タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~

タイ・バンコクや近県をバス、ソンテオなどの公共交通機関だけで日帰り旅をした様子を綴る旅行記です。
タイ料理屋台から水上マーケット、百年市場、日本の残した足跡まで無鉄砲に飛び回っています。 ※楽天ブログ『タイとタイ語に魅せられて』の1日旅の記事だけを抜粋しました。

トンブリー路線バスの旅[最終回] プラプラデーン

バス停で待つこと10分。
暑い中歩いたので、そろそろヘトヘトな私。
「あと5分待って来なかったら、もうタクシーで帰ろう」

そう決めた途端、やって来ました(汗)

6番のミニバスに乗車。時刻は15:40。
思ったよりお客さんが多く乗っています。

ヂャルーン・ナコーン通りをかっ飛ばすバスは、ラマ9世橋の下を通過。
ほどなくヂェーンローン運河を越えると、そこはサムットプラーカーン県です。

1都2県にわたったこの旅もそろそろ終わりが近づいてきました。

ワット・ヂェーンローンあたりから多くのお客さんが降り始め、
気が付くと私以外に2人だけ。
と思っていたら、その2人が降りるではありませんか。

終点か!?
私も慌てて降りちゃいました。
が、終点じゃなかったし…(汗)

降りた目の前には、お寺があります。

ワット・クラーン

ワット・クラーン
サムットプラーカーン県プラプラデーン郡バーンプン町

門の上には、そうタイ語で書かれています。
一番下のはミャンマー文字?

なぜそんな文字が併記されているかと言うと、
この一帯にはモン族が多数住んでいるからのようです。

18~19世紀にビルマから何万人ものモン族が
タイへ難民として移住してきました。

タイは彼らモン族を農業労働力の他に、北方ではビルマからの、
チャオプラヤー川河口方面では外国船からの襲撃に備える軍事力として利用しました。

このプラプラデーンにもチャオプラヤー川沿いに要塞が築造されるとともに
モン族が集団で住むことになったのです。最初は「屈強な男性300名」が
移住してきたとラマ2世期の文書に記録されているとか。

でも今では、モン族であっても普通にタイ人として生活しています。
町並みも普通のタイの町となんら変わりないですね。

プラプラデーンの景色


反対側を眺めると、ラマ3世通りとスックサワット通りとを結ぶ
ウォンウエーン・ウッサーハカム橋が彼方に望めます。

プラプラデーンの景色 

この先1Kmほどにはプラプラデーン船着場があるはず。
恐らくバスの終点もそこでしょう。
現存する数少ない要塞の一つ、プレーン・ファイファー要塞も近くにあるらしいです。

でもさすがに疲れました(笑)
目的地に定めたプラプラデーンには足を踏み入れたので
もうここで十分です。

時刻は16:00ちょうど。
戦勝記念塔を07:30に出て8時間半が経っていました。


たった300円ちょっとでこんなに素晴らしい旅ができたことに満足です。
トンブリー側の魅力を色々感じることができ、収穫の多い旅でした。

でもこのプラプラデーンの地で、次なる旅の構想も浮かんでしまいました。
いつ実現できるか予想できないので、今のところは秘密で(笑)
でもこの続編となるような旅を考えています!


長々とトンブリー路線バスの旅にお付き合いくださいました読者の皆さま
本当にありがとうございました!


<交通費>
6番バス:7バーツ
ここまでの合計:100.5バーツ


※旅は2008年4月28日(月)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


おわり。


ダーオカノーン~プラプラデーン

トンブリー路線バスの旅[17] ダーオカノーン

ウォンウィエンヤイからは、南へ伸びるソムデット・プラヂャオ・タークシン通りを
とぼとぼと歩き始めました。なぜかと言うとですねぇ・・・。

5分ほど歩くと交差点に到着。この上には高架橋が2つ走っているのですが、
そのうちの一つがBTSの延伸路線のものなのです。

交差点を越えて振り向いて撮影したのが、この写真。

トンブリー側もBTSの線路が完成しています

上の方がBTSです。
この辺りはすっかり完成してるんですね。それを確認したかったんです。

後で分かったんですが、この右方面、つまりチャオプラヤー川側では、
既に駅舎も完成してました。いつ開通しても大丈夫な感じです。

で、開通はいつなんですか?(汗)

ここからはバスに乗車。
82番のミニバスです。時刻は15:05。

ソムデット・プラヂャオ・タークシン通りをまっすぐ進んだバスを
私は景色を確かめて、下車。

ダーオカノーン、というところです。

ダーオカノーンに到着した82番ミニバス

バンコクで高速道路をよく利用する方は、この「Dao Khanong」という地名を
行き先表示の看板で目にしたことがあることと思います。
はい。私もその一人です。

「ダーオ」は「星」。
「カノーン」は「元気の良い、意気揚々の、猛々しい」という意味。

ファー・カノーンと言えば、雷鳴のことで、天気予報でよく耳にします。
じゃ、ダーオ・カノーンは?

・・・と、なんとなくメルヘンチックかつカッコイイこの地名を
初めて看板で目にして以来、ずーっと気になっていました。

だから来たかったんです!(笑)

結論から言うと、82番バスの背景のとおり、ごくありふれた景色の街でした。
ダーオがカノーンな片鱗さえ見当たりません。まぁ、当たり前ですけどね(笑)

チャオプラヤー川側を並行して走るヂャルーンナコーン通りへ出ようと
細い路地に足を踏み入れました。その先はまったくの住宅地。
表通りの喧騒がウソのように静かです。とてものどかな時間が流れています。

歩いているうちに、自分がここに住んでいても何ら不思議ではないような感覚に
とらわれました。
自分が一時育った東京の下町に雰囲気がどことなく似ているからかもしれません。

ヂャルーンナコーン通りへ出て右へちょっと進むと、
そこには「ダーオカノーン運河」がありました。

ダーオカノーン運河


橋の下へ降りて運河の岸辺へ出てみます。


ダーオカノーン運河

ここには水上バスは走ってないみたいですね。
静かな運河です。

通りに戻った私はバス停を探しました。強烈な日差しの中を随分歩いてやっと発見。
しかし10分待ってもバスは来ず。暑いよ~(T T)


次がいよいよ今回の旅の終点です!


<交通費>
82番バス:7バーツ
ここまでの合計:93.5バーツ


※旅は2008年4月28日(月)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく・・・



ウォンウィエンヤイ~ダーオカノーン

トンブリー路線バスの旅[16] ウォンウィエンヤイ

クイッティアオ・ボーラーンのお店を後にした私は、
元の路地を先に進みました。
その先にあるのは、ワット・ラカン。

ここ好きなんです。
早速本堂へ。外の眩しく暑い世界と対照的な雰囲気の中、
しばし仏像を眺めながら気持ちを穏やかにさせてみます。

涼もとれたので、またバスに乗るために
初めてワット・ラカンの裏門を出てみました。

ワット・ラカンの裏門

上部に鎮座なさっているのは、きっとナーン・ナークを鎮めたという
ルアン・ポー・トーなのでしょう。

雲行きが怪しくなってきたので、急いでバス停へ。
先ほどと同じ57番バスに乗りました。時刻は14:15。

右に左にと道を変えながら走るうちに、今度は快晴に。
天気が目まぐるしく変わりますねー。

ソムデット・チャオプラヤー通りを走る57番バスの車内

そして終点のウォンウィエンヤイに到着。
実は私、ウォンウィエンヤイって一度通り過ぎたことがあるだけで
しっかり来たのは初めてなんです。

歩道橋に登り、ロータリーを一望すると・・・

工事中のウォンウィエンヤイ

工事中だったりします(汗)
中央で馬に跨るタークシン王の像が心なし淋しく見えるような気も。

後日TVのニュースで偶然見たんですが、
バンコク都庁はここに花壇を設置するために工事をしているんだとか。
7月だか8月だかに完成しますと言っていたので、そろそろ工事が終わってるかも。

歩道橋を渡るとそこには、国鉄のウォンウィエンヤイ駅があります。
勿論ここも初めて来ました。

ウォンウィエンヤイ駅

トンブリー駅と打って変わって活気があるんですが、
市場に駅がおまけで付いている感が否めませんね(笑)



<交通費>
57番バス:8.5バーツ
ここまでの合計:86.5バーツ


※旅は2008年4月28日(月)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく・・・



ワット・。ラカン~ウォンウィエンヤイ

トンブリー路線バスの旅[15] ワンラン船着場

時刻も13時をまわったので、ワンラン船着場で昼食を取ることに。

船着場前は商店街になっていて、服を売るお店などで賑わっています。

ワンラン船着場の商店街

そこを突き抜け、川沿いのこのお店に入りました。

ワンラン船着場のタイ・レストラン「チュアン・アロイ」

「チュアン・アロイ」というタイ・レストランです。

以前ワット・ポーのマッサージ学校に通ったことがあるのですが、
当時、学校はこのワンラン船着場の商店街の一角にありました。
このお店には先生や仲間の生徒とよく食事に来たんです。いや~、懐かしい!

ここで、またもやガパオを食べてしまいました。美味しいからいいんですが・・・。

チャオプラヤー川を眺めながらのんびりしたいのですが、ここは急ぐことに。
商店街を抜け、奥の小道を左へ進みます。
お菓子を売っているお店が目立ちますねー。

お店の喧騒が途切れた先に雰囲気の良いクイッティアオ屋を発見。

クイッティアオ・ボーラーン

「クイッティアオ・ボーラーン」(古式ヌードル)との看板が掲げられています。
食事したばかりなのに、興味を惹かれ思わず中に入ってしまいました(笑)

センレックのクイッティアオ・ボーラーンを注文。
「飲み物は何にしますか?」

ついさっきチュアン・アロイでコーラ飲んだので
「要りません」と。

クイッティアオがやってきました。

クイッティアオ・ボーラーンの店内とクイッティアオ

「飲み物は?」

い、いえ。要りません・・・。

この時、ふと気付きました。このクイッティアオ・ボーラーンは、たったの15バーツ。
きっと飲み物も頼んでくれないと利益がほとんど無いのでしょう。すみませんねぇ。

さて、そのクイッティアオ・ボーラーン、
普通のクイッティアオに比べてスープが少なめですかね?
淡白な味ながら、美味しかったですよ。

そそくさと15バーツ支払って店を後にし、
元の小道を先に進んだのでした。


<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:78バーツ


※旅は2008年4月28日(月)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく・・・



ワンラン船着場

トンブリー路線バスの旅[14] トンブリー駅とシリラート病院

いつまでも日本製蒸気機関車に興奮していてもしょうがないので(笑)、
トンブリー機関区を後にした私は、再び線路沿いを歩き始めました。

ほどなくして到着したのが、トンブリー駅。
バンコクノーイ駅が無くなって、ここが始発駅になったみたいです。

トンブリー駅

一つしかないホームが、あまりにも淋しいです・・・。
時刻表を見たら当駅発の列車が一日に6本しかないので、
まぁ、こと足りているんでしょうねぇ。

ふと駅名の看板を見ると・・・

トンブリー駅の駅名看板

元々「BANGKOK NOI」と書かれていたのを塗りつぶして
上に「THONBURI」と書き直したのが分かります。

時刻はもうすぐ13時。
さすがにお腹が減ってきたので、先へ進むことに。

またとぼとぼ歩き、シリラート病院のところまで戻ってきました。
プミポン国王も入院なさっていた病院です。何棟もあって巨大ですねー。
病院南側に沿って歩いていると、日本語の看板を発見。

「博物館」って、やっぱりアレですか・・・

ピンボケ気味ですみません(汗)
この「博物館」って、もしかして例のアレですかね?
私は行ったことがないんですが、日本人にミョーに人気の・・・。

そんなことを思いながら、とりあえずシリラート病院の写真を一枚撮影。
で、帰国後に確認してみると、こんなんでした。

シリラート病院を南側から・・・

オーブが乱舞してるんですが。


怖いよぉ(T T)




<交通費>
徒歩なので:0バーツ
ここまでの合計:78バーツ


※旅は2008年4月28日(月)に行いました。
元記事(楽天ブログ タイとタイ語に魅せられて)


つづく・・・



トンブリー駅~シリラート病院

 
旅ごとに見る
このブログ内で検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
アンケートモニター登録
Gポイント
 
タグでまとめて見る
最新コメント
QRコード
QRコード