タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

2015年03月

Tuiさんのお店「COTO COTO」 チェンマイ日帰り旅[3]

ニマンヘミン・ソイ7のバーン・タワーイというお店で
カオソーイを食べ終えた私は、再び歩き始めたのでした。
時刻は、09:54。


03_01


同じニマンヘミン・ソイ7には、こんな店もありました。
いかにもチェンマイ!って感じですよね。


ソィ入口まで戻ったので、ニマンヘミン通りを南下していきます。

気付いたんですが、賑やかなのはリンカム交差点から
そう遠くない範囲までで、その先は大して店が無いんですね。

しかもチェンマイ大学の敷地らしい空き地やら会議場の建つ敷地やらが
通り沿い両側のかなりの部分を占有しているので、
商店街を作ろうにも作れない感じ。

もったいないですよー。
チェンマイ大学にはぜひチュラロンコン大学がサイアムスクエアを整備して
貸し出しているみたいに、ニマンヘミン通り沿いを開発してほしいですね。


03_02


ようやく先にニマンヘミン通りの終わり、
ステープ通りとの交差点が見えてきました!

ところで目の前を通過しているソンテオ、
「無料 チェンマイ大学-スアンドーク 22」
と正面に書いてあるんですよ。

くだんの路線ソンテオではなさそうですが、
通学用ソンテオか何かですかね?


で、交差点到着。
時刻は10:09。

ソイ7に寄り道した時間を差し引くと、リンカム交差点から19分で
ニマンヘミン通りを端から端まで踏破したことになります。


さて、交差点から右手を眺めると、


03_03


ステープ通りが山へ向かって西へと伸びています。

で、もう左折するポイントは見えてますね~。
早速歩いていきましょう。

ほんの1,2分でそのサナームビンガオ通り入口に到着。


03_04


車の列にならってここを左折したところから見た景色が、


03_05


これ。
正面にあったー!


03_06


Tuiさんのお店「Cafe & Dining COTO COTO」です。

良かった。一時はどうなることかと思いましたが、辿り着けました!
時刻は、10:12。

店内を覗き込むと、Tuiさんが温かく出迎えてくれました。
では、お邪魔しまーす ^^


03_07


洗練されたいい雰囲気の店内ですね。
もちろんエアコン完備。


03_08


壁沿いのテーブルは、カップル席でしょうか。
タイ人カップルって向かい合うよりも並んで座るのが好きみたいですから、
その点も考えてのことなのかもしれませんね。

ディナータイムに近所のチェンマイ大学生のカップルが
仲良く並んで食事している光景が目に浮かびそう(笑)

実はどんなメニューがあるのか全く知らずに訪れたんですよ。
Tuiさんから手渡されたメニューを開いてみると、1ページ目に


03_09


オムライスが!

しかも「トマトソース」は普通だとして、
「グリーンカレー」と「マッサマンカレー」って一体!?

「人気メニューなんですよ」とTuiさん。

ではそれにしてみますか。
どうせなら「マッサマンカレー」のほうで ^^

で、シェフ長の奥さまの手による料理がやって来ました!


03_10


オムライスとマッサマンカレーが本当にコラボしてる!

いただきまーす。

うん、なんとも不思議なんですが、絶妙にこの2つがマッチしてますよ。
優しい味わいです。

単体でもそれぞれ美味しくて、とくにオムライスの卵焼きの部分は
物凄くフワフワで絶品。こりゃ人気メニューなわけだ。


他のメニューは日本の洋食がメインで、タイ料理もありますよ~。


☆お店情報☆
Cafe & Dining COTO COTO
地図:グーグルマップ(赤いピンの場所)
住所:4/1 Sanambinkao Rd., T.Suthep, Amphoe Muang, Chiang Mai
電話:053-282-005、日本語は098-852-0334

※お店への行き方ですが、空港からでもチェンマイ市内からでも、
赤いソンテオに「タラート・トンパヨーム」(ตลาดต้นพยอม)と告げるといいです。
上の写真のサナームビン・ガオ通り交差点で下車して徒歩すぐです。
タラート・トンパヨームは交差点の100mほど先です。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:2,218バーツ

※旅は2015年2月18日(水)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

ニマンヘミン

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

ニマンヘミンでカオソーイ チェンマイ日帰り旅[2]

チェンマイ空港から、ロッ・デーンこと赤いソンテオに乗ることにします。
路線ソンテオが無いっていうんですもん。

さて、行き先を何て説明すればいいかな。

Tuiさんのお店「Cafe & Dining COTO COTO」はチェンマイ市街西部、
ステープ通り方面にあるんですよね。


ニマンヘミン


やって来たロッ・デーンの運転手に交渉します。

ステープ通りニマンヘミン通りとの交差点まで行けますか?
こんな感じにしか説明できませんでした ^_^;)

頷いて50バーツだと運転手さん。
ほぉ、ボラれるかと思ったら良心的な値段でホッとしましたよ。

ステープ通り
ですよ! と念押しして乗車しまーす。


02_01


時刻は、09:10。

チェンマイ空港
を出て、セントラル・エアポートプラザを左折してお堀へ。

本当は空港から北上すれば道一本で「COTO COTO」なんですが、
途中が軍管理地域のため許可車両以外通行不可なんだそうで。


02_02


ちなみにソンテオ内部はこんな感じ。

途中で呼び止めて交渉した西洋人グループがいましたが、
結局乗車しなかったので私一人の貸し切り状態。

iPhoneのマップで現在地を追います。
ちゃんとスアンドーク門のところで左折してステープ通り
入ってくれるか一抹の不安が。

…なんて思っていたら、案の定左折せずに直進しやがった!!
おい、こらー!!

ステープ通り」と念を押したのに、
きっと「ドイ・ステープ方面」だと思い込んだんでしょう。

ふつうニマンヘミン通りの交差点っていったら
リンカム交差点を指すようですし。

私の説明が悪かったってことか _| ̄|○


02_03


お堀の北西角までやってきました。
ここから左折して北西方面へ。

そして、


02_04


リンカム交差点手前で下車。50バーツ支払います。
時刻は、09:18。


02_05


ここが、リンカム交差点(แยกรินคำ)。
向かいに MAYA というショッピングセンターが。
でもまだ営業時間前ですね。

ここを左折して、


02_06


ニマンヘミン通りへ。
チェンマイの青山、とか呼ばれているんでしたっけ?
オシャレな店が多いんだそうで。

ニマンヘミン通り
を端から端まで歩いて抜けるしかないか。
路線バスや路線ソンテオが無いって、なんて不便なんだ -_-;)

でも涼しくて良かったです。
iPhoneの「天気」アプリでチェックしたら、現在のチェンマイの気温は18℃。
バンコクよりも気温の点では快適ですね。


ニマンヘミン通り
を歩き出してすぐに気付いたのが、
やたらめったらカフェが多いこと。


02_07


あそこには DOITUNG が。


02_08


Wawee Coffee も!

有名から無名まで林立しててもやっていけてるんですから、
需要はあるんでしょうね。凄いなー。

さて、偶然とはいえせっかくニマンヘミン通りに来たんですから、
どこかお店に立ち寄ってみたいものです。

歩きながらiPhoneで検索すると、
ニマンヘミン・ソイ7カオソーイ・ニマンというカオソーイの店を発見。

そのニマンヘミン・ソイ7の入口に到達すると、


02_09


違う店だけどカオソーイの看板が。奥へ300mか。
とりあえずソイ7に入ってみます。


02_10


バーっぽい店がちらほら。夜のほうが賑やかなのかな。
ところでカオソーイ・ニマンが見当たらないんですけど。
いすれにしてもさすがに9時台じゃ営業してませんよね。

と思いきや、


02_11


さっきの看板の店発見。しかも営業しているし!
これは入るしかないですね。


02_12


バーン・タワーイ(Baan Twai Noodle and Fusion Food)
(ราดหน้าฮ่องกงบ้านถวาย @ นิมมาน)
という店でした。

スタッフの女の子に注文したのは、もちろんカオソーイ!

しばし待つと、やって来ましたよ~。


02_13


牛乳が入ってるのかな?
クリーミーなお味で美味しかったです。
60バーツ也。

さっそく北タイ名物カオソーイにありつけ満足したところで、
COTO COTO目指して再び歩き始めましょう!

時刻は、09:54。




<旅費交通費>
ソンテオ代:50バーツ
ここまでの合計:2,218バーツ

※旅は2015年2月18日(水)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく


よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

チェンマイ日帰り旅[1]

2月中旬の渡タイ直前、楽天ブログ仲間でチェンマイ在住の Tuiさん
ブログで驚きの発表を。

 『チェンマイ市内西郊に
 「Cafe & Dining COTO COTO
  をソフトオープンしました!


前々からお店をやるとの話はチラホラ聞いていたのですが、
まさに青天の霹靂というか、こんな突然オープンするとは予想外!

しかもちょうど私がタイへ行くタイミングで。
これはチェンマイのお店まで行かない手はありません。

Tuiさんは、かつて私の職場にもタイから一時帰国中の貴重なお時間を割いて
訪問してくださったこともあるので、今回は私の番です!


というワケでタイ到着翌日2月18日(水)の朝5時台起床。
タクシーで一路ドンムアン空港へ向かうことから、
チェンマイ日帰り旅が始まったのでした。

チェンマイ
へ行くと決めてから航空券の値段を調べたところ、
エアアジアの早朝便と夜遅い便ならグンと安いことが分かったんですよ。

当初、Tuiさんのお店「COTO COTO」だけ寄って帰って来るつもりだったんですが、
せっかくなら朝から夜まであり余った時間でチェンマイ観光もして来ようと。

ブログネタにもなりますしね(笑)


念のためトールウェイ(高速道路)に乗って
ドンムアン空港着が、06:25。

飛行機は07:40発なので、ちょうどいい時間でしょう。


01_01


チェックインを済ませます。

ちなみにカウンターへの入口(荷物検査機があるところ)が
国際線と国内線で同じなので一瞬戸惑いました。

通過して左手の国際線カウンターはウンザリするほどの行列でしたが、
こちら右手の国内線カウンターは空いていて、ほぼ待たされずに完了。


01_02


エアアジアのCAさんにくっついて中に入りまーす。

機内持込荷物検査を経ると…、お店が待ち構えています(笑)
スタバにSUBWAYにKFC、リボンバッグのNaRaYa、さらには


01_03


セブンイレブンまであって、昔のドンムアン国内線ターミナルより
かなり充実してますね。


ゲートは77番とのことで案内に従うと、
かなり遠くまで歩かされ、その挙句、


01_04


下へ。
こ、これは沖止めパターンかぁ -_-;)


01_05


ゲートで並んでバスに乗るのを待ちます。
搭乗開始時刻07:00を少々過ぎて、バス搭乗開始。


01_06


乗りますよー。


バスはぐるっと南端まで回ります。

そこで目に飛び込んできた光景にビックリ。錆が浮いたり、
エンジンが取り外されたりした飛行機が何機も並んでいるではないですか。
南端は飛行機の墓場になっているんですね。

そんな間を縫ってバスは走っていきます。
あまりいい気はしませんよね。一抹の不安が(笑)

そのすぐそばでバスは停車。


01_07


さすがに搭乗する飛行機は綺麗でマトモな機体でした。

07:42に動き出し、07:56離陸。


ノックエアーでは飲み物と軽食が出されたんですが、
エアアジアはすべて有料。頼まないと一切何も出ません。
だからこそこの安さなので喜ぶべきなんでしょうけど。

気付いた限り、食事を予約した人はゼロ。僅か1時間20分の空の旅ですもんね。
また機内で何か買った人は、飲み物を注文した人が1人だけ。

持ち込みでの飲食は禁止なんですが、
PETボトルの飲み物を密かに飲んでいる人がそこかしこに(笑)


そうそう、気になったのが、


01_08


飛行中コクピットの扉が空き、中から出てきた機長?副操縦士?が脇のトイレへ。
飛行中ってあそこの扉を開けていいんでしたっけ?
いいから開けたのか…。


そしてあっという間にチェンマイ空港に到着!


01_09


定刻09:00より早かったですね。
この写真を撮った時点で08:55でしたから。

背後には、バンコクからは見えない山が!
これだけでも遠くに来たぞという気分になります。


01_10


預けた荷物は無いのでさっさと出ますよー。


チェンマイ空港
からの足ですが、
ネットで調べていていいニュースを発見したんですよ。
CHIANG MAI NEWS 2014年7月25日付 タイ語)

2014年8月1日から、チェンマイ市内にソンテオ路線が
12路線運行を開始したんだとか。
05:00~20:00の間に20分間隔、全線均一20バーツだそうで。

そのうちどうも1,3,4,5番路線がチェンマイ空港を通るようなのです。
で、「COTO COTO」には1番に乗れば行けそう。

ということでゲートを出て1番ソンテオを待ちます。


01_11


赤いソンテオはちょくちょくやって来るのですが、
番号を掲げたソンテオは待てどもちっとも現れません。

15分ほど待って、さすがにおかしいと思い始め、
中に戻ってインフォメーションに聞いてみることに。

市内へ行けるソンテオ路線があると聞いたんですが、
どこで待っていればいいですか?

「ロッ・デーン(赤い車)で行くしかないですよ。」

えっ!?

食い下がって上記のニュース記事をスマホで見せたんですが、
そんなのは無いとのこと。

どうなってるんだ!!

しょっぱなっから計画が崩れてしまいました。
それじゃ赤いソンテオに行き先・料金の交渉をした上で乗るしかないのか。
路線運行の公共交通機関だけを極力使うのがモットーなのに…。

ところであれはチェンマイではロッ・デーンと呼ばれているんですね。
次に来たロッ・デーンを捕まえて交渉するとしますか。




<旅費交通費>
航空券(ドンムアン-チェンマイ往復):1,923バーツ
トールウェー代:70バーツ
タクシー代:175バーツ
ここまでの合計:2,168バーツ

※旅は2015年2月18日(水)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

クロントイ市場行きソンテオ クロントイ・スラムへ[最終回]

クロントイ・スラムの路地からまた高速道路下に出てしまったので、
このまま高速道路下を突っ切って、西からケーハ・パッタナー通りに
入ることにします。


06_01


ここは雨も強烈な直射日光もしのげていいでしょうね。
でもその分、暗いし不衛生な気がしなくもないですが。


06_02


この車は何のために小屋に組み込んであるんだろう?
しばし立ち止まって考え込んでしまいました(笑)

そのまま歩いていくと、高速下を横切る通りに出ました。
直進すると、5年半前に迷い込んだ高速下のロムクラオ・コミュニティ
なんですが、今回はここを左折。ほんの数十メートル歩くと、


06_03


ケーハ・パッタナー通りの西端に辿り着きました。
正面の道を奥まで行けば、さっきの70ライ十字路です。

ここで心変わり。右へ歩いていきますか。
というのも、グーグル・マップのストリートビューでこの辺りを眺めていたら、
右の路地にソンテオが走っているのを見つけたんですよ。

実はそれに乗りたくてクロントイ・スラムまで来たのです(笑)

右へ道なりに歩いていくと、


06_04


あれは、クロントイ港の港湾労働者住宅なんでしょうね。
…なんて思っていると、


06_05


ソンテオが来た!

行き先を確認する暇がなかったけど、ええい、乗り込んじゃえ。
時刻は、12:27。

ケーハ・パッタナー通り
に入り東進していると、
公務員らしき制服の女性が下車。


06_06


クロントイ・スラムの細い路地に消えていきました。

そうですよね。普通の人だって普通に生活しているんですよね。
数十年前ならともかく、今ではそんなに劣悪な状態ではないんじゃないでしょうか。
勿論70ライ十字路に軒を並べるNGOや支援組織の援助の賜物でも
あるんでしょうけど。


06_07


ソンテオは70ライ十字路を過ぎたどん詰まりで停車。終点でした。
運転手に運賃を支払います。8バーツ也。
時刻は、12:32。

車体を確認すると、「70ライ-クロントイ」と。

じゃ、今度は折り返しに乗って逆の終点まで行ってみますか。
でもしばらくどの車も出発する気配が無いので周囲を散策。

すると「70ライ エカマイBTS クルアイナムタイ」と
書かれたソンテオが佇んでいるではないですか。

さっきクロントイ・スラムに来た時に見かけたのが、それかな。

ちょっと探りを入れてみましょう。
近くのジュース屋台でコーラを買いつつ、
ここ発着のソンテオ路線の行き先を尋ねてみると、

クロントイ市場エカマイ駅行きがあるけど、
 エカマイ駅行きは朝夕しか出てないよ」

とのおばちゃんの返答でした。

さっき見かけたのはもう昼の時間帯なんだけど。うーん。


突っ立って待っているのも何なので、ケーハ・パッタナー通り
コーラを飲みつつ散策しながら待ってますか。

西へ向かって歩いていると、


06_08


こんな車が。というかクロントイ・スラムではよく見かけます。
最初これもソンテオだと勘違いしていたんですが、
いわゆるシーローっていうトゥクトゥクみたいなタクシーですよね。


結局さっき70ライ行きソンテオに乗った場所まで歩いて来たところでようやく


06_09


クロントイ市場
行きソンテオが登場。

乗り込みまーす。時刻は、13:00ちょうど。


くねくねと路地を進みクロントイ港の西ゲート前に出たソンテオは、
47番バスなどの起点バス停前を通過して北上していきます。


06_10


高速道路をくぐったところで左折。

そしてまた北上し、クロントイ市場メイン・ゾーンの道を挟んだ西側に
入り込んで停車。


06_11


ここが終点なのか。時刻は、13:11。


せっかくクロントイ市場に来たので買い物して帰りましょう。


06_12


キロ60バーツの立派なマンゴー(ナム・ドークマイ種)をゲット。
宿で食べましたが美味しかったですよ~。


ラマ4世通り
クロントイ交差点に出て、
歩道橋でアソーク通りラチャダーピセーク通り)へと。

数十メートル先にありました。


06_13


左手に見える丸みのある屋根が地下鉄MRTシリキット会議場駅入口です。
時刻は、13:29。

クロントイ市場
に近いのはクロントイ駅ではなくシリキット会議場駅なんですね。
ぼーっとしてたら間違えそう ^_^;)


これにて今回の旅も完結です。

ショートトリップでしたがこの日は暑かったので結構バテましたよ。
でもようやくありのままのクロントイ・スラムをこの目で見れたように思い、
満足した旅となりました。

次回は、飛行機での1日旅第2弾をお届けします。
行き先は、チェンマイ




<旅費交通費>
70ライ行きソンテオ:8バーツ
クロントイイh芝行きソンテオ:8バーツ
ここまでの合計:30.5バーツ

※旅は2014年9月19日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり

クロントイのソンテオ

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん

クロントイ・スラムの路地へ再び クロントイ・スラムへ[5]

ドゥアン・プラティープ財団南側の十字路の辺りは、70ライという地名のようです。
「70ライ 開発集落コミュニティー バンコク都」という看板が立っていました。

1ライ=1,600平方mなので、70ライ=112,000平方m、
つまり11.2ヘクタールですか。

計算すると、東京ドーム約2個半分の広さ。

ところで何の広さなのでしょうか? ^_^;)
クロントイ・スラム全体?
クロントイ港も含めたこの一帯?

よくわかりません…。


そんな70ライの十字路から、東西に貫くクロントイ・スラムの目抜き通り、
ケーハ・パッタナー通りを西へ歩いてみますか。

すると十字路の角にある食堂から日本語が男性の声で聞こえてきました。
NGOの方なのかな。ランチ中のようで。


05_01


ケーハ・パッタナー通り沿いには、コンビニまであるんですよ。
知らなければ普通の町並みに見えますよね。

その向かい辺りの細い路地にまた入り込んでみることにしました。
そのまま北進して線路へ抜けようと。


05_02


入口付近はやはり普通と比べて遜色ない家屋が並んでいます。

綺麗なランがお供えされた祠や消火栓の横を過ぎさらに進むと、


05_03


奥へ行くに従い屋並みが粗末に。


05_04


さらに細い路地が左右に何度も曲がります。


05_05


屋並みが再びやや良くなってきたなと思っていると、前方に線路が。
やった。線路に出た~!

ほっと一安心というのが正直なところ。

この辺りは奥に入るとまだ粗末な小屋があって見通しも効かないので
ちょっと怖いですね。

…なんて考えながらどっちへ進もうか思案していたところ、背後に人の気配が。
ハッと振り向くと、

20歳ぐらいの綺麗な女性が溢れんばかりの笑顔で
私を見つめているではないですか。

ドキドキしていると、女性は振り向きつつ線路を東へと歩いていったのでした。


05_06


なんだったんだろう、あの女性。
しかし笑顔がこの上なく可愛かったです。嬉しいぞ ^^

うむむ、でもあっちへ行ったらただのストーカーだな。
じゃ、私は西へ(笑)


05_07


この左手にはモスクがありました。
右手はイスラム料理の食堂。

イサーン出身者がムスリムって珍しいと思うので、
深南部出身者かモン族でクロントイ・スラムに住んでいる人が
いるってことでしょうかね。


05_08


高速道路の下に出ました。
割と立派な造りの商店まである高速下スラムから、
再び左手の細い路地に入ってみます。


05_09


この辺の家屋はまったく普通ですよね。


05_10


奥にはこんな広場?が出現。
洗濯物を干す場所かな。くくりつけられた破れた傘の意味は?

くねくねと歩かされているうちに、とうとう方向感覚を失ってしまいました。
さすがに焦り始めます。でもとにかく歩いていれば、どこかには出るでしょう。


05_11


前方にマットレスを運ぶおばちゃん出現。
後に着いて歩きます。ちょっぴり安心 ^^

すると…


05_12


またスラム北側の高速下に出てしまったのでした。
ケーハ・パッタナー通りに戻りたかったのに。

まあいいや、高速下スラムを突っ切って、
ケーハ・パッタナー通りに西から回り込みますか。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:14.5バーツ

※旅は2014年9月19日(金)に行いました。

元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく

クロントイ2

よろしければ下記バナーのクリックをお願いいたします。
ブログを書く励みになります m(_ _)m

タイ・ブログランキング  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ




★★★お薦めのタイ語学習書★★★

 ◇ 旅行・ロングステイ向け ◇
    
『CD付き らくらく話せる! タイ語レッスン』ナツメ社

   ◇しっかり学ぶ入門書 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』 (CDブック)国際語学社

      ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

      ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座 読解と作文』めこん
 
旅ごとに見る
このブログ内で検索

Gポイント
アンケートモニター登録
  
ヒアリングマラソンもTOEICも英会話も!英語ならアルク 2016

タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード