タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅<2013年>

水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[1]

水上マーケットの多くって土日しかやってないところが多いために
なかなか行く機会が作れずにきたんですよ。

しかしようやく久しぶりに土曜日がフリーとなったので、
このチャンスに一挙にダーッと回ってしまおうと思い立ちました(笑)

バンコク西方の5つの水上マーケットに狙いを定め、1日で回ってみようと。
さてさて回り尽くせるのかどうか…。


8月17日(土)の朝、まずは戦勝記念塔へ。
北東の一角、サムセーン運河を越えた高速道路下へ向かいます。


01_01


あった! 時刻は07:00ちょうど。

テントに「メークローン アンパワー ダムヌーン」と書かれています。
ロッ・トゥーでまず向かうのは、外国人観光客に最も有名な水上マーケットの
ダムヌーンサドゥアック水上マーケット

受付の女性にダムヌーンサドゥアック水上マーケットへ行くか確認して
運賃100バーツを支払いつつ、出発時刻を尋ねると「7時半」と。
じゃぁ、目の前の屋台で朝食を食べて待ちますか。


01_02


大好物のガパオ・ムー(豚挽肉のバジル炒めのせご飯)で
空きっぱらを満たして乗り場に戻ると、

「あの車です。乗ってください」と女性。
あ、もう来てるんだ。


01_03


早速乗り込むとなんと07:23に出発するではないですか。
定刻より早く出るなんて、タイで初めての経験かも(笑)


戦勝記念塔を回り、パヤタイ通り沿いのショッピングセンター「センチュリー」前で
一旦停車。運転手さんが降りてお客さんを連れて来ました。
なるほど、ここでもお客さんを拾うのか。


高速に乗りチャオプラヤー川を渡ったロッ・トゥーは
ラマ2世通りを西へとかっ飛ばして行きます。

フアクラブー交差点手前のBig Cラマ2世店前でしばらく停車した後、
07:56に出発。


途中ガソリンスタンドで給油休憩。


01_04


ちょうどいいタイミングでのトイレ・タイムでした ^_^;)


再び西へと疾走し右へ逸れたと思ったら、見慣れた風景のメークローンに到着。
時刻は08:53。2人ほど降ろして再出発。次はどっちに向かうんだろ?

この先、道が二又に分かれ、左へ行くとアンパワー水上マーケット、
右へ行くとダムヌーンサドゥアック水上マーケットなんです。

予想どおり、左へ進みアンパワー水上マーケットに到着。
ここで大勢下車しました。時刻は09:01。私もまた後で来ますよ~。

Uターンしたロッ・トゥーはさっきの二又から今度は右の道へと進みます。

「水上マーケットまで入りますか?」
若い男性運転手が聞いてきました。

はい。

大通りから左折して、チャーター観光船業者が点在する道を
奥へと突き進み、橋を渡ったところで停車。

ここかー、ダムヌーンサドゥアック水上マーケットは。

下車したのは私一人だけ。
あとの人はダムヌーンサドゥアックの市街地へ行くのかな。


01_05


ロッ・トゥーを見送ります。
時刻は、09:15。
戦勝記念塔から1時間50分ほどでした。


実は今までに2回来たことがあるんですが、一人で来たのは初めて。
自分で公共交通機関を利用して訪れると、頭の中の地図にしっかりと場所が
焼き付けられますね。


ちなみに降ろされたのは、


01_06


水上マーケット沿いの土産物屋前の駐車場。
閑散としてますね ^_^;)


早速さっき渡った橋へ行ってみましょう。
お、いるいる。写真撮影している観光客がうじゃうじゃ。


01_07


橋の左側を見下ろすと、


01_08


ツアーのパンフレットでよく見る光景が~。
これぞダムヌーンサドゥアック水上マーケット! って感じですね。

でも心なしか物売りよりも観光客の船のほうが多い気が。
きっと気のせいですよね(笑)


で、さらに直下を見下ろすと、


01_09


外国人向け観光地の定番「大蛇の首巻き」がぁ~!(笑)
お金払ってやる人、いるもんなんですねぇ ^^


では、ダムヌーンサドゥアック水上マーケットを歩いてみますか。





<交通費>
ロッ・トゥー:100バーツ
ここまでの合計:100バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


01_map


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります  m(_ _)m

       タイ・ブログラ

ンキング  



ダムヌーンサドゥアック水上マーケット 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[2]

ダムヌーンサドゥアック水上マーケットの真ん中に架かる橋から
今度は南側を眺めてみましょう。

こっち側の方が写真を撮っている観光客が圧倒的に多いです。
そんな中に混じって「船に乗りませんか?」と英語で勧誘してくる業者さんも ^_^;)

丁重に断りつつ眺めると、


02_01


こっちのほうがマーケットが長い分、活気があるように見えますね。


ダムヌーンサドゥアック水上マーケットは、毎日6~12時にやってるそうです。
アンパワー水上マーケットが金土日の夕方からというのと対照的ですね。
ツアーへの組み込み易さがここの活気を支えているのかも。


そんなダムヌーンサドゥアック水上マーケットですが、
元々は近くの違う場所にありました。
それは活気のある水上マーケットで最盛期は1970年前後の数年だったようです。

観光用水上マーケットとしてこの地トンケム運河に移されたのは1985年のこと。


じゃ、階段を下りてみますか。


02_02


物売りの舟は両岸に寄っていて、中央を通過する舟の多くは観光船なんですね。
営業開始時間と言われる朝6時頃に来れば、出勤(?)してくる物売りの舟が
行き交う光景をもっと見られるかもしれません。


ちなみに陸上部分には土産物売り場のほかに


02_03


食堂もあります。が、どうせなら舟で作るクイッティアオを食べたいもんですよね~。

マーケットを眺めつつ北端まで歩くことに。


02_04


フルーツ売りの舟は写真映えしますね。
どの舟も綺麗にフルーツを並べているので、つい欲しくなりそう。

ところでここのカット・フルーツの相場はいくらぐらいなんでしょうか。
聞いてみれば良かったと少々後悔 ^_^;)


ごちゃごちゃした通路をやっと抜けて、北端に架かる橋までやってきました。


02_05


ここまで来ると淋しい風景なんですね。


北端と言いましたが、ダムヌーンサドゥアック水上マーケットのある
トンケム運河はここから始まっていまして、その先はと言うと、


02_06


ダムヌーンサドゥアック運河というかつての大幹線運河が東西一直線に伸びています。
観光船が向かう先、左がダムヌーンサドゥアック水上マーケットのあるトンケム運河で、
一艘また一艘と観光船が吸い込まれていっています。

しばらく飽きずに眺めていると、うーん、日本人観光客率高しですね。


右手には立派な橋が。


02_07


あの橋でダムヌーンサドゥアック運河を対岸へ渡ってみましょう!





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:100バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


01_map


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



実は元祖、ラウタックラック水上マーケット 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[3]

ダムヌーンサドゥアック水上マーケット北端を横切るダムヌーンサドゥアック運河の
対岸にも実はマーケットがあるんです。


03_01


看板には、

← ラウタックラック水上マーケット (ตลาดน้ำเหล่าตั๊กลัก)
  DAMNOENSADUAK FLOATING MARKET


と書かれています。


向こうへ渡りつつ、橋上から運河を眺めてみると、


03_02


一直線で幅の広い運河ですよね~。
遠くのほうにも舟が何艘もいるのが見えます。

このダムヌーンサドゥアック運河はラマ4世の命で1866年に掘削開始、
2年後の68年11月に正式開通しています。命名もラマ4世によるもの。

ターチーン川メークローン川を結び全長35kmだとか。


対岸へと渡ってみると、


03_03


板張り廊下で百年市場の趣がありますね。
左へと歩くと、


03_04


ダムヌーンサドゥアック運河から右に枝分かれしたラットプリー運河
(คลองลัดพลี) の両岸に商店が並んでいます。

が・・・、


03_05


奥まで行って振り向いた風景ですが、予想以上に閑散としているじゃないですか。
ついさっきまでいたダムヌーンサドゥアック水上マーケットの活気とのギャップが
あり過ぎて余計に寂寥感&場末感満点です。

とは言っても商店街や周辺の住民と思しき方の姿が少しはあるんですが。
それとほんのたまーに観光客の姿も…。

運河一本隔てるだけでこんなにも違うもんなんですね。


ラットプリー運河に架かる橋を渡り対岸へ。
こちらの角には立派な中華風の木造商店が。


03_06


HOKLEE CAFEとあるのでカフェなんですね。雰囲気いいし一服しようかと思いきや、
店の中華系ご主人は店内のデッキチェアーにゆったりもたれつつ携帯電話で長話中。
私になんて一瞥もくれやしません -_-;)

まぁいいや。

戻ろうとしつつラウタックラック水上マーケット両岸の景色を写真に収めてみます。


03_07


今は淋しい限りのラウタックラック水上マーケットですが、
実はここが元々のダムヌーンサドゥアック水上マーケットだったと言ったら驚きますか?


ダムヌーンサドゥアック運河開通の後、ダムヌーンサドゥアック郡の奥と
ラーチャブリーとの間の交通の利便性のためにこのラットプリー運河
開通したのは1901年。当初ラット・ラーチャブリー(ラーチャブリーへの近道)と
言う名だったのが縮んでラットプリー運河になったんだとか。

で開通に合わせてこの角にダムヌーンサドゥアック郡役所が移転してきます(後に再移転)。
きっとそれで人が集まるようになったことから、ここに水上マーケットが出現しました。

かなり活気があったようで一時はラットプリー運河入口からダムヌーンサドゥアック運河
西へ1kmほどまで舟の物売りの群れが続いていたんだとか。


その後エンジン付きの舟が増え始めると、波を避けてラットプリー運河内に
舟が集まるようになります。その最盛期の1967年頃から噂を聞き付けた
国内外の観光客が訪れるように。

なにせ今私が立っている場所の当時の光景は、こんなですよ!


03_08

      出典 tripdamnoen.freetzi.com


これぞ本物の水上マーケット!
今この姿で残っていたら、絶対行ってみたいですよね!



そこに目を付けたのがタイ政府観光庁。
1971年から「ダムヌーンサドゥアック水上マーケット」の観光促進に力を入れ出し、
観光雑誌に相次いで紹介記事を載せたことから一躍有名に。


が、皮肉にもその頃から陸上交通が発達した影響で水上マーケットは急速に衰退。

観光資源を維持するために1985年、タイ政府観光庁が音頭を取って水上マーケットを
ダムヌーンサドゥアック運河を挟んだ反対側のトンケム運河 (คลองต้นเข็ม) に移転させ、
「観光用水上マーケット」として今に続いているというわけです。


話が長くなりましたが、つまりダムヌーンサドゥアック水上マーケット
本来こっちのラウタックラック水上マーケットにあったのです。


ダムヌーンサドゥアック水上マーケットにいらっしゃったら、
ぜひ橋を渡ってこちらにも訪れてみてください。





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:100バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


<参考>
『ダムヌーンサドゥアック・ラットプリー運河入口水上マーケット(ラウタックラック)、
ダムヌーンサドゥアック運河の歴史』
(タイ語Word文書)


つづく


03_map

  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



ダムヌーンサドゥアック市街地へ 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[4]

ラウタックラック水上マーケットの東岸側には2階がありますね。


04_01


階段もあるので行ってみますか。

再びラット・プリー運河に架かる橋を東岸側に渡って、
階段を昇ると、


04_02


ガラーン…(汗)


申し訳程度にラウタックラック水上マーケットの歴史を紹介したパネルが
掲示されているのと、


04_03


昔使われていたであろう舟がいくつか展示されているのみ。

なんだかやる気の無さが伝わってくるような…。

まぁ、対岸の圧倒的人気をこうも見せつけられては、
こっちも盛り上げようという気概が無くなるのも分からないではないですが ^_^;)


ここからは、そのダムヌーンサドゥアック水上マーケットに観光船が次々と
吸いこまれていく光景が実によく見えるのでありました…。


04_04


そろそろ次の目的地アンパワー水上マーケットへと向かいますか。
階段を下り、ダムヌーンサドゥアック運河に架かる橋を渡ります。


04_05


この運河沿いもいつかじっくりと巡ってみたいものですねぇ。
35kmあるけど ^_^;)


外国人観光客で賑わうダムヌーンサドゥアック水上マーケットを横切り、
戦勝記念塔から乗ってきたロッ・トゥーを降りた場所へ戻ります。

どうもソンテオが走っているようなんですよ。
しばらく待つ覚悟で突っ立っていると、あれ?


04_06


黄色いソンテオがやって来ましたね。


04_07


正面屋根には「ポーターラーム」と書いてあるじゃないですか!
横っ腹には1733番と。

なんと、4/30の「ラーチャブリーへの旅」ポーターラームから
ラーチャブリーまで乗ったソンテオと同じ路線番号!

その時乗ったソンテオはこれですが、


09_05


横っ腹に「ラーチャブリー ワット・プラサートスィット ダムヌーン」
書かれていて不思議に思ったんですよね。

そうか、この1733番は、ダムヌーンサドゥアック~ポーターラーム
ポーターラーム~ラーチャブリーで分割して運行されているってことなんですかね?

友に偶然再会したような気持ちになりましたよ(笑)
乗り込みましょう。時刻は09:51。


左折して国道325号線に出るとすぐにダムヌーンサドゥアック運河を渡ります。


04_08


そろそろ市街地だな。降りよう。ブザーを押すと、
「ちょっと待ってなさい。もうすぐ停まるから」と乗り合わせたおばあさん。

あ、そうなんですか ^_^;)


言葉どおり、しばらくしたらソンテオは停車。
乗客全員がここで降りるではないですか。
私も勿論降りて運賃支払い。10バーツ也。


04_09


時刻は、09:59。

入れ替わりにお客さんがどっと乗り込んで行きます。
ここからのお客さんはポーターラーム方面まで行くんでしょうね。


国道325号線を反対側へと渡ります。


04_10


こんな感じの町でした。ダムヌーンサドゥアックの市街地は。
ダムヌーンサドゥアック水上マーケットからは2kmばかり離れています。

バンコクの南バスターミナルからバスで来たら、たぶんここで降ろされるんでしょうね。
で、今私が乗ってきたソンテオの逆方向行きに乗り継いで水上マーケットへ向かう
ことになります。


これからの私はというと、メークローン方面行きのバスに乗ろうかと。
実はもう目の前に停車しているんですけどね(笑)





<交通費>
ソンテオ:10バーツ
ここまでの合計:110バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


04_map


  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



ダムヌーンからアンパワーへ 水上マーケット1日で5ヶ所巡る旅[5]

国道325号線沿いにあるダムヌーンサドゥアックの市街地から
乗り継ぎのバスに乗ります。

実はダムヌーンサドゥアック水上マーケットからのソンテオを降りた時にもう、
国道の反対側にバスが停車しているのが見えたんですよ。


バスに近付くと、「メークローン、メークローン!」と女性が叫んでいます。


07_01


窓には確かに「メークローン」と。

何時発ですか?

「10時」

まさに今じゃないですか! 早速乗り込みます。
ここ始発なんですね。かなり空いている座席に座ろうとすると、


イッテェ!!


サンダル履きの右足の甲を何かに思いっきりぶつけてしまいました。
座席下を覗き込むと、


07_02


なんだこの凶器は!
あ~ぁ、皮が剥けて血が滲み出てきてしまいましたよ -_-;)

被害者はきっと私だけじゃないと思いますよー。なんとかしてくださいバス会社さん!


悶絶しているうちにバスはメークローンに向けて発車。
時刻は10:04。


07_03


みんな涼しい顔で座っています。
足をぶつけたのは私だけか…。


さっき呼び込み(?)をしていた女性が集金に回ってきます。
車掌さんだったんですね。均一料金らしく17バーツ。

ダムヌーンサドゥアック運河を渡ってすぐ、
右側にさっき入って行った水上マーケットに通じる道が見えました。


07_04


あの「CJ Express」という小さめのスーパーがいい目印になりますね。


バスのスピードはとにかくゆっくり。
ロッ・トゥーでかっ飛ばしてここまで来た身にはじれったく感じてしまいます。


ようやくアンパワー水上マーケット方面への道との二又に到着。
ここで下車することにしましょう。


07_05


時刻は10:31。
場所を一応グーグル・マップでお知らせしておきます。
「A」のピンの立っているポイントです。


車に気を付けて通りを渡ると、


07_06


あれ? こんなところに象さんが~。

ヤバイ。カメラを向けたらこれは客になると思ったのか、
象使いさんがエサの入った袋を持った手をこちらに伸ばすじゃないですか。

す、すみません。
目を合わさないようにスタスタと歩いてその場を去る私でした ^_^;)


07_07


こっちがアンパワー水上マーケット方面の国道6006号線。
入口には数日前だった王妃誕生日を祝う飾り付けが。

その飾り付けの影で乗り継ぎ便を待ちます。


10分ほどでやって来たのは、


07_08


アンパワー行きのソンテオ。
時刻は10:41。


これぐらいの待ち時間なら順当なうちかな。
などと思いながら揺られていたら、ものの1分で見覚えのある光景が。

あれ? もうアンパワー水上マーケットに着いたのか!
入口の路地前で下車。


07_09


時刻は、10:42。
はい、たったの1分でした(笑)

全然歩ける距離だったじゃん。
地図をもっとしっかり確認しておけば良かった…。

運転席で運賃8バーツを支払い、辺りを見回すと、


07_10


目の前にロッ・トゥー乗り場が。

戦勝記念塔 BTS センチュリー
BIG C - セントラル ラマ2


と。

朝乗ったロッ・トゥーの復路はここから乗れるんですね!
電話番号も同じだから朝乗ったのと同じ業者に間違い無しです。

もう少し先の橋の手前にもロッ・トゥー乗り場があるんですが、
そっちは客の待ち順管理がずさんで頭にくる思いをしたことがあるので
おすすめしません。利用するならこちらがおすすめですよ~。


さて、二度目となるアンパワー水上マーケットへ行ってみますか!





<交通費>
ダムヌーンサドゥアックからのバス:17バーツ
アンパワーまでのソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:135バーツ

※旅は2013年8月17日(土)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


04_map

  よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
      ブログを書く励みになります m(_ _)m

       タイ・ブログランキング  



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード