タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

センセープ運河の水上マーケットへ<2013年>

センセープ運河の水上マーケットへ[1]

水上マーケットって多々あれど、多くは土日しかやってないんですよね。
それでバンコクの近場にあってもなかなか訪れる機会が作れなかったんですが、
昨年末の日曜日に時間ができたので、そんな中の一つに行ってみました。

2013年12月29日(日)の昼頃に出発。

実は体調がすぐれず、こんな時間になってからヨッコラショっと動き出しました(笑)


まずは、またもやBTSラーチャテーウィー駅から
サパーン・フアチャーン船着場へ。


01_01


センセープ運河の東方面の水上バスに乗船。
時刻は14:10。

ワット・シーブンルアン船着場までと告げ、20バーツを支払います。

で、またこの前と同様にプラトゥーナム船着場で、大型船に乗り換え。


01_02


出発でーす。14:20。

おっ、椅子の背もたれに…


01_03


まるで宝島の地図みたいにボロボロになってますが、
これから向かう先の広告ではないですか。


「クワン・リアム水上マーケット」へどうぞ!
2012年6月30日スタート。
どうぞ・・・こちらの道へ。
セーリータイ・ソイ60
ラムカムヘン・ソイ187でもいいです。


はい。クワン・リアム水上マーケットというセンセープ運河
比較的最近できた水上マーケットが目的地です。


水上バスの道すがらの様子は既にお伝えしているので、今回は省略 ^_^;)
ということで、終点ワット・シーブンルアン船着場に到着です。


01_04


時刻は、15:02。

前回同様、今日もミンブリー行き無料水上バスは運行していない様子。
どうしちゃったんだろう。廃止になったのかな?
それに乗れば目的地の水上マーケットに楽に行けるのに。


橋を渡ります。


01_05


ワンちゃんが気持ち良さそうに寝そべってますなぁ(笑)
その先のセーリータイ通りに出て、歩道橋で反対側のバス停へ。


01_06


やって来た27番バスに乗車。
15:13。

バスはセーリータイ通りミンブリー方面へひたすら走ります。
途中の景色はというと、


01_07


ところどころに池が。
地図で見てもこの辺りは池だか沼だかが目立つんですよね。

セーリータイ・ソイ60の反対側は、ソイ89
iPhoneで現在地を確認して、ブザーを押します。

ん? ブザーが指を離しても鳴り止まないんですが!
女性車掌さんが大丈夫大丈夫とでも言いたげな笑顔で見送ってくれます。


01_08


時刻は、15:32。

接触不良なのかな。初めてです、あんなこと。

目の前の歩道橋でソイ60側へと渡りがてら気になってバスの行方を目で追うと…、
数百メートル先で停車しています。

きっとなんとか止めようと苦心しているんでしょうね。
す、すみませーん m(_ _)m


反対側を見下ろすと、


01_09


寺の山門があるところがソイ60ですね!


渡り終えた歩道橋を見やると、


01_10


     WELCOME TO
ASEAN ECONOMIC COMMUNITY


と。ASEAN経済共同体って発足は来年でしたっけ?
タイはどう変わるんでしょうね~。


門をくぐって参道を歩きます。
ここは、ワット・バンペン・ヌア (วัดบำเพ็ญเหนือ) という寺。
ここの境内にクワン・リアム水上マーケットはあるようで。

さらに奥へと歩いていくと、


01_11


クワン・リアム水上マーケット
       ←


との看板が。もうすぐのようです!




<交通費>
水上バス:20バーツ
27番バス:8バーツ
ここまでの合計:28バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


クアンリアム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




クワン・リアム水上マーケット センセープ運河の水上マーケットへ[2

ワット・バンペン・ヌアを奥へと歩き、右に折れると


02_01


ほぉ、結構人出があるんですね。ちょっぴり意外。


02_02


センセープ運河に放して功徳を積む生き物セット売りを通過し…


02_03


なぜかつぶらな瞳のポニーちゃんが集うポイントを通過し…


02_04


いかにもタイのみなさんが好きそうな記念写真撮影ポイントを通過すると…


02_05


市場が出現! どうも2階建てのようですよ。
まずは1階部分から歩いてみましょう。


02_06


場所によっては結構な混雑ぶり。
実に様々な食べ物を売っていてこれが見て歩くだけで面白い!


02_07


ここはドライフルーツですね。
マンゴーやパイナップルはもちろん、珍しいモノもあって
店員さんに一つ一つ何のフルーツなのか尋ねちゃいました ^_^;)


うおっ、


02_08


豚の丸焼き~ ^^


建物の外側には、


02_09


テーブルと椅子があり、家族連れやカップルで賑わっています。
こんなに人気があるとは全然思ってませんでしたよ。
バンコク中心からほど近いというロケーションのお陰で成功したんでしょうね~。

あとは、コンセプトがしっかりしてて設備にそこそこ投資をしている点も。
さっきの記念撮影スポットのようなものも何ヶ所かにあるんですよ。
客寄せには大事なんでしょうね。


ちなみに背後に見えるのが、センセープ運河です。
運河べりに出ると、


02_10


船もいるんですね。しっかり水上マーケットの雰囲気を作っていて
なかなか本格的じゃないですか。
来るまではサイノーイ水上マーケット的なものを想像してたので
いい意味で予想を裏切られました ^_^;)

ちなみにこの船はアイスクリーム屋さん。

で、センセープ運河対岸に見える寺は、ワット・バンペン・ターイ
運河を挟んで、ヌア(北)とターイ(南)の寺が対面して建っているってことですね。


もっと奥を歩いてみましょう!





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:28バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クアンリアム

 
よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




運河沿いのレストラン@クワン・リアム水上マーケット センセープ運河の水上マーケットへ[3]

クワン・リアム水上マーケットをさらに奥へと歩いていきます。


03_01


巨大ローティーと書いてあるとおり、大きなローティーが。
30バーツか。食べたい気もするけどもう少し歩いて色々見てから考えるかな。

ちなみに左の男性は、南タイ式アイスティーの
片手から片手へ「ジャー」って注ぐパフォーマンスをしてます。
写真撮るタイミングが悪くそのシーンが写ってなくてすみません m(_ _)m


そうそう、


03_02


運河べりだけじゃなくて屋内にも清潔な飲食スペースがしっかりあるんですよ。
初めから家族連れ客を見込んで計画したことが伺えますよね。


センセープ運河対岸では、


03_03


タイ舞踊ショーまでやってました!
ここまで気合の入っている水上マーケットだとは。


さらに奥へ進むと、


03_04


2階へ上がる階段と運河沿いに続く路地とが。
まずは運河沿いを歩いてみますか。


ここから先は運河沿いに飲食店がずら~っと並んでいます。


03_05


船上を座席にした店もあれば、大きないかだ状の店もありで
各店特徴があって興味をそそられます。

そんな中、なんとここにまで


03_06


カブトガニが~!!

ここはシーフード・レストランですね。
内陸部の運河沿い水上マーケットにまであるとは。


いずれかの店に入ってみようかとも思ったんですが、
どうもどこも店員がいかにもやる気無く気だるそうに働いているのでパス!(笑)
もうちょっと元気良くニコニコと働いてくださいよー。


路地を戻って、さっきの階段で2階へ上がってみましょう。
ちなみに階段の横には、


03_07


私は水上マーケットを数多く見てきましたが、
エレベーター完備の水上マーケットなんて初めてですよ!(笑)


で、2階の様子はというと、


03_08


服屋とあと何があったかな?
唯一、アイスクリーム屋台にお客さんが群がっていたほかは
あまり興味を引く店はなかったような。


でもその割にお客さんの姿が多いワケは、


03_09


この2階が対岸へ渡る橋に繋がっているからなんです。
後であっちへも行ってみますか。

でもその前に、見下ろしていて気になるモノを発見したんですよ。


03_10


船が泊っていて、船頭さんらしき男性が呼び込みをしてるんです。
遊覧船みたいですね。試しに乗ってみよっかな。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:28バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


クアンリアム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




遊覧船@クワン・リアム水上マーケット センセープ運河の水上マーケットへ[4]

センセープ運河の岸に泊まっている遊覧船に乗ってみますか。


04_01


船頭さんに尋ねると、所要時間30分で20バーツとのこと。
じゃぁ、乗り込んで出発を待ってましょう。

すると後から後からどんどんお客さんが乗って来て
さほど時間もかからず満席に。うわぁ、人気あるんだなー。

というわけで出発です。時刻は16:15。

センセープ運河ミンブリー方面へスーッと進んでいきます。


04_04


両岸の緑が綺麗。いや、運河の水もかなり綺麗で、
鳥が水面を何度もかすめて飛んでいます。小魚がいるんでしょうね。
しばらく行くと竹で組んだ魚を捕る仕掛けも見かけました。

プラトゥーナムを流れているあのドブ運河と同じ運河だとは信じられませんよ!

10分ほど進んだところで船はUターン。


04_05


後続の遊覧船とすれ違います。

クワン・リアム水上マーケットを通り過ぎて少し行ったところでまたUターン、
水上マーケットの元の場所に戻って来ました。


04_07

16:40。

ワット・シーブンルアン~ミンブリーの無料水上バスが運行していれば
あまり意味が無いですけど、まぁ自然に囲まれたセンセープ運河を満喫できて
それなりに楽しい遊覧船でした。


次は、橋を渡って対岸にも行ってみますか。
2階へ上がってふと対岸を見ると、


04_12


あんなところにも記念撮影スポットが(笑)


04_08


船の骨組みのような変わったデザインの橋ですよね。
渡る途中でセンセープ運河を眺めてみます。


04_09



ずっと先まで真っ直ぐに伸びている運河を見ているうちに
やはりミンブリーまでいつか行ってみたくなりましたよ。


04_10


クワン・リアム水上マーケットの中心的建物と
後ろはワット・バンペン・ヌアの仏堂。


お、反対側へ渡ったところにも、


04_11


船を利用したレストランが並んでますね~。
一番手前の店を覗いてみると…


04_13


看板には「クイッティアオ・ムー・トムヤム」(豚トムヤムのヌードル)と。
美味しいかな~。入ってみよっと ^^


04_14


内部はこんな感じで両側にカウンター席が。
船首部分は座敷席になってます。なかなか味があるではないですか。

センレック・ムー・トムヤムを注文すると、来ました!


04_15


汁少なめだけど、これは美味しいぞ。大当たり!!
オススメです!

量が少ないのであっけなく食べ終わり、40バーツを払って店を後に。


では、こっち側のマーケットも覗いてみましょう~。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:28バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


クアンリアム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




クワンとリアムの物語@クワン・リアム水上マーケット センセープ運河の水上マーケットへ[5]

船のクイッティアオ屋での食事を終えて出てみると、
こんなオブジェが目に入りました。


05_01


水牛に跨った男女の像。

男性がクワン、女性がリアムといい、
1936年に発表された悲恋小説『プレー・ガウ』(古傷)の主人公なんです。

バーンカピセンセープ運河沿いが舞台のこの小説は何度も映画化され、
私も2001年版の『クワン・リアム』は映画館で観たことがあります。

フィクションながら、有名なこの小説の舞台にほど近い
ロケーションであることから、
「クワン・リアム水上マーケット」
という名にしたんでしょうね。

ハートのオブジェが何ヶ所もあるのも、これが理由ってことですね ^_^;)


さらには、


05_02


クワン・リアム廟まであったりします…。

さながら恋愛成就の神様なんでしょうか。
でも小説はハッピーエンドとは…などとヤボなこと言うのはやめておきましょう ^_^;)


そんなクワン・リアム水上マーケットの南側のメイン部分に入ってみますか。


05_03


うおぉ、広さと活気がまるで朝方の生鮮市場のようでもありますね。
売っている物は北側とさほど変わりませんが、広い分歩いて見やすいような。

取り敢えずいったん突き抜けてみますか。
で、出た先には、


05_04


興味を掻き立てられる乗り物が(笑)
駐車場やラムカムヘン通り出口まで送ってくれるんでしょうかね。


また市場内へと戻ろうとすると、入口に、


05_05


クワン - リアム
水上マーケット


との看板と、しかめっ面にグラサン姿の水牛くんが。
案の定、お客さんが記念撮影してました(笑)


05_06


人出の多さがお分かりいただけるでしょうか。

北側へ戻ろうと歩いていると、こんなお店を発見。


05_07


タイ古式コーヒー屋「チェン・フアット」(เช่งฮวด)。
レトロな雰囲気に惹かれて、ホットコーヒーを注文してみました。

感じのいいお兄さんが笑顔で応対してくれて、
すぐにテーブルまで運んで来てくれました。


05_08


練乳が底に沈んでてベトナム・コーヒーっぽいですよね。
やはり濃いめのコーヒーなので混ぜて飲むとちょうどいい具合になります。

お茶が付いているのも嬉しいなぁ。
しかもお代はたったの20バーツ。なんという良心的なお値段!


体調がイマイチなのもあり、気つけ代わりにちょうど良かったです ^^


ワット・バンペン・ターイを抜けてみますか。


05_09


この先の橋を渡って北側に戻ったところに、船着場が。
きっとワット・シーブンルアン~ミンブリーの無料水上バスの船着場でしょう。


05_10


近寄ると、船着場にいた若い男性が「水上バスですか?」と。
はい、そうです。

「今、護岸工事中なので運行中止中なんです。1月から再開予定です。」

運行していなかった理由は、そういうことだったのか。
この掲示にも「船の運行による影響軽減のため護岸改修中につき一時運行休止」と。

威嚇発砲までされちゃぁ、運行を強行できませんもんねぇ。
1月ってことは、今頃はもう再開しているのかもしれません。


さーて、なんだかんだでもう17時半になっちゃいました。
夕飯食べてから帰ろっかな。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:28バーツ

※旅は2013年12月29日(日)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クアンリアム

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
    ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  




 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード