ドーンワーイ水上マーケットの端にある船着き場から市場へ戻ろうとすると、


07_01


足元に黒ネコが~。
体を足に擦り寄せながら足の間をくねくねと歩くではないですか。

しばしネコちゃんとのたわむれタイム ^^


癒しの時間を満喫したあと、再び市場内へ。
お、ここにもありましたよ。


07_02


ご当地Tシャツ!

ドーンワーイ」とタイ文字で書かれたカラフルなTシャツが並んでいます。
うーん、でももう少しイラストのデザインに凝ってくれたら買うんだけどなぁ。


ドーンワーイ水上マーケットを一とおり散策したので、そろそろ帰りますか。
実はまたもやこの後約束があるもんで ^_^;)


ワット・ドーンワーイを通り抜け正面の通り、プッタモントン・サーイ6へ。


ソンテオでここに来る場合には、このお寺の門と、その反対側にあるセブンイレブンが
降りる際の目印になりますね。

…などど考えているとやって来ました!


07_03


時刻は、11:09。


プッタモントン・サーイ6を進んだソンテオは、
ワット・ライキンに到着。

みんな降りたから、やっぱりここが終点なんですかねぇ。
ワット・ライキン止まりのとペット・カセーム通りまで行くのがあるのかも。

時刻は、11:21。


詰所の男性に84番バスに乗るにはどこで待っていればいいか尋ねると、
どうも知らない様子。えー、何それ -_-;)


「道路に面した本屋の前で待っていれば来ると思うよ」


他の人に聞きながらも自信無さげに答えます。
取り敢えず信じることにしますか。ありがとうございます。


本屋とは、仏教関係の書籍も売っている道に面した売店のことでした。
この店の前で待ってみましょう。


07_04


目の前には、ワット・ライキが。
やっぱりだだっ広いな~。





<交通費>
ソンテオ:7バーツ
ここまでの合計:78.5バーツ


つづく


※旅は2011年12月27日(火)に行いました。


03_map