板には下に、

「ここで乗車し終点で降りればバンコク」と。

確かにそうなんですけど、
朝4時台発の1本だけってオチはシャレにならんです -_-;)




写真を撮っているうちに列車が引き返していきました。
スパンブリー駅で朝まで待機なのかな。


すぐ先の通りに出ました。


02_05


さーて、歩くか。右へ向かいます。
すぐの右手にはバス停が。日中は少なくともソンテオ路線は通ってそうですね。
でもさすがに夜9時近くじゃもう無いでしょう。

最初の交差点を右へ曲がり、ひたすら南下します。


02_06


中央分離帯もある立派な道路なのに往来が少な過ぎ。
なんだかもったいないくらいですよ。

道路脇からはカエルの合唱が聞こえてきます。
夜が更けてきてさらに寒さが増してきました。

2kmあまり歩くと交差点が出現。
ここを右へ行くとスパンブリー駅のはず。
私は左へ曲がり、スパンブリー市街地へと向かいます。

多少は人家が増えた道を歩いて1km弱で橋に出ました。


02_07


やっとターチーン川越えだー。

ライトアップされたバンハーン・ジェムサイ・タワーが間近に見えて
やっとほっとできましたよ。



渡り終えると途端に町並みが賑やかに。
左折して目抜き通りを歩きます。

でもですよ。


02_08


まだ21:20なのに人がいなーい!(笑)
スパンブリーってここまで田舎だったのか…。


歩きながら宿がないかキョロキョロ。

おっ、


02_09


見守ってくれているようで心強いですよ ^^


結局この目抜き通りでは宿を発見できず。
そんなこともあろうかと、実は目星は付けてあったんです。

前回10月30日にスパンブリーからロッ・トゥーでバンコクへ帰る際に、
車窓から1軒発見してたんですよ。もう選択肢が無いのであそこに向かいますか。

その時ロッ・トゥーに乗車したナーンピム交差点を右折。東へ向かいます。
バンハーン・ジェムサイ・タワーの北門を過ぎてすぐに見えてきましたよー。


02_10


時刻は21:30。
マーライメーン駅から歩くこと43分でホテルに辿り着けました。

シーウートーン・ホテル (โรงแรมศรีอู่ทอง) と看板にありますね。
タイ文字表記だけで英語が見当たらないのがなんとも。
まぁ、他に見つけられなかったのでここに泊まるしかないんですが。

飛び込んでみますか!





<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:32バーツ

※旅は2013年12月25日(水)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


スパンブリー

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログへ



スパンブリーでホテル泊 国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[3]

意を決してスパンブリー市街地で唯一見つけたシーウートーン・ホテル
足を踏み入れることに。

建物に入るとこじんまりとしたまるでゲストハウスのようなフロントが。
建物自体は結構立派なのでちょっと意外ですね。
グーグルマップのストリートビューで日中の外観を確認できます ^^


フロントの中と前に1人ずつ男性がいて、まったりと会話中。


空いている部屋はありますか?

「350バーツのエアコンの部屋と250バーツの扇風機の部屋の
どちらがよろしいですか?」とフロントの男性。

「エアコンの部屋がオススメですよ」
とフロント前に座っている男性が割って入って来ました。

「この人は常連客なんですよ」
フロント男性が苦笑しつつ説明します。


この寒さじゃエアコン不要なんだけど、
きっと部屋自体のグレードも値段に応じているだろうから
常連客さんの勧めもあることだしエアコンの部屋にしますか。

350バーツとデポジットの100バーツを払うと、
7階の部屋(だったと思います ^_^;)の鍵を渡されました。

「僕は7階の部屋は全部泊ったことがあるんだ。その部屋はグッドだよ!」
常連さんが自信満々に太鼓判を押してくれました。


そんな2人ににこやかに見送られ、エレベーターで7階へ。
部屋を探すと…


03_01


非常口横の角部屋でした。
うむむ。この外観、室内がなんとなく想像できてしまったぞ。


入ってみるか。


03_02


建物の外観とのギャップを大いに感じる部屋だなー -_-;)
まぁ、一晩寝るだけだからいいか。

と自分に言い聞かせることに。


宿が決まった次は腹ごしらえ!


03_03


エレベーター近くの廊下から見下ろした範囲には、
食堂はおろか屋台も無し。

じゃぁ、さっき見かけた食堂へ行きますか。


外へ出てナーンピム交差点方向へ少し戻った左手の


03_04


「ティー」というカオトム・プラー(魚のお粥)の店へ。


色々メニューはあるけど、看板にあるのがこの店のお薦め料理に
違いないですよね? 
ってことで店のおばあさんにカオトム・プラーを注文。


03_05


濃過ぎず薄過ぎずちょうど良い味加減。
体調イマイチで重い食事はパスだったのでお粥で正解でした。


ん?


03_06


横の椅子にひょいっとネコちゃんが。

一人旅の夜の淋しさをこの子が癒してくれました ^^


食べ終えた私は、コンビニを探します。


03_07


北門から見たバンハーン・ジェムサイ・タワー
なんだかんだ言っても、やっぱりスパンブリーのシンボルだよな~。


ナーンピム交差点まで戻って来ました。


03_08


日中なら向こう側には、各方面行きの黄色いソンテオがずらーっと並んで
それは壮観なんですが、夜間は閑散とし過ぎて怖いぐらいです。


ここを左折して目抜き通りをちょっと進んだ右手にようやく発見。


03_09


セブンイレブンの周りにだけ辛うじて人影が。

コーラとスナック菓子を買って宿に帰り、
温水無しシャワーを鳥肌を立てながら浴びてさっさと就寝したのでした。





<旅費交通費>
ホテル代:350バーツ
ここまでの合計:382バーツ

※旅は2013年12月25日(水)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)

つづく


スパンブリー

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログへ



名物カノム・サーリー 国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[4]

12月26日(水)、スパンブリーの朝は気温16℃。
今日も長袖じゃないと無理ですね ^_^;)

宿泊したシーウートーン・ホテルは部屋は値段なりでしたが、
静かな環境のお陰で朝まで一度も起きずに爆睡できました。

修行のような冷水シャワーを浴び身支度をしてチェックアウト。
1階のフロントでデポジットの100バーツを返してもらいがてら聞いてみます。

カノム・サーリーを買いたいのですが、どこで売っていますか?

エーカチャイですね。ワット・プラサートトーンの横ですよ。」

ワット…? どこにありますか?

「サムローを呼んであげますよ。ちょっとお待ちください。」

ありがとうございます!


04_01


と、フロント前でしばし待つことに。

スパンブリーへ行くとタイ人の友人に話したら、
なんと偶然にも
スパンブリー出身で、
名物のカノム・サーリーをぜひ食べてみてと言われたんですよ。

カノム・サーリーとは、訳すと「スポンジケーキ」。

そんなありふれたものが名物なのかといぶかしがったのですが、
出身者がオススメするんだから特別に美味しいんでしょう。


「来ましたよ」とスタッフ。

お礼を言って、独特なスタイルのサムロー(トゥクトゥク)に乗り込みます。
時刻は、09:21。

ワット・プラサートトーン?」

はい、そうです ^^


サムローは狭い路地に分け入って南下していきます。
途中・・・


04_02


ゴミ収集車に行き手を阻まれたりしながら(笑)


ワット・プラサートトーンだよ。」

えっ、もう着いたんですか!

「ここに何の用?」

カノム・サーリーを買いに来たんです。

「なんだ。ロッ・トゥーに乗りに来たのかと思ったよ。
 入口の角にエーカチャイがあるよ。」

ありがとうございます!
運賃30バーツを渡し、ついでに写真を撮らせてもらいました ^^


04_03


スパンブリーのトゥクトゥクって独特ですよね。


そうそう、運ちゃんの言うとおり、ここワット・プラサートトーン境内には
バンコクの戦勝記念塔行きロッ・トゥーの乗り場があるのでした。


04_04


今まで知りませんでした。いつかここからも帰ってみたいですね。


で、肝心のカノム・サーリーはというと…。


04_05


寺の入口角のこのビルのようです。
入口へ向かうと、


04_06


本当だ。
エーカチャイ(เอกชัย)と店名が書いてあります。
グーグルマップのストリートビューで場所をお知らせしておきます。

早速入りましょう。


04_07


ほぉ、豊富な商品があるようですが、
カノム・サーリーはその中でも山のように売られていました。

それとサーリー・グロープ(CRISPY SALEE)というクッキーを購入。


04_08


左がカノム・サーリーことスポンジケーキ。
適当に選んだんですが、これはミルク味だった模様。

後で食べてみたところ、そういえばミルク風味がするなぁって程度で、
特段美味しくは感じなかったのでした。

日本人は舌が肥え過ぎているってことでしょうかね?
せっかく薦めてもらったのに残念…。

友人曰く、エーカチャイのもののほうが入手しやすいけど、
メー・ブアイ(แม่บ๊วย)のほうが美味しいとのこと。
いつかそっちも試してみますか。


朝食がまだなので近くのクイッティアオ屋「ルーム・イム」(ลืมอิ่ม)へ。


04_09


清潔な店内で気持ち良く食べることができました。
思わずセンレック・ナムトック15バーツとセンレック・ムー20バーツの2杯も(笑)


さて、ナーンピム交差点に戻りますか。
目抜き通りを北へと歩いていきます。


04_10


途中、左側が何区画にも渡る広大な市場であることに気付き、入ってみることに。


04_11


タイでも12月ってミカンの時期でしたね。
そこらで売っています。






<旅費交通費>
サムロー:30バーツ
ここまでの合計:412バーツ

※旅は2013年12月25日(水)~26日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


スパンブリー

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログへ



地獄寺行きソンテオ 国鉄スパンブリー線と西回り帰路の旅[5]

スパンブリー市街中心の広大な市場を歩いていて、ここでも発見。


05_01


  スパンブリーのシンボル
     エーカチャイ 
 スパンブリーのスポンジケーキ


との看板がぶら下がっているではないですか。
本当にスパンブリー土産として有名なんですね~。


何区画にも渡る市場を抜けて、ナーンピム交差点のソンテオ乗り場に出ました。


05_02


左手奥に見える黄色いソンテオに乗ろうと思うんですよ。
しばらく発車しない様子なので、近くの食堂へ。


05_03


さっきクイッティアオを2杯食べたものの、
量が少なめだったのでちっとも空腹感が収まってないんです ^_^;)

でも体調が相変わらずイマイチなので軽めのものってことでまたもや…


05_04


クイッティアオ(笑)
ここのはボリュームがあって、満足満足!


さあ、ソンテオに乗るぞ!
行き先は、


05_05


ワット・パイ・ローンウア

この寺、覚えてますか? 別名は「地獄寺」
地獄の様子をシュールかつグロテスクな人形で見せてくれるあの寺です(笑)

なんとスパンブリーからあの寺まで行くソンテオ路線があるんですよ。

初めてスパンブリーに来た時に発見して以来、
ずっと乗ってみたかったこのソンテオに、いよいよ乗れるんです!


乗り込んでみると、結構お客さんがいます。
多少待って、10:30きっかりに出発!

車内はというと、


05_06


どういうわけか、みなさん大量の荷物を持ち込んでまして、
足の踏み場もないほど。


さらにはこの小麦粉(?)の袋が走っているうちに足の上に崩れてきて
窮屈な思いをしましたよ ^_^;)


どんなルートでワット・パイ・ローンウアに向かうのか楽しみにしていたら、
なんのことはない。ごくフツーに国道340号線を走り出してガッカリ。

…と思いきや、途中で右折して知らない道に入っていくではないですか。

この時はあえてiPhoneのマップで確認もしなかったので、どこを走っているのか
さっぱり分からなかったんですが、ターチーン川東岸に沿った道を南下して
いったようで。



するとソンテオがおもむろに停車します。
お客さんが降りるわけでもないのになんだろ?


05_07


あっ、運転手さんがビニール袋引っ提げていずこにか消えて行きましたよ。
なるほど、宅配サービスも兼ねているってことですか!(笑)

その後も何かが入っている金属製のボウルを届けたり、
売店で栄養ドリンクの入った袋を受け取ったりと副業に忙しそうでした。


お客さんはというと、降りる時はひと仕事です。


05_08


いったい荷物がいくつあるんだか、袋を何回もソンテオから降ろしてました。


車窓の風景は段々と広大な田園風景に。


05_09


見えますでしょうか? 白い点はみんなシラサギみたいな鳥なんです。
こっちは右側の車窓でしたが、左側も同様に


05_10


田植えはこれから?
見渡す限り水をたたえた田んぼが広がっていて、ただただ圧倒。

こんな風景の中を黄色いソンテオはのんびり走っていきます。


05_11


いったいいつ終点に到着することやら…。
と思っていると再び停車。
運転手さんが道路脇のバラック小屋内に消えて行くではないですか。


キョトンとして思わず向かいに座っているおばさんと目を合わせると、
ニコニコしながら「食事だよ」と。

なんと! 運行中にお客さんを待たせて食事ですか!!(笑)
もうホント、笑うしかないですね。このユルさ堪りません。

ここはバーンターテーン(บางตาเถร)というところのようです、
ちなみに運転手さんが食事に消えたバラック
グーグルマップのストリートビューでご覧いただけます(笑)


ものの5分で胃袋にかき込んだ運転手さん、運転再開です ^_^;)
時刻は、11:50。

たぶんもうそんなに遠くないと思うんだけどなー。






<旅費交通費>
ソンテオ代未払いなので:0バーツ
ここまでの合計:412バーツ

※旅は2013年12月25日(水)~26日(木)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


バーンターテーン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  
にほんブログ村 旅行ブログへ



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード