タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

バーンナムプン水上マーケット<2009年>

バーンナムプン水上マーケット[1]

8月のタイ滞在では、バンコクから近い、
バーンナムプン水上マーケットへ行ってきました。

チャオプラヤー川って、クローントーイの辺りで大きく蛇行していて、
バンコクの対岸側が半島みたいになってますよね。

バーンナムプン水上マーケットは、その「半島」にあります。

もう一つ、この水上マーケットの特徴は、昔からあるのではなく、
2004年に地元自治体が音頭を取って、地域振興のためにオープンさせた
観光向けの水上マーケットであるということ。


なぜ、ここに行ってみようと思ったかと言うと、
7月に行ったバーン・サークラーの特産品「クン・イアット」(伸ばしエビ)が
売られているという情報をネットで見つけたからなのです。

実は、7月にバーン・サークラーへ行く前にここへ行くはずだったのですが、
JAL便が引き返してしまい予定が狂ったので(シツコイですなぁ 笑)、
今回に順延したのでした…。


でも、今回は時間が無かったのでちょっとズルを・・・。
バス&ソンテオではなくて、車で行っちゃったんです(笑)

というワケで、行程の詳細はこちらのサイト(タイ語。車、バス、渡し船での
それぞれの行き方が説明されてます)にお任せして、
現地に到着したところからイキナリ始めさせていただきます!


水上マーケットがあるという運河沿いに、お客さんの流れについて歩いていくと、


バーンナムプン水上マーケットに到着!


お、あそこから水上マーケットが始まってるんですね!

すぐにこんなお店がありました。


ファック・カーオのジュース屋


このオレンジ色をした、イボイボの付いたラグビーボールみたいな形のフルーツ、
「ファック・カーオ」と言うんだそうです。初めて見ましたよ!

それをジュースにして売ってます。

モノは試しに飲んでみると、
見かけによらずクセがなくて美味しいです。
グァバにリンゴを混ぜたような味・・・かな?


お店は、細い運河沿いの道に沿って延々と続いています。

目立つのは、


ガオラオのお店


料理のお店と、


タイ・スイーツを売るお店


タイの伝統的なスイーツを売るお店。
何て言うのか知らないタイのお菓子が沢山売られてました。


カノム・モーゲーン


これは、さすがに知ってます。カノム・モーゲーン
ミニチュアの土鍋に入っているのが、カワイイですよね。


しかし、クン・イアットは見当たらず。

暑さで早くもバテ気味な私でした…。



つづく


※旅は2009年8月15日(土)に行いました。

バーンナムプン水上マーケット[2]

運河沿いに続くバーンナムプン水上マーケットをさらに奥まで進みます。

やはり、食べ物のお店が多いですね。
ついついつられて買い食いしながら歩いてしまいます。

なんやら沢山食べたんですけど、
イカ焼き以外、イマイチ覚えてません(笑)


途中、看板がありました。


途中にあるバーンナムプン水上マーケットの看板


看板を背にしたこの先のゾーンは、運河の上に屋根があるんですよ。


屋根のあるバーンナムプン水上マーケット


これなら急なスコールに見舞われても、営業を続けられるということですね。
さすが、自治体の肝入りでオープンしただけのことはあります。


この先をしばらく行ったところで、水上マーケットは終わり。
その終わり周辺に、なぜか固まってコレを売るお店が数店ありました。


ココナッツから作った砂糖


ココナッツから作った砂糖です!


またもや初めて見ました。
キャラメルのような茶色い色をしてるんですね。

思わず一つ購入。

早速味見してみると、優しい甘さ!
キャラメルのような香ばしい味がします。

ソムタムを作るのに、このココナッツの砂糖を使うお店もあるんだとか。
たしかにソムタムならコレを使ったほうが美味しそうです!


で、クン・イアットとともに塩田で作った塩も探していたんですが、
どちらも、ついぞ発見できませんでした(T T)

バーン・サークラーからのお店は撤退しちゃったんですかね。


終点まで来たので元来た道を戻ることに。

時間はちょうどお昼時。
気付くと物凄い人出になってます!!


お昼時で混雑してます


まるでチャトゥチャク並み!
オープンして5年でこれだけお客さんを集めれば、大成功ですよね。


運河沿いからそれた一角にもお店が並んでますが、
そちらはあまり目ぼしいモノが無く感じました。
でもそっちではタイ舞踊などのイベントもやっているようです。


暑いは人が多いはで、疲れがそろそろ限界なので、軽く食事を取ることに。
適当に席が空いていたお店に座ってクイッティアオを食べました。

ふと見ると、


クイッティアオのお店


作っている人も暑そうですなぁ。


人がますます増えてきたので、
食べ終えたらすぐに帰路についてしまいました。


しかし、こんなに人気だとは思ってもみませんでしたよ。

タイ伝統の料理&スイーツに目を付けたのが、
老若男女問わず様々な人にウケた理由なのかな、
と思ったりもしました。


またぜひ行ってみたいです。

土日の7:00~14:00にやってるそうなので、
今度は是非とも暑くない午前中の早い時間に…(汗)



おわり


※旅は2009年8月15日(土)に行いました。

 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード