タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

ドーンワーイ~洪水の去った水上マーケットへ<2011年>

84番バスで帰る 洪水の去った水上マーケットへ[最終回]

ワット・ライキンからのソンテオでオームノーイに着きました。


08_01


さて、バスを乗り継いで帰りましょう。

ペットカセーム通りとの交差点まで出て左へ。
しばらく歩くとバス停発見。


08_02


ほどなくしてやって来ました!


08_03


84番バス。今度は青いエアコン・バスですね~。

時刻は、12:06。


席に座ってほっとすると、左目の痛みがそろそろ限界です(>_<)
もうダメだ。コンタクトレンズをはずしました。

レンズを出せば痛みが無くなるんですよね。不思議です。
レンズをまじまじと見ても傷はついていませんし、
うーん、目に傷でもついたのかな。


メガネを持参し忘れたので良く見えなくなっちゃいましたが、
まぁ、ここからなら迷うことなく帰れるので大丈夫でしょう -_-;)


ペット・カセーム通りをひたすら直進したバスは、
ウォンウィエンヤイをぐるっと回って南へと方向転換。

さらに左折してBTSシーロム線高架橋下を走ります。

よし、着いた!
BTSウォンウィエンヤイ駅近くのバス停で下車。


08_04


時刻は、13:08。
オームノーイからほぼ1時間です。


ここからBTSに乗って帰りました。


目の痛さを我慢しながらの道中でしたが、洪水被害に遭っても
元どおりに営業を再開しているドーンワーイ水上マーケットをはじめ、
地域住民の方々の逞しさを感じた旅でした。


これにて今回のシリーズは完結です。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!


引き続き年末のタイ滞在時に行った次の旅を綴りたいと思います。





<交通費>
84番バス:19バーツ
ここまでの合計:104.5バーツ


おわり


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


08_map



追記

旅の翌々日、目が痛い話を友だちにしたら
医者へ行くように勧められたもので、その翌朝にバムルンラート病院へ。

眼科の男性医師曰く、

「ワイラス カオ ター」(ウィルスが目に入った)

てっきり目に傷が付いていると思ってたので
意外な結果にビックリ。

「5日、いや、3日でいいからコンタクトレンズは禁止ね」と。

ぐわっ。それは困った。もう一回旅に行こうと思ってるのに~(T_T)
目薬を2種類出されました。


実は目だけでは済まなかったんですよ。
目薬のお陰で日本帰国日にはコンタクトレンズを入れられるまでに目は治ったのですが、
帰国後に鼻が止まらなくなり頭がボーッとし出す始末。かなり辛いです。

なので地元の医者へ。

「症状は全て首から上だけだから、何かのウィルスに罹ったんだね。
 目のと同じに間違いないでしょう」と。

洪水の中を走る列車の窓からしぶきをかぶった話をしたところ、
「原因はそれでしょう」と笑われてしまいました -_-;)


ウィルス・・・恐れていたレプストピラ症の症状に似てるんですよ。

数日の潜伏期間を経た点、悪寒、頭痛、結膜充血がある点はピッタリ。
でも発熱が無いのでレプストピラ症じゃないのかな。

いずれにしてもウィルスに罹ったのは間違いなさそうですし、
その原因もどうやら洪水の水らしいと。

今年は起こらないことを願いますが、もし洪水になったら
なるべく冠水した水に触れないほうがいいかもしれません(>_<)

 

洪水の跡とオームノーイ 洪水の去った水上マーケットへ[8]

帰るために84番バスをワット・ライキン向かいの売店前で
多少心配しながら待ちます。なかなか来ないなー。


すると、ソンテオ・ターミナルのほうから
一台のトラック・ソンテオがひょこっと顔を出すじゃぁないですか。

さっきターミナルを歩いた際に見かけた
オームノーイ行きです。


09_01


乗っちゃおうかな ^^


小走りに駆け寄り、オームノーイに行くか運転手に確認。
無言で頷きます。

よっしゃ。冒険してみよう!

荷台、もとい、客席に乗り込みます。
時刻は、11:31。


が、このソンテオ、予想外の方向へ突っ走り始めてビックリ。
てっきり西進してペットカセーム通りに出ると思いきや、
ドーンワーイ水上マーケットの方向へ戻って行くじゃぁないですか!

慌ててiPhoneのマップを起動して確認します。
あ、なるほど。きっと暫く先の横道に入りプッタモントン・サーイ5に出るんだな。


予想は的中。
ソンテオは右折して、ただの路地に見える道へと入って行きます。

くねくねと走る車窓の景色は、心なしか乾いた土色のフィルターがかかったかのよう。
洪水で冠水していたことを物語っているんでしょうね。


すると、こんな景色も。


09_02


左側一面が池になっています。
元々こうなのか洪水の名残なのか判断がつきませんが、
まるで海岸線や湖のほとりを走っているかのよう…。


家々の壁にもくっきりと茶色い線が残っています。

そうこうしているうちにソンテオはプッタモントン・サーイ5に出ました。
出たポイントの目の前の光景に唖然。


09_03


これは分かりやすいです。工場の白壁にまっすぐ茶色い線が。
ちょうど人の腰の高さまで冠水したんですね。

thaiflood.comというサイトにこの一帯の洪水時の状況が記載されています。
ドーンワーイ、ライキン、プッタモントン・サーイ5では、0.7~1.5m冠水し、
学校の校舎やワット・ドーンワーイで200人が避難生活を送っていたんだそうです。

相当大変だっだようですね。


プッタモントン・サーイ5を直進したソンテオが停車。全員が降ります。
終点のオームノーイに到着しました。


09_04


前方にペットカセーム通りとの交差点に架かる立体交差橋が見えます。


運転席で運賃支払い。7バーツ也。
時刻は、11:54。


さて、ここからバスに乗り継ぎです!






<交通費>
ソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:85.5バーツ


つづく


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


09_map



ワット・ライキンに戻る 洪水の去った水上マーケットへ[7]

ドーンワーイ水上マーケットの端にある船着き場から市場へ戻ろうとすると、


07_01


足元に黒ネコが~。
体を足に擦り寄せながら足の間をくねくねと歩くではないですか。

しばしネコちゃんとのたわむれタイム ^^


癒しの時間を満喫したあと、再び市場内へ。
お、ここにもありましたよ。


07_02


ご当地Tシャツ!

ドーンワーイ」とタイ文字で書かれたカラフルなTシャツが並んでいます。
うーん、でももう少しイラストのデザインに凝ってくれたら買うんだけどなぁ。


ドーンワーイ水上マーケットを一とおり散策したので、そろそろ帰りますか。
実はまたもやこの後約束があるもんで ^_^;)


ワット・ドーンワーイを通り抜け正面の通り、プッタモントン・サーイ6へ。


ソンテオでここに来る場合には、このお寺の門と、その反対側にあるセブンイレブンが
降りる際の目印になりますね。

…などど考えているとやって来ました!


07_03


時刻は、11:09。


プッタモントン・サーイ6を進んだソンテオは、
ワット・ライキンに到着。

みんな降りたから、やっぱりここが終点なんですかねぇ。
ワット・ライキン止まりのとペット・カセーム通りまで行くのがあるのかも。

時刻は、11:21。


詰所の男性に84番バスに乗るにはどこで待っていればいいか尋ねると、
どうも知らない様子。えー、何それ -_-;)


「道路に面した本屋の前で待っていれば来ると思うよ」


他の人に聞きながらも自信無さげに答えます。
取り敢えず信じることにしますか。ありがとうございます。


本屋とは、仏教関係の書籍も売っている道に面した売店のことでした。
この店の前で待ってみましょう。


07_04


目の前には、ワット・ライキが。
やっぱりだだっ広いな~。





<交通費>
ソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:78.5バーツ


つづく


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


03_map



洪水の残る市場 洪水の去った水上マーケットへ[6]

ドーンワーイ水上マーケットの古いゾーンをさらに奥へと進むと…


06_01


ありゃりゃ。
とうとう通路までもが冠水しています。

でもこれでも水が引いたほうなんでしょうね。
水位が最も高い時はどれぐらいだったんだろう…。


先へ進むのを諦め、元へと戻ります。


06_02


こっちの古いゾーンも趣があっていいんですが、
その先の


06_03


こちらの新しいゾーンのほうが私は好きですね~。
開放的で明るく清潔だし、なぜかホッとします。

ということで、新しいゾーンで日本へのお土産のお菓子を購入。
3袋で100バーツとの売り文句に釣られてしまいました(笑)

「新しい商品ですよ」 とお店の女性。

そうか。洪水で暫く閉まっていた時期があったのだろうから、
古い商品じゃないかと心配するお客さんがいるんでしょうね。


新しいゾーンを突っ切って、ターチーン川上流側の
市場の端まで来てみました。


06_04


船着き場になっています。

おばあさんが、一人。
これから自家用の舟で帰るのか、連れの人を待っている様子です。
横には市場で買った物がちょこんと。


なるほど。観光客だけでなく日用品や食料品買い出しの住民もやって来る、
「生きた」市場なんですね、ドーンワーイ水上マーケットは。


しかし、舟のある生活っていいですね。憧れます ^^






<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:71.5バーツ


つづく


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


03_map



ターチーン川を眺めながら朝食 洪水の去った水上マーケットへ[5]

ドーンワーイ水上マーケットでまずは朝食!

ターチーン川に面したレストランに入ってみます。
結構広い店内は、平日のためガラガラ。川沿いのテーブルに着席。


05_01


船がゆっくり行き交うのどかなターチーン川の景色を一人占め~。

バンコクからそう遠くはないのに、
こんな自然豊かな川の風景を満喫できるなんて!


注文したのは、


05_02


カーオナー・ペット(アヒル肉のせご飯)
とコーラで50バーツ也。

川にそよぐ風が心地いいです ^^


のんびりと食べ終えたところで、本格的に市場の散策といきますか。


そのまま下流側のほうへと進んでみます。


05_03


あれ?


通路には今度は木製のパレットが敷き詰めてあるじゃないですか。
やはりつい最近まで冠水していたってことでしょうかね。


この先は市場の建物が年代物な雰囲気。
想像ですが、元々はこちら側にだけあったのが、
最近になって上流側へも拡張したんじゃないでしょうか。

店先に並ぶ商品も、月餅やクイチャーイなど中華系色の濃いものが増えた気が。


ここドーンワーイ水上マーケットの始まりは、ラマ6世期(1910~25年)。
当時はターチーン川が交通のかなめだったので賑わっていたようです。

しかし他の水上マーケット同様、陸上交通の発展とともに廃れていきます。
プッタモントン・サーイ6が開通した1960年代後半には客足が遠のき、
一時は営業中の店が10店だけに激減。

それが新聞の食べ歩き記事でここの食堂とターチーン川沿いの市場の雰囲気が
紹介されると人気爆発。多くの観光客が訪れる人気スポットへと変貌。
賑わいが復活したのです。今日は平日なので比較的静かですけどね ^_^;)


・・・ってな感じのドーンワーイ水上マーケットの古いゾーンを
さらに奥へと歩いて行き、ふと左の路地に目をやると、


05_04


うわっ、まだ冠水してるじゃん!!

ターチーン川とは反対の陸地側ですよ!
バンコク都内は12月上旬に全地域から水が引いたとのニュースを聞いてましたが、
すぐ隣のナコーンパトム県では、12月下旬でもまだ冠水地域が残ってたとは!






<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:71.5バーツ


つづく


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


04_map



 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード